2016年03月31日

今日でくま組さん修了

160331.png

今日で3月も終わり。
明日から4月、そして新年度となりますね。
桜の花も咲き乱れ、本格的な春となりました。

そして本日で次女はくま組さんを修了し、明日からは年長さんのきりん組になります。
今日はくま組さん最後の日でしたので、荷物も一式持って帰りました。
託児所に迎えに行くと、担任の先生が最後の挨拶に出てきました。
本年度で退職するので、次女とも今日でお別れです。
本当に一年間お世話になりました。

担任の先生から、次女へのプレゼントがあり、次女も大喜び。
次女の名前入りのお弁当包み。
きりん組さんで使わせていただきたいと思います。

さらに、サブ担任の先生も挨拶、そしてプレゼント。
サブ担任の先生も退職されるのです。
担任の先生は一年間ですが、サブの先生は三年近くお世話になりました。
ずっと次女のクラスと共に歩んで来た先生でした。

一年間の制作物をまとめた「おもいで」を開くと、そこにはお世話になった先生方からのメッセージ。
そして次女の一年間の身長・体重を書いたページ。
本当に思い出いっぱいの「おもいで」です。

明日から年長クラスのきりん組さん。
明日は嫁さん休みで、次女も休み。
土日と続くので、きりん組さんとして登所するのは月曜から。

お世話になった先生方とのお別れの春。
そして、新しい先生方との出会いの春です。

私も明日から新年度で、気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 日記

2016年03月30日

ややこしや〜(笑)

160330.jpg

ここ数日間、寝不足が続いています。
昨夜は午前3時就寝、その前は4時就寝でした(++)
急ぎの仕事が入っているため、どうしても深夜にまで作業が及ぶ。
しかし、そのお陰で、随分と作業は進みました。

ありがたいのは、仕事が重なっていないこと。
昨年末のように、仕事が幾つも重なると、もうヘトヘトになってしまう。
今月は前半が紙媒体の仕事メインで、後半がWeb関連の仕事メインでした。

今回のお仕事は、以前東大阪まで出向いてお話しさせていただいたクライアントさんです。
最初はサイトのリニューアルと思っていましたが、よくよく話をしていくと、既存のサービスを使ったサイトのイメチェンでした。
自社のサイトの他に、ショップページが幾つかあり、そのイメージを変更する必要があったわけです。

ショップ名を変更していたので、まずはそのロゴ制作から。
続けて看板制作、名刺制作、さらにバナー制作と進む中で、ショップページのイメージチェンジをしていました。
しかし、これが思いの外大変でした。

使っているショップが、MakeShopというサービスと、楽天、ヤフーショップ、ヤフオクとある。
それぞれに使い方が違う。
まずはそのサービスの扱い方、仕組みを理解しないといけません。

通常ならHTMLファイルを開いて、作業を行えば良いのですが、HTMLファイルが無い。
各サービスの中でブラウザを使って、HTMLを変更するしか無いのです。
そのため、CSSがどこにあるのか?画像はどこにアップされているのか?
いろんなところを探し、関連性を確認する作業から始まりました。

おまけに、各サービスによって、やり方が違う。
もう一時期は頭の中パニック状態でした(笑)
ようやく全体的な構図が理解出来てきて、なんとかショップ内のイメージも、徐々に変更出来てきています。
ややこしいのが、ブラウザによって対応したりしていなかったりすること。

私はMacを使っているので、基本的にブラウザはSafariです。
しかし、Safariでは対応がおかしい場合もあるので、FireFoxとChromeを併用しながら、作業を進めました。
HTMLで作業をしないといけないので、HTMLコードをコピーしてDreamweaverへ。
Dreamweverで作業して、再びHTMLコードをブラウザを使ってペースト。
いや〜ややこしや、ややこしや(笑)
久しぶりにHTMLコードをたくさん見ました(@o@)

なんとか全体像を把握し、各ショップの使い方もわかってきました。
でも、きっとひと月もすれば、忘れてしまうと思う。
作業が落ち着いたら、扱い方のマニュアルを作ろうと思っています。
本当にややこしい。

基本的にこの手のサービスって、HTMLを使えない人でも、扱えるものになっている。
そのような作り方であれば、きっと誰でも変更を出来たでしょう。
しかし、作られたページは完全にカスタマイズされたもの。
こうなると、Webの知識がないと、変更は出来ません。

おまけに各ショップの扱い方も理解していないといけない。
これが逆にハードルを上げてしまっています(^^;)
ショップのイメージ変更は、まだまだ細いところがあるので、引き続き作業を続けて行きたいと思います。
それにしても、ややこしやややこしや(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 仕事

2016年03月29日

犯罪を防ぐには

160329.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

埼玉県の女子中学生が、2年ぶりに保護された事件。
最初聞いたときは、てっきり2年間家出をしていたのかと思いました。
ポストにメモ書きがあったのですが、どうやらそれは書かされたもののようですね。

この事件、無事に保護されて本当に良かったと思う反面、なぜ2年間も逃げられなかったのか?という疑問が。
普通に考えれば、相手の隙を見て、逃げるチャンスはあったと思う。
しかし、そこがこの事件の問題点なのでしょう。

決して自分から外に出られない状況ではないのに、恐怖心を植え付けられると、逃げ出せないようです。
人間の心理状態ってそうなってしまうんですね。
いきなり知らない場所に連れて行かれて、「逃げたらお前の家族も一緒に殺す」などと、脅迫されたら。
そのような状況に置かれたとき、まずは今の安全を考えてしまうのかもしれません。
そして、徐々に思考回路を狂わせてしまうのでしょう。

犯人は事件発覚後逃走。
そして自殺を試みるも、血だらけの状態で逮捕されました。
この犯人も普通の大学生っぽい。
自分が犯した罪の重さをわかっているのだろうか?

中学生の2年間って、本当に大事な2年間です。
それは学力の意味でも大きいし、何より一番変動のある時期。
親とぶつかったり、学校の先生に反抗したり。
時に友達ともケンカして、少しずつ大人になっていく時期。

そんなとても大切な時期を、この犯人は奪い取ってしまった。
空白の2年間を、今後どのようにして埋めていくのか。
これからの少女の課題でもあるし、背負わされた運命でもある。

命に別条は無かったとはいえ、あまりにも身勝手な犯行です。
しっかりと罰を与え、罪を償わせなくてはいけません。
いつも思うのですが、犯罪者への刑が軽すぎる気がします。
「犯罪者にも人権がある」とよく言われますが、私は罪を犯した人間に、人権はあってもそれを保護する必要はないと思っています。

自ら他の人の人権を奪っておいて、己の人権だけは守ってくれ!とは、虫が良すぎます。
人権はあっても、それを自ら主張するだけの権限はない。
むしろ犯罪を犯したのだから、権利は放棄して、義務だけに徹するべきである。と思う。
その意味でも、この犯人には大きな罰を与えるべきです。

無事に保護されて、本当に良かったと思います。
二度とこのような事件が起きないように、「罪を犯した者は、その罪と同じ、いやそれ以上の罰を受ける」ということを、世に広める必要があると思います。
それが犯罪を起こさせないためには必要です。
そして、何度も同じことを言っていますが、最後はやはり教育の問題だと思います。

敗戦後の日本の教育を、振り返ってみる時期に来ていると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年03月28日

スパムメールの嵐

160328.jpg

以前からあまりにもスパムメールが多いので、仕事用のアドレスを変更中です。

お仕事関係先には、アドレス変更のお知らせをさせていただきました。
後は、仕事用のアドレスを使って、プライベート的なやりとりをしていた方に、変更のお知らせをしなくてはいけません。
あぁ〜〜〜めんどくさい。まったくこのスパムメールめ!!

今日は特にスパムメールがひどい。
今日だけで18件のスパムメールが来ています。
深夜に近づくにつれて増えるのは、明らかに海外からのメールです。

旧のアドレスは、もう携帯への転送は外しているので、いちいちiPhoneが鳴ることはない。
しかし、Macの方には、まだアドレスを残しているので、スパムメールが届くたびに、ウイルスチェックがかかる。
その度にクリーンアップしているが、中にはクリーンアップできないものもある。

こんなくだらないことに、時間を取られたくありません。
ホント迷惑だ凸 (-"- )
なんとかこいつらに仕返しする方法は無いのだろうか?
ひどい時には、自分のアドレスから自分にスパムメールが届いていた。
もう完全にアドレスが漏れて、いろんなところに出回っている証です。

もしかすると、私のアドレスで、他の誰かにスパムメールが送られている可能性もあります。
メールって仕事でガンガン使うので、一旦アドレスが漏れてしまうと、本当に面倒です。
なんとか対策できないものでしょうか?

旧アドレスは、もうすぐ廃止するので、スパムメールは届かなくなります。
しかし、新しいアドレスも、絶対に漏れないという保証はありません。
仕事以外に使わないように注意しないといけませんね。

できればレンタルサーバ側で、スパムメールの対策強化してほしいです。
さくらインターネットさん、お願いしますm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | ウイルス・迷惑メール

2016年03月27日

通い続けて16年

160327.jpg

気がつけば、もう3月も終わりですね。
一月はいく、二月は逃げる、三月は去る。と言いますが、本当にあっという間に3ヶ月が過ぎ去ろうとしています。
ということは一年の四分の1が終わろうとしている(*o*)
つい先日「あけましておめでとうございます」って言っていた気がするのですが(^^;)

桜の花も咲き始めて、いよいよ本格的な春がやってきました。
新年度に向けて、様々な気持ちが交錯する時期ですね。
我が家の子供達はそれぞれ進級します。

息子は高校2年生、長女は小学4先生、そして次女は託児所の年長クラスになります。
長いことお世話になった託児所も、いよいよあと1年でお別れすることになります。
息子がお世話になり始めたのが、平成12年の初め頃だったと思う。
ということはかれこれ16年。
途中で息子の卒園から、長女の入所まで半年間ブランク、そして次女が生まれる前の、産休のブランクはあるが、長いこと託児所にお世話になっています。

次女が年長クラスになると、託児所の行事が全て最後の行事となります。
なんだか信じられません。
毎年毎年、当たり前のように参加していた行事。
夏祭りや運動会、発表会など、全てが最後の行事となるのですね。
そして日々の送り迎えも最後となります。

そう考えると、もう二度と来ない時間となります。
最後の託児所の一年間。
私自身、思い出となるように、次女を送り迎えしたいと思います。

しかし、次女が年長クラスになるなんて、未だに信じられません。
長女の時と違い、あまりにも自由奔放でわがままな次女。
本当に大丈夫だろうか?と思ってしまう。
逆に言えば、長女があまりにもしっかりし過ぎていた。

先生方から「小さな先生」と言われるほど、しっかり者だった長女。
そのギャップがあまりにも大きいので、次女に対しては「大丈夫か?」と思ってしまう(笑)
まぁ、でもそれが普通なんでしょうね。
次女は次女なりに、年長クラスを楽しむのだと思います。

長かった託児所通いも、残すところあと1年です。
次女と共に、最後の託児所を楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記

2016年03月26日

祝・北海道新幹線開通

160326.jpg
【画像は(北海道新幹線のページ)より http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/skt/

北の大地へ。

ついに北海道新幹線が開通しました。
北の大地を新幹線が走る日がやってきたのです。
東京〜函館間を約4時間で結ぶ北海道新幹線は、多くの期待を乗せて走り出した。

これまで北海道へ行くには、飛行機かフェリーしか選択肢が無かった。
陸路で行けると言うのは、やはり嬉しいことですね。
東京から4時間で行けるとなると、飛行機嫌いの人や、ちょっと北海道に行きたい人にとっては、とても魅力的だと思います。

今後、札幌まで延びる予定なので、ますます期待感が高まります。
その後の計画はわかりませんが、できれば十勝方面まで延びてほしいなぁ〜。
北の大地を眺めながらの新幹線。いつか乗ってみたいです。

北の大地、北海道。
私は、もうかれこれ7年ほどご無沙汰です。
あぁ〜北海道へ行きたい。

私以外の家族は、時々用事で行ったりしていますが、家族全員での帰省は7年ほどご無沙汰。
毎年言っているのですが、今年の夏こそ北海道に帰省したいです(^^;)
やっぱり一番ネックなのは飛行機代。
家族全員となると、やはりそれなりの金額になります。

格安航空便を使っても、ハイ・シーズンは値段が高くなる。
どんなに安く見積もっても、家族全員で20万くらいはかかる。
新幹線開通で航空会社も刺激を受けて、価格下がってくれたら嬉しいんですが(^^;)
そんな意味でも、北海道新幹線の開通は期待が高まりますね。
もっともっと、気軽に北海道に行けるようになったら良いのですが。

新幹線で北海道を目指すには、あまりにも時間がかかりすぎるので、今はやはり飛行機がベスト。
頑張って今年の夏、飛行機で北の大地を目指そう。
でも、いつの日か、北の大地を新幹線で駆け抜けてみたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2016年03月25日

質の良い眠りを

160325.jpg

少し寒の戻りで、寒かった1日。
しかし、桜の花は咲き始めています。
嬉しいですね。
いよいよ本格的な春の到来です。

春といえば「春眠暁を覚えず」という言葉があるくらい、朝は起きれないもの。
私も朝は強い方ではないが、今我が家で最も起きないのは息子である。
いつも朝何度も何度も起こして、ようやく起きてくる。
それも9時から10時の間(-_-)

最近、私は目覚めが良い。
それというのもスマホのアプリを使って、ちょうど良いタイミングで起きている。
Sleep Cycleというアプリなのですが、睡眠状態をサーチしてくれる。
起きたい時間に目覚ましをセットすると、その前後で眠りが浅い状態で目覚ましが鳴る。

人間は眠りの中で、浅い眠りと深い眠りを繰り返す。
浅い眠りの時に起きると、気持ち良く起きれるが、深い眠りの時に起きると、寝起きが悪い。
このアプリを使い出してからは、比較的気持ち良く起きれている。

朝起きて、次女のお弁当を作らないといけないのと、長女を学校に起こすために、意識的に起きていた。
しかし、長女も春休みに入ったので、私自身朝の緊張感が少し緩んでいる。
さらに明日は次女も託児所お休みなので、朝はお弁当を作らなくても良い。
そうなると、一気に気持ちが緩みますね(^^;)
でも、私は仕事なので、いつも通りに起きよう。

睡眠って本当に大事ですよね。
眠っても眠っても、眠い時は、ちゃんと眠れていないのだと思います。
逆に短時間でも、スッキリ目覚める時もある。
睡眠の長さではなく、睡眠の質を上げた方が、良い眠りができるのでしょうね。

さて、今宵もアプリをセットして眠るとしましょう。
心地よく寝て、明日はまた仕事を頑張ります。
では、お休みなさいm(__)m Zzzz
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 日記

2016年03月24日

イラストの中の隠しアイテム

138お家へ帰ろう.jpg

先日、久しぶりにネットショップから注文が入りました。
それもなぜかカレンダー。
もう3月もそろそろ終わりだというのに、なぜかカレンダーの注文が入ったのか?

ご注文いただいたお客様のコメントには、気に入ったカレンダーが見つからず、結局数字だけのカレンダーを使っているとのこと。
そこで見つけた私のカレンダーを気に入っていただいて、ご購入に至りました。

そして同時に別の方から、イラストの注文が入りました。
不思議なことに、ひとつ注文が入ると、立て続きに注文が入ります。
お客様がお客様を呼ぶのか?注文が続くことが多いのです。
今回も、このカレンダーを皮切りに、イラスト、ポストカードと、4人のお客様がご購入いただいています。
本当に不思議な現象です。

ご注文いただいたイラストは、「お家へ帰ろう」というイラスト。
このイラストは、一番人気です。
他のイラストは、売れていても2〜3枚ですが、このイラストは8枚ほど売れています。
売れていると言っても、この程度ですけどね(^^;)

それでも一番人気のこのイラスト。
私自身も好きなイラストのひとつです。
以前も、このブログでつぶやいたと思うのですが、このイラストは私が住んでいる街をイメージしたものです。
ちょうど託児所のお迎えから帰ってきて、家に向かう道のイメージをイラスト化したもの。

「お家に帰ろう」というタイトルも、私自身がお家に帰る時のイメージです。
だからこそ共感していただけるのかもしれません。
今回ご購入いただいたお客様も、とても気に入って喜んでいただけたようです。

このイラスト、実は隠しアイテム的な部分があります。
ポストカードでは解らないと思いますが、A4イラストならかすかに解るかもしれません。
道の両脇に並ぶ家々。
その右奥の家の中に、シルエットがあります。

拡大したものを見てみましょう。
家の窓の明かりに、シルエットが描かれています。
よ〜く見ると、お父さんが赤ちゃんを抱き上げているシルエットなのです。

160324-1.jpg

160324-2.jpg

仕事から家に帰ってきて、赤ちゃんを抱き上げる。
家に帰る喜びは、待っている家族がいること。
それを表現したくて、この隠しアイテム的なシルエットを入れました。
そして家族の温もりをイメージして、その家族感を猫の親子で表現した。

このイラストも含め、私のイラストをご購入いただいたお客様に、家族の温もりを含め、ささやかでも幸せがあることを祈りたいと思います。
そして私自身も、もっともっと喜んでいただけるイラストを描いていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | アート

2016年03月23日

今頃インフルエンザの嵐

160323.jpg
【託児所から見た夕焼けが綺麗でした】

暖かい日が続き、すっかり春模様。
桜の開花も秒読み段階となりました。
子供達も元気に走り回る季節です。

しかし、次女の通う託児所では、今、子供達が登所していません。
託児所に来ているのは、ほんの僅か。
今日も次女のクラスは、次女一人だけでした。

何と今頃インフルエンザが猛威を振るっているのです。
世間的にはすっかり峠を越えて、過去のものになった今年のインフルエンザ。
しかし、託児所ではタイミングがずれて、今大流行しています。

先週の日曜日は卒園式だったのですが、卒園児も半数がインフルエンザになってしまい、半分しか卒園式に出られなかったようです。
そして年長さんのきりん組と、次女のクラスの一つ下の、ぱんだ組さんがクラス閉鎖となってしまいました。
そのため、託児所で預かる場合は、インフルエンザが移る可能性があることを、承諾するためのサインが必要となりました。
昨日、私もサインをして、拇印を押して来ました(^^;)

そして今朝、登所したら、次女のクラスのくま組さんは、次女一人。
年長さんのきりん組さんも、たった一人。
おそらく託児所全体でも、数名の子供しかいなかったのではないでしょうか。
次女も「誰も来なかった」と寂しがっていました。

今週はきっとこんな感じなのかもしれません。
賑やかなハズの託児所が、まさかの状態です。
ありがたいことに、次女は元気ですが、いつ移ってもおかしくないので、最悪の場合も想定しておかないといけません。

くま組さんでいられるのも、あと1週間です。
くま組さんの先生は、担任の先生も、サブの先生も今年度で退職します。
つまり、残り1週間しか一緒に過ごせません。
それなのに、インフルエンザの嵐とは。
なんとか終息に向かってほしいと思います。

帰り際、西の空が美しい夕焼けに染まっていました。
美しくもあり、少し寂しくもある。
残りの1週間。インフルエンザを吹っ飛ばして、桜の下で先生たちと、最後の思い出をいっぱい作ってほしいですね。

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2016年03月22日

思い出とともに走る車

160322.png

二年に一度の時がやって来ました。
車の車検の時期。
前回の車検から、もう2年になるんですね。
早いなぁ〜。

車検となると、またまとまったお金が必要になってきます(-_-)
車検ってどうしたって高くなる。
でも、適当な車検やられて、後で嫌な思いしたくないので、車検はしっかり見てもらいます。

今の我が家の車は中古。
4年前、ちょうど息子が中学に入学したての時に、前の車がボロボロで買い換えました。
その当時乗っていた車はノア。
もう11年くらい乗っていて、さすがにボロボロでした。

車検に出して、アチコチボロボロで、部品交換やら何やらで、20万くらいかかりそうだった。
それだけ車検代を出しても、また他の部品が壊れる確率も高い。
それならいっそのこと買い換えるか?と思い立って、急遽選んだのが今のアイシスです。

車って、家族を乗せて走ることが多い。
特に子育て中は、家族で車に乗って出かける。
先日も家族で出かけたばかり。
車で移動中に、いろんな話したり、笑ったり、結構車の中で思い出作っている。

だから乗り慣れた車を手放す時って、本当に寂しい。
以前のノアも、息子が幼い頃から乗っていて、生まれたての長女も次女も乗せて走った車でした。
日常の託児所の送り迎えはもちろん、フェリーに乗って北海道まで走ったこともあった。

四国まで走ったり、東京まで走ったり、本当にたくさんの思い出を作りました。
最後にノアと一緒に写真を撮ったのを、昨日のように思い出します。
アイシスに乗り換えて4年。
この4年間の間にも、いろんな思い出を乗せて走っています。

日常の送り迎え。剣道の防具を乗せて稽古。
時には和歌山へ、静岡へ遠出をし。
息子が進学してからは、ちょくちょく鳥羽へ。
車は家族の思い出と共に存在しているのですね。

だからこそ、しっかり車検で見てもらい、安心して車に乗りたいです。
まとまった出費は痛いけど、家族を乗せて走る車ですからね。
車検が終わるまで、乗り慣れない代車で動きます。
自分の車の感覚が体に染み付いているので、車が変わると戸惑います。

いつもある場所にギアが無い(^^;)
パーキングブレーキがフットでなくハンドだったり(^^;)
まぁ2〜3日の辛抱ですね。

車検が終わってきたら、また大事に乗りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記

2016年03月21日

休みを満喫した1日

160321-1.jpg

一般世間的には三連休。
我が家は土曜日は私が仕事。
日曜日は、嫁さんがお昼から仕事。

そんなわけで、どこにも出かけることなく、子供達も若干ストレスたまり気味。
私たちも、たまには息抜きを・・・という思いもあり、今日はお出かけすることにしました。
朝から嫁さんがおにぎりを握っているのを見つけた娘たち。
「どこかへお出かけ?」と、早くも気づいていました。

お弁当を持って出かけた先は、宇陀アニマルパーク。
昨年の秋と一昨年のゴールデンウィークに行っていますので、今回で三度目です。
ここには、羊やヤギなどがおり、エサをあげることができます。
他にもうさぎや豚、牛などもおり、ポニーに乗馬することもできる。

着いた時にはお昼を回っていたため、駐車場は満杯で、ちょっと離れた臨時駐車場に駐めました。
お天気は良いのですが、少々風が冷たくて、若干肌寒い。
それでも三連休の最終日とあってか、人がたくさん来ていました。

早速、お弁当を広げて、まずは腹ごしらえ。
外で食べるお弁当って、本当に美味しいですね。
お腹いっぱい食べて、娘たちは早速遊び始めました。

私たちがお弁当を食べ終えたら、動物を見に回りました。
ヤギと羊に、エサをあげることができるので、入り口でエサの藁をもらって中へ。
最初は怖がっていた次女もなんとかエサをあげることができました。

160321-2.jpg

160321-3.jpg

その後、いろんな動物を見て回り、娘たちが楽しみにしていた滑り台へ。
ここの滑り台は、ものすごく長い滑り台で、娘たちはとっても楽しみにしていました。
二人で滑り台のスタート地点である、小高い丘に登り、長い滑り台を笑顔で滑ってきます。

まだまだ遊びたそうにしていましたが、「ソフト食べる?」との問いに、二人ともすぐに戻ってきました(笑)
そして肌寒い中、美味しそうにソフトを食べる娘たち。
私たち親と息子は寒いので、ぜんざいを食べました(笑)
まだまだ肌寒い中でもソフトを食べるって。いやいや子供って本当に元気です。

160321-4.jpg

最後に少し遊具がある場所で、しばらく遊んでからアニマルパークを後にしました。
次の楽しみは温泉です。
アニパルパークから近い、「あきのの湯」に入ってきました。
三連休最終日なので、混んでいるかと思いましたが、思ったよりも空いていました。

そして入り口で料金表を見てビックリ。
いつもなら大人700円がなぜか400円。
今日はお客様感謝デーとして400円になっていました。

ゆったりと温泉に入り、日頃の疲れを取ることができました。
さらに私はもう一つ楽しみが。
それは温泉の後に、マッサージを受けました。

マッサージを受けるのは、何年ぶりだろう?
もう3〜4年ぶりくらいかもしれません。
常に肩も腰も凝った状態で、もうすっかり慣れっこになっている感がある。
マッサージを受けたいと思いながらも、なかなか受けれずにいた。

温泉上がりで60分コースのマッサージを受けました。
いやぁ〜気持ちよかった。
身体がスッキリしました。

マッサージ屋さんに、亀の甲羅みたいに固くなっていますよ。と言われてしまいました(^^;)
知らず知らずの内に、身体がパンパンになっているみたいです。
できれば2ヶ月に一度くらいでも、マッサージ受けたいですね。

マッサージを終えて外に出ると、もう日が暮れかかっています。
暗くなる道を走りながら、最後は回転寿司で晩ご飯を食べて帰って来ました。
久しぶりの回転寿しに、子供達も大喜び。
特に次女はビックリするくらいに食べていました。

食べ終わって最後に自分のお腹を見てビックリしていました(笑)
本当にぷっくりと膨れ上がったお腹。
一生懸命ズボンにお腹をしまおうとする次女の姿を見て、思わず笑ってしまいました。
笑われたことで、また慌ててお腹を隠そうとする次女(笑)
それくらいお腹いっぱいに食べた次女でした。

1日いっぱい遊んで食べて、満喫できたお休みの日でした。
明日からまた、日常です。
それぞれに頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2016年03月20日

今年はお花見できるかな?

160320.jpg
【3年前のお花見の時の次女】

今日はとても陽気に恵まれた1日でした。
春本番という感じになってきましたね。
桜の開花も各地で始まっているようで、今年も桜を見るのが待ち遠しいです。

桜って本当に日本人の心を引きつけますよね。
最近は日本人だけでなく、海外の人も桜を見に来るようで、桜の見頃の頃には、外国人観光客で溢れかえる場所もあるのでしょうね。
嬉しい反面、あまり騒がしくなってほしくないという気持ちもあります。

今年はお花見できるだろうか?
昨年はタイミングが合わなくて、お花見できませんでした。
今年は是非、お花見行きたいです。

若い頃は、友達と大勢で集まって、夜桜の下ワイワイお花見をしました。
しかし、結婚して子供が生まれると、夜のお花見はほとんど行かなくなりました。
まず場所取りが大変だし、賑やかな雰囲気が好きじゃなくなりました。
その代わりに、昼間にお弁当持って、桜の下で食べるお花見が多くなりました。

本来はお花見って花を愛でて楽しむものだっと思います。
いつからか、夜桜の下で宴会が始まった。
きっと電気が普及した頃からなんでしょうね。

昨年は、息子の卒業そして入学。
いろいろと準備に追われ、お花見をするタイミングもありませんでした。
そしてその前の年も、お花見できていません。
今年はポカポカ陽気の下で、お花見をしたいですね。
そして桜の写真も撮りたいです。

桜の開花予想。奈良はいつ頃なのだろうか?
例年なら3月24日あたりで、満開になるのが3月末ごろ。
4月の3日には、息子を寮まで送っていかなくてはいけません。
4日から学校が始まります。
できればそれまでの間に、お花見したいですね。

春本番。まだまだ寒さが残ることもありますが、待ちかねた春に心が躍ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 日記

2016年03月19日

良い話を問題発言にすり替えるな

160319.jpg

ある校長先生の言葉が問題視されています。
大阪の中学校の全校生徒の前での、挨拶の言葉。
問題とされているのは、「女性は二人以上子供を産むことが大事」という部分。
多様化した時代に、女性を軽視した発言と言われています。

またまたマスコミの言葉狩りのような気がしていました。
そしてこの校長先生の発言の全文を見ました。
「めっちゃ良いこと言ってるやん」
それが正直な気持ちでした。

その全文を紹介します。

========================
今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げて良く聴いてください。女性にとって最も大切なことは、こどもを二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを産むことができません。男性には不可能なことです。

「女性が、こどもを二人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部を能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたら良い」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それ程価値のあることなのです。

もし、体の具合で、こどもに恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれないこどもを里親になって育てることはできます。

次に男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。

人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。

子育てをしたら、それで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。

やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。
========================

いかがでしょうか?どこに問題がありますか?
私はむしろ、とっても良い話だと思います。
女性が子供を産むことが大事だと、話しただけで女性蔑視だと言われたら、何も話せなくなります。

以前、都議会で「早く結婚しろ」と野次を飛ばして、大問題となったことがありました。
相手を侮辱する言い方は問題がありますが、今回の場合は将来大人になる中学生に諭している。
それも女生徒に諭した上で、男生徒にも諭しています。
素晴らしい話だと思います。

都議会の話に戻りますが、これと真逆のことが秋田でも起きています。
男性の市長が独身だからという理由で、子育ての社会問題について、議論を避けた女性議員がいました。
「独身で子供もいない市長とは議論ができない」という理由だそうです。
そして市長に対して、早く結婚するように話したという。

男性から女性には、問題視されて、女性から男性へはOKっておかしいですよね。
マスコミは同じように扱うのならわかりますが、全く扱っていません。

今回の校長先生の話も、ほんの一部分だけ切り取って「問題発言」と騒ぎ立てる。
全文を読んでみたら、とっても良い話だが、「女性にとって最も大切なことは、こどもを二人以上生むことです。」の部分だけを切り取り、話をどんどん問題化していく。
この話の中からは、女性しか子供を産むことができないことから、女性に対しての尊敬すら感じられます。
だからこそ、男生徒に「子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。」と諭しているのだと思う。

こんな素晴らしい話を、問題発言として歪める社会構図。
バカバカしくて話になりません。
マスコミの報道も、どんどんおかしなことになっていますね。
きっと、これを「おかしいな?」と思いながら報道している人もいると思う。

テレビのコメンテーターなども、「言っていることはわかるけど・・・」と、奥歯に物が詰まったような言い方。
きっと心の中では「こんなこと問題視する方がおかしい」と思いながらも、番組の方向性で言わざるを得ないのでしょうね。
つまりはテレビ局からギャラをもらうために、自分の本音とは違うことを言っている。
それでコメンテーターと言えるのか?

言いたいことは正々堂々と言いましょうよ。
おかしいことはおかしいと。
私はこの校長先生の発言、支持します。
女性にとって最も大切なことは、こどもを二人以上生むことです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 私の思うこと

卒業式には仰げば尊し

160318.jpg

今日は多くの学校で卒業式が行われたようですね。
我が家には卒業生はいませんが、長女の学校は卒業式でした。
長女曰く、泣いていた卒業生がたくさんいたそうです。

卒業式といえば、卒業の歌があります。
私が子供の頃は、やはり「仰げば尊し」でした。
しかし、今はこの曲を歌うのは、皆無と言って良さそうです。

一昨日の晩御飯の時に、卒業式の話になり、仰げば尊しの話になりました。
昨年の息子の中学校卒業式では、仰げば尊しを歌いましたが、長女の学校の卒業式では歌いません。
歌わない学校の方がほとんどで、仰げば尊しすら知らない。
長女もやはり知りませんでした。

最近はやりの歌や、新しい歌を取り入れるのも良いと思いますが、やはり仰げば尊しを卒業式の歌として、残して欲しいと思います。
wikipediaを見ると、仰げば尊しが歌われなくなった理由として、歌詞が「いと」「やよ」のような古語を多く含む文語調であるため児童・生徒には分かりにくいためと説明があった。
いやむしろ逆でしょう。だからこそ教えて歌わせ、伝えていかなければならないと思う。

歌詞はとっても良いと思う。
wikipediaから歌詞を引用します。
-------------------------------------------------
仰げば 尊し 我が師の恩
教(おしえ)の庭にも はや幾年(いくとせ)
思えば いと疾(と)し この年月(としつき)
今こそ 別れめ いざさらば

互(たがい)に睦(むつみ)し 日ごろの恩
別(わか)るる後(のち)にも やよ 忘るな
身を立て 名をあげ やよ 励めよ
今こそ 別れめ いざさらば

朝夕 馴(な)れにし 学びの窓
蛍の灯火(ともしび) 積む白雪(しらゆき)
忘るる 間(ま)ぞなき ゆく年月
今こそ 別れめ いざさらば
-------------------------------------------------

美しい歌詞ですね。
やっぱり卒業式には仰げば尊しがふさわしいと思う。

ちなみに、2番目の歌詞の「身を立て名をあげ」の部分が立身出世を呼びかけていて「民主主義」的ではない。という見方があり、2番目を歌わなかったこともあったんだとか。
何が民主主義的じゃないのか?サッパリわかりません。
「立派な人間になりなさい」と言っているのでしょ?何が問題なわけ?

卒業式の歌として、いろんな歌があります。
でも、卒業する身として歌った時に、一番その心境を捉えているのが、この仰げば尊しだと思う。
流行りの歌は、どちらかといえば、卒業する者たちに贈る歌。
仰げば尊しのように、今まさに卒業していく心境ではない。

ぜひ、仰げば尊しをもう一度見直して、卒業式で歌う学校が増えてくれると嬉しいのですが。
最後になってしまいましたが、卒業された皆様、おめでとうございます。
それぞれの想い出を胸に、新たな旅立ちに向かって頑張って下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年03月17日

時には焼酎飲んで

160317.jpg

今日は剣道の稽古の日でした。
通常は水・土・日ですが、水・土で使わせていただいている小学校の体育館が、卒業式・入学式の準備のため、この期間は使えない。
そのため、別の中学校の武道館をお借りして、月・木で稽古をしています。

稽古は19時から。
少年の部は20時半ごろには終わりました。
しかし、その後の一般の部で息子が稽古するため、娘たちもそのまま居残り。
稽古が終わったのは21時20分ごろ。

そこから帰って晩御飯を作るのはさすがに無理。
稽古が始まる前に、おにぎりを軽く食べているけど、やはりお腹が空く。
どうしても帰りにスーパーで、何かを買って帰ることになる。

今日も帰りにスーパーに立ち寄り、何も無いお惣菜コーナーに、わずかに残った物を買って帰る。
たこ焼きが残っていて、半額になっていたので、たこ焼きを買って帰りました。
ご飯は炊いているので、レトルトの牛丼。そしてそれぞれにカップ麺を買って帰りました。

帰って来て、ドタバタとして晩御飯を食べる。
食べ終わったら、娘たちは歯磨きをして、すぐに布団の中へ。
その時点でもう22時過ぎ。

やはり1週間に2度、このドタバタ晩御飯が続くと疲れます。
今夜は疲れが溜まっているのか、なんとなく飲みたい気分になった。
それも気分的にビールでは無い。

そこで奄美の黒糖焼酎を引っ張り出してきた。
晩御飯を食べながら、お湯割りで黒糖焼酎を飲みました。
あぁ〜〜〜身体に染み入る〜〜〜。
久々に飲むと、やはり美味いです。

基本的に私は一人で酒を飲むのは好きな方じゃ無い。
家で飲むときも、一人ではなく、嫁さんと一緒に飲む。
しかし、たまには一人で飲みたい時もある。
今日はそんな日でした。

黒糖焼酎を飲んで、疲れた身体と心をリフレッシュしました。
さて、明日も仕事頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2016年03月16日

広報誌のお仕事

160316.jpg

本日ひとつの仕事を納品した。

小学校の広報誌なんですが、長女の学校の広報誌です。
自分の子供がお世話になっている学校の広報誌を、仕事として受けさせていただいています(^^;)
もうかれこれ5年くらい続いている。

最初は息子が6年生になる時に、たまたまPTAの広報係に知り合いがいたことでした。
その頃、広報誌はまだ昔ながらの手法で制作していたようで、制作を依頼することを検討していたようです。
「誰か知り合いにデザインできる人はいないか?」と聞かれ、学童の関係で私の仕事内容を知っていた知人が、私の名を挙げたことが始まりでした。

昔ながらの手法での制作というのは、台紙に文字やイラストを貼っていく版下作業です。
今でこそ全てMacで作業できる時代ですが、昔は台紙に写植の文字を貼り、写真はコピーした物を貼って、製版屋さんで製版したものです。
しかし、いつまでもそんな作業を続けられるわけもなく、印刷屋の方からもデータで欲しいと言われていたようです。

5年前に私が引き受けてからは、全てデータで完了しています。
当たり前と言えば当たり前なのですが、それを素人の手でやることはできません。
昔の制作方法なら、なんとか作ることもできましたが、今では完全データ化が基本です。
そのうちワードから印刷できる時代が来るかも知れませんが。

そんな広報誌ですが、いつもはモノクロで制作&印刷です。
しかし、今回は特別にカラーでした。
それは記念すべき100号だったから。

いつもならモノクロの写真が、今回はカラーです。
やっぱり写真が入る印刷物は、カラーが良いですね。
子供達の表情も、より輝いて見えます。

今回は3学期の発行ですので、卒業生がメインになっています。
卒業生全員の顔写真が入る。
いつもならモノクロの写真ですが、今回だけはカラーです。
今年の卒業生はラッキーです。

これまでモノクロしか見てこなかった広報誌。
カラーで見ると、また違ったイメージです。
このまま次回からもカラーで制作できたら良いのですが。
予算が合わないと無理でしょうね(^^;)

さて、ようやく抱えていた仕事が、ひとつずつ完了している。
年度末はどうしても仕事が重なりますね。
ひとつ納品できて、ホッとしていますが、まだ他の仕事があります。
明日からも気合いれて頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 仕事

2016年03月15日

次女の託児所発表会

160315.jpg

今日は次女の託児所の発表会がありました。

これまで練習を重ねてきて、お知らせ帳にも「劇の練習をしました」と、書かれている日がありました。
次女のクラスは「ジャックと豆の木」を練習していて、次女はジャックのお母さん役と、お嫁さん役をやりました。
ちゃんとやれるのか心配していましたが、役は一人じゃなく二人でやっていました(笑)

これは他の役も同じで、ジャックの役は男の子3人。
大男の役も男の子3人でやっていました。
まだまだこの年代では、1人でやりきるには難しい。

さらに次女の性格からすると、舞台に上がったとたんに、日頃の勢いは消えてしまう。
1人でやるとなると、もう緊張しまくって泣き出してしまうだろう(^^;)
今日は2人でなんとか、役をこなしていました。

ちょっと声が小さくて、聞き取れない状態でしたが、最悪固まってしまうかもしれないと思っていたので、なんとか無事に発表会ができて良かったです。
最後の歌は、よほど好きなのか、大きな声で歌っていました。
劇が無事に終わってホッとしたのもあったのでしょう。
生き生きと歌っていました(笑)

次女の性格は、日頃はマイペースで誰にでも話しかけて、破天荒なイメージです。
しかし、いざ自分に注目が集まると、とたんに萎縮してしまう。
一見すると目立ちたがり屋さんのような行動に見えますが、意外と照れ屋さんです(笑)

この性格は誰に似たのでしょうか?
照れ屋な性格は私だろうと、勝手に思っています(笑)
でもこのマイペースぶりと、自由さは私ではない。
嫁さんも同じく「私ではない」と否定します(^^;)

きっと私の姉の性格に似たのだろう。と勝手に決め付けています。
それくらい本当に自由でマイペースで、照れ屋でおてんばです。
でも、すぐに泣いてしまう。よくわからない性格の次女なのです(^^;)

末っ子なので、つい私たちも甘やかしてしまう。
きっと次女はこのまま大きくなるのでしょうね。
発表会の度に成長を感じます。
来年はいよいよ託児所最後の発表会になる。
そして卒園。早いものですね。

次女の成長の一ページを胸に焼き付けた一日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2016年03月14日

手帳型iPhoneケース販売

160314.jpg
https://island.booth.pm

facebookの方では、すでに告知しましたが、ブログではまだなので、こちらでもお知らせ。

ネットショップのひとつであるBOOTH-islandで、手帳型iPhoneケースの販売を開始しました。
手始めに、黒猫りっちー君のデザインで11色のカラーバリエーションで販売開始。
今後、他のイラストを使ったデザインなども、増やして行きたいと思います。

さらに他にもいろいろとアイテムが作れるので、どんどんグッズアイテムを増やしたいと思います。
他にもトートバッグやTシャツ、マグカップやカンバッヂ、マウスパッドやカードホルダーなど、様々なグッズが作れます。
仕事の合間を見て、どんどんアイテムを増やして行きたいと思います。

なぜBOOTH-islandで突然、iPhoneケースの販売を開始したのかと言うと。
もともとBOOTHはpixivというサイトを運営している会社のサービスとして始まりました。
pixivとはイラスト投稿サイトのようなもので、自分のイラストを公開して、いろんな人に見てもらえる。
私もpixivのサービスが始まった頃から、ずっと使っています。

もっとも最近は新作をアップできていないので、止まったままですが(^^;)
このpixivがイラストなどの販売用ページとして、BOOTHを始めました。
BOOTHもサービスが開始して、間もない頃から使い始めました。

そしてその延長として、自分のイラストを使ってグッズが作れるpixivFACTORYというサービスが始まったのです。
このサービス、昨年からとっくにスタートしていました。
ずっと気になっていたのですが、なかなか着手することができず、ようやく始めるところまでたどり着きました(^^;)

このサービスの良いところは、自分のイラストをアップするだけで、アイテムが簡単に作れること。
そしてすぐにBOOTHと連携して、販売を開始することができる。
さらに、注文が入ってからpixivFACTORYでグッズの生産に入るので、在庫を抱える必要がない。
注文が入れば、pixivFACTORYで生産から発送まで行ってくれます。

作者は商品が売れたら、その中から手数料がもらえる仕組み。
そんなに大きな金額はもらえません。
でも、在庫も持たずに、自分の作品の商品化したものを売ることができる。
これはとても嬉しいサービスです。
どんどんデザインを増やして、アイテムを充実させて行きたいと思います。

まずは黒猫りっちー君の手帳型iPhoneケースと、トートバッグを販売しています。
興味のある方、ぜひ覗いてみてくださいね。
ショップページはこちら
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | ショップ情報

2016年03月13日

多忙で実りある一日

160313-1.jpg

またまた多忙な日曜日でした(^^;)

本日の予定は3つ。
まず一つ目。
朝10時から、学童保育所20周年式典に参加。
先日、仕事で記念誌をデザイン・制作させていただいた学童保育所の式典です。

私は学童保育連絡協議会の理事も務めさせていただいているので、今回は理事として招待されていました。
受付で自分が制作した記念誌を、これまた自分が制作した封筒に入れた状態で受け取りました(笑)
式典と言っても、そんなに堅苦しいものではなく、ほのぼのとした雰囲気の中で行われました。

まずはバルーンアートのショーから始まり、その後お祝いの言葉。
そして学童保育所の成り立ちや歴史を、簡単にご紹介いただきました。
どの学童保育所もそうですが、保護者が立ち上げた学童保育所です。
私も息子が小学校時代に、校区に学童保育所が無くて、立ち上げに関わりました。

約6〜7年前の話ですが、立ち上げにはいろんな苦労がありました。
人には言えないような辛い想いもたくさんありました。
でも、地域や学校、そして他の学童保育の方々の、多大なるサポートのお陰で、何とか学童保育所を立ち上げることができた。
つい数年前ですら、それだけの苦労があったのですから、20年前となると、もっともっと大変な想いをされたはずです。

そんな想いを胸に秘めながら、20周年式典に参加させていただきました。
式典の後は、茶話会があり、指導員の先生方や関係者の方々と、いろいろとお話をさせていただきました。
本当にいろんな方々の協力の元、学童保育は運営されていることを、改めて実感させていただきました。

家に帰ると、すでにお昼を回っていました。
14時半には家を出る予定でしたので、軽くお昼ご飯を済ませました。
二つ目の予定は、剣道の練習試合です。

今日はいつもの大学の道場が、大学の試合で使えないため、午前中の稽古はお休みでした。
しかし、他の道場との練習試合が入り、15時から稽古&試合が行われました。
お隣の市で、いつも買い物に行くショッピングモールが近いため、ひとまず家族で車に乗り、私と長女だけ降りました。
運転を嫁さんに代わってもらい、嫁さん、息子、次女は買い物へ。

160313-2.jpg

稽古会が始まり、すぐに練習試合が始まるのか?と思いきや、なかなか稽古が終わりません。
結局、稽古が終わったのは16時半。1時間半ほど稽古がありました。
そこから試合開始。
17時頃には終わると思っていたのですが、これはかなり遅くなりそうです。

次の予定が19時からの自治会役員・班長全体会議がある。
準備もあるので、本当は18時頃には行く予定をしていた。
しかし、どう考えても間に合わない。
そこで、予め会長に電話を入れて、送れるであろうことを伝えた。

練習試合の方は、初戦の相手に胴を決めて1勝したが、その後は2・3試合目は同じ相手に、連続負け。
さらにその後の試合では、秒殺で負けてしまい、悔し涙を流していました。
息子から試合の動画を送ってほしいとメッセージがあり、動画を撮り始めたのが2試合目から。
結局勝った試合の動画は無く、負けた内容の試合ばかりになりました(笑)
まぁ、でも負けから学ぶことが多いので、これを見て、また稽古に励んでもらいましょう。

結局、試合が終わったのは18時半過ぎ、家族と合流して家に帰り、書類を持って自治会会議に行ったのは19時半前でした。
いつもなら2時間くらいかかる会議ですが、今日は出席者も少なく、20時前には終了。
何とか一日のスケジュールが終わりました。

疲れたけど実りのある一日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記

2016年03月12日

感動の6年生を送る会

160312.jpg

今日は剣道クラブの6年生を送る会があり、嫁さんは夜勤なので、嫁さんを除く家族で出かけました。
その前に、まず学童保育所に立ち寄りました。
修了式で流すDVDを納品するため。
世帯分の30枚を納品しました。

息子も一緒だったので、久しぶりの先生との再会でした。
確か昨年の今頃に会っているので、一年ぶりの再会だと思う。
久しぶりの息子との再会に、先生も喜んでくれました。

無事DVDを納品した後、6年生を送る会の会場へ。
毎年焼肉をやるので、子供達も楽しみにしています。
そして娘たちはたくさんの剣道の友達がいるので、大喜びです。
息子は同級生はいませんが、中学生の後輩と楽しく会話していました。

焼肉を食べたら、子供達は外へ飛び出して行きました。
会場は山野辺の道近くの観光農園なので、外に出て遊べます。
お天気も良いので、気持ち良く走り回っていました。

ふと見ると木々に花が咲いています。
最初は梅だと思っていたのですが、どうも桜っぽい。
ソメイヨシノではないので、山桜かなんかかな?
そんな中で子供達は、元気に走り回っていました。

遊んだ後は、再び会場に子供達を戻して、6年生を送るための言葉。
いつもなら、先生方から記念品を贈呈されて終わり。
しかし、今年は指導の先生からメッセージが。
それも4人それぞれに、個別のメッセージを。
これには感動しました。

ちゃんと紙に記されたメッセージを読み、6年生に手渡してくれました。
さらに他の先生方からも記念品などの贈呈。
さらにさらに、在校生父兄から、フォロブックの贈呈。
たくさんの記念品をもらい、笑顔でいっぱいの6年生でした。

最後はお天気が良いので、外で記念撮影をして終わりました。
6年生はあと1試合、試合を残しています。
最後の試合で、これまでの稽古の成果を発揮してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2016年03月11日

あれから5年

160311.jpg

あの3.11東日本大震災から5年が経ちました。
「もう5年になるのか」「まだ5年なのか」
どちらとも言えない、複雑な気持ちです。

しかし、被災者の方々、そして大切な人を失ってしまった方々にとっては、時が止まったままなのではないでしょうか。
どんなに時間が経過しても、あの日の恐怖、悲しみは消えないと思います。

5年前の今日。
私は学童の修了式で流す、DVDの制作をしていました。
そして5年後の今日。
同じく学童の修了式のDVDの仕上げをしています。

ちょうど学童の修了式と、東日本大震災との時期が重なる。
DVD制作をしていると、あの時の記憶がよみがえります。
作業している手を止めて、津波が押し寄せる映像を、呆然として見ていた。
とても現実とは思えない感覚で、テレビの画面を見ていました。

5年経った今でも、復興が進まぬ街。
そして未だ復旧の目処が立たない、福島第一原発。
東日本大震災が残した傷跡は、あまりにも大きい。

しかし、確実に復活しているものもある。
再び東北に光を取り戻そうと、頑張っている被災者も大勢います。
そしてそれをサポートする人々。
この5年で大きく変わったものもあると思う。

テレビでは多くの追悼番組が組まれ、5年前の大震災を振り返っています。
忘れてはならない記憶ですが、被災者の方々にとっては、忘れてしまいたい記憶でもある。
大きな大きな悲しみを乗り越えてきた5年間。
そして大きな絆に支えられてきた5年間だと思う。

どうしても時間の経過とともに、薄れ去っていく震災の記憶。
今一度、しっかりとあの日を思い出し、防災の意識につなげたい。
そして前を向いて、しっかり生きることが大切だと思う。

最後になりましたが、犠牲になってしまった方々の、ご冥福をお祈りするとともに、まだ見つかっていない方々の、一日も早い発見をお祈りします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年03月10日

またスパムメールが増えてきた

160310.jpg

またスパムメールの波がやってきたな。
どうも2〜3月に一度くらいの波で、スパムメールが大量に届く。
昨日あたりから、急にスパムメールが届き始めた。
それも仕事用のアドレスに。

完全に仕事用のアドレスが漏れてしまっているようですが、なかなかアドレス変更まで至りません。
アドレス変えるとなると、仕事先全部にアドレス変更のお知らせしないといけませんからね。
でも、スパムメールの標的になっているみたいなので、やっぱり変えた方が良さそうだ。
アドレス変更はすぐにできるし、変更のお知らせも一斉送信できるし。

スパムメールは全て英文メール。
そして必ず添付ファイルが付いている。
この手のメールが届いた後に、必ずウイルス検知ソフトが、問題を発見する。
見てみると、メールに添付されたファイル。
明らかに怪しいですね。

こんな手に引っかかる奴がいるのだろうか?
でも引っかかるから、この手のメールが無くならないのでしょうね。
最近は巧妙になっているし、日本郵政を名乗ったスパムメールもある。
先日も私のところに、そのメールが届いた。

160301.jpg

ネットで注意を呼びかけていたし、facebookでも注意を呼びかける投稿を目にしていた。
まさか自分のところにも来るとは思いもしなかったが、来たということは、やはりアドレスが流出している証拠ですね。
ここまで漏れていたら、もうどうしようもない。
やっぱりアドレス変えた方が良さそうです。

しかし、本当に迷惑です。
仕事用のアドレスは、携帯に転送設定しているので、スパムメールが届くたびに、iPhoneにもスパムメールが届く。
腹立たしいのは、夜中にメールが届くこと。
寝ている時にこんなメールが届くと、腹が立って眠れなくなる。

仕事落ち着いたら、アドレス変更しよう。
あぁ〜こんなことでアドレス変更しなくてはならないとは、本当に腹がたつ(♯`∧´)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | ウイルス・迷惑メール

2016年03月09日

卒業式シーズン

160309.jpg

寒の戻り。雨が降り続く寒い一日となりました。
久しぶりにストーブ点火。
春本番はもう少し先ですね。

寒さと暖かさを繰り返しながら、春本番へと向かいます。
そしていよいよ卒業式のシーズン。
思い返せば、去年、息子も中学を卒業し、志望校の鳥羽商船へと入学しました。
あれからもう一年経ったのですね。

卒業式。
自分の卒業式は、もう遥か彼方。遠い昔で忘れてしまいました(笑)
でも、なぜか一番遠い記憶のはずの小学校の卒業式が、一番記憶に残っている。
逆に最も近い記憶のはずの、高校卒業式が全く記憶にない(^^;)

卒業式というものを、初めて体験するのが小学生。
そして6年間という長い月日を過ごした学校からの卒業。
だからこそ小学校の卒業式が、一番記憶に残っているのかもしれません。

中学校は、一度卒業式を経験した後であり、また3年間という短い期間。
そして何よりも15歳という難しい年代。
中学校は中学校で、小学校の時とは違う卒業式の記憶がある。

しかし、本当に高校の卒業式だけは、全く思い出せません(笑)
なぜだろう?男子校だったから(笑)
本当に記憶に残っていない(^^;)

きっと高校卒業の時は、社会人になって故郷を離れるという、期待と不安の方が大きかったのだと思う。
小学校や中学校の時のように、在校中を振り返って懐かしむだけの、心のゆとりがなかったのだろう。
高校卒業して1〜2週間で、家を出て島を離れて、社会人として旅立つのです。
思い返してみても、期待と不安とが入り乱れていたと思う。

卒業式。
それぞれの想いが詰まった学校を卒業する日。
卒業する本人にとっても、とても大切な日であるが、同時に親にとっても大切な日です。
親となった今、ようやくその気持ちがわかる。

無事に卒業できる喜び。
これまで面倒を見ていただいた、学校の先生方。
仲良く遊んでくれた級友たち。
そんな環境から卒業する日。

我が家は今年は誰も卒業生はいません。
来年は、次女が託児所を卒園。
その2年後に、長女の小学校卒業が待っている。
その後に、息子の卒業。順調に行けば(^^;)

子供の卒業式を迎えるたびに、親としても何かを卒業する気がします。
親としての卒業式は、子供達が全員巣立つ時ですかね。
そう考えると、まだまだ私は卒業できません(笑)
もっともっと、しっかり頑張って、親としての卒業式を迎えたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | 日記

2016年03月08日

お仕事一つ完了(^o^)

160308.jpg

本日、依頼されていた、学童保育所開設20周年の記念誌を納品してきました。

昨年末にお話をいただいて、年明けに打ち合わせ。
打ち合わせと言っても、内容を聞いて、あとはほぼお任せの状態。
ひとまず原稿を揃えてもらい、その後、必要な物を写真に撮り、2月頭に初校。

何度か校正をして、先月末に印刷に出しました。
今回は部数が100部と少なかったので、オンデマンド印刷ですが、それでも十分な仕上がりで、学童保育所の先生方も喜んでいただけました。

私は市の学童保育所をまとめる、学童保育所連絡協議会の理事もしているので、20周年記念式典にも出席します。
自分で記念誌を制作しながら、来賓として記念誌を受け取るという、なんともややこしい立場にいます(笑)
今回は理事としてではなく、いちデザイナーとして仕事を依頼していただいたので、それはそれ、これはこれで出席したいと思います。

私が保護者会会長をした学童とは別の学童保育所からの依頼。
実は一昨年の作品展に、この学童保育所の先生が来てくださっているのです。
私の仕事内容を知っていたので、記念誌を依頼されたのだと思います。
仕上がりをとても喜んでいただいて、私も本当に嬉しくなりました。

とりあえず、一つ仕事が完了して、ほっとしているところです。
しかし、まだ学童からの依頼が残っています。
これは、毎年恒例の修了式のDVD制作。
ここは私が保護者会会長をした学童。

8割方出来ていますが、本日ようやく残りの作業ができました。
明日、最終の仕上げをして、明後日確認のために見てもらいたいと思います。
そしてOKをいただいたら、40枚ほどDVDにしないといけません。
毎年この時期はこの作業をやっています(^^;)

そしてちょうど重なって、学校の広報誌の仕事もあるのです。
こちらもタイトなスケジュールで進んでいます。
明日には最終OKになる予定。

学校・学童関係の仕事で、予定ビッシリのこの時期。
もちろんそれ以外にも、仕事はあります。
忙しいのはありがたいことですね。

日中は仕事。夜は作品作りに時間を使いたいものです。
ショップ用のアイテムも考えなくては。
明日もいろいろとスケジュールが詰まっています。
さぁ明日も頑張るぞ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 仕事

2016年03月07日

灯油が安くて助かりました

160307.jpg

暖かい日が続いています。
ストーブを焚かない日が、3日ほど続いているので、灯油が全く減らない。
いつもなら、リビングのストーブが、ガンガン灯油を食うので、あっという間に灯油が減る。
しかし、全く灯油が減らない。
このまま春本番に・・・。というのは甘い考えですよね(^^;)

今週中頃には、また寒さが戻ってきそうです。
そうなればまた、ガンガンストーブを焚かなければいけません。
灯油を買うのも、あと何回だろうか?

毎年、この時期は灯油をいつまで買うか悩みます。
「もう寒さは来ないだろう」と思っている時に、突然寒波がやってきて、結局買う。
そしてすぐに暖かくなって、そのまま使わなくなったり。
いつまで寒気が残るかを、判断しながら灯油を買わないと、次のシーズンまで灯油が残ることになってしまう。

今シーズンは、灯油の値段が下がってくれて、本当に助かりました。
毎年、極寒の時期に「灯油が高い」と嘆いていましたが、今シーズンは逆でした。
「昔は18リットルで880円くらいだった」とつぶやいていましたが、それに近いくらいの値段まで下がっている。
おかげでこの冬は、暖かくして過ごすことができました。

暖冬と言われていましたが、結果的には前半暖冬・後半極寒というイメージです。
前半が暖かかった分、後半の寒さが身にしみました。
それだけに、灯油の値段が下がったのは嬉しかったですね。

原油価格が下がったままなので、ガソリンも価格が下がったままです。
リッター100円を切るなんて、誰が想像したでしょうか。
数年前にはリッター200円目前まで行ったこともありました。
この差は一体なんなのだろう?と思ってしまいます。

原油の価格って、結局はあってないようなものなんですよね。
だって、元々地下資源であって、誰かが開発したものでもない。
本来はただ同然のものです。

原油価格の低水準で、電気料金も値下げの方向に向かうでしょう。
電力自由化の動きの中で、原油価格の低水準は、やはり発電所を持つ従来の電力会社が有利になるのかな?
いまひとつ電力自由化の効果が分かりません。

原油にしても、電気にしても、私たちに必要不可欠のエネルギーは、やはり安く安定して使えることが大切です。
ここのコストが上がると、一気に全てのコストが上がる。
エネルギーの値上げは、景気を悪くする要因です。

暖かい日が続き、春が目前ですが、また寒気がやってきそうです。
奈良はお水取りが終わるまでは、本格的な春はきません。
でも、もうすぐです。
春、嬉しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 日記

2016年03月06日

インドネシア出展の作品を見てきた(笑)

160306.jpg

今日は大阪までお出かけしました。

午前中はいつも通り剣道の稽古でしたが、今日は居残りをやめて1時間で終了。
お昼前には家族で電車に乗り込んでいました。
行き先は梅田・グランフロント大阪。

先日インドネシアで行われた、エア・フローティング・メディア展。
エア・フローティング・メディア委員会の方から、「なわてん in GFO」というイベントの一角で、インドネシアで展示した内容を行います。との連絡があった。
自分で制作した動画ですが、実機で見ていなかったので、見に行くことにしました。

日曜日なので、家族揃ってお出かけです。
娘たちは電車でお出かけするのが、嬉しいようで、特に次女はルンルンでした。
梅田について、まずは腹ごしらえ。
しっかりお昼ご飯を食べてから「なわてん in GFO」に向かいました。

なわてん in GFOというのは大阪電気通信大学総合情報学部が主催するイベント。
そこにエア・フローティング・メディア展も参加した形です。
会場には大阪電気通信大学の学生が、卒業制作・卒業研究の発表として制作したものが展示されていました。
ゲームがあったり、映画の上映などもやっていました。

160306-1.jpg

その一角に、エア・フローティング・メディアコーナーがありました。
自分の制作したデータを、ようやく実機で見ることができました。
やはり実機で見てみないと、どんな風に見えるのかわかりません。
実際に実機で見て納得できました。

長女は昨年夏に、私と一緒にエア・フローティング・メディア展に行ったことがあるので、知っていますが、他の家族は知りません。
私の作品も含め、初めて見る映像に興味津々でした。

160306-2.jpg

他にもゲームなどに夢中の子供達。
いろいろと楽しんで会場を後にしました。
せっかく梅田まで来たので、東急ハンズに寄って帰りました。
いつも思うことですが、東急ハンズに来ると、いろんな物が欲しくなります。
今日は欲しい気持ちをぐっとこらえて、見るだけで帰ってきました(笑)

お正月に行った以来の梅田でした。
子供達も楽しめたようで、満足して帰ってきました。
エア・フローティング・メディア展は次回の予定が決まっています。
5/7(土)・8(日)に開催されます。
また作品作りに励んで参加したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | アート

2016年03月05日

春は目前

160305.jpg
【春を呼ぶ花が咲き乱れています】

昨日の次女の熱は、やはり一晩で何事もなかったように治った。
一体なんの熱だったのか?
不明だが、元気なので良しとします(^^;)

今日はお昼から、校区の公民館祭りに出かけました。
毎年この時期に公民館祭りがあります。
昨年までは、私も生涯学習推進員として、実行委員の一員でした。
他の方に変わっていただいたので、今年は様子を見にだけ行きました。

一番の目的はぜんざいを食べること。
私たち生涯学習推進員が、毎年ぜんざいを作って、来場者に振舞っていました。
今年も子供たちを連れて、ぜんざいを食べようと行きました。

ところが、ちょうど3時でぜんざいが終わってしまったらしく、ぜんざいはいただくことができませんでした。
ぜんざいを楽しみにしていた次女は、すっかり意気消沈(笑)
それでも、長女の学校の習字などが展示されているので、それを見て、他の作品などを見ている内に、機嫌もなおってきた。

公民館祭りの参加者は、相変わらず高齢者がほとんど。
仕方ないと言えばそれまでですが、もう少し若い世代を取り込むアイデアがほしいところです。
来ている人は、ほぼほぼ旧村の方々。
私の住んでいる、新しい居住区の若い世代は、全くいません。
今後続けていくのなら、若い世代を取り込む必要性がありますね。

昨日に引き続き、今日もポカポカ陽気のお天気。
公民館のすぐ横に臨時の駐車場が設けられていて、川を越えて駐車場へと戻ります。
道端にオオイヌフグリの青い花が、たくさん咲いていました。
そして田んぼの脇に梅の花が綺麗に咲いています。
梅の花は満開。春の訪れを喜んでいるようにも見えました。

公民館でのぜんざいは食べることができませんでしたが、今夜は先日できなかったひな祭りのお祝いを、改めてやりました。
ケーキ屋さんに行って、ショートケーキを買って来て、簡単ですがお祝いをしました。
さすがにひな祭りのケーキは、もう売っていません(笑)

2〜3日、この暖かさは続きそうです。
その後、また、寒さがやって来て、また暖かくなって。
三寒四温で春本番がやって来ます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記

2016年03月04日

ポカポカ陽気とドタバタ一日

160304.jpg

暖かい一日でした。
ようやく寒さが緩みましたね。
春の足音が大きく一歩、聞こえた様な一日でした。

そんなポカポカ陽気でしたが、私はドタバタでした。
なんか今日は疲れました。
最初の原因は睡眠不足。

昨夜、仕事が詰んでいたため、夜中の2時前まで仕事をしていました。
ようやく目処がついて、台所の洗い物終えて、明日の準備して寝たのが2時過ぎ。
ぐっすりと眠りについていたときに、次女に起こされた。
「お茶が飲みたい」

時々、夜中に喉が渇いて起きることがある。
めっちゃ深い眠りについていたタイミングだったので、ふらふらしながら冷蔵庫からお茶を出しコップに入れる。
ごくごくとお茶を飲み干す次女。
その後、眠ろうと布団に入るが、一度目覚めてしまったので、なかなか寝付けない。

そうこうしている内に、夜勤の嫁さんが帰ってきた。
ますます眠れなくなる。
「いかん寝ないと」そう思うと、ますます眠れない。

結局、眠れないまま朝を迎えてしまった(><)
朝からはドタバタ。まず長女が学級閉鎖終わって学校再開なので、遅刻しないように朝ごはんを食べさせる。
次女のお弁当を作って、次女を託児所へ。
さらに今日はゴミ出しの日。

何よりも仕事が詰んでいる。
眠い頭を叩き起こしながら、なんとか仕事をする。
お昼前にお昼ごはんを作ろうとしていたら、夜勤明けの嫁さんが起きてきた。
その直後に電話が鳴った。託児所から。嫌な予感。

「お熱が出ていますので、お迎えお願いします」
38度の熱があるようで、確かに熱っぽい。
しかし、至って元気な次女。
家に帰ってきてからも、元気にテレビを見ていました。

私は次女をお迎えに行って、すぐにまた家を後にしました。
学童の件で、臨時の話し合いがあり、そちらへ急ぐ。
終わって帰ってきたのが2時半頃。
お昼ごはんを食べていなかったが、仕事の電話などがあり、対応している内に時間が過ぎていく。

もうお腹空いているのも忘れていました(笑)
結局ドタバタが夕方まで続きました。
お風呂入って晩ごはん食べたら、気分的にも落ち着いた。
何だったんだ今日の一日(^^;)

きっと寝不足でなければ、そうまで感じなかったのだろう。
やはり睡眠は大切だ(笑)
これから暖かい日が増えていくので、日中はポカポカ陽気に誘われて、ついつい眠くなることもある。
睡眠はしっかりとって、昼間は動けるようにしておきたい。

でも、仕事が詰まってくると、どうしても夜中に仕事をする場合が多いんですよね。
寒さが緩むこの時期に、体調を崩す場合が多いので、私も注意しよう。
次女は微熱がありながらも、テレビでドラえもんスペシャルやっていたので、お姉ちゃんたちとずっと見ていました。
明日の朝には元気になっていることと思います。(前回もそうでしたから)

さぁ、いよいよ春が近づいて来ましたね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 日記

2016年03月03日

娘たちの成長に感謝して

160303.jpg

灯りをつけましょうぼんぼりに〜♪

この数日間、ず〜っと次女は「ひな祭り」の歌を歌っていました。
託児所にもひな壇が飾られ、ひな祭りを楽しみに待っていました。
今日はいよいよひな祭り。

しかし、ひな祭りだからと言って、特別的なイベントは無し(^^;)
今月は嫁さんがずっと夜勤のため、今夜は簡単なお祝いで済ませました。
帰りにスーパーに寄って、ちらし寿司とオードブル。
デザートのケーキを買って帰りました。
簡単に済ませて、土曜日の晩にでも、また改めてお祝いできればと考えています。

本当は今夜は剣道の稽古も入っていました。
3月はいつもの小学校の体育館が、卒業式準備で使えなくなるため、この時期だけ中学校の武道館で稽古を行います。
水・土の稽古が月・木に変わる。

今日がその初日だったのですが、長女が学級閉鎖となっているため、剣道の稽古もお休みさせていただきました。
本人は至って元気ですが、学級閉鎖中ですので、極力外へは出ないようにしています。
剣道の方も、学級閉鎖となった場合は、稽古を休むことになっています。

剣道の稽古も行けないので、簡単だけどお祝いをすることにした。
時間があれば、ケーキでも予約したんだけど、剣道の稽古の予定だったので、最初から予約はやめていた。
誕生日ケーキなら、週末にずらして予約するのもあり。
しかし、ひな祭りのケーキを3月3日以降の予約っておかしいし(笑)
クリスマスケーキの予約日を12月27日くらいにするようなものですからね。

まぁ娘たちは小さなスーパーのショートケーキでも喜んで食べていました。
後日、改めてお母さんと一緒にお祝いすることとしましょう。
それまでは雛飾りしまえないな(笑)

お陰様で、娘たちもスクスクと成長しています。
どんどん口も達者になり、言うことだけは一人前になりつつあります。
長女は今年10歳になる。
もうそろそろ落ち着きを見せ始める年頃かな?
次女は益々パワーアップして、マイペースぶりを発揮しています。

健やかな成長を感謝して、お雛様、あと二日ほど飾らせていただきます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記

2016年03月02日

批判からは何も生まれない

160302.jpg

少し前の話ですが、「日本死ね」というブログが話題を集めていました。
今でも話題集めているのかな?
メディアでも取り上げられていましたからね。
国会でも論争になっていたみたいですし。

「日本死ね」だけ見ると、中国や韓国の嫌がらせ?と思ってしまいます(笑)
しかし、これ保育園落ちたお母さんが、今の日本に不満をぶちまけたブログだと言われています。
待機児童が問題視されている中での、まさにリアルな現場の声なんでしょう。
確かに働きたくても、子供を預けられなくては、働くこともできません。

また、野党がこれを批判材料に使って、メディアも乗っかってきているわけですが、なんかもううんざりしています。
批判。できますよ誰だって。
政治家じゃなくても、このブログ主のように、いくらでも批判はできる。

批判したい気持ちも、不満をぶちまけたい気持ちもわかる。
私だっていろいろ不満はあるし、批判したいこともたくさんある。
でも、批判をして不満をぶちまけても、何も変わらないと思う。

私が学童保育や自治会のことなどに、関わりを持つようになってから、特に感じていること。
批判は誰でもできるし、簡単にできる。
でも、批判をしている人も、同じ組織の中にいるんじゃないの?
日本を批判している、このブログ主だって、同じ日本国民。
ここに違和感を感じるのです。

私は学童保育にしても、自治会にしても、自分が関わる組織の中で、おかしいと思うことはある。
でもそれを批判するのではなく、自分ができる範囲で改善するように考えています。
自分がいる組織の中で、自分が何をできるのかを考えるようにしている。

しかしそうでない人は大勢います。
その時に感じる違和感。
同じ組織にいて、批判をする。
なぜ自分も参加して改善する。という方向になれないのか?

私が思うに、批判や不満を言う人は、自分がサービスを受ける側と感じているのではないだろうか。
行政サービスも、市民はサービスを受ける側で、行政はサービスをする側。
だから行政に対して批判や不満ばかりを言う。
お互いに協力して改善していく。
そのような姿勢が見えない。

学童や自治会でも同じことが言える。
自分はサービスを受ける側。という意識があるから、サービスの質が悪いと感じてしまうのではないか。
特に政治に関しては、無関心の人が多い。
そういう私も以前はそうでしたけどね。

なんとなく政治は政治家がやることで、自分たちは知らんぷり。
それでいて、政治家の批判ばかりをやる。
選挙に行かなかったら、批判する権利もないと、私は思います。
えぇ、若かりし頃の私もそうでしたから、今反省しているわけです(^^;)
ほんでもって、少しでも自分にできることがあれば。という意識を持つようになりました。

政治が悪いとか、公務員がダメとか、人のせいばかりにしたって、何も改善はされないと思います。
不満をぶちまけたい気持ちはわかりますが、だからこそなおのこと、自分もそこに参加しましょう。
一人一人が意識を持てば、一気に変わると思います。

批判ばかりをしている野党や、それに乗っかってばかりのメディアも、自分に何ができるか?を考えて欲しいですね。
国民が望んでいるのは、政策以外の批判を繰り返すことではなく、政策論争でより良い政策を生み出すことです。
メディアが批判ばかりを流すから、国民も同じように批判ばかりになるんですよ。

おっと、そういう私も批判ばかりになっていますね(笑)
さて、メディアを変えていくにはどうしたら良いか?
また考えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年03月01日

学級閉鎖の嵐

160301.jpg

めっちゃ冷えてきました。
寒い1日でしたね。
3月に入りましたが、まだまだ寒さは残りそうです。

この寒さで長女の学校にも、ついにインフルエンザの波がやってきています。
次々と感染する子供達。
そして次々と学級閉鎖が。

先週末、「長女が調子が悪い」と保健室に行き、学校から迎えの電話をもらった。
この時は「ついにインフルエンザか」と覚悟したが、結局その後元気になり、昨日いつも通り学校へ行った。
しかし、今度は学校からメールが来た。
なんと、長女のクラスが学級閉鎖になってしまったのだ。

長女はいたって元気だが、インフルエンザや高熱の子供が続出し、とうとう学級閉鎖となった。
今日から3日間、長女は学校をお休みです。
家には長い春休み中の息子がいる。
そして、嫁さんは今日からしばらく夜勤。

いつもなら私一人家で仕事をしている環境が、今日は次女以外は皆家にいる(-_-;)
明後日までは長女が休みなので、この状態が続く(-_-;)
まぁ別に相手する必要はないので、ほっておくけど。
学級閉鎖だから遊びにも行けないし(-_-;)

今日もまた学校からメールが来ていた。
他の学年の学級閉鎖についてだった。
4年生のクラスが学級閉鎖になっていて、本日無事学級閉鎖を解除した。
ところが、学級閉鎖明けにも関わらず、またまたインフルや高熱の子が続出しており、再度明日から学級閉鎖らしい。

このメール見た4年生の保護者、きっと泡吹いて倒れていると思う(^^;)
同じ状況になったら、私もきっと泡吹いて倒れて、立ち直るのに時間がかかると思う。
だって1週間くらい学校休んでいることになりますからね。
「勘弁してよ〜」って言いたくなります。

長女のクラスも分かりません。
もしかすると、金曜日に登校したら、また感染者が増えて再度学級閉鎖って可能性も有り得る。
そうならないことを祈るしかない。
それでも、長女自身が元気でいることが一番です。

インフルエンザや風邪になっていないことに感謝して、残り2日間を見守りましょう。
この寒さが緩んだら、インフルエンザの猛威も少しはおさまるかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | 日記