2015年08月14日

価値ある戦後70年談話

150814.jpg
【写真は自由民主党facebookページから】

安部総理の「戦後70年談話」が発表されました。
リアルタイムでは見ていなかったので、文章からだけのイメージですが、よくまとめあげた談話だと思いました。
メディアはやたらと「お詫び」の文面が入るのか否か?ばかりを取り上げていました。
そして、2〜3日前の「お詫びびを入れる」という報道。
よほど「おわび」を入れてほしいのだなぁ〜と、いい加減うんざりしていました。

談話を読むと、確かに「お詫び」という言葉は入っています。
しかし、それは過去の総理の談話を引用した形。
全体としては、戦争が起きるまでの経過と、その戦争に踏み込んでしまった日本の過ち。
戦争で犠牲となった人々(日本だけにとどまらず世界の人々)への哀悼の意。
そして、過去の過ちを教訓として、未来志向のまとめ。

誰を批判するでもなく、自虐史観で「日本が悪かった」でもなく、起きた事実を正面から見つめ、素直に反省し未来を向いた談話であったと思う。
この談話を見て(読んで)批判する人は、単に「安部辞めろ」とか「安部氏ね」とか、アンチ安部の人たちであろう。
普通の人なら、素直に納得でき共感できる内容だと思います。

しかし、早速批判しているのが、中国・韓国ですね。
まぁお決まりのパターンです(笑)
この国々にとって、日本にとって良いことは批判の対象です。
つまり、中韓が批判をするということは、日本にとって国益にかなっているということ。

逆に中韓に歓迎されることは、日本の国益を害していることになる。
あっ、そういえば、つい先日、韓国で土下座していた元総理って人がいましたね。
韓国では素晴らしい評価を受けたそうじゃないですか。
おめでとうございます。

同じく、野党の長である民主党の岡田氏も大歓迎を受けていました。
韓国からは「この人が日本の総理になってほしい」と熱望されたそうですね。
つまりは「日本の国益にならない議員」ということです。

相手に良く思われたいから、安易に謝罪する。
相手に良く思われたいから、相手のご機嫌を伺う。
これを戦後続けてきたから、中韓は日本に対して非礼な行動を繰り返してきたのです。

今回の談話を批判する中韓は、世界に向けて、己の醜態を見せているのと同じ。
70年だろうが100年だろうが、それこそ1000年経っても謝罪と賠償を求める。
そのためには、日本がずっと悪者で謝罪とお詫びを繰り返さなければならない。
それがわかっているからこそ、安部総理は70年談話を出し、「お詫び」に終止符を打ちたかったのでしょう。

談話としては、かなり長い文章です。
しかし、闇雲に長いのではなく、しっかりと内容が伝わってくるので、読んでいても疲れません。
自由民主党のfacebookページに全文が掲載されています。
談話発表を見逃した方、全文を読んでみたい方は、ぜひ読んでみてください。
マスコミは一部分だけを切り取って、自分たちの都合の良い方向に誘導しがちです。
必ず全文を読んでから、評価してほしいと思います。

https://www.facebook.com/jimin.official/posts/859941767392677:0
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと