2015年06月06日

久々にならデザインカフェ参加

150606.jpg

今日は久しぶりに「ならデザインカフェ」に参加してきました。
ならデザインカフェは、奈良デザイン協会が主催するイベントです。
以前は私も常連のように参加していましたが、平日の夜の開催が多くて、最近はすっかりご無沙汰になっていました。
今回は土曜日の広間ということで、なんとかスケジュールの調整がついて、久々に参加できました。

今回のテーマは「立体映像」でした。
エアフローティングメディア委員会の十二紀行氏による、プレゼンと実際に立体映像機での体験がありました。
立体映像というと、3D映画館などが思い浮かびます。
しかし、メガネなどをかけるのではなく、自分の眼の前に立体映像が浮かび上がるのです。

まさしく、空中に映像が浮かんでいるような感覚。
思わず手でつまみたくなる(笑)
よくSF映画なんかで、立体映像が目の前に現れるシーンがあります。
それと似たような感覚の立体映像でした。

今日の立体映像は、まだ小さくて6〜7cm程度の大きさでした。
今後、画面の拡大化と、パーツの量産化が課題のようですが、とても面白いテクノロジーで、見ていてワクワクしました。
今日は30名ほどの大勢の方が参加していて、実際の立体映像を見るのには、順番に並んで時間をかけてみました。
みんなとても興味深そうに見ていて、私も興味津々でした。

このエアフローティングメディア委員会では、エア・フローティング・メディア展というのを開催しているらしく、今年の夏にエア・フローティング・メディア展Vol.8をグランフロント大阪で行うようです。
そして、そこでなんと作品を発表するアーティストを募集している。
今日のデザインカフェは、そのアーティスト参加者を募る目的もあったようです。

私のイラストも、ぜひ立体映像として展示してみたいと思いました。
早速、デザインカフェ終了後に、エアフローティングメディア委員会の十二紀行氏に名刺を渡して挨拶をしました。
サイトから募集ができるようなので、私もチャレンジしてみたいと思います。

久しぶりのならデザインカフェで、とっても楽しい刺激をもらって帰って来ました。
なかなか参加できなかったのですが、やっぱり参加すると楽しいし、いろんな刺激をもらえます。
これからも、できるだけ多く参加していきたいです。
そして立体映像、チャレンジしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | アート