2016年06月20日

青山繁晴氏の出馬に想う

160620.jpg
「写真は産経ニュースWeb版から」

今日は何かと選挙がらみの一日でした。

まずは携帯が鳴って、選挙のポスター依頼が入った。
でも、参議院選挙ではありません。
近くの町議会の補欠選挙。

超特急の仕事のようで、写真もまだ撮影していないとのこと。
そこで、お知り合いの写真屋さんで撮影をお願いして、写真データをいただいてからポスター制作をすることになりました。
超特急での制作頑張ります(^^;)

そして今日は舛添都知事の最後の登庁の日だったようですね。
辞職を決めてから、一切口を開かなくなり、黙秘権を使っておられます。
最後の最後まで疑惑の説明をせず、最後は逃げるように都庁を後にしました。
なんだかなぁ〜。
やっぱりこの人は全く反省なんてしていないのですね。
このまま疑惑の解明もされず、責任も追及されず、都知事選に移っていくと思うと、情けなくなります。

そんな中で、今日最も衝撃的だったのが、青山繁晴氏の参院選出馬発表。
ネットニュースで見たときはビックリしすぎて、一瞬なんのことか理解できなかった。

青山繁晴氏は独立総合研究所の社長を務めておりますが、世界情勢や政治情勢に詳しく、時々テレビでの解説者として出ている。
以前はニュースアンカーという番組の、水曜日コメンテーターとして出ていたが、番組が終了してからは、時々出る程度でした。

ご本人がテレビ嫌いなので、テレビへの参加が減っても当然のこと。
しかしネットテレビや、ラジオなどには参加しており、常々「一緒に考えましょう」と呼びかけていた。
確かな情報をもとに、ニュースの本質を解りやすく話してくれていました。

以前から「政治家になって」との誘いを受けていたようですが、「政治家は嫌い」として、断り続けていたようです。
しかし、今回は安倍総理から直接話があって、散々悩んだ結果、出馬を決めたとのこと。
青山氏は、安倍総理にも様々な問題提起をしており、決して安倍総理から見ても、お友達というわけではない。
むしろ耳に痛いことばかり言う存在。
でも、評価すべきところはしっかり評価するのが、青山氏の姿勢です。
だからこそ、安倍総理も信頼を寄せたのでしょう。

でも、私は正直なところ、期待半分不安半分です。
政治は一人でできるものではありません。
やはり数がものをいう。
青山氏が、仮に当選して自民党参議院国会議員になったとしても、青山氏に賛同してともに行動する議員が必要です。

期待したい部分もたくさんある。
例えばメタンハイドレートをエネルギーの主力として、実用化を推し進められる可能性が出てきた。
そして拉致事件の解決に向けた確かな動きが期待できる。
さらには憲法改正への道筋。
これらを動かそうと思えば、それなりのポストが必要となる。

安倍総理はそこまで考えて、青山氏に声をかけたのか?
もし、重要なポストを担わせるとしたら、周囲からの嫉妬は相当なものです。
必ず足を引っ張る者が出てくる。
そして必ずマスコミも叩く。

期待と不安が入り乱れる出馬です。
でも、青山氏本人が覚悟を決めて立ち上がったのです。
ぜひ当選して、日本の政治を変えてほしいと、切に願います。

ネットでは早くも批判的な声が聞こえてきます。
批判するのは自由です。
でも、誹謗中傷はすべきではありません。
批判をするのも、事の真実を見て批判すべきです。

右も左もない。
まっすぐに事を見つめ、自分の頭で考えましょう。
一緒に考えましょう。
それが未来の日本を作っていくのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 私の思うこと