2015年08月04日

パレード朝と夜

150804.jpg

今日は朝と夜、二回パレードを見ました(笑)

朝は次女のパレード。
託児所では、毎年、こどもおぢばがえり期間に合わせて、鼓笛隊の練習をします。
次女も進級してから、ずっとピアニカの練習をして来ました。

これは、息子の時からずっと変わりません。
息子も長女も、託児所時代は鼓笛の練習をして、演奏をしています。
朝のパレードは審査員の前を演奏して通ります。
託児所組は一番最初でした。

長女を連れて、長女にビデオを撮らせ、私はカメラを構えました。
遠くから、♩アイアイ♫の曲に乗せて、小さな子供達が行進してきます。
今日まで一生懸命練習してきた子供達。

音がズレたり、テンポが狂ったりしながらも、全体的に合わせながら、なんとか演奏をしています。
次女もピアニカを必死で吹いています。
鍵盤を見ながら歩くので、どうしても、列が崩れてしまう。
時々先生に列を直されながらも、一生懸命演奏していました。

実は朝、次女に「頑張ってね」と言ったら「間違えるかも知れない」と弱気の発言をしていました。
ここはプレッシャーかけてもいけないと思ったので、「間違えても大丈夫だから一生懸命頑張りなさい」と伝えておきました。
その言葉を覚えていたようで、本番前に、お友達に「お父さんが間違えても大丈夫って言ってた」と話していたそうです。
その言葉でお友達も少し緊張が和らいだようで、お知らせ帳にやり取りが書かれていました。

朝のパレードは無事終わりました。
今度は夜のパレードです。
夜パレードに出るのは、嫁さんです(笑)
おぢばがえり最終日のパレードなので、裏方やスタッフなど、大勢の関係者がパレードに出ます。

嫁さんも救護で関わっているので、毎年この最終日のパレードに出ている。
夕方から、またおにぎりを握って、お茶を用意してパレードへと向かいました。
日頃、遊んでもらっている剣道のお友達の家族も誘い、みんなでパレードを見ました。

次女は何度も何度も「お母さんまだ?」と聞いてきて、ついに看護師団体の姿を見つけると、大きな声で「おかあさ〜〜〜〜〜ん!!」と叫んでいました。
嫁さんも私たちの居る場所をわかっていたので、少しだけこちらに手を振って、恥ずかしそうに通り過ぎて行きました(笑)

最終日ですので、最後は神殿前に全員が集まり、フィナーレがあります。
感動的なフィナーレの終わりと同時に、最後に花火が上がりました。
10日間にわたって行われた、こどもおぢばがえりの最後を飾る花火です。

賑やかだった街も、また明日からは日常に戻ります。
子供達にとっては、夏休みの楽しい思い出になったことと思います。
次女もよく頑張りました。
また、来年を楽しみにしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記