2015年07月31日

息子の一時帰宅

150731.jpg

今日も暑かった。
いや、今日はさらに暑かった気がする。
ホント、連日暑いです(>_<)

この暑さではクーラー無しでは生きていけません。
今日も仕事部屋は朝からクーラーを。
そしてリビングも、夕方からクーラーを入れました。

通常ならクーラー入れて、暫くすれば涼しくなる。
しかし、今日はなかなか涼しくならない。
さらに、晩御飯を作り始めると、台所の熱気で暑くなってきた。
クーラー入れているのに、汗だくになりながら晩御飯作りました。

嫁さんは仕事で遅いので、娘二人だけ先にご飯を食べさせました。
長女は今日も剣道のお友達のお家に招かれて、1日遊んで来ました。
疲れが溜まっているのか、晩御飯を食べたらうたた寝をはじめた。
すぐに起こして歯磨きをさせて、布団へと。

つられて次女も早々と歯磨きして布団に入りました。
次女は一緒に寝ないと、なかなか寝ないので、私も一緒に布団へ。
しかし、今夜は寝てはいられない。
暫くしたら車を走らせないといけない。

実は息子が帰ってくるのです。
夏休みは来週からですが、その前に一時帰宅します。
予定では夕方頃に帰って来るはずでしたが、予定が狂って鳥羽を19時過ぎに出て、こちらに着くのは22時前。
娘たちを寝かしつけたら、息子を迎えに駅まで走って、その後、嫁さんを迎えに行きました。

息子は約一ヶ月ぶりの帰宅。
3週間前に剣道の試合を見に行った時に、会っていますが、その時はゆっくりと話す時間もありませんでした。
若干背が伸びて、私を追い越したような気もします。
寮生活しているからか、帰宅するたびに大人になっている気がする。

明日と明後日、家でのんびり・・・・とはできないが、一緒に過ごして、また寮に戻ります。
そしてその後は夏休み。
そこからは二ヶ月近く、家で過ごすことになる。

今夜は遅い晩御飯を三人で食べながら、学校や寮の話を聞きました。
大変な面もあるけど、自分が選んで進んだ道。
楽しんでいる息子の姿を感じることができました。

明日は、長女の剣道の試合がある。
家族揃って応援に行きます。
息子は、自分の中学校の剣道部も出るので、後輩の応援もしたいようです。

明日も朝早い。
ぐっずりと寝て、明日に備えましょう。
では、お休みなさい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記

2015年07月30日

パレードを見に

150730-1.jpg

150730-2.jpg

150730-3.jpg

今日は突然の雷雨がありました。
全国的に大気が不安定だったようで、各地でゲリラ豪雨が起きていたようですね。
突然、雷雨が起きたので、慌ててベランダの洗濯物を取り込んだ私でした(笑)

そんな雷雨も小一時間ほどで止んだので、今夜はパレードを見に行くことにしました。
こどもおぢばがえりが始まって、そろそろ中盤。
まだ一度も夜のパレードを見に行っていませんでした。
このまま行くと見る機会を失いそうなので、強行突破で今夜行くことにしました。

夕方からおにぎりを握り、お茶を用意して、コンビニで唐揚げなど購入し、次女を迎えに託児所へ。
そしてそのままの足で、近隣の駐車場へ向かい、パレード会場へと行きました。
まだ時間があるので、席はたっぷり空いています。
嫁さんは仕事が終わり次第、合流する予定です。
適当なところで場所を確保して、まずは腹ごしらえ・・・と思いましたが、長女が「かき氷を食べたい」と言いだしました。

すぐ近くの屋台には「かき氷」の幟が見えます。
最初から狙っていた感がありますが、蒸し暑いので、長女にお金を持たせて、次女と二人で買いに行かせました。
暑い中、汗をかきながら夢中でかき氷を食べる二人。

そうこうしている内に、周辺は団体の子供達で埋まり始めました。
そして席が埋まり始めると同時に、目の前には高校生のお兄さんたちが登場。
パレードが始まるまでの間、天理高校のお兄さんたちが、子供達を相手にゲームをしてくれるのです。
徐々に陽が暮れ始める中、いろんなゲームをしていました。

そうしている間に、嫁さんが仕事を終わって合流。
早速腹ごしらえして、準備万端。
そしていよいよ花火が上がり、パレードが始まりました。
いくつもの煌びやかなフロートや、大勢の鼓笛隊の子供達や大人たちが通り過ぎて行きます。

次女のお目当は、ひよこの女の子のキャラクター。
名前はリボンちゃん。
フロートに乗っている、リボンちゃんを見つけては、嬉しそうに手を振っていました。

逆に怖いのが、怪獣のキャラクター。
名前はダイナちゃん。
怪獣と言っても、ピンク色の可愛い顔の怪獣です。
でも、その大きさが次女にとっては怖いのかもしれません。
私たちの目の前に来るまでは、横になっていたダイナちゃん。
目の前で直立姿勢になり、さらに次女は怖がります(笑)

他にもたくさんのフロートや鼓笛隊が通り、最後を飾るのは、天理教校学園高等学校マーチングバンドです。
数々の大会でその名を知られている天理教校学園高等学校マーチングバンド。
やはり圧巻です。
ピシッと揃った行進と音、感動ものですね。

ようやく見に来ることができたパレード。
次は最終日かな?
また楽しみにしておきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記

2015年07月29日

変わり行く騙す手口

150729.jpg

ふと目に入ったネットニュース。
「スパムメールが減少方向」とのこと。
一昔前は私も散々悩まされたスパムメール。
そう言われてみれば、随分と減っている気がする。

私自身がスパムメール対策をしてきたこともあるかも知れないが、全般的に減っているのでしょうね。
でも、時々、英文の訳のわからないメールが入ってくることはまだある。
減少傾向とは言え、まだまだスパムメールが存在するのは確かです。

ネットを使う人にとっては、スパムメールはもう当たり前の存在になったと思う。
訳のわからないメールには返信せずに無視。
添付ファイルは開かない。
これはもう常識と行っても良い。
今更スパムメールに引っかかる人は、そうそういないのだと思う。

そして何よりもメールを使う人が減っていると思う。
パソコンでメールを使う人は、ネットに慣れた人がほとんど。
スパムメールのことは十分にわかっていて、簡単には引っかからない。
よほど手の込んだメールでない限り、不特定多数に送りつけるメールには、引っかかる人はほぼいないと思う。

メールを使う人が減った理由の一つが、パソコンを使う人が減ったこと。
それはスマホとタブレットの普及が大きい。
これまでパソコンを使っていた人の、使用方法はネット閲覧とメールがほとんどだろう。
そうなるとスマホやタブレットがあれば、別にパソコンは要らない。
私のように、仕事で使う人以外は、パソコンは無用となる。

そしてスマホを使う人にとっては、メールはたまにしか使わないものではないだろうか?
今やSNSで連絡を取り合う時代。
LINEやFacebookで連絡を取り合って、メールを送るということは、そうそうないのでは。
私自身も、嫁さんや息子との連絡は、基本メッセージです。
メールを送ることはまずない。

Facebookで繋がっている人は、Facebookのメッセージで連絡を取る。
メアドを知らなくても、連絡が取れるので、本当に便利です。
メールを使うのは、やはり仕事ぐらいなものです。

スパムメールが減って来るのは、必然的な流れなのでしょうね。
しかし、今度はスパムメールの代わりに、アプリに注意しないといけません。
スマホのアプリには、無料で使えるものがたくさんある。
無料だからと、なんでも使うと、中には情報を抜き取るためのアプリも存在します。

そして、Facebookなどに出てくる内容にも注意が必要。
興味を惹かれる記事が、途中から「いいね」をしないと読めないなどの場合は、注意が必要です。
また診断アプリなども、情報を抜き取る仕組みがあったりするそうです。
もちろん全てがそうでは無いでしょう。
しかし、その類のものが含まれていることを、よく考えて使うことが大事です。

便利なもの、無料で使えるもの、その裏にはなんらかのリスクがある。
それを理解した上で使いましょう。
スパムメールが減って来ても、別の手法で、騙そうとする人間がいる。
ネット上には、おいしそうな話がゴロゴロしています。
でも、冷静になって考えてみましょう。
本当に「おいしい話」って、人に教えないですよね。
自分だけが知っているからおいしいハズ。

ネット上に溢れるおいしい話は、不特定多数に知れわたることで、すでにおいしくない話です。
おいしいのは、その情報を出す側です。
スパムメールが減ってきても、あの手この手で騙す手法が出てきます。
おいしい話なんてありません。タダより高いものはない。
しっかり地に足をつけて、自分のできることを一歩一歩頑張るのが一番です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年07月28日

元気な子供たちと夏バテ気味の親

150728.jpg

毎日暑いですね〜。
もうさすがにクーラー無しでは生きていけない(>.<)
昔はクーラーなんてなくても、皆生きていたのにね〜。
人間が弱くなったのか、環境が厳しくなったのか。
きっと両方だろうな。

暑い中でも、子供は元気です。
なんで子供ってあんなに元気なのでしょう(^^;)
いや、ホント疲れを知らないというか、パワフルというか。
疲れても一眠りしたら、すぐに元どおり。

あの充電式電池のようなパワフルさ、私も欲しいです(笑)
我々親は、日々の疲れがなかなか取れず、寝ても寝ても疲労感は抜けません(T_T)
子供達は寝たら一気に元気がチャージされますが、私たち親は寝ても元気はチャージされず、代わりに疲労感が蓄積されていきます。

今、私の住む街は子供達で溢れかえっています。
こどもおぢばがえりが始まり、全国から沢山のこどもたちが来ているからです。
長女も昨日・今日と、おぢばがえりに参加して来ました。
北海道から二つ上の従姉妹も来ていて、そこに剣道の仲良し女の子も誘って参加して来ました。

晩に迎えに行くと、仲良くなった他のお友達がお見送りに来てくれました。
皆、北海道から団体で来ているので、次会えるとなると来年です。
「来年も来てね〜また会おうね〜」と約束をしてお別れしていました。
長女と従姉妹は会う機会がある。
しかし、剣道のお友達と、北海道の子たちはそうそう会う機会はない。
来年会えるかどうか?というところです。

長女も含め、三人ともとても楽しめたようで、帰りの車の中は賑やかでした。
それぞれお家まで送って行って、家に戻って来ました。
長女はやはり疲れたのでしょう。
帰ってきて、しばらくしたらコロッと寝てしまいました。

でも、きっと朝になれば、また元気がチャージされているのでしょうね。
ホント羨ましいです(笑)

毎日暑いですが、子供たちの元気を分けてもらってでも頑張りましょう。
親は疲れていても、子供が元気なのが一番です。
これで子供たちまで元気が無かったら、気分まで暗くなる。
暑い夏には、子供たちの元気な笑顔が似合います。

そして夏を楽しむ計画も考えよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 日記

2015年07月27日

素敵な贈り物

150727.jpg

本日、ポストに封筒が入っていた。
少し膨らみのある封筒。
何かが入っている。

「誰からだろう?」と送り主を見ると。
そこには、確かに見覚えのある住所とお名前。
数日前に、私が書いて送った住所とお名前の方。
実は私のネットショップで、お買い物をしてくださっている方でした。
つい先日も、ポストカードをご購入いただいたばかりでした。

もう3度目のご購入でしたので、「すっかり常連さんですね」と、メッセージ送らせていただいて、オマケとして別のポストカードを1枚入れさせていただきました。
「常連さん」という言葉をすっかり気に入っていただいたようで、今回届いたお手紙にも「常連」と書かれておりました(笑)

で、肝心の封筒の中身。
何かと思って開けてみたら、↑の写真のような物が出てきました。
ケセランパサランとセルフィナイトという説明書きが添えられていました。
【セルフィナイト(別名 クリノクロア)は、交友関係を広くし、仕事においても、多大な成果をもたらすと伝承される。】
おぉ〜なんと、今の私が最も必要としていること。

今回、お中元として送ってきてくださったようです。
いつもお世話になっているのは、私の方なのに、お客様からお中元をいただくなんて(^^;)
でも、とっても嬉しい。
早速、いつも持ち歩く鞄につけました。
これで交友関係も広がって、お仕事も上向くかな(笑)

突然の贈り物。
本当に嬉しいですね。
まだ一度もお会いしたことも、話したこともない方。
私のイラスト作品を、購入してくださった方。
普通なら売り手と買い手。ただただそれだけの関係。
でも、こうやって気持ちが繋がると言うのは、本当に嬉しい。

私のイラストを気に入っていただいて、ご購入下さる方は、絵が好きだったり興味のある方だと思います。
全く知らない方々に、イラストを送らせていただくのですが、皆さんが喜んで活用してくれることを想像するだけで、とても幸せな気持ちになれます。
どこか見知らぬお宅の一室に、私のイラストが飾られていたり、ポストカードがご購入者のお手元から、また近しい人へのご挨拶に使われたりと。
顔も声も知らない方々と、見えない糸で繋がっている気がして、イラストを発送するときには、本当に嬉しい気持ちになる。

さらに今回のような繋がりができると、見えない糸が確実に繋がっていると実感できる。
本当に嬉しいです。
素敵な贈り物をいただいて、ますます仕事に、そして何よりも作品づくりに頑張りたいと思います。
もう長いこと作品を描いていません。
そろそろ気持ちを入れていきますか(笑)

最後にショップのご案内。
イラスト・ポストカードのご購入はこちらからどうぞ。
http://www.creema.jp/c/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 日記

2015年07月26日

久々の運動(^^;)

150726.png

毎日暑いです(>_<)
朝から蝉が鳴いて夏本番。
夏大好きな私にとっては嬉しい季節なんですが、大和の夏は厳しいんですよね。
盆地は空気がたまるので、本当に夏が暑く冬は寒い。
夏らしい夏は嬉しい反面、盆地特有の空気が溜まった暑さは、本当に堪えます。

今日はそんな暑い中、さらに汗を流してきました。
キンボールと言うスポーツをやった。
これまでも2度ほどやっているが、年に一度やるかどうかという感じです。

剣道の稽古に借りている小学校の体育館。
借りるには施設開放委員会に入らないといけません。
その施設開放委員会の行事の一つとして、体育協会と一緒になって、このキンボールが行われます。

今日はキンボールの講習会でしたが、10月にはキンボールの大会もあります。
2年ほど前には、その大会にも出場しました。
ぼろ負けでしたけどね(笑)

今日は講習会と言うことで、子供達も含めて参加しました。
講習会と言っても、ルールを説明したらいきなり試合です(^^;)
子供達も最初はルールに戸惑いながらも、あとは楽しんでプレイしていました。

私も2試合ほど出させてもらいましたが、一度試合に出ると、もう汗が吹き出て、試合が終わってもなかなか汗がひきません。
ただでさえ暑い中、体育館の中で汗を流すと、もう汗は次から次へと吹き出してきます。

次女も一緒に来ていたのですが、自分も参加したくてしょうがない。
しかし、長女がなんとか参加できるライン。
キンボールのボールは、ものすごく大きいので、次女なんぞは簡単に押しつぶされてしまう(笑)
私がプレイしている間は、他のお母さんが見てくれていました。

大人は一度試合に出たら、もうヘトヘトでばてていましたが、やっぱり子供は元気です。
何度でも試合をやりたがり、講習会が終わっても、係りの人たちに「もっとやりたい」と話していました。
子供の体力って本当に凄いです(^^;)

私は終わった直後から、身体がヘトヘトでした。
きっと明日以降は身体が筋肉痛になっていると思います。
あっ、いや、違った。きっと3日後くらいからかな(笑)

たまには思い切り汗を流すのを良いものです。
定期的に身体を動かすことができれば良いのですけどね。
暑いと「暑いから」とクーラーの効いた部屋で。
寒いと「寒いから」と暖房の入った部屋で、過ごしてしまうこの頃。

子供達のように汗を流すことはできませんが、時にはしっかり汗をかくことが大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記

2015年07月25日

釣り三昧だった夏休み

150725.png

夏休みに入って1週間が経ちました。
夏休みと言っても、私が夏休みなわけではなく、長女一人が夏休みなんですけどね(笑)
次女は毎日託児所に通っていますし、息子はまだ夏休みに入っていません。
長女だけが夏休みに入って、毎日をenjoyしています。

私が長女の頃の夏休みには、一体何をして過ごしていたのだろう?
ふと思い返してみた。
小学3年生の頃の夏休み。

確かあの頃は、毎日釣りばかりしていた。
朝から晩まで、本当に一日中、釣りをしていた記憶があります。
なんせすぐ近くに海。
毎日竹竿を自転車の後ろに刺して、海まで走ったものでした。

スーパー貧乏だった我が家ですので、リール付きの釣竿なんて買ってもらえない。
親父に山から竹を切ってきてもらい、そこにテグスをくくりつけて、針とオモリとウキを付けていた。
そして問題の餌ですが、これはタダで手に入った。

私の住んで居た町には、カツオの漁港があり、そこで毎日のように釣ってきたカツオを捌いている。
その捌いた後の捨てる部分を、バケツに入れている。
それをもらってきて餌にしていた。
つまりは、毎日毎日釣りをしていても、一銭も使うことがなく釣りができた。

よく釣れていた魚は、ガラと呼んでいた魚。
ヒラアジの仲間です。
多い日は1日に30匹くらいは釣っていた。
本当によく釣れました。

私が釣ってきた魚は、母が捌いて夕食のおかずになりました。
そんな大きな魚は釣れませんので、ほとんどが素揚げで食べていました。
これがまた美味しかった(^o^)

今思えば、毎日毎日、海を眺めて釣りをして飽きないものかと思いますが、当時は本当に飽きなかったんですよね。
今でも時間があって、すぐ近くに海があれば、きっと釣りをしている。
残念ながら、奈良には海が無いので、釣りをする機会は無い。

昔はよく、和歌山や三重の方に、釣りをするために車を走らせた。
でも、今はそんな時間も気力もお金も無い(^^;)
子供の頃のように、毎日タダで釣りができる環境は無いのです(笑)

子供の頃を思い出していたら、奄美で釣りをしたくなってきました。
透き通った海をぼんやり眺めながら、釣りをするひと時。
贅沢な時間ですよね。
帰省した時には、必ず釣りに行っていますが、最近は帰省そのものが少ない。

時には何もかも忘れて、時間も気にせずに、海を眺めながら釣りをしたいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2015年07月24日

鰻の無い土用の丑の日

150724.jpg

今日は土用の丑の日だったのですね。
嫁さんを迎えに行った帰りに、スーパーに寄って初めて気付いた(^^;)
そんな我が家の晩御飯は、土用の丑の日にカレーライスでした(笑)
まぁ、子供達は喜んで食べていたので、それで良しとしよう。

しかし、鰻なんていつから食べていないだろう?
スーパーの鰻すら最近食べていない。
だってスーパーの鰻も結構な値段します。
ましてや鰻屋さんに家族で食べに行こうものなら、万札握りしめていかないと食べられませんよね(^^;)

幸い我が家の子供達は、あまり鰻が好きではないようです。
嫁さんがあまり好きではないですからね。
鰻を好んで食べるのは、私くらいかもしれません。
そんな鰻に縁の無い我が家です。

鰻って実は生態がほとんど分かっていないらしく、鰻の完全養殖はまだまだ難しいようです。
現在の養殖鰻は、鰻の稚魚を捕まえて、そこから鰻を養殖する。
鰻の孵化から完全養殖できれば良いけど、その辺りがまだまだ未知の世界のようです。
鰻って一度大海原に出て、また元のところへ戻って来るんですよね。
まるで鮭みたいです。

なんとか鰻の完全養殖を実現してほしいですね。
そうでないと、鰻は安くならない。
一般庶民にとって、鰻は高嶺の花になってしまう。

でも、実は天然の鰻って、そこらへんの川とかにいたりするらしい。
以前、「テレビで大阪の川で鰻が釣れる」と言って、実際に釣っていました。
その日はあいにく釣れませんでしたが、実際に釣りに来る人はいるようです。
そして、後日釣った鰻を蒲焼にして、スタジオで食べていました。
大阪の川もだいぶ水質改善されてきているようで、食べても問題ないらしい。

天然物の鰻が減ってしまったのは、やはり環境破壊が大きいのかもしれませんね。
川の水質が悪くなって、鰻も減ってしまったのでしょう。
しかし、これから水質改善されれば、鰻も戻ってくるかもしれません。
その天然鰻と、養殖鰻を頑張って、なんとか鰻を庶民の味に戻してください。

土用の丑の日に、鰻が食べられなかった庶民のお願いです(笑)
あぁ〜美味しい鰻を腹一杯食べたいなぁ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:48 | Comment(0) | 日記

2015年07月23日

たまにはデスクトップの写真を眺めてみよう

150723.jpg

毎日向き合っているMacの画面。
私の仕事はMacが無ければ何もできない。
すべてのアプリはMacの中。
毎日Macとにらめっこしているのです(笑)

MacProになってから、モニターの画面も以前のiMacより一回り大きくなった。
画面が大きくなると、作業領域も増えるので作業はやりやすくなる。
そして多くのアプリを立ち上げることになる。

必ず起動しているのが、メールとSafari(ネットブラウザ)。
そして仕事で多用するIllustratorとPhotoshop。
最低限でもこの4つは必ず立ち上がっている。
他にもファイルメーカーやiTunes、写真、カレンダー、AcrobatにInDesign、Dreamweaver・・・etc。
多い時になると10〜15くらいのアプリを立ち上げている時もある。

そうなると、デスクトップはアプリの画面で埋め尽くされる。
そうでなくても、Finderでフォルダをたくさん開いている。
つまりモニターの画面は、なんらかの作業画面になっているのです。
この状態で、ふと気付いた。

「そういえばMacProを購入してから、一度もデスクトップを変えていない。」
デフォルトのヨセミテの画面のままだった(^^;)
各アプリの画面を非表示にして、改めてデスクトップを眺めた。
やっぱり綺麗ですね〜。
今回は空の写真に変更しました。

毎日Macとにらめっこしていても、デスクトップは全く見ていなかった。
机でいえば、書類の山が散らばっていて、机の表面が見えない状態。
たまにはデスクトップ眺めて、気分転換にデスクトップ(壁紙)変えたいものです。

スクリーンセーバーも全く設定していなかった。
スクリーンセーバーといえば、昔流行りましたね。
Macの画面が水槽になるアクア・・・なんだったっけ(笑)
アクアゾーンだったかな?
熱帯魚が泳ぐのが新鮮でした。
今でもあるのだろうか?

ググってみたら、もう販売はしていなさそうです。
昔のようにスクリーンセーバーにお金かける人なんて、今はいないのでしょうね。
私もスクリーンセーバー自体、設定もしていなかったし、壁紙すらデフォルトのままだし(^^;)
でも時々はデスクトップの写真眺めて、壁紙変更くらいはしよう。
それくらいのゆとりは無いとダメだな。

画面も大きくなって、何よりも綺麗になった。
時々はデスクトップを覗くようにしたいと思います。
ってか、実際の机の上も、綺麗にしないとなぁ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | Macintosh

2015年07月22日

Creative Cloudの便利な点と困った点

150722.jpg

ちょいと専門的な話ですが。

私は仕事でMacを使っていますが、仕事で使うアプリはほぼ100%に近い確率でadobeです。
なんせ仕事の60%はIllustrator、そして残りの40%でPhotoshop、InDesign、Dreamweaverなどを使っている。
基本チラシなどのグラフィック系が多いので、Illustrator&Photoshopがメインとなります。

以前は古いバージョンのアプリを、ずっと使い続けていました。
しかし、Creative Cloudにしてからは、常に新しいバージョンが使えるので、最新のバージョンのアプリを活用しています。
どんどん便利になっていくので、本当に助かります。

ただ、最近困ったことが。
以前なら、アプリの解説本を買おうと、本屋さんに行けば、どれを選べば良いのか迷うほどの解説本があった。
しかし、最近解説本がすっかり減った気がしてならない。
私が行く本屋さんだけなのか?
いや、そんなことは無い。ネットで検索しても少ない。

IllustratorやPhotoshopなどの王道アプリは、まだまだ解説本が多い。
しかし、Web系の解説本はめっきり減っている気がする。
先日もDreamweaverの本を、本屋さんで探したけど、本当に少なかった。
最近バージョンアップされてcc2015になったので、新しいのは出ていないかと探したが、cc2014のものしか無かった。
まだバージョンアップされて間もないので致し方ないと思うが、問題はその種類。
本当に2つか3つあれば良い方。
選ぶ余地が無いほど、解説本が無い。

Dreamweaverだけでは無い。Flashも数が少ない。
ひと昔前は、Flashの解説本が山ほどあったのに。
FlashはHTML5の登場とともに、少しずつその座を奪われつつある。
それも関係しているのかもしれませんね。

まだ解説本があるアプリは良い。
全く解説本が無いアプリもある。
以前はバージョンアップされるまで、結構期間があった。
その間に、たくさんの解説本が出ていた。

しかし、最近は確実に1年に一度はメジャーアップされる。
解説本を出すのには、当然解説本を書く人が、アプリを熟知していないといけない。
それから本にするための原稿を用意して、制作して印刷して・・・となると、少なくとも半年はかかる。
本を出した直後に、またバージョンアップとなる。

adobeのサイトで、使い方などの説明や、動画での機能紹介があるが、やはり一番使いやすいのは本である。
デジタルなことを覚えたいのに、一番に使いたいのが、アナログである紙というこの矛盾(^^;)
やっぱり勉強するのは、紙が一番良いのです。
解説本出ないかな〜。
もう一度ネットで探してみるか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 仕事

2015年07月21日

新国立競技場問題に思う

150721.jpg

東京新国立競技場問題が揺れていますね。
建設費が当初の1300億円から、2560億円まで膨れ上がったことで、見直しとなりました。
初めてあのデザインを見た時は、奇抜と言うよりも「こんなの作れるの?」と思った。
でも、日本の建築技術なら十分可能なんだろうな。と思っていました。

実際、建築は可能なんですよね。
ただ、建築費がかかるのと、時間がかかる。
そして何よりも維持費がかかる。

結局、安倍総理が「ゼロベースで見直す」と発表して、問題は一旦振り出しに戻りました。
これからでも間に合うのか?心配ですが、そこは一丸となって頑張って欲しいですね。
そう、あの東京オリンプック承知の時のように、オールジャパンで乗り切って欲しいです。

ただ、あの時の都知事は猪瀬氏でした。
今は舛添氏です。
どうも私は舛添氏のやり方が好きになれない。
なんか批判ばかりで、全く自分は動こうとしない。

東京オリンピックなんだから、都知事がリーダーシップを発揮すべきだと私は思う。
それなのに、まるで他人事のように批判ばかり。
文科省やJOCの悪口言っている暇があれば、都知事の権限を活かして動けば良いと思う。
それが都知事の仕事だし、やるべきことだと思うのですが。

今回の件で、初めて知ったのですが、開閉式のドームって、とても効率悪いみたいですね。
故障も多いみたいだし、芝の場合は日照不足などで、芝の管理が難しいらしい。
結果、芝の状態が悪くなり、サッカーの試合などで使えなくなったりしている。
屋根の開閉だけでも、お金がかかるし、維持費やメンテナンスにも莫大なお金がかかる。
新国立競技場には、開閉式の屋根は不要だと思いますね。

もっと画期的な屋根ができれば良いのに。
そう思って、ふと以前facebookの広告か何かで見たものを思い出した。
それは、「見えない傘」というもの。
雨を防ぐビニールを取っ払って、勢い良く吹き出す空気で雨を防ぐという傘。
現実として可能なのかわからないが、面白い発想だと思った。

で、その「空気で雨を防ぐ」という方法を、このドームの屋根にも応用できないのだろうか?
ドームの屋根には骨組みだけがあり、その中を空気を通すパイプがある。
雨が降ってきたら、そこから勢い良く空気を出して、雨を防ぐ。
そんなことは実現不可能だろうか?

土砂降りの雨なら難しいかもしれないが、通常の雨ならできないこともない気がする。
骨組みの部分は、空気を吹き出すエアー部分と、吹き飛ばされた雨が通る雨樋の構造にする。
できないかな?日本の技術力ならできそうな気がするんだが。

いずれにせよ、新国立競技場は、シンプルで日本らしい建物にしてほしいですね。
東京オリンピックを成功させる第一歩だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年07月20日

次女の一目惚れワンちゃん

150720.jpg
【次女が撮影したワンちゃん】

今日は海の日でしたね。
海に海水浴に行った〜という方も多いのでしょう。
しかし、奈良県には海が無い(T_T)
海に囲まれて育った元島んちゅ(島の人)としては、やはり時々無性に海が恋しくなる(>_<)

今日は海は無理だけど、長女はプールへと出かけました。
昨日に引き続き、剣道のお友達の家族にプールに連れて行ってもらいました。
朝からルンルンで出かけて行った長女。
しかし、それは次女には内緒。

次女はお姉ちゃんが出かけた事は知りません。
後から「お姉ちゃんは?」と聞いて来ましたが、私が「お友達と遊びに行ったよ」と答えたら納得していました(笑)
次女は私たちと一緒にお買い物へ。
いつものようにおもちゃ屋さんで、おもちゃで遊んで、本屋さんで絵本見て。
100均のおもちゃ売り場で、シャボン玉を見つけ、「買いたい!!」と言うので、シャボン玉を購入。
置いてけぼりの次女への、せめてもの慰めです(笑)

そして、ヘアゴムが少なくなっているので、新しいのを買ってあげる事にしました。
お母さんが服の買い物をしている間に、次女に好きな物を選ばせました。
早速「明日託児所にしていく〜」と喜んでいました。

買い物も終わり家に帰ってお昼ご飯。
しかし、実はもう一箇所、買い物に行くところがあり、再び車でお出かけ。
次女は「え〜またお買い物〜」と不満そう。
そりゃ〜そうですよね。次女にとってはおもしろく無い。

でも、お買い物に行った場所はホームセンター。
そこにはペットショップも入っていて、いつもお姉ちゃんと二人で、犬や猫を見に行きます。
今日も着くなり「ワンちゃん見たい」と聞きません。
仕方なく、まずはペットショップに行く事にしました。

すると、いつものペットショップの前のスペースに、たくさんのワンちゃんがゲージに入っています。
どうやら特売をやっているらしく、小さな子犬たちがたくさん並んでいました。
どれも小さくて可愛い子犬ばかり。
思わず次女の目が輝きます。

そして、目に入ったチワワの赤ちゃん犬。
本当に小さくて可愛くて、まるで動くぬいぐるみ。
次女はそのチワワが気に入ったようで、その犬の前から離れません。
私が、「他にもたくさんワンちゃんいるよ」と言っても、全くそこから離れない。
まさしく一目惚れだったのでしょう。

私に目をうるうるしながら「ワンちゃん飼いたい」と訴えて来ました。
そりゃ〜そうなるわな。
私が「ワンちゃんは飼えないよ」と言うと、涙を流しながら「どうして飼えないの?」「◯◯ちゃん家では飼ってるよ」と、涙の直訴(笑)
�私だって私だって
私だって犬も猫も大好きだから、飼えるものなら飼いたい。
しかし、今の我が家の現状で、とても犬も猫も飼う事はできない。
それに、このワンちゃん幾らだと思ってんの。
210,000円だよ。21,000円じゃないよ。

まぁ次女に金額の話をしても通じないので、とにかく家では飼えないと言う事を話した。
終いに座り込んで泣きじゃくる次女(^^;)
これまでも犬や猫を見て、飼いたいと言った事はあるが、ここまで粘る事はなかった。
よほど、このワンちゃんが気に入ったのでしょう。
そりゃ〜確かに可愛い。

なんとか泣きじゃくる次女の手を引いて、本来の目的である材料を買いに木材コーナーへ。
私がいろいろ選んでいる間、他のものをいじりながら持てましている次女。
なんとか必要なものを選びレジへと並ぶ。
最後に嫁さんが、「別コーナーの野菜売り場だけ見たい」と言う事になり、次女が再び「もう一回ワンちゃん見たい」と言いだした。

私に「飼いたいって泣かない?」と聞かれ「泣かない」と約束して、ワンちゃんのところへ。
再び目がルンルンに輝く次女。
よほど好きなのだろう。
ワンちゃんの前を一時も離れない。
そして、他のワンちゃんには、目もくれない。

私に「そろそろ帰るよ」と言われると、やはり「ワンちゃん飼いたい」と、泣きべそが始まった。
どんなに泣かれても無理なものは無理。
「ワンちゃんにバイバイして」と言っても、泣きながら「ワンちゃん飼いたい」と繰り返す次女。
私がiPhoneを取り出して、「ワンちゃんの写真撮って帰ろうか?」と言うと「自分で撮る」と私からiPhoneを奪った(^^;)

ゲージの奥にうずくまってしまったワンちゃんでしたが、なんとか写真を撮る事が出来ました。
それでも、なかなか帰ろうとしない次女。
どうしても諦めきれない様子。
最後は泣く泣くワンちゃんにバイバイをして、私に手を引かれながら泣きながら帰りました。

次女のワンちゃんを飼いたい気持ち。
私にもよ〜く分かります。
私だって飼えるのなら、ワンちゃんもネコちゃんも飼いたい。
ついでにウサギも飼いたい。

でも、今の我が家の現状でペットを飼うのは無理。
次女には辛い思い出かもしれませんが、いずれペットを飼えるような状況になれば、その時に今日の日を思い出して喜べる事でしょう。

でも、本当に可愛いワンちゃんでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 日記

2015年07月19日

二日酔いと夏祭り

150719.jpg

昨日はつぶやきをお休みしてしまいました。

晩に、以前活動していた、生涯学習推進員の飲み会がありました。
ほとんどが推進員を交代したので、同窓会みたいな感じです。
久々に飲み会で、飲んで二次会はカラオケに行って歌ってきました。
そんなに飲んでいないハズなのですが、かなり酔っ払ってしまいました。

今朝はその影響で、朝から二日酔い。
起きた時はそうでもなかったのですが、二度寝したら急に気分が悪くなり、もどしてしまった。
そこからはなかなか起きれない。
長女の剣道は、嫁さんに送ってもらいました。

しかしその後、嫁さんが戻ってきたら、私も一緒に託児所に行かないといけない。
実は次女がお泊まり保育で、託児所で一泊していたのです。
初めてのお泊まり保育を、とても楽しみにしていた次女。
その次女を託児所に迎えに行き、いつも練習している鼓笛の演奏を聴きに行きます。

保護者が遊戯室で待っている間、子供たちは別のところで待機しています。
そしてしばらくすると、舞台の方に集まっていることが、舞台幕の後ろのざわめいた様子でわかります。
幕が開くと、それぞれに楽器を持った子供たちがいました。
次女はピアニカの担当です。
初めて次女のピアニカを見ましたが、ちゃんと演奏できていてびっくりしました。
お泊まり保育は、とても楽しかったようで、ご機嫌の次女でした。

次女を迎えたら、そのままの足で長女をお迎え。
家に帰ってきたら、再び私は横になりました。
どうも、体調が戻らない。
二日酔いだけでなない気がする。

お昼ご飯も食べずに、横になっていましたが、なんとか14時くらいに起きました。
それでも体調悪い。きっと飲む前から体調崩す要因があったのかもしれません。
なんども水分補給して、体調を整えようとしますが、頭痛が抜けない。
二日酔いの頭痛とは違う。
鎮痛剤を飲んで出かける事にしました。

夕方からはお祭りに行く予定にしていました。
お隣の町の夏祭りがあり、昨年も行きました。
これまでも何度か行っています。
剣道のお友達の校区なので、剣道でもお誘いを受けていました。

お祭り会場に着くと、早速いろいろと食べ始める次女。
たこ焼き・唐揚げ・ジュース・かき氷・フライドポテト。
好きなだけ食べる食べる(笑)
長女は剣道のお友達と、一緒にいろいろ回ります。

しばらくすると、お楽しみ抽選会が始まりました。
チケットを買うと、抽選券が付いてきます。
いろんな商品があって、抽選が行われました。
番号を呼ばれる度に、自分の券を確認しますが、全く当たらない。
まぁ、この手の抽選会で当たったことないので、くじ運はめっちゃ悪いんだと思います(笑)
そんな中、剣道のお友達が、サッカーの試合の券をゲットしました。

最後は花火大会で終わりです。
夏の夜空に大きな花火が、次々と上がりました。
昨年は怖がって泣いていた次女も、音にビビりながらも楽しんで見ていました。
やはり間近で見る花火は、迫力ありますね。

大満足して終わった夏祭りでした。
鎮痛剤が効いたのか、私の体調も次第に回復しました。
夏休みも始まり、いよいよ夏本番です。
ビールが美味しい季節だけど、飲み過ぎには気をつけます(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | 日記

2015年07月17日

夏休みの計画

150717.jpg
【昨年夏休みの思い出】

台風は何事もなく、寝ている間に通り過ぎてくれました。
そして、警報が解除されたので、100%休校だと思っていた学校も、無事に終業式をできたようです。
ありがたいことです。
しかし、また台風12号が後を追うように来ていますね。
こちらも今後の進路に注意が必要です。

それにしても、今年は台風が多い。
そろそろ夏空が広がってほしいですね。
まだ梅雨明けはしていませんが、セミが鳴き始めたので、気分はすっかり夏本番です。
もうそろそろ梅雨明け発表になるんじゃないかな。

毎年、夏が来ると「今年はどこ行こう」とワクワクします。
一番は北海道や奄美に帰省するのがベストなのですが、やはり家族揃ってはなかなか難しい。
夏休み期間中の帰省は、もうかれこれ5年くらいしていない。
最後に帰省したのは、5年前に奄美に帰省したのが最後。
北海道に至っては、6年帰省していない。

子供達だけとか、嫁さんと次女だけとか、帰省はしていますが、家族揃っては6年前が最後です。
私自身は6年間、北海道の地を踏んでいない。
あぁ〜北の大地が私を呼んでいる(笑)

我が家の夏休みは、嫁さんの仕事の都合で決まります。
お盆休みは仕事をすることが多いので、8月下旬に夏休みが多い。
そのため、どこか行くとなると、その時期になる。
それまでに子供達には、宿題を終わらせないと、何もできないと追い込みをかけます(笑)

昨年の夏休みはどこにも行かなかった。
厳密に言えば、鳥羽に行きました。
息子の学校のオープンキャンパスに行ったのです。
あの頃は本当に入学できるとは思っていなかったので、今振り返ると不思議な気持ちです。
息子も中学3年生で、中学校での特別授業があったりして、どこかに出かけることはありませんでした。

今年の夏休みは、どこか行きたいですね。
やっぱり家族揃って遠出したいです。
ちょっとした事でも、子供達にとっては思い出になる。
そして、私たち親も日常を忘れて楽しむ事ができる。

長女はもう明日から夏休み。
次女はお母さんが夏休みの期間中だけ、夏休みです。
息子は8月の第2週あたりから夏休みに入る。
ただし、9月の後半まで夏休みです。

しばらく5人家族に戻ります。
5人家族で、どこか思い出作り行きたいですね。
ちょっと計画考えてみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2015年07月16日

台風上陸

150716.jpg

風がとても強くなってきました。
いよいよ台風が上陸しそうです。

今回の台風は、勢力がほとんど落ちないまま、そのまま上陸します。
強風域がとても大きいので、昨夜から風が強かった。
そして、暴風域に近づいて来ている今、時折ものすごい突風が吹いています。

今夜から明日朝にかけて、一番接近すると思われる。
寝ている間に通り抜けてくれたらい良いけど、きっと明日の午前中までは暴風域スレスレの状態だと思う。
明日は終業式なのですが、おそらく警報で学校はお休みの確率が高い。
学校もあらかじめ予測していて、今日の内に配布物などは、配ったようです。
もし、明日学校が休校になれば、そのまま長女は夏休みに入ることになります(--;)

台風のスピードが遅いので、明日はほぼ100%に近い確率で、学校はお休みでしょう。
学校がお休みになるのは仕方ありません。何も被害がなく過ぎ去ってくれることを願いましょう。

奈良はいつも台風が来ても、被害らしい被害も無く「台風来てるの?」というくらい、静かなことが多い。
しかし、今回の台風は、さすがに風が強いです。
台風の右側に当たるので、余計に風は強くなる。
寝ている間に最接近するので、対策のしようがありませんが、何事もないことを祈って眠りにつきたいと思います。

こうやってつぶやいている間にも、時折突風が吹いています。
久々に台風らしい台風が来た感じです。
ホント、何も被害が出ないことを祈ります。

4年前の台風の進路に似ていると言われている今回の台風。
4年間の台風と言えば、奈良の十津川村で大きな被害を出した台風です。
奈良盆地ではさほど被害はありませんでしたが、奈良の南部は大きな被害を受けました。
奈良県南部は高い山の地域。
どうしても、大雨に見舞われてしまう。
4年間の台風も豪雨で被害を出しました。

今のところ雨はそれほどでもないけど、いつ大雨になるかわからない。
南部の方は降っているかもしれません。
何事もないことを祈ります。

さて、私もそろそろ布団に入りたいと思います。
何も被害がないことを祈りながら。
皆さんもご注意ください。
では、おやすみなさいm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | 日記

2015年07月15日

パフォーマンス政治は要らない

150715.jpg

これじゃ〜ますます政治不信が広がるだけ。
そしてマスコミへの不満も広がるだけ。
こんなことが通用すると思っているのでしょうか?

お昼ご飯食べながら、国会の特別委員会をみて情けなくなりました。
何ですか?これが国民の代表である、国会議員のする事ですか?
採決に反対するのなら、堂々と反対の意思を表明すれば良い。
何でプラカードを掲げて採決の邪魔をしているの?

しかもそのプラカードの内容がひどい。
「強行採決を許さない!!」って、これまで何時間審議して来たのですか?
まともに審議しないで、対案も出さないで、話の論点をずらして訳が分からなくなったのは、何故ですか?
挙げ句の果てに、与党が強行採決するって言いふらして、この騒ぎ。
国民に伝わらないのは、ちゃんと国会で審議しないからでしょうに。

そして「アベ政治を許さない」って、そう思うのなら、国民の支持を得られるだけの、政策を出して政権を取りなさいよ。
それも出来ないで「許さない」って言われても、単なる負け犬の遠吠えにしか聞こえません。
批判するだけなら、小学生以下でも出来ますよ。

さらに「自民党感じ悪いよね」って・・・・。あのね、主婦の井戸端会議じゃないんだから。
国民は「感じが良い」って、そんなんで投票していると思っているの?
この騒ぎを見た国民が、どんな思いしていると思う?
プラカードをカメラに向けて、さも「私たちは頑張って反対していますよ」と、アピールしているだけ。
単なる頑張っているフリ。
頑張るなら、ちゃんと対案出して、より良い法案にするべきでしょ。

最初から「戦争法案」とか「徴兵制度が復活する」とか、デマを広げて法案の審議そのものを妨げてきた。
そして極め付けは「憲法違反」の大合唱。
何で最初から戦争になる事が大前提なの?
誰が戦争をしたいって言っているの?

今の憲法の下で法案を通すのは、無理がある事は理解できる。
憲法改正してから、ちゃんと国軍として防衛した方が良い。
しかし、現状はどうですか?
憲法改正はすぐ出来ますか?
その間に、世界は大きく変わってきています。

臨機応変に対応していくしかない。
それをやりながら、憲法改正をして行くしかない。
そのために、しっかりと審議をして欲しかった。
今の国会を見ていると、野党はいかにして与党の粗を見つけて、そこを攻撃する事ばかり考えている気がする。
本当に日本国の事を考えていますか?
本当に日本を守る気がありますか?
私にはそうは見えないのですが。

そして「強行採決」と報道するマスコミの皆さん。
これは本当に強行採決ですか?
そもそも多数決で決める事ですよね。
審議の時間も十分に取ったハズです。
それなのに、なんで強行採決なんですか?

国民が理解出来ていないって?
まともに審議もせず、論点をずらし続けた野党。
そしてそれを正当化するように、報道を続けたマスコミ。
これでは法案の内容は国民には伝わりませんよ。
理解させないようにしてきたのは、あなた方ではないですか?

また、国会議事堂の前で「戦争反対」と訴えている皆さん。
今のままで戦争は起きないと言えますか?
尖閣諸島を奪いに来て、小笠原諸島のサンゴを荒らし、好き放題やる中国に対して、このままで良いと思いますか?
今の日本のままでは、好き放題やられるだけです。
もし武力衝突したら、どうしますか?
それでも「戦争反対」と叫んで、中国の侵略を受け入れますか?
それとも、中国は侵略などしないと考えていますか?
南沙諸島でのあの振る舞いを見ても?

誰だって争いは嫌だし、武器を手に取りたくはない。
しかし、圧力をかけてくる相手に対して、どうやって自分の国を守る?
武器を構えた相手に対して、丸腰で「話し合おう!!」って言う?
今までそれで解決して来た?

そしてなぜすぐ「戦争になる」と思うのですか?
武力を持っていて、それを行使出来る状態でも、そう簡単に戦争にはならない。
世界は武力だらけだから、とっくに世界戦争が起きていてもおかしくない。
武力のバランスで、なんとか和平を維持している。

そんな中で、なぜ日本だけがすぐに戦争になる?
その根本には、「日本は侵略国家」という考えがあるのではないか。
日本は武器を持って行使できるようになれば、他国を侵略すると考えている。
だからすぐに「戦争になる」と考えるのでは?
根本に「日本は侵略国家の悪い国」という考えがあるから、日本を信用できないのでしょう。

自分の国を信用出来ないなんて。
あなた方もその日本国民ではないのですか?
先の大戦で戦争になったのは、日本が侵略をしたからですか?
アメリカと戦争したのは、侵略が目的ですか?
それならアメリカを侵略するハズです。

戦争は良くない。
誰でも共通の認識です。
大事なことは、先の大戦から学び、歴史から学び、過ちを繰り返さないこと。
武力を放棄して、平和を叫んでいても、世界は平和にはならない。
現実を見て、現実に備え、その中で最善を探る努力を怠らないこと。
そのためには武力という備えが必要。

綺麗事では何も解決しない。
そのために、政治がしっかりと動かないといけない。
一体誰のための政治なの?
いやはや、本当に情けないと思った一日でした。
あまりにも情けなくて、ダラダラと長文でつぶやいてしまった。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年07月14日

最近のプリンターは高機能

150714.jpg

いや〜そろそろ限界かなぁ〜と思っていたんですけどね・・・。
2006年から使ってきたA4プリンターがついに逝ってしまいました。
せっかくインクを一式買い揃えて、DVDレーベル印刷しようと思ったら、全く色が出ない。
インクが詰まっているのかと、インククリーニングをするが、全く色が出ず。

まぁ9年も使ってたら、そりゃ〜潰れるわな(^^;)
長女が生まれた時に買ったプリンターですもんね。
そろそろ買い替えどきとは思っていましたが、もう1台、A3サイズのプリンターもあるので、最近はそちらを重点的に使っていました。
A4プリンターの方は、色が少しおかしかったので、書類系を出す時にだけ使っていた。

しかし、今回はDVDディスクの印刷が必要。
A3プリンターの方は、レーベルプリントが無いので、急遽プリンターを買いに走りました。
A4サイズのプリンターは比較的安い。
予算は15,000円くらいで・・・と、考えて行ったら、ちょうど安売りやっていて、13,000円くらいで買えた(^o^)

最近はプリンターを買う予定をしていなかったので、電機量販店に行ってもプリンターには目もくれていなかった。
だから最近のプリンターがどんな状態か、全く分かっていませんでした。
真剣にプリンターを選んでいてびっくりした。
今はもう無線が当たり前になっているんですね。

安いプリンターだと思って購入しましたが、とても高機能。
Wi-Fi接続なので、MacとUSBラインで繋がなくても印刷ができる。
さらにiPhoneやiPadからも印刷が可能。
タッチパネルだし、トレイ方式になっていて、トレイが二つあるし。

一番驚いたのが、コピー機能があるということ。
つまりはスキャナーが付いているということ。
ちょうど古いスキャナーが使えなくなっていたところでした。
古いスキャナーは、iMacやMacProではドライバーがなく、使いたくても使え無い。
新しくスキャナーを買うか迷っていたところなので、これは大助かりでした。

細かなスキャニング設定はありませんが、単純に写真や書類をスキャンするくらいなら十分です。
最近はスキャンするよりも、デジタルデータの方が多い。
プリントや印刷物からスキャンすることは、本当に稀になって来ています。
しかし、全くスキャナーがないのも不安なので、今回のプリンターはまさにピッタンコでした(^o^)

早速レーベルプリントして、DVDのディスクが完成しました。
良かった〜。他にもいろいろプリント機能があるみたいなので、有効活用できるように見ておこう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2015年07月13日

世界が変わりゆく情勢

150713.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

梅雨は明けたのかな?と、思わせるような夏日のお天気でした。
台風が来そうな雰囲気なので、台風が過ぎないことには梅雨明けしないでしょうね。
でも、この夏空、すっかり夏本番です。
セミも鳴き始めたし、気象庁の発表はまだだけど、季節的には梅雨明けした気がする。
夏が来るとワクワクしますね(^o^)

しかし、世界に目を向けると、ワクワクどころではない。
世界情勢を揺るがしかねない事態が起きている。
まずはギリシャの問題。
EUに残るのか離れるのか?
いや、EUに残れるのか追い出されるのか?が正しいか。

ドイツやフランス、そしてIMFから莫大な借金をして、返す当てのないギリシャ。
普通、借金をしていたら、一生懸命頑張って返そうとするもの。
しかし、ギリシャは借りるだけ借りて「返せませ〜ん」と開き直り。
国家財政破綻寸前まで来ても、それでもまだEUに対して支援を求める。
今回の件で、ギリシャの国民性がよくわかりました。

ギリシャも問題ですが、金を貸したドイツやフランスも問題なんですよね。
そもそもEU内で格差がありすぎるのです。
ドイツの国民性とギリシャの国民性、全く違います。
そんな国がEUとして一つになっていることに無理がある。

ギリシャはなんとか支援を受けながら、借金の返済額を減らしてもらいながら、ダラダラとEUに留まる気がします。
しかしEUの意味合いは、今回のギリシャの件で、大きく変わるでしょうね。
今後、どのようにしていくのか?問題山積みです。

以前、民主党が「東アジア共同体」なるものを叫んでいた時期がありました。
EUを真似て、東アジアも一つにしようと単純な発想で叫んでいたのです。
その時点から「バカじゃないか」と思っていましたが、民主党は真剣だったのですよね。
いや、今でも真剣に考えている国会議員も少なからずいると思います。

日本が東アジアの国々と一つになって、何か良いことがあるでしょうか?
通貨を統一して、人の往来も自由にして、果たして何が良いか?
ただでさえ問題のある中国や韓国、そんな国々と一つになって何が良い?
民族性も何もかも違う国と、同じようにやっていける訳が無い。

さて、もう一つ、世界情勢を揺るがしかねない問題。
それは、いよいよ始まったかも知れない、中国の経済バブルの崩壊。
もう、随分と前から「中国のバブルが弾ける」と叫ばれていたが、これまで持ちこたえてきた。
持ちこたえてきたと言うよりは、中国共産党が支えてきたと言った方が良いかも知れない。

しかし、いよいよヤバくなってきたようです。
株価が大暴落しています。
そもそも、まともな経済ではなかった中国。
中国経済が伸びたのは、やはり世界の工場として外資を招き入れたから。

日本企業も多くが進出して、中国国内で生産を行いました。
しかし、賃金の高騰を受けて、中国国内から撤退が相次いでいる。
そうなると、中国には何も残らない。
元々、自国内の産業が無い。

日本のように、しっかりとした土台があって、バブル崩壊したのなら、なんとか踏ん張ることができる。
しかし、元々の土台が無いところに、無作法に広がった経済は、崩れると一気に何もかも無くなってしまう。
中国経済の崩壊は、少なからず世界に影響を与える。
そして何よりも中国国内が不安定になります。

今まで中国共産党が一党独裁を続けられたのも、経済が伸びて来たから。
政府に不満があっても、生活が豊かになれば、国民は辛抱する。
しかし、一度味わった生活水準を、落とすことになれば、もう辛抱はできない。
中国国内が内乱状態になる可能性も十分にある。

そんな世界情勢だからこそ、日本はしっかり地盤を固めなければいけない。
安保法案も、何が起きるかわからない事態に備えるためのもの。
憲法違反かどうか?なんて論議している場合じゃ無い。
もっと実情を見て欲しい。

批判をするのは、安倍政権じゃなく、日本や東南アジアに脅威を与えている中国や北朝鮮でしょう。
どうも筋違いの批判が多い気がしています。
世界情勢が不安定だからこそ、しっかりと現実を見て、冷静に判断しないといけない。
そして世界は腹黒いと言うことを、よく理解すべきです。
みんな自国のことが一番なんです。
そして、それは日本も同じ。日本だけが自国を犠牲にして、他国に尽くす必要なんて無い。
そして自国を犠牲にしても、感謝すらされないことを理解すべきです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年07月12日

久々の息子の試合観戦

150712.jpg

ハードスケジュールの一日でした。

今日はいつも稽古をしている大学の武道場が使えないので、剣道の稽古はお休みでした。
本来なら、ゆっくりと日曜の朝を過ごしたいところ。
しかし、今朝はいつも以上に早起きでした。

今日は息子の剣道の試合を見に行く予定だったのです。
岐阜市内で試合が行われるので、朝一番に車を走らせました。
およそ2時間半かかるので、9時の試合開始に間に合わせようと思ったら、遅くとも6時半には出ないといけない。

ところが寝坊してしまって、起きたら6時でした(@@)
慌てて娘たちを起こして、急いで家を出ます。
初めて行く場所なので、ナビ任せで車を走らせました。

なんとか試合会場に9時前に到着しましたが、駐車場がいっぱいで並んでいます。
そこで、皆を先に降ろして、私だけ車に残り駐車場待ちしました。
息子の試合には間に合わないと覚悟を決めて、せめて嫁さんだけでも見れたら良いと思いながら、駐車場の空きを待っていました。

ところが、思いの外、早々と駐車場に入れた。
急いで試合会場に向かうと、息子の試合はまだまだ先でした。
9時試合開始でしたが、女子から先に試合が始まっていたようです。

今日は個人戦。
昨日で団体戦は終わっています。
息子は1年生なので、団体戦は出ていません。

今回の試合は、東海地区の国立高専の試合。
そのため、出場校は息子の学校も含めて僅か5校しかありません。
試合会場も小さくて、観戦者も少なかったです。
これまで剣道の試合は、出場者も観戦者も大勢のところばかり見ているので、ものすごく不思議な感覚で試合を見ていました。

女子の部が終わり、男子の部が始まりました。
息子は5試合目。
対戦相手はおそらく上級生であろう。
久しく息子の試合を見ていない。
息子自身も試合に出るのは久しぶりのはず。

試合が始まる。
中学校の時の息子の剣道とは、また少し違って見えた。
無駄な動きが無くなり、やや大人びた試合運びのように感じた。
試合時間は3分。
刻一刻と時間が過ぎるが、お互いなかなか決め手がない。

試合制限時間間際になって、相手の面が決まった。
1本取られた。なんとか反撃を・・・・と期待したが、時間切れ。
残念ながら1回戦で敗れてしまいました。
息子の面が決まりかけた瞬間もあり、内容としてはさほど悪くはなかったと思う。
ほぼ互角の内容だったと思います。

息子が進学したのは、剣道を目指しての進学ではない。
学校も部活を推進しているが、あくまでもメインは勉学。
航海士を目指す上で、部活を引き続き剣道にしただけのこと。
剣道は続けて欲しかったので、たとえ勝てなかったとしても、剣道を続けていることが嬉しいです。

ほとんど話す時間もありませんでしたが、剣道部の先輩や同僚たちと、打ち解けている様子を見ることができて良かったです。
最後に顧問の先生に挨拶もできたので、長い道のりを走って来た甲斐がありました。

午前中で試合は終わったので、お昼過ぎには会場を後にしました。
再び朝来た道を、家路へと車を走らせます。
途中でお昼ご飯を食べてから高速へ。
朝早かったのもあるけど、昨夜、暑くて何度も目が覚めた。
正直寝不足でした。

息子の試合を見れて、息子の頑張りも見れて、安心したのと、お昼ご飯でお腹が膨れたのと。
そこに寝不足が重なって、もう眠いのなんのって。
ずっとガムを噛みながら、車を走らせていました。

走り慣れた名阪国道に入ると、ちょっと緊張の糸が緩んだのか、さらに睡魔が(+_+)
それでも必死で睡魔と戦いながら、無事帰ってきました。
帰った来たら夜は自治会の定例会。
疲れ切った身体を引きづりながら、定例会の進行を務め、20時半に家に戻りました。

お風呂入ってご飯食べたら、ご褒美のビール(^0^)
冷えたビールがうまい〜〜〜〜〜。
一日いっぱい疲れたけど、それだけに最後のビールは美味しかった。
さぁ明日からまた1週間頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記

2015年07月11日

初めてアルバムにしてみた

150711.jpg

Macで写真を管理するようになって久しい。
もう10年くらいは、Macで写真を管理していると思う。
ゆえに我が家の子供達の成長写真は、全てMacの中です。
昔みたいに「アルバムを開いて・・・」ということはない。

しかし、写真管理ソフトであるiPhotoの時から、アルバム機能は備えられていた。
むしろデジタルになったからこそ、アルバム機能が必要になって来る。
数多くある写真をまとめる意味でのアルバムが必要になってくるのです。

でも、そのアルバムを実際の写真としての実物のアルバムにすることはなかった。
その機能はあったのです。
アルバムとして、写真を配置して、好きな台詞を選んで注文すれば、アルバムとして仕上がってくるサービスが、iPhotoの時から備わっていた。
しかし、使うことなく今まで来ていました。

しかし、今回、そのアルバムサービスを使う必要性が出てきた。
嫁さんの職場での送別会の写真をアルバムにしたいと相談を持ちかけられた。
持ちかけられたというよりは、嫁さんが頼まれて私に放り投げたと言った方が良い(^^;)
送別会の時に撮った写真をデータで持ってきて、それを私のMacProに取り込み、アルバムとして写真を選択する。

それくらいは、これまでもやってきたので、別になんともなかったが、今回はアルバムに仕上げなくてはなたない。
初めて使うアルバムサービス。
正直、どのような仕上がりかわからない。
それでも、他のサービスを使うよりは、簡単にできるのでやってみた。

注文した際には、発送まで10日ほどかかるような表記だった。
「けっこう時間かかるんだな」と思いながらも、特に納期が決まっているわけでもないので注文した。
ところが1週間もしないうちに完成したアルバムが届いた。
あまりの早さにびっくり。
そして品質もそこそこ良い。

アルバムが届く間に、私の方はスライドショーで書き出したDVDを作る予定にしていたので、慌てて今日作った。
こちらもスライドショーの機能があるので、それを使って簡単に作れる。
あとは、iDVDに読み込んでDVDに焼いて、カバーのイメージを作ったりしなければならない。
まぁ、これは今までも何度もやっているので、すぐにできる作業です。

それにしても、このアルバムはやはり良い。
こんな感じで形に残せるのは良いし、プレゼントとしても良いですね。
みんなで旅行に行った時の写真をアルバムにしてプレゼントするのも良い。
私の場合は、これを使って作品集にしても良いと思いました。
買ってくれる人がいるか分りませんが(^_^;)

子供の成長記録として、アルバムにして子供の誕生日プレゼントにするのも良い。
また家族旅行などの写真を、記念としてアルバムにするのも良いですね。
使い方はいろいろと広がりそうです。
これまでも興味はありましたが、正直、仕上がりがわからなかったので、今回は良いタイミングでした。

アルバムを贈られる方も喜んでいただけるのではないかな。
あとはDVDも作らなきゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | Macintosh

2015年07月10日

安全運転で

150710.jpg

今日は運転免許証の更新に行って来ました。
誕生日も過ぎていますが、誕生日一月後まで有効なので、本日更新へ。

平日の午前中なので、空いていると思いきや、意外に人が多いのにびっくり。
そりゃ〜土日から比べたらメッチャ空いている。
でも、平日でもこれだけの人が来るんだなぁ〜と思いました。

9時頃に受付をして、その後視力検査、書類手続きして写真撮影。
9時半には講習に進むことができました。
やはり平日の午前中は早い。
これが土日ならこうは行きません。

講習は約1時間。
前半は交通事故が起こりうる内容を再現したドラマ。
交通事故は起こした事無いけど、起こしそうになった事は何度もある。
こちらが注意していても、相手から突っ込んで来る事もあります。
基本はやはりスピードを出しすぎない事でしょうね。

今回の講習は1時間。
これが優良ドライバーなら30分になる。
一度、優良ドライバーで講習を受けた事があります。
しかし、その後、駐禁で罰金を受けて、今は一般講習となっています。
次回の更新は5年後。
それまで無事故・無違反で、次は優良ドライバーとなりたいですね。

私が車の免許を取ったのは18歳の時。
故郷の奄美大島で、高校卒業後に自動車教習所へ通いました。
皆、就職・進学までの約一月間で、免許を取得して、島を離れて行きます。
あれから、かれこれ40年。もう40年も経つのか(^_^;)

昔は免許更新って全て3年単位だった(と思う)
途中から無事故・無違反の場合は5年ってなった(と思う ^^;)
(私は刑罰1回だけだったので、5年更新でした)
いずれにせよ、たまにしか行かない免許更新。
記憶はあるものの、やはり細かい事は忘れています。
それに3〜5年の間に、いろいろと変更になる事もある。

昔は免許更新って本当に面倒で、いろいろと手続きをしたような記憶がある。
土日にしか行けない頃は、とにかく人でごった返す中で、もの凄い時間かかっていた。
手続きなども、だいぶ簡素化されたりしている気がします。
たまにしか行かないので、私の勘違いかも知れないけど(笑)

そんなこんなで、今日は1時間半ほどで、新しい免許証を手にする事が出来ました。
これからも安全運転で走りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記

2015年07月09日

青空と入道雲が恋しい

150709.jpg

あぁ〜〜〜〜あっぢぃ〜〜〜。
やっぱ台風の影響だろうなぁ〜。
風が生ぬるく蒸し暑い。

先日まで風が心地よかったけど、今日は窓開けても生暖かい風が入ってくるだけ。
おまけに時々、強い雨が降るので、窓も開けづらい。
窓を閉めると、部屋が蒸し風呂状態になる。
さすがに我慢できなくて、エアコンの冷房ボタンを「プチッ」と押してしまいましたとさ(-_-;)
あぁ〜もうこれで後戻りはできません(^^;)
クーラーの涼しさを体感したので、もうクーラー無しでは仕事できませ〜〜〜ん(笑)

しかし、今年の梅雨はよく雨が降ります。
今週はずっと雨が降っている感じですね。
天気予報では水曜日だけは晴れると言っていたのですが、蓋を開けてみたら水曜日も曇り。
ほんでもって、途中でものすごい雨降ったし(-_-)

やっぱり台風の影響で、天気が変わりやすいのでしょうね。
その台風ですが、現在9・10・11号と3つの台風が発生している。
台風トリオが日本の天気を弄んでいるのですが、10号は日本には影響ないようですが、9号は沖縄に向かっています。

そして何よりも気になるのが11号の動き。
9号の後を追うのかと思いきや、どうやら途中で日本本土に進路を変えそうな雰囲気。
来週の中頃に、日本の南海上まで上がって来そうです。
その後の進路が、まだ不確定なだけに、十分に注意が必要になりそうです。

暖かい南の海を駆け上がって来るので、勢力が強いまま日本に来てしまうかもしれない。
今後の台風の動きに十分注意が必要になりますね。

早く梅雨明けしてほしいところですが、まずはこの台風が過ぎないことには、梅雨も明けそうに無い。
久しく澄み切った青空を見ていない。
洗濯物も乾かないし、部屋干しで部屋が何となくカビ臭いぞ〜(-_-;)
梅雨なので仕方ないと言えばそれまでですが、そろそろ青空がほしいですね。

今週末は天気回復するような予報になっているけど、台風の動きで、また変わる可能性あります。
いつでも雨が降るつもりでいないといけないでしょうね。
そしてしばらくは、台風の動きに注意が必要です。

あぁ〜早く梅雨明けて〜〜〜。
青空と入道雲が恋しいよ〜〜〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2015年07月08日

世界遺産登録に思う

150708.png

世界遺産登録。喜ばしいことだが、手放しでは喜べない。
きっと多くの日本国民が感じているのではないでしょうか。
もう本当にいい加減にしてほしいですよね。
何かにつけてイチャモンをつけてくる。

そしてそれに同調しようとする日本政府もいけないのです。
もうほっといたら良いと思う。
今回の軍艦島での強制労働というカードを、韓国は第二の従軍慰安婦と捉え、次から次へと日本へ謝罪や賠償を求めてきます。
これがあの国の民族性なのです。

今回の世界遺産登録は、本当に腹立たしいし、日本の対応も情けない。
しかし、これを逆手に考えると良い面もある。
これでますます韓国という国が、朝鮮民族という人々が、どんなものなのかを、日本人は理解したと思う。
数年間の韓流ブームのときのイメージとは、180度違う韓国のイメージ。
これが真の姿なのです。

私たち日本人は、長い時間、中国や韓国に対して、誤った認識を持っていたのだと思う。
いや、持たされていたと言うべきかもしれない。
中国や韓国の負のイメージとなることは、私たち日本人には知らされていなかったと思う。
だから私自身も、中国や韓国に対して、負のイメージは持っていなかった。

しかし、度重なる反日運動。
最初は「日本が悪いから反日運動が起こる」と、真剣に思っていました。
ところが、ネット社会が広がるにつれ、新聞やテレビだけでは入らない情報を得ることができる。
自分で調べていく内に、中国や韓国の負の部分が見えてきた。

だから韓流ブームのときも、とても冷めた目で見ていました。
そして徐々に中国も韓国も、自らその正体をさらけ始めます。
中国の毒ギョウザ事件に始まり、尖閣諸島の海で起きた、中国漁船の体当たり事件。
そしてそれをひた隠した民主党政権。

中国という国が、いかにいい加減で身勝手な国なのか、多くの日本国民が気づくことになります。
そして、日本の政治家が、いかに中国に対して弱気なのかを、理解することになる。
中国に対して強く出る政治家は、マスコミの批判の対象になることが、よくわかりました。

韓国も自らその化けの皮を剥がし始めます。
李明博政権の末期に、国内での人気を回復しようと、大統領自らが竹島に上陸してしまった。
そして事もあろうに、私たちの天皇陛下に対して、謝罪を要求した。
これは、さすがに大人しい日本国民の、怒りのリード線に火を点けた。

そしてその流れをそのまま引き継いだ、パククネ政権。
反日をそのまま前面に押し出し、外交でも日本の悪口を言いふらして回る。
そんな国を好きになれるはずがない。
韓流ブームやK-POPも徐々に衰退を始め、今では新大久保の韓流ショップも、すっかり姿を消したようです。

まぁ自動自得としか言いようがありません。
自ら「日本は嫌いだ、日本は悪だ、謝罪せよ、賠償せよ」と、声を高らかに叫びながら、「韓国への日本人観光客が減っている」と嘆く。
ばっかじゃないの(笑)
そりゃ、こんだけのことをされたら、どんなにお人好しの日本人だって、そんな国に行きたくない。
それが分からないというのが、韓国の哀れなところです。

今回の世界遺産登録の件も、結果的に自分たちが損をしていることをわかっていない。
世界中に「私たち韓国人は、イチャモンをつけて、ごねる民族なんですよ。」と負のアピールをしていることをわかっていない。
「従軍慰安婦もこうやってごねているのだ」と世界に発信しているのと同じです。

日本は言われっぱなしなのではなく、自らの主張をしっかりと世界に発信することが大事。
従軍慰安婦問題は、反論もせず何も発信してこなかったから、世界に誤解を与えることになってしまった。
これからも、中国や韓国は、日本に対して様々な嫌がらせをすると思う。
しかし、世界の外交とはそのようなものである。
それと戦ってこそ、国益を守ることができる。

今回の世界遺産登録の件は、良い勉強になったと思います。
私たち日本人が敗戦後描いて来た世界観は、音を立てて崩れている。
世界は腹黒い。それをしっかりと認識して、それと戦わなければいけないのです。
もちろん武器を持ってというわけではない。しっかりと情報や言葉で戦わなければいけない。
しかし、その後ろには、必ず武器をちらつかせないといけません。
それが今の世界情勢なんです。

本当に腹立たしい隣国ですが、「そんな民族性の国である」と、私たち日本人が意識することが大事です。
無理に好きになる必要も無いし、相手がこちらを嫌いならそれで良し。無理して好かれる必要もありません。
それでもお隣なんだから、形式上はお付き合いをするだけのこと。
これまで無理して仲良くしようとして、散々嫌な思いをさせられたのです。
これを機に「そんな民族性の国である」という認識と、イチャモンに対して戦う意思を示さなければいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年07月07日

お家に星空を

150707.jpg

笹の葉〜さらさら〜♪

残念ながら曇り空で、お星様は見えない七夕でした。
皆さんのところはいかがでしたか?
残念ながら今年は織姫と彦星は会えなかったのでしょうね。
確か昨年は、珍しく晴れた七夕だった記憶があります。

そもそも、梅雨の真っ只中に七夕があって、晴れる確率は低いですよね。
昔は旧暦だったので、七夕も梅雨明けした後だったのでしょう。
しかし、新暦になってからは、梅雨真っ只中。
七夕に晴れ渡った星空を眺めることができるのは、とても珍しいことになっている気がします。

私の故郷奄美大島では、旧暦で七夕を祝っていました。
今でも、子供の頃の七夕の記憶が鮮明に残っています。
夏休み期間中に旧暦の七夕があったので、いつも大きな竹を用意して、一生懸命飾りを作りました。
そして、畑の真ん中に飾り付けた七夕飾りを立てたものです。

今はなかなかそういうこともできません。
まずもって、大きな竹を用意することが難しい。
我が家は今年も、託児所から持ち帰った小さな笹を飾ってお祝いしました。

日曜日には、買い物に行ったスーパーで、店内に笹の葉が立ててあり、そこに短冊が置いてありました。
自由に自分の願い事を書いて良いらしく、娘たちも願い事を書いて短冊に飾りました。
長女は、自分の夢「パティシエになりたい」と。
次女も何か書きましたが、全くの宇宙文字みたいになって、何を書いてあるのかわかりません(^^;)
それでも本人が満足しているので、笹の葉に飾り付けてきました(笑)

今宵は晴れたら星空を見に行きたかったのですが、あいにくの曇り空。
星は全く見えません。
そこで、急遽思いつきました。
「プラネタリウムだ」

プラネタリウムと言っても、プラネタリウムのある場所へ行くのではありません。
お家でプラネタリウムを見るのです。
市販のプラネタリウムを買ってくるのか?
いえ、そうではありません。
作るのです。

ネットで調べたら、手作りプラネタリウムのダウンロードがあった。
早速ダウンロードして、組み立てる。
本来なら、しっかりと土台も作って、豆電球を仕込まなければならない。
しかし、時間もないし、豆電球も電池ボックスもないので、天体の上の部分だけ作った。

晩御飯の前に、「今日は七夕でお星様見たかったけど、お天気悪いからこれで見よう。」と、手作りプラネタリウムを登場させました。
豆電球が無いので、iPhoneを懐中電灯にして、その上にプラネタリウムの天体部分を乗せました。
部屋を真っ暗にすると、それなりに星空が浮かんで来ました。

なんちゃって星空ですが、それでも子供達は大喜び。
「あれが北斗七星」「これが冬の大三角形」などと、星をしばし見ながら楽しみました。
次女はよほど気に入ったのか、寝るときも「お星様見せて〜」と、手作りプラネタリウムを楽しんでいました。

いつか本物の星空を見せてあげたいですね。
家の周辺は明るすぎて、星空があまり見えないので、光の少ない山などに行って見てみたいです。
星空は見えませんでしたが、子供達の願い事は、しっかりお空に届いたことと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | 日記

2015年07月06日

挿絵担当した絵本のご紹介

150706.jpg

先週末にポストに届いていたもの。
それは一冊の絵本でした。

2ヶ月ほど前に手がけた絵本。
文芸社さんから出版される「一匹のこどく」という絵本です。
自費出版で出版されるこの絵本の著者は「かきうちしゅうへい」さん。
そして私がイラストを手がけさせていただきました。

これまでも文芸社さんの絵本の挿絵を、何冊か描かせていただいております。
今回で7冊目くらいになるでしょうか?
自身の絵本「クジラのゆめ」を出版する際に、イラストレーターとして登録させていただきました。
そこから、時々お仕事として絵本の挿絵を描かせていただいております。

今回の絵本は、小さな恐竜のお話し。
恐竜を描いたのは初めてでしたが、今回さらに初めての事が。
実はこれまで描かせていただいた著者さんは、全員女性でした。
どうしても私のイラストは、女性の方が好まれる傾向が強いので、著者さんが女性に偏っていたのだと思います。
しかし、今回は初めての男性の著者さんでした。

そして、初めてと言えば、原稿をいただいて戸惑ったのも初めてです。
これまでの絵本の原稿と明らかに違う。
思わず最初は「えっ!?」と感じました。
ストーリーが簡潔でシンプル。
でも、なぜか魅かれていました。

今回の絵本は、著者さんが私のイラストを気に入ってくださり、「この方に描いて欲しい」と要望してくださったそうです。
これまでも、私のイラストを気に入ってくださって絵本に仕上がった作品があります。
やはり気に入っていただいていると思うと、私も嬉しくて、よりイラスト制作に力が入ります。
今回も本当に楽しく嬉しく制作をさせていただきました。
これまでの作品もそうですが、自分がイラストを手がけていて、「絵:ふくはらしゅんじ」とクレジットされると、自分の作品ではなくても、半分は自分の作品のような気持ちです。

今回の絵本は、シンプルですが、それ故に奥が深いと感じております。
ぜひ、手に取って読んでいただきたいと思います。
刊行前なので、表紙しかお見せできませんが、8月中旬頃には発刊されると思います。
書店などで見かけたら、ぜひ手に取っていただければ幸いです。
また、文芸社さんでもネット販売されると思いますので、そちらもごらんください。
http://www.bungeisha.co.jp

毎回、絵本の挿絵は楽しく描かせていただいております。
自分で絵本を考えるのも楽しいのですが、自分以外の人の文章に、自分のイメージを描くのがとても楽しい。
そしてそれを喜んでいただけるのが、本当に嬉しいです。
これからも、新たな絵本との出会いがあることを期待して。
新たな絵本を生み出すお手伝いができればと思っています。

そうそう、自分の絵本も描きたいです(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 絵本

2015年07月05日

厳しく罰せよ

150705.jpg

午後10時前ニュースの速報を見てほっとした。

夕方、買い物帰りの車の中で見たニュース速報。
その時は「また嫌な事件が・・・それも身近で・・・」と、とても心配でした。
奈良県香芝市の店舗で、小学6年生の女の子が行方不明になった。

「トイレに行く」と言って、親元を離れた後、行方が分からなくなった。
トレイには女の子が履いていたサンダルが、片方だけ残されており、従業員の証言で「悲鳴のような声を聞いた」とあることから、誘拐された可能性が高いとして、操作が始まっていたようだ。

午後10時前の速報で、容疑者の男の逮捕と、少女の無事を伝えていた。
詳細は分からないが、ひとまず逮捕されたこと。
そして何よりも、女の子が無事保護されたことで、本当にほっとした。

我が家もよく家族で買い物に行く。
今回の事件の現場になったようなお店はあまり行かないが、買い物はしょっちゅう行く。
その時に、長女が一人で「トイレに行く」と言って私たちの元を離れることもある。
今日もお腹の調子が悪くて、買い物中に一人でトイレに行っていた。

今日買い物に行っていたのは、大型ショッピングモール。
今回の事件のような店舗とは違う。
しかし、それでも一人でトイレに行かせるのはいけないと、今回の事件を受けて考えさせられた。
小学3年生くらいになってくると、一人で行動することも増えてくる。
でも、やはり親と一緒の時は、親と一緒に行動させるべきだと思いました。

それにしても、この手の事件は、本当になくならないですね。
今回は小学6年生ということもあり、おそらくかなり抵抗したと思われます。
それでも誘拐をしたということは、複数犯ではないだろうか?
男一人で、真昼間に小学6年生の女の子を、連れ去るのはかなり難しい。
事件の詳しい報道を待つしかないが、本当に腹立たしく思います。

この手の事件は、やはり刑を重くして、犯罪を犯した場合の罪の重さを分からせる方が良い。
おそらく犯人は半分遊びのような感覚だと思う。
このような事件を起こす気をなくすほどに、厳しい罰を与えられることを分からせるほか無い。
それが抑止力になると思う。

子を持つ親としては、やはり不安で仕方が無い。
それと同時に、加害者側にならないように、しっかりと子供と向き合って子育てすることが大事だと思う。
このような事件が起きるたびに、ついつい私たちは被害者側の意識しか持たない。
しかし、加害者側に立つ可能性もある。
そこをしっかり考えて、子供と共に育たなければ行けないと思います。

被害者にならないように、注意することと、加害者を作らない社会にすること。
難しいことですし、すぐにはできないこと。
でも、それが一番必要なことだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(2) | 私の思うこと

2015年07月04日

託児所夏祭り2015

150704.jpg

今日は次女の通う託児所の夏祭りでした。

ずいぶん前から楽しみにしていた夏祭り。
託児所から帰ってきて、浴衣に着替えたら、会場へと向かいます。
あいにくの雨模様ですが、会場は室内なので大丈夫。
そして次女の気持ちも、雨とは反対に晴れ晴れのハイテンション。
会場に着くと、クラスメイトも浴衣姿で、お互いにテンションますます上がっていました。

オープニングは毎年恒例の、先生方のダンス披露。
今年はちびまる子ちゃんの音楽に合わせて踊っていました。
先生方も毎日忙しいのに、ダンスまで覚えて大変です(^^;)

そして次はきりん組(最年長)と、くま組(次最年長)の出番。
次女もくま組さんなので、今年はこちらに参加。
カラーガード(旗を音楽に合わせて降ります)を見せてくれました。
ほぼ毎日、託児所で練習していたようで、ちゃんとできるのか不安で見ていました。
しかし、思いの外、しっかりと出来ていました。

そしていよいよ夏祭りのスタート。
次女は早速、先生方が待っている各お店を回ります。
ウインナーをゲットして食べ、たこ焼きをゲットして食べ、綿菓子を食べ(笑)
食べたら次はヨーヨー釣りや、お面をゲット。
よほど楽しみにしていたのでしょうね。
本当に、次から次へとお店を回りました。

長女は託児所からお手伝いを頼まれていたので、前半はヨーヨー釣りのお手伝い。
後半は交代して、長女も各お店を回っていました。
長女も、託児所時代のクラスメイトが何人かいて、一緒にお店を回ったりして楽しんでいたようです。

模擬店が終了になると、最後はやぐらを中心にして、子供たちのアンパンマン音頭が始まりました。
こちらもちゃんと踊れるのか?と思って見ていましたが、ちゃんと楽しみながら踊っていました。
本当に楽しそうに踊る次女。
よほど、この夏祭りが楽しみだったのでしょうね。

約2時間の夏祭り。
とっても楽しめたようで、大満足で帰りました。
忙しい中、準備をしてくださった先生方に感謝です。

次はお泊まり保育が待っています。
こちらも楽しみに待っている次女。
プールも始まり、ますます楽しみが増えている次女。
きっととても楽しい思い出として、記憶に残っていくと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2015年07月03日

プロバイダー変更

150703.jpg

本日、ネット環境が変わりました。
と言っても、見かけはほとんど変わっていない。
プロバイダーの変更をしたのです。

我が家はもう10年くらい、同じプロバイダーを使っていました。
特に不満もなく、ずっと使い続けていましたが、今回安くて速いプロバイダに変えました。
これまでも、何度かプロバイダを変えることを考えた事もありました。
しかし、値段がさほど変わらないのと、変更する事によるメルアドの変更などでためらっていた。

今回、プロバイダーを変更して、ネットが速くなりました。
正確に計ったわけではありませんが、体感的にサイトを開くスピードや、メールを送るスピードが上がりました。
それだけでも変更して良かったのかなと思います。
値段も少し下がりますしね。

昔はプロバイダーを変えるとなると、とても大変な事でした。
メールアドレスが変わる事が一番のネックだったと言えるでしょう。
これは今も変わりありませんが、我が家の場合、プロバイダーのメールはほとんど使わなくなった。
レンタルサーバを使っているので、そこでアドレスを幾つでも作る事が出来る。
現に、私の仕事用、嫁さんの仕事用、子供達の学校からの連絡用、他のメルマガ登録用など、多数のアドレスを使っています。

そして昔はプロバイダーのサーバ領域を使ってサイトを立ち上げていましたが、レンタルサーバを使い始めてからは、そのスペースは有効活用できていない。
レンタルサーバを使い始めてからは、プロバイダーは単なる接続のためのものになった。
だからこそ、変更するのにためらいが無くなったと言える。

今回変更したプロバイダーでも、サーバ領域が使えるようですが、覗いてみたら使えるのは20MB。
20MBって・・・ほとんど使えないじゃん(^^;)
レンタルサーバを使い始めると、GB使えるのが当たり前になっているので、最初は20GBかと思ったら20MBだった。
やはりプロバイダーは接続だけに使おう。

さて、変更前のプロバイダーのメアドは、今月いっぱいまでは生きていると思うので、そのアドレスで登録しているものは、変更の手続きを取らないといけません。
パーソナルな用事は、プロバイダーのメアドを使っていたので、変更のお知らせも必要ですね。
そして、もう使わなくなっているサーバの領域も、一度覗いておきたいと思います。
昔のサイトのデータが残っているかもしれない。
思い出としてダウンロードしておこう。

10年前はまだ光も普及し始めたところで、まだADSLを使っていた。
その前はIDSLだったし(笑)
ブロードバンドの波(最近ブロードバンド自体聞かなくなった)も、もう当たり前の時代です。
ますますネットが無いと仕事できない環境になって来ました。

プロバイダーも変わったし、ネットスピードも速くなったので、その分仕事もスピードアップ・・・はできないか(笑)
でも、気分も入れ替えて、また仕事に頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2015年07月02日

テロ行為の焼身自殺と敗戦後の教育

150702.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

新幹線で起きた焼身自殺。
最初聞いたときは意味がわかりませんでした。
「なんで新幹線の中で焼身自殺?」
そもそも焼身自殺って、日本ではあまり聞き馴れない。
海外などでいろんなことに抗議して、焼身自殺する人はいるけど。
日本ではあまり聞きませんよね。

日本で自殺する例って、ひっそりと死んでいくケースが多い。
自殺を肯定はしないが、どうしても死んで行くのなら、人様の迷惑にならないように死んでくれ。
なぜに新幹線の中で焼身自殺する必要がある?
多くの人に危害を加え、多くの人に迷惑をかけ、挙句に関係のない人が1人巻き添いになって命を落とした。

死ぬのなら1人で死んでくれ。
抗議して死にたいのなら、人に迷惑にならないように死んでくれ。
決して自殺や自決を肯定はしないが、関係のない人を巻き込むのはまさしくテロ。
これは火災事故ではなく、自爆テロと同じです。

今回の事故(本当は事件)で、マスコミは一斉に「新幹線の安全神話が崩れた」と叫んでいます。
まるで原発の安全神話が崩れたのと同じように扱ってはいないか?
新幹線は今でも安全であると、私は思っています。
今回の件は事故ではない。テロである。
テロを想定した安全なんて世界中どこを探してもない。
今回の事件が起きたことで、新幹線の安全に疑問を持つこと自体がナンセンスだと私は思う。

日本の新幹線が安全なのは、新幹線の事故が起きないように、運営側がしっかり運営していることも事実。
しかし、その一方で、ちゃんとルールを守り、秩序を守って利用している利用者の貢献も大きい。
私たち日本人にしてみれば、それは普通であり当たり前のこと。
でも、その当たり前ができなくなってくると、これまでのような新幹線の運行は難しくなってくる。
これは新幹線だけに言えることではない。
全てのことに通じる。

今回の自殺した人物がどのような人物だったのか?
報道では「年金に不満を持っていた」とも言われています。
社会に対して不満を持っていたのかもしれません。
でも、みんなそれぞれに不満はありますよ。
私だって不満はある。

だからと言って、社会のせいにして社会に対して何かしてやろうなんて思わない。
自分も社会の一員であり、不満をもつ社会の構成員の1人なんです。
だから選挙権があり、政治家を選ぶ権利も義務もあるんです。
私たちは社会を変えることができるんです。
不満だけぶちまけたって何も変わらない。

社会を作っていくのは、私たち自身。
何かうまくいかなくなると、社会のせいにするのは、やっぱり違うと思います。
言いたくなるのはわかります。
私だって言いたいことはたくさんある。
でも言ったところで、その場しのぎの愚痴にしかならない。

自分のために生きていると、結果的に生き場を失う。
自分だけが良ければ・・・は、一人になった時に、自分しかいない。他人が見えない。
他人(ひと)のために生きていると、どこにいても生き場がある。
他人のために・・・は、一人になっても、周りにはたくさんの他人が見える。
他人のために生きていける。

難しいことなんですが、他人のために生きると、逆に自分も生かされるのだと思う。
それができなくなると、自分のためだけになり、生きがいを失う。
社会に不満を持ち、自分が生きられないのは、社会が悪いからと考える。
そう考える人は増えているのではないでしょうか。
私も若い頃はそう考えていましたから。

敗戦後の教育が、個人と自由を尊重する教育ですからね。
公や国のためにという考えは、排除されてきました。
結果、自由奔放な日本人が多く育ったのだと思います。
「他人さまの迷惑にならないように」
常日頃、母から言われて来た言葉。
自分よりも他人さまのことを思う。

今後、今回のような事件を防ぐには、セキュリティーを強化することも大事。
しかし、犯罪と同じで、事件を起こさない人間を育てることが急務です。
やはり一番大事なのは教育だと思う。
敗戦後の教育を見直し、日本人が本来大切にしてきた教育を、もう一度取り戻すことが必要だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年07月01日

Apple MUSIC早速使ってみた

150701.jpg

1週間ほど前につぶやいた「Apple MUSIC」。
日本でもサービスが始まったようです。
3ヶ月はお試しができるようなので、早速登録してみました。
お試し期間が過ぎると、定額でのサービスとなります。
せっかくなので、ファミリーで登録。

定額になったとしても、個人設定なら月980円。
ファミリー設定なら、月1480円。
これってとってもお得だと思います。
月々1480円で音楽が聴き放題なわけですから。

さらにファミリー設定なら、6台まで一つのアカウントで有効。
私のアカウントで登録して、嫁さんと息子はファミリー設定で、3人とも音楽聴き放題。
つまりは1人頭500円もかからない。
これで娘たちが聴くようになっても、金額は変わらない。
そうなると、さらに一人頭の金額は下がり、1人頭300円くらいで聴き放題となる。

早速登録して使ってみた。
最初は使い方に少々戸惑ったが、基本はiTunesStoreと似ている。
すぐに慣れて、いろんな音楽を聴いてみた。
まだヒットしないアーティストも多いが、おそらくお試し期間の間に、様子を見ながら増えてくると思う。

昔のアーティストなんかは、比較的多いみたいで、私が好きなハードロックも結構揃っている。
ディープパープルやレインボーは、ほぼ100%に近い状態で、揃っている感じです。
以前から欲しかったけど、購入をためらっていたアルバムなどを早速聴き倒す。
いや〜やっぱりいいなぁ〜。
懐かしい(^o^)

他にも聴きたかったナイトレンジャーなんかも聴いてみた。
ロック・イン・アメリカや、シスタークリスチャンなんて懐かしくて、涙出そうだった。
これが聴き放題だと思うと嬉しいですね。
しかも、ダウンロードもできるみたいで、自分のiTunesにプレイリストとして登録して、ダウンロード可能みたいです。

まだまだ使いこなせていないので、詳細は分かりませんが、それでもやはり聴き放題は嬉しい。
後はもっともっと、アーティストが増えてくれるのを待ちたいと思います。
ひとまずお試しの3ヶ月で。
その後は月1480円で使いたいと思います。

人の知らない音楽たくさんあるので、これから毎日、いろんな音楽聴きながら仕事しようっと(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 音楽/映画