2015年05月31日

剣道世界選手権に思う

150531.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

我が家は息子に始まり、長女も剣道を習っています。
このままの流れでいけば、次女も剣道をやりそうですが、いかんせんマイペースな次女です。
「私はやらない」って言うかも知れません。
昨年の今頃に、お兄ちゃん・お姉ちゃんが竹刀を買うのを見て、「自分のも・・・」と竹刀を特注してもらいました。
その後、数回竹刀を振って稽古に参加しましたが、今は全くやる気を見せません。

息子も長女も、自ら「剣道やりたい」と始めたので、次女も自ら始めるまでは見守りたいと思います。
親が無理やりやらせると、嫌になった時に「自分はやりたくなかった」と逃げ道を作ってしまう。
自分の気持ちで始めさせないと、長続きしないと思うので、本人がやる気が出るまで、見守りたいと思います。
もしかしたら、ずっとやる気を出さずに、次女は剣道をしないって事にもなりかねません。
でも、それはそれで本人の意思なので、無理やりやらせる事はしません。

子供達の中(特に男の子)では、人気はやっぱり野球やサッカーです。
私たちも息子に何か習わせたいと思った時に、野球やサッカーを見に行きました。
しかし、息子は興味は示すものの、自分からやりたいとは言わなかった。
小2の終わり頃に、突然「剣道をやりたい」と言い出し、慌ててネットで調べて剣道の稽古を見学に行ったのが、我が家の剣道の始まりです。

息子が剣道を始めていなければ、私たちも剣道に関わる事もなかったし、長女も剣道をしていないでしょう。
どうしてもマイナーなイメージがある剣道。
でも、子供達を通して剣道に関わると、その奥の深さを感じます。

日本の武道のひとつである剣道。
しかし、今や日本の域を越えて、剣道は世界に広がっています。
そして世界選手権があるのを、知っている人は少ないと思います。
実は私も息子が剣道を始めるまでは知りませんでした(^^;)

そしてその世界選手権が日本で開催されました。
日本のお家芸ですから、優勝は当然と見られます。
しかし、その日本の前に立ちはだかるのが、お隣韓国。
毎回のように、決勝で対戦するのが韓国なのです。

剣道に限らず、何かにつけ日本をライバル視して、敵対心をむき出しにしてくる韓国。
サッカーのW杯や、野球のベースボールクラシック。
そしてオリンピックの競技でも何かにつけライバルとして敵意を示す韓国。
闘争心を掻き立てるのは良いけど、試合の内容や終わった後の態度が問題視される事が多い。

記憶にも新しい、前回のオリンピック。
様々なトラブルを巻き起こした韓国。
正直、韓国にスポーツマンシップは無いと思いました。

そんな韓国が剣道。
さすがに武道である剣道では、そんな行いは無い・・・と思いきや、実は剣道でも問題視されているようです。
剣道は礼に始まり礼に終わる。
しかし、敗れた試合になると、まともに礼をしない。
そして審判の判定に不満な様子を見せ、なかなか竹刀を合わせようとしない。
そんな世界選手権での動画を見た事があります。

日本の剣道の試合で、そんな様子を見た事はありません。
例え判定に不満があったとしても、それは決して表に出さない。
それも含め、自分の力不足と捉えて、さらなる稽古に励む。
それが剣道の教えです。

今回の世界選手権の前に、この韓国の剣道に注意を促すような記事も見ました。
韓国だけに限らず、他の国に剣道が広まる事は良い事だと思う。
しかし、剣道の本来の意味をわからずに、単なるチャンバラとして広まって欲しく無い。
礼に始まり礼に終わる。
勝っても敗れても、戦った相手に敬意を払い、最後までしっかりと礼をする。
勝利した喜びを決して見せてはならない。
それが剣道の奥深さ。
スポーツではないのです。

その事が解らないと、本当の剣道は解らない。
今や日本人にも難しいであろう剣道の心構え。
それを外国人が理解するのは、本当の日本の心を知ることから始めなくてはならない。
韓国の強さはうわべだけの強さ。
だからなかなか日本に勝つことができないのでしょう。
今回も2-1で日本が優勝を飾った。

日本の剣道にプロはない。
剣道をしている人は、日頃は警察官や学校の先生など、仕事を持ちながら剣道を続けている。
子供達を教えてくださっている、我が道場の先生方も、仕事をしながら剣道をしています。
ところが韓国には剣道のプロがあるらしい。
その人たちが世界選手権に出てきている。

剣道はスポーツではない。
試合で勝つことだけが、剣道の目的ではない。
どうも剣道の世界選手権も、「勝つことが全て」となっている気がしてならない。
剣道は武道です。
剣道を始める前に、武道としての心構えが必要。

日本の剣道が世界を制するのは、技ではなく心があるから。
そのことをもっと世界に知ってもらう必要がある。
韓国のように、プロ組織にして強化するのはおかしい。
優勝は嬉しいけど、今後の剣道のあり方を考える時期に来ていると思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 私の思うこと