2015年08月21日

エア・フローティング・メディア展 vol.8の一日

150821.jpg

エア・フローティング・メディア展 vol.8最終日。
おとといから行われ、今日がラストの日です。
今日は私も参加してきました。

いつも通り次女を託児所に送ったら、その足で駅へ。
駅前立体パーキングに車を停めて電車へと乗り込みました。
今日は私だけでなく、長女も同行しました。

嫁さんは仕事、息子はバイト、次女は託児所ということで、家に残るのは長女だけ。
さすがに一日一人で留守番させるわけにもいかず、一緒に連れて行くことにしました。
エア・フローティング・メディア展の関係者の方に、事前に確認をして、「連れてきても良いですよ」とのご回答をいただけたので、長女も一緒に行きました。

展示会場に着いた時は、10時を少し回っていましたが、お客さんもまだきていないようで、ひとまず説明を受けました。
今日は私もスタッフの一人としてお手伝いです。

今回私が出展したのは、「パラパラ立体アニメ」というもの。
パラパラ漫画のアニメが、立体で浮いて見えるというものです。
パラパラ立体アニメを見るには、作品のシートを選んで、それをBoxの上に乗せて、45度くらいの角度から見る必要があります。

その説明をするためのスタッフとして、今回参加させていただきました。
もちろん作者としての立場もあるのですが、今回はあえて一人のスタッフとして参加しました。
「私の作品です」と紹介すれば、率直な反応は見れないでしょうから、どんな反応をするのかを観察させていただきました。
作品は私のものを含めて、全部で13品あります。

夏休みということもあり、会場の他にもいろんなイベントをやっていることもあり、子供連れのお客さんが大半です。
そして、このエア・フローティング・メディア展 vol.8を見に来たというよりも、他のイベントや展示に合わせて入ってこられる方がほとんどでした。
だからこそ、率直な反応を見ることができました。

子供も大人も、まず驚くのが立体に浮いて見えること。
作品はその次ですね(笑)
でも、一つ作品を見たら、ほとんどの人が、続けて数点の作品を見ます。
中には13点、全部を網羅する人もいました。

私の作品の「クジラのゆめ」も、大勢の人に見ていただきました。
イラストが前面に出ているのと「クジラのゆめ」というタイトルが入っているので、子供達には手にとってもらいやすかったようです。
そしてお母さんがたにもたくさん手にとっていただけました。

私がスタッフとして動いている間、長女は暇を持て余すので、すぐ近くのイベントの展示物を見に行ったり、一つ上の階の展示物を見に行ったりしていました。
思いの外楽しめたようで良かったです。

帰りの時間があるので、15時過ぎには退席させていただきました。
僅かな時間でしたが、スタッフとして参加させていただいて、とても参考になりました。
子供達の反応、大人の反応、それぞれに違っていたりして、面白かったです。

また次のエア・フローティング・メディア展があれば、ぜひ参加したいと思います。
自分の個展など開催するのであれば、コラボも可能とおっしゃっていただけたので、前向きに考えてみたいと思います。
作品展の中で、このパラパラ立体アニメをできれば、とても面白いと思う。
パラパラ立体アニメの作品も、クジラのゆめだけじゃなくて、何点か増やしていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | アート