2015年05月12日

イチゴ大好き次女

150512.jpg

台風はほどなく過ぎ去って行きました.。
厳密に言えば、台風は途中で温帯低気圧に変わったので、台風は来ていない。
しかし、温帯低気圧に変わったと言っても、突然勢力が消えた訳ではないので、各地で風雨が強まった。
それにしても、この時期に台風が接近して来るのって、やっぱり異常ですね。
風薫る五月だと言うのに。

今日は次女の託児所では、イチゴ狩りの予定でした。
朝からおにぎりとレジャーシートなど、イチゴ狩りの準備をして託児所に向かいました。
天気からして、きっと今日は中止になると思いました。
とっても楽しみにしていた次女に「行けなくても泣かない」と約束をして託児所に送りました。
今日がダメなら金曜日に予備日があるので、「お楽しみが延びるだけ」と次女に言い聞かせておりました。

予報ではお昼からお天気が急変する。
でも、無理をしてまではイチゴ狩りに行かないと思っていました。
ところが、次女をお迎えに行くと、「イチゴ狩り行って来た」と笑顔で答えました。
途中小雨が降って来たけど、何とかイチゴ狩り出来たようです。
帰りはカッパを着て帰り、お昼ご飯は託児所に帰ってから、レジャーシートを広げおにぎりを食べたようです。

きっと行けなかったら泣いていたであろう次女。
お天気は良く無かったけど、大好きなイチゴを取って、お昼ご飯の時に食べた事で満足した事でしょう。
週間天気予報を見ると、予備日の金曜日も雨模様なので、今日行っておいて良かったと思います。

イチゴ大好き次女。
毎日のお弁当にも、デザートとしてイチゴを入れています。
朝食時にも時々、イチゴを出している。
先日も、食卓にあがったイチゴを食べて、二つ残っていた。
「お父さんとお母さんの分」と、お母さんから釘を刺されていたらしい。

しかし、その事を知らない私に、「お姉ちゃんイチゴ要らないって言ってるから食べていい?」と聞いて来た。
長女に聞いても「食べない」と言うので、次女に「良いよ」と言ったら、夢中になって残りの二つを食べていた。
後から嫁さんが「お父さんとお母さんの分って言ったでしょ」と次女に話しているの聞いて、次女の作戦だったのではと思った(--;)
とにかく好きな食べ物に対する執着心が強い次女。
いったい誰に似たのだろう?

息子も長女も、そこまで食べ物に対する執着心は無かった。
私でも嫁さんでも無い。いったい誰の血を引いているのだ(笑)
きっと私か嫁さんの家系の血を引いているんですよね(^^;)

大好きなイチゴに囲まれて幸せいっぱいの次女。
イチゴのシーズンが終われば、また違う物を求めるのでしょう。
次はバナナかな?
そして秋になればブドウ。ブドウも本当に大好きです。

美味しそうに食べる姿を見るだけで、こちらまでお腹いっぱいになる(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記