2015年06月01日

罰当たり者を逮捕せよ

150601.jpg

何気なくテレビを見たら、お坊さんがたくさん出ていた。
そしてお坊さんが選ぶ戦国武将ランキングをやっていた。
面白そうなので、そのまま見てたら、奈良の東大寺が出てきました。
誰もが知る奈良の大仏。
そこにはいろんな知られざる真実があって面白かったです。

こうやって見ると、日本の歴史ってやっぱり凄いですね。
古き時代のものが残されているし、火災や災害で壊れても、またそれを再建する。
大事に大事に歴史を残してきていると思います。

日本人でありながら、改めて日本のお寺や神社の素晴らしさを再認識しました。
ところが、そんな日本の文化財を汚した者がおります。
少し前に起きていた事件。
神社や仏閣に油が撒かれていた事件。

その容疑者が特定されたとニュースで出ていました。
アメリカ在住の日本人で、宗教団体の創設者と報じられています。
ところがなぜか顔にはぼかしがかけられ、名前も公表されていません。
「これはあやしいな」と思いました。

そもそも、アメリカ在住の日本人って、本当に日本人なの?
まずはその疑念がありました。
そしてなぜ顔も名前も公表されないのか?
よくあるパターンですが、通名は日本人で、本名は違うという場合がよくある。
つまりは日本に住んでいるけど、国籍は日本人じゃない。
そんな人が犯罪を犯すと、必ず本名ではなく、通名で報道される。

このアメリカ在住の日本人も、本当に日本人なのか?
その疑いの気持ちが真っ先に出てきました。
だって、純粋な日本人なら、神社やお寺に油をまくなんてこと、とてもできない。
そう思っていたら、ネットではやはり晒されていました。
どうも日本人の名前をした韓国籍(もしくは元韓国籍)らしい。

ネットの情報なので、どこまで信憑性があるかわかりませんが、十分に可能性はある。
神社仏閣に油をまくという、罰当たりなことをしながら、アメリカでのうのうと生きているこの男。
逮捕しようにも、帰国するのを待って逮捕するしかないらしい。
アメリカと協力して、逮捕することできないのだろうか?

この不届き者を、このまま野放しにしてはいけません。
一刻も早く逮捕して、相当の罰を与えなくてはならない。
観光客の前で、自分がまいた油を拭き取る作業を延々とやらせたらよろしい。
なんとか早く逮捕してほしいです。
そして、ちゃんと顔と実名(通名じゃない)をマスコミは報道するように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 私の思うこと