2015年11月07日

子供の叱り方

151107.jpg
【叱られるとすぐに泣き出す次女】

最近、ますます次女のわがままぶりがアップしている。
末っ子故に、家族の中でも何かと甘やかされてきた。
私たち親も、どうしても甘くなり、次女もそのことをわかっていると思われる。

3歳くらいまでは、人見知りが激しくて、家の中では賑やかでも、外では大人しかった。
しかし、今では家の中でも外でも、もうやりたい放題です。
元気なのは良いのですが、やはり厳しく言わなくてはならない時もある。

息子も長女も、同様に5歳くらいの時から、厳しく叱る時は叱ってきた。
次女もそろそろ、それをやらなくてはいけない時期のような気がします。
厳しく叱る時は厳しく叱る。

次女は叱られると、すぐに泣き出して、テンションが急降下します。
でも、長女のように涙はこぼれません。
涙目になるけど、涙がポロポロとこぼれるほどではない。

長女は叱られると、すぐに涙を流していた。
まるで映画女優が「アクション」とカチンコがなったように、とたんにボロボロと泣いていた。
そして叱られて直後には、涙を止めていた。
だから私たちは「女優」と呼んでいました。
今でも叱られると、すぐに涙を流します。

しかし、次女はその辺は下手です(笑)
泣き顔はしますが、涙が中途半端です。
でも、叱られた直後から、すぐにテンションが元に戻ります。
だから、叱ったこっちの方が調子が狂う。

女の子は叱られると、すぐに泣く。
これはやはり幼い頃から、女の涙は武器であることを、本能として身につけているのだろうか(笑)
息子はそうじゃなかった。
叱られても泣かないし、「自分は悪くない」というような態度を見せていた。

だからこっちも口だけではおさまらない。
叱られても反抗的な態度を見せると、最後には外に放り出した。
どんな寒い真冬であろうと、外に放り出していた。

幼い頃は、外に出されるのが怖くて、すぐに「ごめんなさい」と泣き出していた。
きっとあの頃、ご近所さんは虐待していると思っていたでしょうね(笑)
でも成長と共に、外に出されても泣かなくなる。
というか、そんな大きくなってからまで、外に出されていたのか?って思うでしょ。
出されていたんです(笑)

反抗期もあったし、親に歯向かっていることも多かったですからね。
今となっては笑い話ですが。
話しても話がかみ合わない時期ってありますからね。
でも、こっちも引き下がれない。
だから全力でぶつかるしかない。

そんな時期を乗り越えたからこそ、今があるんだと思います。
息子はそうでしたが、娘二人はどうなるのか?
きっと父親のことなんて、相手にもしなくなるでしょうね(笑)

叱られて涙流しているのも今だけでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記