2015年05月18日

iMacが逝ってしまった(T_T)

150518.jpg

このところ、ずっと体調が良くなかった。
昨日も次女の誕生会の前に、ちょっと横になっていた。
小一時間程寝たらだいぶ楽になったので、何とか誕生会出来ました。

私の体調と同様に、実は仕事で使っているiMacも調子が悪かった。
動きが鈍くなる事が多く、その度にリスタートをして使っていました。
昨年の2月末に一度、ハードディスクがエラーを起こし、初期化&タイムマシンによる復旧で乗り越えた。
いつまたハードディスクがおかしくなっても不思議ではない。

そしてその日が来てしまったようです。
今朝から妙に動きが鈍かった。
何をやろうとしても、すぐにカーソルがぐるぐる回り、何も出来ない。
アプリケーションを一つ一つ終了しながら、リスタートをする。
ところがリンゴマークが出たところでSTOP。
そこから先に行かない。

昨年の時と全く同じ症状です。
あぁ〜来る時が来たのか。
仕方なく外付けハードディスクから起動。
昨年のトラブルの時に、今後のためにと、外付けハードディスクにもシステムを入れておいた。

外付けから立ち上げてみると、iMacのハードディスクも表示された。
データは残っているようだ。
タイムカプセル&タイムマシンでバックアップは取っているが、念のために、取れるバックアップは手動で取る。
仕事のデータから、作品のデータ、その他のデータ。
写真のデータなど、一通りバックアップを取る。

そしてiMac本体のハードディスクの修復を試みた。
昨年の時は初期化して再度システムを入れ直して、タイムマシンで復活させた。
今回も初期化出来ればそれで行こうと思った。
しかし、ディスクユーティリティでiMacハードディスクを見て愕然とした。
「修復の出来ない問題が発生しています。出来るだけ多くのバックアップを取り、ディスクの交換をしてください。」と表示されている。
つまりは「このハードディスクは死んでいるから取り替えてね〜」と言っているのである(T_T)

やっぱり逝ってしまったか。
前回の時も出来ればハードディスクの交換がベストだった。
しかし、仕事も詰んでいたし、何とか復旧出来たので、そのままで走った。
ついにハードディスクが死んでしまいました。

さてどうしよう。
とりあえずは外付けハードディスクから立ち上げて、何とか仕事もできる。
しかし、今のiMacは心臓が止まって、外部の人工心臓で動いているようなもの。
この状態で仕事を続けるのは、やはり不安です。

そもそも、このiMacはサブマシンとして購入したもの。
それが、いつの間にかメインのマシンとなり、ガンガン仕事をしてきた。
やはり無理がたたってしまったのですね。
iMacは所詮はパーソナリティのパソコンなんですよね。
仕事でガンガン使うのなら、MacProを使うべきなんです。

でも高いんだよなぁ〜。
とても即金では買えません。
Appleローンででも買うか。
嫌だけど仕事出来ないもんなぁ〜。

はぁ〜眠れない。
寝ると思うけど(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:14 | Comment(0) | Macintosh