2016年01月28日

見続けている子供番組

160128.png

毎朝次女を託児所に送る。
時間は8時前後。
次女は車に乗り込むと、決まってテレビのチャンネルを2に合わせる。
NHK教育である。

8時前はコッシーやサボさん、オフロスキーなどが登場する「みーつけた」の時間。
そして8時からは「おかあさんといっしょ」が始まる。
息子が誕生してから、ず〜っとこのNHK教育は見ていることになる。

息子が見なくなった時期から長女が見て、そして今次女が見ている。
おかげでNHK教育の子供番組には、すっかり詳しくなりました(笑)
花カッパやクックルン、フックブックローにおじゃるまる。
月・火の夕方だけわしも。

いやはや、本当に詳しくなりました(^^;)
おかさんといっしょのコーナーの一つに「ぽこポテイト」があります。
ポテイ島に暮らす三人組の「ムテ吉・ミーニャ・メーコブ」が主人公。
最初出てきたときは「なんじゃこりゃ」と思いましたが、もうすっかり定着しました。
でも、4月からまた違うキャラクターが出てくるようですが。

さて、このムテ吉・ミーニャ・メーコブは、それぞれ動物がモチーフになっています。
ミーニャは見かけ上も、名前からしてもわかりますよね。猫がモチーフになっています。
メーコブは最初見たときは牛だと思いました。
でも、本当は牛の模様をした羊です。
このあたりはキャラクター設定にも「牛みたいな羊」となっているようで、メーコブの口癖は「モ〜無理〜」などと、必ずモ〜が入ります。

さて、もう一人のムテ吉ですが、これだけは何がモチーフなのか、最近まで知りませんでした。
ネットで調べたらすぐにわかることですが、調べるほどのことでもなく、子供達と「何の動物だろうね?」と話していました。
ところが先日、番組の中でそれが発覚した(笑)

羊のメーコブが「羊年が終わってしまった」と嘆いているところに、亀の長老さんがやってきてこう言った。
「羊年があるだけでも良いではないか。わしの亀はもちろん、ミーニャの猫、ムテ吉のラーテル年だって無い。」
へ?ラーテル?何?それ?
聞いたことも無い動物の名前が出てきた。

そこでネットで調べて見る。
ラーテルって、インドやアフリカに生息するイタチ科の動物らしい。
雑食で何でも食べてしまう。
毒蛇だって食べてしまい、仮に毒蛇に咬まれても、1時間ほど動けなくなるだけで、復活するとか。
ライオンなどの猛獣にも立ち向かうほどの怖いもの知らずのようで、無敵の動物と言われている。

160128-2.jpg

だからムテ吉なのか(^^;)
ムテ吉の正体が分かったけど、なんでこんなマイナーな動物がモチーフになったのだろう?
正直かわいいわけでも無いし、どちらかと言えば怖い(笑)
おそらく「元気で少々荒っぽい性格」というイメージでラーテルを選んだのでしょうね。
だって、愛着のある動物だったら、他にもたくさん候補はある。

ようやくムテ吉の正体がわかったのですが、ぽこポテイとは3月で終了のようです。
次にまた新しいキャラクターが出てくるようですが、チラッと見たけど、またなんか微妙な(^^;)
まぁ、でもすぐに慣れるんでしょうね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記