2016年06月15日

恥を知れ!!

160615.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

ついに・・・と言うか、やっと・・・と言うか。
ようやく舛添都知事が辞意を表明しました。
東京都民だけでなく、日本全国民が納得しなかった疑惑の説明。
自ら辞職の方向に導いて行った感じですね。

これだけ連日叩かれて、これだけ非難の声を浴びても、なお続投を強く要望する。
ネットでは「すごいメンタルが強い」とか、「強靭な精神力」とか、その部分を評価する声も聞かれます。
しかし、私はちょっと違うと思う。
メンタルが強いのでは無い気がします。

メンタルが強いと言うのは、自分の非を認め、そのことをしっかり反省した上で、自分の気持ちを一定に保てること。
舛添氏は自分の非を認めていないと思います。
上辺では謝罪の言葉を発していますが、全く本心で無いことは明々白々。
だからこそ、都民も国民も、マスコミも許さなかったのです。

自分の非を認めていないから、反省もしていません。
普通なら恥ずかしくて、自分が情けなくて、責任を取ります。
メンタルが強いのではなくて、恥を知らないのです。
普通の日本人なら、恥ずかしくて、とてもこれだけ言い訳をしたりはしません。

恥を知らないから、平気で嘘をつくし、嘘を通すためにさらに嘘をつく。
舛添氏は、自分が悪かったとは思っていない。
法的に問題なければ、モラル上マズくても、罪悪感を感じない。
恥を知らないわけですから。

きっと心の中では「何で俺が辞めなきゃいけないんだ」と思っていることでしょう。
自分で蒔いた種であり、自分自身の対応のマズさが、ことを大きくしました。
つまり、自分で蒔いた種を、自分で大きく育ててしまった。
そのことを全くわかっていないと思います。

全ての非を認め、疑惑の部分を明らかにして、辞職をしてほしいです。
このまま、うやむやなままで、「辞めたからもう良いでしょ」って、そのまま逃げ切りそうな気がします。
日本人の心情として、「辞職=責任を取った」という認識で、それ以上の追求をやろうとしない。
本当なら、もっともっと追求して、疑惑の真実を突き止めてほしい。

しかし、すでに興味は都議選に誰が出馬するのか?ということに移りつつある。
疑惑解明まで、しっかり追求してほしい。
都議会もマスコミも、中途半端に終わってほしくないですね。

しかしまぁ、恥を知らないってのは、怖いことですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 私の思うこと