2015年08月15日

70回目の終戦の日

150815.jpg

終戦記念日。
年々この呼び方に違和感を感じるようになってきた。
今から70年前、我が国は戦争に負けた。
昭和天皇の玉音放送で、日本国民に敗戦を伝えることになったのだが、なぜその日が記念日なのか?
戦争に勝ったのなら記念日でもわかる。
敗戦記念日ってやっぱりおかしい。

今日の日は「敗戦の日」もしくは「終戦の日」と呼ぶ方がふさわしいと、年々感じるようになってきた。
8月6日の広島原爆投下の日、8月9日の長崎原爆投下の日と並んで、この8月15日は平和を強く願う日です。
あの大戦を忘れずに、常に平和を願う心を持ち続ける意味でも、今日の8月15日を風化させてはならない。
しかし、単純に「戦争は嫌」と思うだけではダメだと思います。

今年は戦後70年という節目の年でもあり、加えて安保法案が審議される中で、先日、安部総理の談話も発表された。
安保法案はいつのまにか「戦争法案」とレッテルを貼られ、法案に賛成する者は戦争をやりたがっているというイメージを植え付けられた。
メディアは反対のデモや批判する著名人を多く取り上げるが、賛成のデモは一切報じずに、賛成の声はかき消される。

本当に平和を願い、戦争を防ぐには、どうすれば良いのでしょうか?
ただただ、ひたすらに「戦争は嫌です」と、祈り続け、平和を口にすれば平和が維持されるのでしょうか?
それなら、とっくに世界は平和になり、争いなど起きていない。
日本とて例外ではない。

敗戦後、日本が他国に攻め入れられなかったのは、アメリカに守られてきたから。
そうでなければ、冷戦時代にソ連が。
そして近年であれば、中国が攻め入っている。
いくら日本が憲法9条を高らかに叫んでも、他国にとってはそんなことは関係ない。

平和とは軍事力を背後にしたパワーバランスの上に成り立っている。
そのことを無視して平和を訴えても、それはなんの意味も持たない。
だから、今日の終戦の日は、平和を祈る心と、どうすれば平和を保てるのか。
そして、同じ過ちを繰り返さないためにも、先の大戦を一から学ぶことが大事だと思う。

そして何よりも忘れてならないのは、先の大戦で、日本国を護るために散った英霊たちへの感謝の気持ち。
今の日本があるのは、自らの命を捧げていただいた先人たちのおかげです。
だから、私たちは平和を祈るとの同時に、平和であることを感謝し、英霊たちに感謝の祈りをささげなくてはなりません。

戦後70年。
先人たちの気持ちになって、先の大戦を学び、私たちの子孫に伝えていかなくてはなりません。
そうすることで、真の平和国家になり、真の独立国家になる。
戦争とは何か、平和とは何か、私自身がもっともっと学び、子供達に伝えていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 私の思うこと