2015年08月22日

大阪中学生殺害事件に思う

150822.jpg

大阪の中学一年生女児殺害事件で、容疑者が逮捕されました。
そして残念ながら、一緒にいた男児も遺体で発見されてしまいました。
おそらく二人とも逮捕された容疑者に殺害されたものと思われる。

なぜ中学一年の二人が殺害されてしまったのか?
犯人はなんのために殺害をしたのか?
今後の取り調べで、事件の内容が明らかになってくると思われます。

少年少女が殺害されてしまう事件が後を絶たない。
大人に殺害されてしまうケースもあれば、同年代の少年少女同士で殺害してしまうケースもある。
人の命が、あまりにも軽々しく扱われている気がして、事件が起きるたびに考えさせられてしまう。

ただ、今回の事件に関しては、子供たちにも落ち度がある。
子供たちと言うよりも、子供の親と言えるだろう。
夜になってから、中学生が家を出ること自体おかしい。
どうして引き止めなかったのか?

家庭によって様々な事情があると思う。
もしかしたら、親子ゲンカの延長線で家を出たのか?
反抗期の時期でもあり、親に反発する時期でもある。
夏休み中でもあるので、子供達も気持ちが緩み、大胆な行動を取ってしまう。

殺害されてしまった二人を責めることはできないが、自ら危険に身をさらしてしまったことは否めない。
やはり子供たち、そしてその親にも責任がある。
もし、親が無理矢理でも引き止めたら、こんな事件は起きなかっただろう。

昔なら、少年少女が夜中に出歩いていたら、大人が注意を促した。
しかし、今の時代は見て見ぬふりになる。
私がその場にいたら注意できたか?
おそらく無理だったと思う。
知っている子なら別だが、どこの誰か知らない子なら、注意はできないだろう?
でも、本当は大人として注意しないといけない。
もし、この二人が警察に補導されていたら、絶対に事件は起きていない。

犯罪が起きない社会を作るには、まず犯罪者を作らないようにしないといけない。
生まれた時から犯罪者の人はいない。
犯罪者が育たない社会。そして犯罪を起こさせない社会。
やはり根っこにあるのは教育だと思います。

一にも二にも教育が大事です。
ただただ勉強を教えるだけではなく、人として日本人として、どう生きるのかを教える教育。
そして、それは家庭教育の中で一番育つ。

今回の事件を他人事と捉えるのではなく、どこにでも潜んでいることと捉えなければならない。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(2) | 私の思うこと