2015年06月29日

一方的な表現の自由

150629.jpg

自民党がマスメディアに圧力をかけたらしい。
「表現の自由が・・・」とやたらとマスメディアが騒いでいます。
しかし、問題の発言は、自民党の勉強会の中でのもの。
つまりは内輪での話。

その内輪での話が漏れることを想定していない議員たちも問題ではある。
しかし、まるで鬼の首を取ったように騒ぎ立てる野党やマスコミもどう?
そもそも民主党だって、散々マスメディアに圧力かけてたんじゃないの?
自分たちは良くて、自民党はダメってその論調がおかしい。

そして、講師に招かれた百田氏の「沖縄の新聞2社はつぶさなあかん」という発言が問題視されています。
でも、百田氏って政治家じゃないし、一般人の言葉を問題視すること自体が表現の自由の侵害じゃないの?
どこかのご当地アイドルが「自民党を倒しましょう」と、イベントで呼びかけたことはOKなんでしょうか?
それは問題化されずに、百田氏の発言だけが問題とされるのはおかしいのではないですか?

つまりは自民党への批判や、政府への批判はどんなことしてもOKだけど、政府に批判的なところへの批判は圧力になるってこと。
これってどう考えたっておかしいでしょ?
そもそも、琉球新聞や沖縄タイムスは、内容があまりにも偏っていて、朝日新聞ですら右寄りに見えると言われている。
沖縄の2社の新聞の中身は論じずに、それを問題として内輪で話した「つぶさなあかん」という言葉だけを狩るのは、どう考えてもおかしい。

例え冗談と言っても、なぜ百田氏がそこまで言うのか?まずはその中身を論じてから、発言の真意を探るべきです。
でも、先ほども述べましたが、あくまでも百田氏は一般人です。
一般人が口に出した言葉を、問題発言として議論するようになれば、それこそ自由な発言の侵害になりますけどね。

この手の話は、どうも一方的でフェアじゃない。
最初から自民党が悪で、それ以外は被害者を装っている感じがして気分が悪い。
話を極論に持って行き、不安を煽り、議論をしない。
ちゃんと政策を論じましょうよ。
今の自民党批判は、「自民党が嫌い」「安倍が嫌い」って言っているだけにしか聞こえない。

現実を見て、その中で最善を探る。
そのための議論をすべきなのに、原発問題にして、安保法案にしても、最初から「反対」しか言わない。
代案があるのか?と言えば、そんな代案も無い。
批判して相手を打ち負かして、自分たちが優越感に浸っているだけのように見える。

本当に日本国のことを考えていますか?
将来の日本のことを考えていますか?
「日本が戦争をする国になる」と言いますが、日本が戦争を仕掛けられたらどうするのですか?
誰も戦争をしたいと思っているのでは無い。そうなりそうになった時に、国を国民を守る体制をどうするか?を考えている。

やたらと「戦争になる」と叫ぶ人々の中には、「日本は戦争をした悪い国」「軍国主義の侵略国家」というイメージが前提なのでしょうね。
それを一番喜んでいるのは、お隣の中国ですよ。まさしく中国や韓国が口にする「歴史問題」です。
日本は侵略国家の悪い国だった。そのイメージ戦略を仕掛けてきているのです。
沖縄の新聞社の問題も同じです。
戦争をしなくても、すでに日本は中国に侵略されてきているのです。

批判する相手が違う。
「戦争をしたくない」と叫ぶのは、日本政府にではなく、中国共産党に向けって叫ぶべきです。
批判すべきところは批判する。しかし、それは日本の国益を考えて行うべき。
そして批判するのであれば、自分なりの考えを持って批判すべき。
中身のない、単なる批判だけでは、説得力もありません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと