2016年06月10日

Windowsはどこに向かうのか?

160610.jpg

一週間ほど前にMacOSの無償化のことでつぶやいた。
正直、無償化は嬉しいけど、その代償として品質の低下を感じている。
私も最新OSへのアップグレードには、慎重に慎重を重ねています。

しかし、最新OSへのアップグレードという点では、さらに上を行くOSがいました。
Windows10。こちらも期限付きではあるが、無償にてアップグレードできるみたいです。
ただ、アップグレードのやり方が批判を浴びています。

アップグレードの招待が何度も表示されたり、知らないうちにアップグレードが始まったり。
そんな批判の声が、あちらこちらから聞こえてきます。
ネット上でも「家に帰ったらいつの間にか10になってた」という声が。
身近でも、自治会会長の使っていたWindows7が10にアップグレードされてしまいました。

MacOSも時々アップグレードの案内は表示されます。
AppStoreからアプリのアップグレード案内が届くので、OSのアップグレード案内もたまに表示される。
しかし、強制的に勝手にアップグレードされることなんてない。

なぜにMicrosoftは、ここまで強制的にアップグレードさせるのか?
よほど新OSへの移行が芳しくなかったのでしょうか。
なんせ新しいOSが出るたびに酷評されている。
Windows7が一番良いとの声も聞く。

私もたまにWindowsを触る機会があるが、確かに7が一番使い易い気がする。
8は全く違ったOSになり、既存のユーザーの混乱を招いた。
その延長線上で10になり(なぜか9は欠番)さらに混乱を招いている感があります。

Macもそうですが、Windowsもどんどん新しいOSにして、古いユーザーは置いてきぼりの感が否めない。
Appleはハードとソフトの両方を自社開発しているので、新しいOSにしてハードも新しくしたい気持ちはわかる。
しかし、Microsoftはソフトのみ。そこまで強制的にアップグレードが必要なのか?

あっ、そうか、逆にソフトしかないから、OSで儲けるしかない。
OSを新しくして、そこに新しいOfficeも乗っけて、ソフトで儲けるしかない。
かなりMicrosoftは焦っているのだろうか?

Windows95が発売され、世界中が熱狂的になり、パソコン=Windowsの時代が続きました。
95から98、その後にMeや2000が出た。
Windowsユーザーの間では、2000やXPが最も評価が高いようです。
XP以後はVistaが出たが、これがまた酷評。
そして7が出て久々にまともな評価だったが、8でそれをひっくり返した感じです。

Macを使っていて、WindowsOSのアップグレードを見ていると、一貫性がないように感じる。
95からXPくらいまでは、OSとしての成長を感じた。
MacOSと同じように、進化をしていた気がする。
互いに競い合ってOSを成長させていた。

しかし、Vistaあたりから血迷った感が否めない。
OSの使い勝手よりも、見た目の派手さばかりが強調されている。
それを反省した上での7だったと思うのだが、8で全く別物のOSになった。

MacOSもOS9の時代からX(10)に変わるときに大変革をした。
まるっきり違うOSになったのです。
でも、使い勝手はOS9を受け継いでいた。
ベースをしっかり受け継いだ上で、全く新しいOSだったので、すんなり使えた。

Windowsは8で全く別物になってしまった感があります。
Windowsユーザーは、かなり戸惑いと怒りがあるでしょうね。
今でも「XPが一番良かった」という声もある。
Microsoftはユーザーの視点でOSを開発するのではなく、作ったOSをユーザーが黙って使うものと思っているのでしょう。

今でも世界のパソコンのシェアはWindowsが大半を占めます。
しかし、タブレットやスマホの普及で、パソコンの需要が下がっている。
ビジネスではほぼ、100%の確率でWindowsかもしれませんが、一般ユーザーではMacを使う人も増えています。

パソコン=Windowsの時代は終わりつつあるのかもしれませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | 日記