2015年05月22日

仕事を楽しむ姿勢

150522.jpg

本日は仕事の写真撮影の立会いで、一日外出しておりました。
久しぶりに撮影立会いで、ちょっと疲れましたが、良い写真が撮れたので良かったです。
本日撮影していただいた写真を、今度は私が編集して最終のデータを作成します。

本日のカメラマンの方は、ベテランのカメラマンさんで、撮影もとても手慣れておりました。
商品撮影って、本当に難しいなぁ〜と、撮影しているのを見て思いました。
ライティング一つで、全く印象が違ってきます。
私も趣味で写真を撮りますが、機材から腕から、やはりプロの仕事は違いますね。

撮影をしながら、いろんな話をしました。
私も今の仕事をして長いですが、カメラマンの方はもっと経歴が長い。
お互い共通していたのが、アナログからデジタルへの転換期。
私の仕事も昔は台紙にロットリングで線を書き、写植で文字を発注し、写真の指定をトレーシングペーパーで書いていた。
そんな時代にこの仕事を始めたが、直後にDTPに移行し、今のMac環境になった。

カメラの世界も、やはりデジカメの波が転換期だったようです。
今では100%デジカメになっていて、フィルムを使う事は無いそうです。
デジカメに移行する事で、それまでの機材を総入れ替えだったらしく、カメラの世界も大変だったようです。

昔に比べると、私の仕事もカメラの仕事も様変わりです。
そして何より、本当に便利になりました。
私の仕事は、アナログ時代には、仕上がりをイメージして作業していました。
実際の仕上がりを見ると、イメージと違う場合がありました。
それがMacになってからは、モニターで見ながら作業できる。
今となっては当たり前ですが。

カメラも同じで、昔は撮った写真は現像されるまで、どのように撮影されたか確認できない。
しかし、今ではデジカメで撮ったその場で確認できる。
カメラの液晶画面だけでなく、今はタブレットなどを使って、撮った写真をその場で確認する。
本日も撮影した写真を、私もタブレットでその場で確認しながら、撮影作業を続けてもらいました。
本当に便利になったものです。

でも、どれだけ便利になっても、やはり人の力量によりますよね。
便利になって機能が増えて、いろんな事が可能になっても、最後は人の力です。
本日の撮影を見ていて、それを強く感じました。
そして何より一番大切なのは、仕事を楽しむ事。
カメラマンの方も「好きだから続けている」と、おっしゃっていました。
それは私も言える事です。

後日、撮影した写真データが送られてきます。
写真素材が良いと、デザインもさらに楽しくなるんですよね。
料理人が良い素材と出会うと、料理が楽しくなるように。
私も楽しみながら、良い仕事をできるように頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:20 | Comment(0) | 仕事