2015年12月28日

大きな失点から学ぶこと

151228.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

謎です。
なぜ安倍政権がこのような判断をしたのか?

いわゆる従軍慰安婦問題で、日本政府は韓国政府と最終決着を図るということで、岸田外務大臣が訪韓していました。
これまで日本政府は「慰安婦問題は解決済み」として、韓国の要望を拒んできました。
もちろん慰安婦問題はすでに解決済みだし、そもそも従軍慰安婦などと言われる者は存在していません。

それなのに、いつまでもいつまでもしつこく損害と賠償を求め、しまいには慰安婦像なるものを各地に作り上げ、日韓の関係悪化を作ってきたのは韓国の方です。
日本政府は最終的決着と言いますが、本当にそうでしょうか?
むしろ韓国がさらに要求を強める種を蒔いてしまったと私は思っています。
いや、私だけでなく日本国民の多くがそう思っているでしょう。

これまで中韓に対して、厳しい姿勢を見せてきた安倍政権。
しかし、ここに来て、やたらと中国や韓国に甘くなっている気がします。
中国の緑化のための事業に、日本から10億円の支援。
そして今回の慰安婦解決のためにも、支援金が10億円。

今回の安倍政権の判断は、間違いなくこれまでの支持者を失います。
大きな大きな失点をつけてしまったと私は思う。
ただ、これが安倍総理の本心ではないということも、重々分かっている。
この決断の背後には、様々な要因が含まれていることでしょう。

官邸の中にも韓国のスパイとも言える人がいると言われている。
もちろん自民党内には、中国や韓国、そして北朝鮮の息のかかった議員がいるでしょう。
これが日本の政治の現実なのです。

第一次安倍政権が倒れたのは、間違いなく自民党内の中国寄りの勢力が足を引っ張ったからです。
今回も中国・韓国の息のかかった議員や官僚などが、背後で動いてことは容易に分かる。
きっと苦渋の決断だったのだろう。
それでも、最終的責任は安倍総理にあるのです。

最終決着と言われる今回の日韓合意。
果たして韓国は本当に納得してこれで終わりにするでしょうか?
多くの日本人が「そんなハズは無い」と思っているでしょう。

ただ、仮に韓国が再び慰安婦を蒸し返し、外交カードとして使ってきた場合。
私たち日本国民は声を出さなくてはいけません。
拉致問題にしても、南京事件にしても、慰安婦問題にしても、私たち日本国民はあまりにも無関心過ぎた。
これにはメディアの責任も大きいのですが、今現在起きているこの理不尽なことを、私たちは子々孫々伝えていく義務があります。

私たちの祖先は日本国のために、立派に戦ったが、敗けたために多くの濡れ衣をかけられてきた。
それでも日本は近隣諸国との友好のために、様々な手を尽くした。
しかし、それを裏切ってきたのが中国・韓国である。
そのような国であり、そのような民族性であるということを、しっかりと伝えて行きましょう。
差別でもなんでもない。事実をしっかりと語り継ぐこと。

今回の判断はとても残念だし、今後も尾をひくでしょう。
だからこそ、私たち日本国民が、しっかりと子供達に話して聞かせることが大事です。
「失望した」と批判するだけでは、中国や韓国の思う壺です。
ここから学び、今後に生かしていく。
私たち日本国民が、しっかりとした意思を持たなければ、日本の政治は変わりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと