2015年04月30日

日本のために正しく伝えよ

150430.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

アメリカの米上下両院合同会議で演説を英語で行った安倍総理。
上下両院合同会議で日本の総理が演説をするのは初めて。
それだけ異例の事なんですが、直前まであまりマスコミは報道していませんでした。

ところが直前になって、急に報道が多くなった。
しかし、「上下両院合同会議で日本の総理が演説をするのは初めて」という報道ではなく、演説で安倍総理が「お詫び」や「侵略」という言葉を盛り込むかどうか?という報道。
何でアメリカの合同会議で演説をするのに、「お詫び」「侵略」という言葉を使わなくてはならないの?

「お詫び」「侵略」という言葉を入れて欲しいのは、アメリカでは無くて、韓国と中国です。
アメリカの議員を通して、アメリカ国民向けに演説するのに、何で韓国と中国に気を使わなければいけないのですか?
そしてそれに乗っかる様に、日本のマスコミが「お詫び」「侵略」にこだわるのは、日本の総理大臣の足を引っ張っているだけです。

おそらく日本のマスコミは、安倍総理に「お詫び」「侵略」という言葉を使って欲しかったのでしょうね。
しかし、安倍総理はその圧力に負けずに、未来志向の演説を行いました。
時にユーモアを交えて、笑いも会場に溢れる演説でした。
歴史認識にも触れましたが、「痛切な反省」という言葉を使い、「お詫び」「侵略」等の言葉は使いませんでした。
そしてもちろん「慰安婦問題」も触れていません。

演説の中で、スタンディングオベーションが10回もありました。
それだけ安倍総理の演説に、上下両院合同会議の議員も賛同したと言う事。
つまりは演説は大成功だったと言える事です。

ところが日本のマスコミは、そんな事は伝えません。
なぜか一斉に「総理が歴史認識で痛烈な反省」と大々的に報道しています。
確かに歴史認識で痛烈な反省と述べました。
しかし、それ以上に報道すべき内容は沢山あるハズです。

スタンディングオベーションが10回もある程、素晴らしい演説であった事を、何故伝えないのか?
ビックリしたのは、mixiニュースの朝日デジタルでは、「「前向き」「失望した」 安倍首相演説、米で評価二分」というタイトル。
へ!?どこが評価二分なの?「失望した」議員と言うのは、ほんの一握り。
この記事だけ見ると、まるで演説が賛否両論だったように思えます。
これって明らかにマスコミの偏向報道です。

演説の内容は伝えずに、自分たちの都合の良い様に伝えようとする。
全くフェアじゃない。いい加減にしてほしいですね。
まぁネットなどで国民は解っていると思います。
韓国や中国が怒っているようですが、勝手に怒ってりゃ良いでしょ。
マスコミもそんな事、伝える必要ないですよ。

ホント、日本のマスコミって、なんで日本を貶めようとばかりするのでしょう。
だからテレビ離れが進むんですよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月29日

9歳のお誕生日

150429.jpg

昭和の日。元々は昭和天皇誕生日。
今日は祝日でお休みのため、我が家は朝からのんびりモード。
午前中は「全教一斉ひのきしんデー」でしたので、近くの公園に清掃活動に行きました。
少し遅れて行ったので、もう大勢の人が草抜きのひのきしんをしていました。

我が家も早速、受付を済ませてひのきしん。
娘達は最初こそ、一緒に草抜きをしていたものの、長女が託児所時代のお友達を見つけ、一緒に遊び始めました。
そしてそのお友達の弟が、今、次女と同じクラスの子。
つまりは次女もその同じクラスの子と遊び始め、娘達は走り回り、私達夫婦で黙々とひのきしんをしていました。

途中、私の携帯が鳴った。
着信音は息子専用のメロディー。
息子からFaceTimeで着信がありました。
電話に出ると、何故か私ではなく長女がいるのか聞いて来ました。

今日は長女の9歳の誕生日だったのです。
息子もちゃんと覚えていて、電話して来たのでしょう。
しかし、当の本人は、お友達と走り回っていて、FaceTimeで話しさせようとしましたが、すぐにどこかにすっ飛んで行きました。
ひのきしん中と言う事もあり、晩にまた連絡を取り合う事で電話を切りました。

お誕生日には、いつもピザを作ります。
今日もお昼からピザ生地を作り、発酵のため夕方までねかせました。
その間に予約していたケーキを取りに行き、早めにお風呂に入りました。

お風呂から上がったら、いよいよピザ生地を伸ばし、具材をのせて電子レンジのオーブンで焼きます。
今回も美味しいピザが焼き上がりました。
ピザを食べ終わり、ケーキを食べる前に、北海道にSkypeで繋ぎます。
ピザを食べる前に、電話が有り後からSkypeを入れるように連絡がありました。

iPadでSkypeを繫ぎ、北海道のおじいちゃん・おばあちゃんと話す長女。
買ってもらったプレゼントを見せたり、ケーキを見せたり、そこへ次女が割り込んで来たりと賑やかです。
そして私は息子へFaceTimeをかけました。
電話に出た息子は、ちょうどカップラーメンをすすっていました(笑)
友達の部屋に4人ほど集まって、皆でカップラーメンをすすっている最中だったようです。

iPadのカメラにiPhoneの画面を写して、北海道のおじいちゃん・おばあちゃんに息子の姿を見せます。
そんな事おかまい無しにカップラーメンをすする息子。
しばし、歓談した後、次女がSkypeで北海道と、嫁さんと息子がFaceTimeで会話を楽しみました。

それぞれの会話が終わると、いよいよケーキにロウソクを灯して、HappyBirthayを歌います。
元気に一気に9本の灯火を消しました。
そして美味しいケーキを皆でほおばりました。
息子がいないので、さすがにケーキは半分程余ります。
「明日の朝食べる」という娘達のために、再び箱に入れて冷蔵庫に戻しました。

長女が生まれたのが、息子が小学校に入りたての時。
息子と長女は7歳離れています。
その間に実は2回流産している。
だから長女が生まれた時は、本当に無事に生まれて来てくれた事に感謝しました。

特に大きな病気も無く、元気に育ってくれている事。
毎日、楽しく学校に通い、お友達と楽しく学校生活を送ってくれている事。
本当に有り難い事です。
皆でお誕生日を祝える事、離れていてもSkypeやFaceTimeで繋がって、お祝いしてくれる事。
全ての事に感謝の気持ちでいっぱいです。

HappyBirthday。これからも元気で。
そして次は次女の誕生日がやって来ます(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2015年04月28日

クラシックの面白さ

150428.jpg

今日、たまたま観ていたテレビ番組。
途中からだったのですが、意外と面白かった。
くりーむしちゅーの番組で、確か「世界一受けたい授業」だったかな。
音楽の授業で、葉加瀬太郎が講師になっていた。

その内容はクラシック音楽家の、知られざるエピソードを紹介。
様々な音楽家の素顔を覗く事が出来た気がする。
天才と呼ばれたモーツァルトは、一度聴いた音楽を、楽譜に書けたらしい。
門外不出と言われてた教会のミサを、楽譜にしてしまい、その曲はその事で有名になったとか。
料理店で言えば、食べた料理のレシピを公開されてしまうようなもの(笑)

とにかくモーツァルトはずば抜けた天才だったようで、サヴァン症候群だったのでは?とも考えられているようです。
サヴァン症候群は、一般的に知能は低いのだが、ある一点についてだけ天才としか思えない才能を発揮する人らしい。
モーツァルトが天才と呼ばれたのは、そんな理由があったのですね。

他にも沢山のエピソードがありました。
私が好きなクラシック音楽の一つに「展覧会の絵」という曲があります。
とても崇高な雰囲気の曲で、聴いていると清々しい気持ちになります。
この曲を作ったのが、モデスト・ムソルグスキーです。

しかし、私がいつも聴くのはオーケストラでの展覧会の絵。
ところがこの曲は実はピアノ曲だったようです。
ムソルグスキーがピアノ曲として作ったものを、ボレロで有名なラヴェルがオーケストラのアレンジした。
そのムソルグスキーは、アルコール中毒と言われるくらいの無類の酒好きで、肖像画も鼻が真っ赤でした(笑)
いや〜なんか展覧会の絵のイメージ変わるなぁ〜(^^;)

また、「新世界より」のドボルザークは、実は鉄道マニアだったとか、ショパンは超美形でとてもモテたが、最後は最愛の女性に捨てられ破産してしまったとか。
知られざるエピソードが沢山ありました。
クラシックってどこか敷居が高くて、ましてやその作曲家となると、とても崇高な人という印象がある。
でも、結局は皆1人の人間であり、実にクセのある人達だったのだと思った。
そう思って、またクラシックを聴くと、違う観点で聴けて面白いでしょうね。

最後に紹介されたのは、やはりベートーベン。
有名なエピソードは、耳が聞こえなくなりながらも、音楽を作ったこと。
20代で聞こえ難くなり、30代で難聴になり、40代では全く聞こえなかったと言われている。
そして驚きなのが、有名な第九は、全く耳が聞こえていない状態で、作曲し、それを指揮しながら演奏した。
考えられない事ですよね。

そして葉加瀬太郎の言葉が印象的でした。
耳が聞こえなくて作曲した事も、驚きですが、自分が作った曲を聴く事が出来ない。
それを解っていてもなお、音楽を作ろうとするその情熱が凄いと。
例えるのなら、目が見えなくて絵を描くようなものだと。
確かにそうですよね。
私も絵を描きますが、自分で描いた絵が見えないと考えると、絵を描きたいと思うか?
そんな状態でも音楽を作る事に情熱を注いだベートーベンは、やはり偉大ですね。

最近、クラシックをあまり聴いていませんでしたが、また聴きたくなりました。
その時代の背景や、人間関係、作曲家の人間性など知って聴くと、また違う音が聴こえてきそうな気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年04月27日

異常な事件の日常化

150427.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

また未成年の残虐な事件。
18歳の女性が生き埋めにされ殺害された。
主犯が同じく18歳の女性。
殺害された女性とは友人関係。

友人関係だが、最近トラブルがあったらしく、殺害を決意したらしい。
そしてそれを知人の男性らが手伝った。
何があったのか?金銭トラブルもあったような報道もある。
しかし、だからと言って殺害してしまう心理が解らない。

しかも生き埋めにするって。
あまりにも残虐で命を軽く考え過ぎている。
どんなに恨みを持っていたとしても、殺害してしまえば、終わりである。
相手の人生も終わるが自分の人生も狂う。
それが解らないのだろうか?

殺害に加担した成人男性は、殺害された女性とは面識が無い。
何の恨みも無い人を、そう簡単に殺せてしまうのが理解出来ない。
人の命をいったいなんだと思っているのだろうか?
あまりにも軽々しくて、理解に苦しむ。

そして今回も違和感を感じる。
殺害された女性は、名前も顔も公開され、殺害した側の女性は「少女A」とされ顔は解らない。
奇しくも選挙権を巡り、18歳を大人と見るか、子供と見るかの議論がされている時期。
この女性は「少女A」として刑を受け、社会に復帰する時には、何事も無かった様に社会に溶け込む。
まるで犯罪を犯し、人を殺した人間は「少女A」という別人のように。

殺害されてしまった女性にも問題はあったのかも知れない。
「お金を借りて返さない」との報道もある。
しかし、だからと言って、その人間の命を奪ってしまう権利は誰にも無い。
まるでゲームのように、あまりにも簡単に人を殺してしまうような感覚に、不気味さを覚える。

本当に、いったい彼ら(彼女ら)の精神はどうなっているのだろうか?
最初は脅すだけのつもりだったのかも知れない。
それがエスカレートして、殺害まで行ってしまったのか。
これまでも似たような事件はある。
そうであれば、何とかしてSTOPさせる方法は無いものだろうか。

最近、この手の事件が多過ぎて、感覚的に麻痺してしまいそうです。
でも、それが一番怖い。
人が殺害される。その事に慣れて来る。
それが怖い。

この異常な事件を無くすには・・・。
人としての心の教育が必要だと思う。
やはり根本には教育の問題がある。
本来の日本の教育を取り戻さなければ、この手の事件は続く気がしてならない。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月26日

ネパール大地震

150426.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

ネパールで起きた地震。
予想以上の大きな被害になっているようです。
マグニチュード7.8という地震の強さもありますが、被害が大きいのは、建物がレンガ造りと言うのも要因。
日本のように木造や鉄筋の建物であれば、多少の揺れには耐えられるが、レンガ造りはやはり揺れに弱い。
アチコチで建物の崩壊があり、崩壊した建物に中に埋まってしまった人が多いようです。

さらに、エベレストで大規模な雪崩が発生。
登山客などが大勢集まっている所に、雪崩が押し寄せたようで、ここでも大きな被害が発生している。
残念ながら日本人の男性が死亡が確認されています。

早急な救助活動が求められますが、映像で見る限り、重機を使った救助活動がされていない。
ほとんど人の手による作業に見える。
重機そのものが足りないのか、それとも重機が入ってこれないのか?
一刻も早い救助が望まれますが、余震も続いており、かなり厳しい現状だと思われます。

日本も当然、支援を表明しておりますが、金銭だけの支援では無く、必要ならば自衛隊を派遣すべきだと思います。
東日本大震災では、世界中の国々から支援を受けました。
その恩返しの意味も含めて、自衛隊派遣や医師団の派遣が望まれます。

そして、その後の復興にも日本は支援をして欲しい。
今後、二度と大きな被害を出さないためにも、建物の構造から支援をして欲しいですね。
外観上はレンガ造りに見えても、中にはしっかりとした鉄骨が入っている耐震性の強い建物。
その建築と技術を、ネパールに輸出して支援をして欲しいです。

今回の大地震で、世界遺産になっている寺院なども、見る影も無く崩れ去ってしまいました。
この世界遺産の復興にも、日本の技術を活かして欲しい。
地震大国である日本だからこそ、出来る支援があります。
お金を出して、一時期な支援だけでは、今後、また大地震が起きた時に、同じ悲劇が繰り返される。

まだまだ被害の詳細が出ておらず、まだまだ被害は拡大しそうです。
まずは救援活動。そして水や食料の支援。
さらには仮住まいの支援。
そして復興の支援。
ネパール政府と協力して、国家プロジェクト並みの支援計画をして欲しいです。

それが出来るのは、我が国日本しかありません。
そしてそれが日本の使命だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月25日

変わりゆくネットの世界

150425.jpg

私達の生活に、もはや無くてはならない物となったインターネット。
正直、今ネットが無くなったら、私自身とても困ると思う。
仕事が出来無くなると言っても過言では無い。
もはや水道や電気と並んで、ライフラインと言っても良いかもしれない。

仕事のやり取りは、基本メール。
データのやり取りは、軽い物はメールで、重い物はサーバのストレージを使う。
昔のように、CDに焼いてとか、もっと昔のようにMOに保存して・・・なんてのは皆無です。

インターネットの普及と同時に、ホームページの普及も広まった。
私も2001年に自分のサイトを立ち上げた。
当時はまだプロバイダの容量を使って、全くパーソナルなサイトでした。
その後、レンタルサーバを借りて、本格的にサイトを立ち上げた。

サイトの作り方も、時代と共に変わっています。
初期の頃は、テキストアプリなどを使って、タグ打ちが基本でした。
その後、Dreamweaverなどの専門アプリが登場して、芸的にサイトの制作が変わります。
一時期はFlashで作られたサイトが好まれた時期もありましたね。
今ではFlashは使われていないのが主流。

そして、今、またサイト制作に大きな転換期が来ている気がします。
それはスマホの普及に伴うもの。
これまではサイトはパソコンの画面で見る事を前提に考えられて来た。
しかし、スマホの普及で、パソコンよりもスマホで見る人が増えて来ている。
サイトを作る側も、パソコンで見た画面と、スマホで見る画面の両方を考えなくてはならない。

スマホの場合、リンクでページをたどるのは、正直面倒くさい。
そのため、縦にスクロールして見るサイトが多い。
この流れがパソコンの画面にも起きている。
最近のサイトは、ページジャンプしないで、縦スクロールで終わる物も少なく無い。

私も時々サイト制作をしますが、やはりスマホ対応は必須となって来ています。
現在もいくつかサイト更新のお仕事をしていますが、今後の対応を考えないといけませんね。
時代はパソコンの前に座ってネットを見る時代から、スマホで気軽に見る時代にシフトしています。
そしてその変化の流れは速いです。

私もついて行くのに必死ですが、自分が出来る範囲で頑張ろうと思う(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 仕事

2015年04月24日

ついにApple Watch発売

150424.jpg

Apple Watchが発売されましたね。
これまでのように、発売前に行列ができるのか?と思いましたが、今回の発売は、アップルストアでの予約販売で、商品も配送されて来るらしいです。
いつもの行列やハイタッチのニュースが無いなぁ〜と思っていたら、そう言う事だったのですね。

Apple Watch。
興味はあるけど、買いません。
いや買えません(-_-;)
一番安い物でも、42,800円からですからね。
高い物だと218万円ですって(@o@)
買う人いるのかな?いるんでしょうね。

Apple Watchは、その単体だけではあまり意味を持たない。
iPhoneと一緒に使って、初めて有効活用できる。
つまりiPhoneを使っていない人には、めっちゃ高い腕時計で終わってしまう。
逆に言えば、iPhoneを使っている人にとっては、いろいろと使える腕時計となる。

最も有効活用できるのは、ヘルス機能でしょうね。
腕に装着する事で、脈拍や血圧などを測定できる。
そのデータをiPhoneと連動する事で、運動量や健康状態などを管理出来ます。
基本的にiPhoneの機能はApple Watchにもあるので、通話やメール、メッセージなども出来る。
しかし、この小さな画面でやりとりは厳しいので、あくまでもiPhoneの受信用と考えた方が良い。

Apple Watch単体では、あまり意味を持たない気もするが、今後はどう展開して行くのでしょうか?
きっと単体でも十分に使える様になって行くのでしょう。
でも、やっぱり腕時計である以上、画面の大きさは変えられない。
そうなると、iPhoneのように画面の巨大化は無理ですね(^^;)

Appleは、Apple Watchを様々な機器やサービスと連動させたいのだと思います。
例えば病院と連携して、健康状態を管理する端末としてApple Watchを活用してもらう。
また、行政と連携して、個人の識別にも使う事が出来ます。
iTunesで音楽業界を飲み込んだ様に、様々な業種と連携したいのだと思う。
また、その可能性を充分に秘めている。

携帯電話が普及する中で、腕時計を持たない人が増えて行った。
時間だけなら携帯で解る。
私もその1人です(^^;)
腕時計のシェアをiPhoneが奪ったと言っても過言では無いが、その腕時計を再びAppleが復活させる。
何とも不思議ですね。

これからApple Watchがどう展開して行くのか?
注目したいと思います。
買えないけど(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | Macintosh

2015年04月23日

ドローンと原発問題

150423.jpg

変な事が続いておりますね。
総理官邸にドローンが侵入。そこに放射性物質セシウムが入った容器が取り付けられていた。
このニュースで持ち切りになっていたところに、東京池袋の公園で、異常に高い放射線が測定されたニュースが飛び込んで来る。
何となく、この二つの事件、繋がりが有る様に感じたのは私だけではないのでは。

ドローンに放射性物質が取り付けられていた事から、安倍政権の原発再稼働方針に、批判的な人物もしくは団体の犯行である可能性をにおわせる。
反原発の意見を反映した行為であるとしたら、全くの逆効果である事は誰でも解る。
うがった見方をすれば、反原発を貶めるために、誰かが仕組んだ・・・なんて事も考えられる。
どちらにしても、これは立派な犯罪行為であり、国家に対するテロ行為です。

もし、これが単純に原発再稼働に対する抗議だとしたら、それはあまりにも幼稚な行いです。
常々、原発問題では賛否両論分かれる。
おそらく国を二分する議論だと思う。
原発については、誰も安全だとは言えない。

しかし、世の中に100%安全な物等存在しない。
それなりのリスクを抱えながら、動いているのが私達の社会です。
車だって走り出せば暴走するリスクを抱えている。
機械的なトラブルが起きないと言う保証は無い。
運転手が突然体調を崩し、運転不能になる可能性もゼロでは無い。
全て何らかのリスクを抱えて、それを最小限に抑えながら動いているのが、私達の社会なのです。

原発は危険です。
それは福島第一原発の事故を見れば、誰だって理解できる。
でも、危険だからと全ての原発を即座に止めるのは根本的な問題解決にはならない。
車の事故が起きたから、全ての車を走らせるな。と言っているようなものです。
危険な物をいかに安全に管理し事故が起きない様に運転するのか。それが大事な事です。

そして危険な原発から、より安全でコストのかからないエネルギー資源の確保を急ぐ事が重要。
それまでの間は、安全管理を充分に行いながら、動かせる原発は動かす。
原発は即座に廃止では無く、次世代エネルギーを確保しながら、フェードアウトさせるべきだと思う。
次世代エネルギーは、日本近海に眠るメタンハイドレートや、尖閣諸島に眠っているとされる海底資源を活用すべき。

原油価格が再び上がれば、それはそのまま電気代の値上げに直結する。
電気代の値上げは、経済活動にブレーキをかける。
そして一般庶民の我々の財布の口を固くする。

今回のドローンと公園の問題。
まるで「ほら原発は怖いでしょ」と、世間にアピールしたいがための工作に感じる。
二つの問題が繋がっている気がしてなりません。
しかし、どちらも危機管理に一石を投じる形になっている。
これを機に、ドローンの規制対策等、早急に対応してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月22日

気になるお天気とガソリン価格

150422.jpg

いや〜ホント久々に気持ち良く晴れ渡った一日でした。
今月は本当に日照時間が少ないので、気持ちもスッキリしないです。
お天気って本当に大事ですね。
明日からしばらくお天気良さそうだし、気温も一気に上がりそうです。
ようやくポカポカ陽気がやって来ます。

しかし、嬉しくない事も・・・。
車を走らせながら、いつも給油するGSの価格を見てビックリ。
これまで安定していたガソリン価格が、いきなり4円も上がっている。
こりゃ〜あれだな。車で移動するゴールデンウィークを狙って、ガソリン価格を上げておく作戦だ(笑)
多少値上がりしても、ガソリンは入れないといけませんからね( ̄。 ̄;)

まぁこれまでの価格に戻ったと言えばそれまでです。
ゴールデンウィークは車を使うので、なるべくそれ以外は車を使わずに・・・って訳もいかないか(^^;)
お天気良かったら、ついついドライブに行きたくなるしね〜。
特にゴールデンウィークの頃って、とても空気が澄んでいて、ドライブすると本当に気持ちが良い。
高速道路を走っても、遠くまで澄み切って見えて、最高なんですよね。

長時間車を運転するのって、私は全く苦になりません。
むしろ楽しいです。
なんだろうな〜目的地までの工程を楽しむと言うか、景色を眺めながら走るのが好きなんです。
晴れ渡った日が多くなる、これからの季節はさらに嬉しい。

ガソリン価格が気になるところですが、それでもゴールデンウィークはどこかへお出かけしたい。
どこへ行っても人が沢山なのは解っているけど、それでもやはりお出かけしたいですよね。
だって、そうしないと子供たちも家の中でストレス溜まるし、それ以上に私がストレスだ(--;)
子供たちとゴールデンウィークの期間中、ずっと家の中にいるなんて、考えただけで落ち込む(笑)

宿泊は無理としても、一日くらいはちょっと遠出が出来たら良いなぁ〜と考えています。
そうやって予定を考えるのも楽しみの一つですね。
後はお天気が気になるのと、やっぱりガソリン価格が気になる(^^;)
お願い、これ以上ガソリン上がらないで。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 日記

2015年04月21日

パイロットを公表すべき

150421.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

昨日、嫁さんと次女は飛行機で帰って来ました。
昨日の天気は大荒れ。
迎えに行った時も、雨が降りしきる高速を車で走らせました。
雨だけでなく、霧が立ちこめている。
高いビルのてっぺんが霧で見えない。
「こんな天気の中、無事着陸できるのだろうか?」

ふと先日の広島空港での、アシアナ航空着陸失敗事故を思い出す。
しかし、地方空港とは違い国際空港だし、飛行機もJAL。
何も問題無いと思っていたし、実際のところ何事も無く着陸しました。

それにしてもアシアナ航空の事故は謎だらけです。
とっくにフライトレコーダーも、ボイスレコーダーも回収してあるのに、何故に事故原因が分からないのでしょう?
当時の天候が急変したとか、下降気流が発生したのでは?とか、憶測が飛び交っています。
でも、最終的にそんな状況で、着陸を強行したパイロットのミスである事は、疑いの無い事実だと思う。

ところが、その肝心のパイロットに対する情報が、何一つでて来ない。
昨年のマレーシア航空の飛行機行方不明の時や、先日のドイツ機墜落の時の副操縦士。
早々に顔と名前と出て来て、どんな人物だったのかなど、様々な情報が出ています。
しかし、今回の事故は全く情報が出て来ない。

まるで隠蔽しているようにすら思える。
死者が出なかったのは、不幸中の幸いで、一歩間違えれば大惨事。
それなのに、マスコミも天候やシステムの事ばかり追求して、パイロットの人的ミスを指摘しない。
これは明らかになんらかの意図があるように思います。
パイロットの情報を出さない様に、何らかの意図が働いているように感じる。

アシアナ航空は数年前にも、アメリカで着陸失敗をして、当時は死者が3人出ている。
パイロットの人的ミスでありながら、今回は全くパイロットの情報が出て来ないのは、どう考えても不自然。
パイロットはすでに韓国に帰国しているとの情報もあり、まるで他人事のような対応です。
一年前のセウォル号沈没事故といい、今回のアシアナ航空の事故といい、韓国の交通機関はどうなっているのでしょう?

パイロット不足が叫ばれている事もあり、今後、ますます飛行機のトラブルは起きやすくなるかも知れません。
日本国内で厳しくパイロットを育てていても、お隣の韓国から飛行機が飛んで来て、今回のような事故を起こされてはたまったもんじゃありません。
冬季オリンピックを目前に控え、多くの外国人を招く立場の韓国。
こんな交通機関で大丈夫なんでしょうか?

その前に、本当に冬季オリンピック出来るのでしょうか?
寸前になって日本に泣きついてくるのだけは勘弁してね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月20日

突然の欠航

150420.jpg

北海道へ帰省している嫁さんと次女が帰って来る日。
長女は夕方に空港へ迎えに行く事を楽しみにしながら、学校へ登校して行きました。
やはり私と二人だけの生活が寂しいのか、口数は少ない。

帰りの便は新千歳から関空へ、ピーチで帰って来る予定でした。
しかし、お昼になって思わぬ事態が・・・。
お昼ご飯を食べ終わって、仕事を再開しようとiMacの前に座る。
メールが届いていたので、チェックしてビックリ。

ピーチからのメールで、嫁さんと次女が乗って帰る予定の飛行機が欠航になったとの連絡。
悪天候のためなのか?と思ったがどうも違うようです。
詳細は書かれていないけど、「欠航理由:機材繰り」とだけ書かれている。
ようはピーチ側の何らかの事情って事ですね。

慌てて嫁さんに電話を入れる。
もう空港に向かって高速を走っている最中だったようです。
欠航になったと聞いて戸惑う嫁さん。
そりゃ〜そうですよね。私もなんで?と思いましたから。

帰る日を一日延ばすか、他の便を当たるか。
ネットで確認したら、次の日であればピーチの便もある。
今日帰るのであれば、JALかANAで帰るしかない。
届いたメールを嫁さんに転送して、メールを読んでもらってから、もう一度電話をする事で一旦電話を切った。

数分後、電話で話しをして、再度ピーチの状況を見た。
明日帰るのであれば、早い便で・・・と思って予約状況を見ると、さっきまで空いていた便が、全て満席になっている。
きっと欠航になったので、次の日の予約が殺到してしまったのでしょう。
明日のピーチが乗れないのであれば、もうJALかANAで帰るしかない。
運賃が比べ物にならないほど高いけど、背に腹は代えられません。

結局JALで帰る事になりました。
到着は関空ではなく伊丹に18:20。
長女が学校から帰って来たら、16:30には家を出る事を伝え、長女は友達の家に行きました。
長女が帰って来たら、高速で伊丹空港へ向かいます。
途中、若干渋滞はありましたが、17:50には空港に到着。

飛行機は5分遅れの18:25に到着。
そこから待つ事10分程、ようやく嫁さんと次女の姿が見えました。
私の姿を見つけてこちらに駆け出す次女。
お母さんの姿を見つけて、向こうに駆け出す長女。
お互い駆け出して手を取り合うのかと思ったら、す〜っとすれ違って、長女は嫁さんに、次女は私の所へ(笑)
三日間離れただけですが、それでもやはり寂しかったのでしょうね。

次女は北海道では聞き分けも良く、比較的大人しくしていたそうです。
長女も話し相手がいない事もあり、とても良い子にしていました。
その反動なのか、帰りの車の中では、二人して後部座席で騒ぐ騒ぐ。
無事に帰って来てくれた嬉しさと、穏やかな日々が終わった現実と、入り交じった妙な気分でした(笑)
明日からまた日常に戻ります。

ピーチは安いけど、やはり安いだけのリスクがあると言う事を、今回学びました。
JALやANAがもっと安くなってくれると良いのですが。
あまりにも運賃に差がありすぎて、乗る気になれません。
いや乗れません(^^;)
北海道新幹線も開通するし、航空会社ももっと頑張らないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 日記

2015年04月19日

涙の後の笑顔

150419.jpg
【剣道を始めた頃の長女】

いつもの日曜。いつものように剣道の稽古。
しかし、今日はいつもとはちょっと違う。
極端に子供の数が少ない。

今日は柳生の方で試合があるため、半分くらいはそちらに行っています。
そして何人か欠席がいたりして、稽古に来ていたのは、我が子も合わせて5人だけ。
少し寂しい稽古でしたが、1時間しっかりと稽古をしました。

いつもなら、そのまま残って大人と稽古をします。
しかし、今日は仲良しの女の子2人とも来ていません。
そして、皆残って稽古をしない。
長女も「残りたくない」と涙を流しながら、私に訴えて来ました。

長女の気持ちも十分わかります。
誰も残らない。いつも仲良しの女の子もいない。
残って稽古をするのは、自由参加なので、無理に残る必要は無い。

でも、私はあえて残しました。
用事があったり、体調不良なら致し方ない。
いつもなら当然のように残って稽古をする。
今日は「友達も誰もいない」という気持ちから「残りたくない」と言い出している。

そこで長女に問いかけました。
「誰かが剣道をするから自分も剣道をするのか?」
長女は首を横に振ります。
「誰かが稽古しないと言ったら自分もやめるのか?」
またもや長女は首を横に振ります。

「誰も稽古しない時こそ、自分から稽古して初めて強くなる」
「試合で勝ちたくないのか?」
その問いに「勝ちたい」と答える長女。
「それじゃ頑張りなさい」と言われて、小さくうなづきました。

涙を流しながら面を着け、大人の中に入って行きました。
でも、稽古を始めると、いつも以上に声を出し、しっかりと稽古を出来ていました。
大人との稽古はかかり稽古です。
この1時間をやるかやらないかで、随分と違って来ると思います。

稽古が終わった時には、涙はどこへやら。
スッキリとした笑顔で稽古を終えた長女でした。
時々弱音を吐き、甘えようとする長女。
今日も無理して残す必要はないかなとも思いました。
しかし、涙を流して、今の自分の状況から逃れようとしている長女を見て、逆に残す事を決めました。

「嫌だから」という理由は、弱い自分に負けて逃げる事になる。
嫌だけど頑張って乗り越えた時、自分の自信となり次へとステップアップ出来る。
長女が5歳の時から、そうやって剣道を見守って来ました。
これからも時々弱音を吐くでしょう。
叱咤激励して、頑張ったらしっかり褒めてあげたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記

2015年04月18日

遠く離れて

150418.jpg

150418-2.jpg

今日は超早起きでした。
なぜか・・・。それは朝一番で北海道に飛ぶためです。
飛ぶのは私ではありません。
嫁さんと次女。

嫁さんの親族の訃報のため、嫁さんと次女で北海道に行きました。
帰って来るのは月曜日になるため、長女は私とお留守番です。
最初はお母さんと次女だけで行く事を聞いて、大泣きしてしまいました。
そりゃ〜そうですよね。
でも、すぐに納得して泣き止んでくれました。
この辺は、さすがにお姉ちゃんです。

久しぶりに関空に車を走らせました。
朝一番のフライトです。
余裕を持って一時間前には到着するように、家を5時過ぎには出ました。
空港について、嫁さんと次女を見送ったら、すぐにまた来た道を戻ります。

家に帰ったのは7時半ごろ。
長女はお友達の家に、遊びに行く約束をしていたらしい。
それもお弁当を持って集まるのだとか。
そこで長女のお弁当を作って持たせた。
大喜びで出かけて行った長女。

今日は家族がみな、バラバラに離れて過ごした一日でした。
お陰で私も、1人で家でじっくりと仕事をする事が出来ました。
嫁さんと次女は北海道で。
息子は鳥羽で。
私は家で、長女はお友達の家で。

たまにはこんな時間も良いものですね。
嫁さんと次女が帰って来るのは、月曜日の晩。
それまでは、長女と二人での生活です。

そして息子が帰って来るのは、ゴールデンウィーク。
家族全員が、また揃います。
その息子も、晩に電話で話しました。
今日は初めて電車に乗って、伊勢まで出かけたようです。
友達の買い物に付き合って、自分も買い物をしたらしい。

しかし、その買い物がファブリーズ。
おもいっきり日用品じゃん。
まぁ、遊ぶだけのお金も持たせていませんからね。
それでも知らない地で、電車に乗って、良い気分転換になった事でしょう。

iPhoneの位置情報で見ると、北海道と奈良と鳥羽。
本当に遠く離れた状態ですね(笑)
やっぱり北海道って遠いです。
まぁ私の故郷の奄美も遠いです。
こうやって日本地図で見ると、本当に北と南で結婚した事を、つくづく実感します(^^;)

あと二日間。
長女と二人だけの生活を楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | 日記

2015年04月17日

新学期始めの授業参観日

150417.jpg

今日は長女の授業参観日でした。
三年生になってから、初めての授業参観です。
嫁さんも、午後から仕事を抜けて、授業参観に行く事が出来ました。

私は毎回授業参観に行っていますが、嫁さんが行くのは、本当に久しぶり。
長女は私だけが来ると思っていたらしく、お母さんも来たので、ビックリ&喜んでいました。

息子の時から授業参観に行き続けていますが、今回初めての事があります。
それは、担任の先生が男性と言う事。
息子は6年間、ずっと担任の先生が女性でした。
そして、長女も1年、2年と女性の先生でした。

初めて、小学校の担任の先生が男性の先生となりました。
そしてビックリなのが、私と苗字が同じなのです。
つまりは長女とも同じ(笑)
あまり自分と同じ苗字の人と出会う事は無いので、もの凄く不思議な感じです。

いつも連絡帳に、先生がハンコを押しているのですが、つい自分が押したような感覚になってしまう(^^;)
きっと長女も先生を呼ぶ時に、不思議な感覚で呼んでいるのではないかと思います。
私も自分と同じ苗字の人は、これまで2人ほど、会った事はありますが、そんなに近しい関係ではありませんでした。
ですから、お互いに名前を呼び合う関係では無かった。

今回、担任の先生と言う事で、もの凄く不思議な感覚です。
自分の名前に先生と付けている感じで、もの凄く違和感があります(笑)
きっとよくある苗字の人は、そんな事は慣れているのでしょうね。
鈴木さんとか、佐藤さんとか、よくある苗字の人にとっては、そんなに感じない事でしょう。

話しを授業参観に戻します(^^;)
今日の授業は、国語でしたが、とても楽しい雰囲気の授業でした。
先生自らが、授業を楽しんでいるように感じました。
もちろん、子供たちも生き生きとしています。

そして授業が終わると、百人一首が始まりました。
長女からも聞いていたのですが、毎日、帰る前に百人一首をしているようです。
二人でペアになり、真剣勝負をします。
長女もとても楽しそうに勝負していました。

三年生になり、ますます勉強にも、いろんな事にもチャレンジして行きます。
学校生活を楽しんでほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 日記

2015年04月16日

今年のゴールデンウィークをどうするか

150416.jpg
【一昨年のアドベンチャーワールド】

気がつきゃ〜4月も半分を過ぎていました(><)
何だろうな〜この月日の過ぎ去る速さ。
今年なんて特に速く感じて仕方有りません。
本当につい先日、「あけましておめでとう」なんて言っていた気がするのですが・・・。

その間に、息子の受験があり発表があり、卒業式があり入学式があり・・・・と。
本当にドタバタと過ぎ去った感があります。
そして娘達もそれぞれに進級しました。

あと半月もすればゴールデンウィークがやって来ます。
きっと海外に行く人や、国内でも多くの観光客で賑わうのでしょうね。
我が家は・・・・まだ何も計画していません(^^;)

ゴールデンウィークには、息子が初めての帰省。
家族揃っての日帰りでどこかに行くかも知れませんが、今のところ特に決めていません。
ゴールデンウィークは、どこへ行ってもいっぱいなんですよね。

これまではアドベンチャーワールドへ行くのが定番でした。
しかし、昨年は行っていません。
今年もちょっと無理っぽいかな。

昨年は近くの「うだアニマルパーク」へ行きましたが、ここも人がいっぱいでした。
ゴールデンウィークに出かけるのなら、朝早くから出かけないとダメです。
だから予め計画を立てておかないといけません。
でも、今のところ無計画です(-_-;)

途中嫁さんも勤務があるので、なかなか動きづらい。
なるべく近場で、家族が楽しめそうな場所を、今から検討しておこう。
そして出かけるのなら、朝一番から動かなくては。

日帰りであれ、どこかに行くのを計画するのは、基本的に大好きです。
しかし、最近はその計画を立てる余裕さえ無くなっている気がする(^^;)
そして気がつけば、ゴールデンウィークになっていた・・・となりそうな(笑)

何も特別な事は必要ないと思うけど、家族でどこかに出かけるだけでも、思い出になると思います。
ゴールデンウィークまでに何か考えておこう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記

2015年04月15日

久々の絵本のお仕事

150415.jpg
【これまで描いた絵本】

久しぶりに仕事のお話を・・・。

私の仕事はメインがグラフィックデザイン、そしてイラスト、Webなどです。
そして時々、ページ物をやったりします。

最近は少なくなりましたが、以前はよく絵本の挿絵も描いたりしていました。
そして今、久しぶりにその絵本を描いています。
自分の絵本ではなくて、イラストを依頼されて描いている絵本です。

私が自費出版した「クジラのゆめ」の出版元である文芸社さんから、絵本の挿絵の依頼を受けました。
これまでも、何度か依頼を受けて、絵本を描いています。
ここ2年くらいご無沙汰でしたが、今回、久々に依頼がありました。

著者の方が、私の絵を大変気に入って頂いたようで、「好きな様に描いてください」とのありがたいご依頼です。
これまでも結構好きに描いているので、今回も思いっきり好きに描かせて頂く事になります(笑)
現在、ラフを制作中ですが、私のイラストの場合、最初からIllustratorを使ったデジタル画なので、ラフ=仕上がりに近い形になります。

ほぼ、ラフ画が仕上がったので、これから確認して頂いて、何度か校正をして再来月くらいには出版の予定となっています。
今回のご依頼は、これまでとちょっと違うイメージです。
まず、ストーリーが、これまでとはちょっと違う。
何とも不思議な感じです。

そしてご依頼をされた著者の方が男性と言うのも、大きな違いです。
実は、これまでイラストのご依頼を受けた著者の方は、全て女性の方でした。
5名程おられますが、見事に全員女性です。
私のイラストを好まれる方が、どうしても女性の方が多い。
これは、今までの経験上、確実に言える事です。
イラストやポストカードの販売などに関しても、確実に女性の方が多い。

今回、初めて男性の著者さんから、イラストを気に入って頂いたと言うのは、本当に嬉しい事です。
そして本当に思う存分、好きに描いているので、まるで自分の絵本のように描いています。
まぁこれは、これまでも同様に、自分の絵本という意識で描いていましたので、変わらない事ですが。

また、絵本が仕上がった時点で、こちらでご紹介させて頂ければと思います。
とっても不思議な雰囲気の絵本になると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 仕事

2015年04月14日

親子の関係

150414.jpg

息子が入学して家を出て一週間になりました。
昨日、不足していた物を荷物で送りましたが、もう着いたようです。
まぁ何たってお隣の県ですからね。

息子がいない事を頭で理解していても、やはり習慣の中で、時々出て来るものです。
朝起きた時に、ついつい子供部屋に向かって「朝だよ〜起きなさい」と言いそうになる(笑)
娘達は私達と寝ていますが、息子は1人で子供部屋で寝ていたので、子供部屋を開けて「起きなさい」と言うのが習慣になっていました。
その習慣がまだ抜けていないようです(^^;)

家を離れて寮生活をしている息子ですが、ちゃんとやっているのか?やはり親としては心配です。
私が家を離れた時も、やはり親は心配していたのでしょうね。
今、自分がその立場になって、初めてその気持ちがわかります。

しかし、昔(私)と今(息子)では環境も全く違う。
家を離れたと言っても、隣の県ですから、いざとなれば車でも電車でも、2〜3時間もあれば行ける。
連絡も携帯でいつでも取る事が出来ます。
現に、息子とはずっとiPhoneのメッセージでやりとりをしています。
電話で話さなくても、ちょっとした事をメッセージでやり取りできる。
便利な世の中です。

私が奄美大島を離れて、SHARPに入社したのが18歳の時。
大阪に姉や叔母がいたとは言っても、やはりもの凄く淋しかったのを覚えています。
家と連絡を取るにも、当時は携帯電話なんて影も形もない時代。
公衆電話にテレフォンカードが導入され始めた時代でした。

1000円分のテレフォンカードを買って、寮にある公衆電話から家に電話をかける。
よほどの用事がない限りは、電話はしません。
公衆電話なので、通話料が遠方になるほどかかるのです。
テレフォンカードの残高数字が、どんどん減って行く。
それを見ながら、話しをした事を、今でも覚えています。

家から電話して来る時も、よほどの用事がないとして来ません。
寮の電話ですので、長電話も出来ません。
ですから、親と話しをするのは、月に一度程度でした。

今のように、いつでも気軽に連絡を取れる環境では無かったので、きっと親は日々心配しながら過ごしていたのだと思います。
そう考えると、今の時代は、すぐに連絡が出来るのでありがたいですよね。
遠く離れていても、携帯で連絡が取れます。
メッセージでやり取りしたり、FaceTimeやSkypeでお互いの顔を見ながら話せます。

でも、すぐに連絡が取れるとは言え、やはり心配は心配ですけどね。
親であれば、子供の事が心配なのは、どんな状況でも同じでしょう。
常に子供の事を気にかけながら、子育てするのでしょうね。
そして子供が成人したとしても、やはり親は子供の事が心配なんだと思います。
今でも母は私達子供の事を、気にかけています。

親となって初めて解る親の気持ち。
そして自分が親となっても、親から見れば私は子供。
いつまでもいつまでも、子供の事を気にかけている。
そして、私も子供たちが成人して、それぞれに家庭を持ったとしても、同様に気にかけるのでしょうね。

いつまで経っても親子は親子。
私も親に感謝しつつ、自分の子供たちを気にかけたいと思います。
息子とはメッセージでやり取りしながら、見守りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記

2015年04月13日

肌寒い春

150413.jpg

また雨ですか(><)
このところ、ずっと雨模様で、なんか気分まで雨模様になってしまいそうです。
お天気って不思議ですよね。
雨が続くと、そんなに変わらない日常でも、何かだ落ちこんでしまう。
逆に気持ち良く晴れ渡ると、気分も爽快になり「頑張るぞ〜」って気持ちになります。

桜が開花した3月末から、雨模様が多くて、気分的にスッキリとしません。
その間に、息子の入学式もあって、心晴れ晴れと言いたいところですが、正直な気持ちは不安の方が大きい。
入学出来た喜びも、もちろん大きいが、家を離れて寮生活する息子を心配する気持ちの方が大きい。
それとこの天気が重なってか、やはり気持ちがスッキリとしないですね。

息子の方は、心配しても始まらないので、息子を信じるしかありません。
息子なりに頑張ってくれるでしょう。
あまり過度な期待はしないでおきます(笑)

お天気が影響しているのは確かですが、気温が上がらないのも憂鬱の一因でしょうね。
春らしいポカポカ陽気はどこへやら、シトシト雨の肌寒い日が続けば、誰だって気分的に落ち込む。
あまりに肌寒いので、ストーブに残っている灯油で、再びストーブ点けてしまいました。
ホットカーペットもまだまだ手放せません(--;)

天気予報では「ゴールデンウィークの始めくらいまで、寒さが残る可能性がある」と言っていました。
例年であれば、ゴールデンウィークの頃には、初夏の陽射しが差し込み、若葉を美しく見せてくれます。
そんな時期にまで寒さが残るなんて、やはり今年はお天気おかしいです。
今年は・・・ではなく、今年も・・・・ですね。
毎年、異常気象が言われ、もう異常なのが通常になって来ました。

しかし、お天気に文句つけても仕方有りません。
こればっかりは自然の摂理です。
雨続きですが、晴れの日を待ちながら頑張りましょう。
そして気温も低いですが、ポカポカ陽気を待ちながら頑張りましょう。

ゴールデンウィークの頃には、スッキリとした五月晴れで、汗ばむ程の気温になってほしいですね。
さて、そろそろゴールデンウィークの計画も立てなければ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2015年04月12日

試食コーナー制覇(笑)

150412.jpg

いつもと変わらぬ日曜日。
今週は息子の入学式があったりして、平日も何かと忙しかった。
日曜日くらいはゆっくりとしたいところですが、いつものように午前中は剣道の稽古。
午後からはお買い物へと行きました。

お買い物に行く前に、選挙に行ったり、他の用事を済ませてお買い物へ。
息子が寮生活を始めているが、まだ若干不足している物があり、いろいろと小物を買いました。
その後、本屋さんへ。

子供たちは本屋さんへ来ると、必ず絵本コーナーに行きます。
いろんな本があったり、ブロックやパズル等で遊べるコーナーがあるので、そこで遊んだりします。
その間、私と嫁さんは交代で、自分の興味のある本のコーナーへ行きます。

次に、私のベルトが壊れてしまったので、お隣のユニクロへ。
安いベルトを買って帰りました。
確か以前買ったのも、安いベルトだったのですが、3年しない内に壊れてしまった。
きっと今日買ったのも、それくらいで壊れるんだろうな(^^;)
まぁ安いので良しとしよう。

最後に食材を買って帰ります。
ちょうど夕方の時間帯。
みんな晩ご飯の支度で買い物をする時間帯です。

この時間帯に来ると、次女の目が輝きます。
なぜなら、至る所に試食コーナーがあるのです(笑)
まず最初に見つけたのが「ヨーグルト試食」。
早速もらってヨーグルトを食べました。

次に見つけたのが「ステーキ試食」。
プレスチックの試食用フォークを手に取り、細切れになった肉を一つ、ブスッと刺しました。
それを口に入れるのかと思ったら、残っている肉をもう一つ刺そうとします。
私に「やめなさい」と注意されて、愛想笑いしながら肉を口に入れました(-_-;)

お肉を口の中で噛んでいる最中に、次の「ソーセージ試食」へ。
まだ口の中に肉が残っているので、噛みながらソーセージを持って歩きます(^^;)
ようやく肉を食べきって、すぐさまソーセージを口の中へ。
すると、再び「ヨーグルト試食」最初のヨーグルトとは、また別のヨーグルト。
これもしっかり試食しました。

もうさすがに良いだろう。と思った矢先。
今度は「イチゴ試食」。それを食べたら今度は「バナナ試食」。
いったい幾つ食べるのか(笑)
食品コーナーを回って、一通り食べて歩いたのではなかろうか。

これでご飯類があれば、立派な晩ご飯です。デザートまでついていたんですから(笑)
一通り食べて満足した次女でしたが、家に帰ってからも、晩ご飯はしっかり食べました。
次女の食いしん坊っぷりには、ホント負けますね。

イチゴを買って帰ったので、明日からしばらくは、お弁当のデザートはイチゴです。
次女が喜びながらお弁当の後に、イチゴを食べる姿が目に浮かびます(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 日記

2015年04月11日

子供たちに夢を

150411.jpg

昨日は子供たちの夢についてつぶやきました。
子供の頃って、純粋になりたいものがある。
その夢に向かって、全力で頑張る事って、とても大事だと思います。
例えその夢が叶わなかったとしても、その過程で努力した事が、後々の人生に活かされると思う。

先日、お昼ご飯を食べながら見ていたテレビで、パイロットの話しが出ていた。
フランスで起きた飛行機の墜落事故で、パイロット事情の説明がされていた。
今、世界ではパイロット不足らしいです。
そして日本でもそれは起きていて、今後ますます深刻化するようです。

なぜパイロットが不足しているのか?
また今後深刻化するのか?

それはLCCの増加に伴う飛行機便の増加。
LCCが伸びて来て、沢山の飛行機が日本の上空を飛ぶ事になる。
しかし、その分のパイロットがいない。

パイロットになるのは、一朝一夕にはいきません。
特に機長になるには、少なくとも10年以上はかかる。
パイロットが少ないから、パイロットを増やそう。と思ってもすぐには出来ない。

パイロットと言えば、子供たち、特に男の子にとっては憧れの職業のひとつです。
小学生の頃に「夢はパイロット」と思った男の子は、決して少なくないと思います。
しかし、実際にその夢を叶えた人は、本当にごくごく僅かだと思います。

パイロットになるには、時間もかかりますが、お金もかかります。
これはパイロットに限った事ではありませんが、何事にも学ぶにはお金がかかります。
子供が純粋に「○○になりたい」と思ったとしても、親は「夢は夢だからね〜」と冷めた目で見てしまいがちです。
それには、やはり財政的な事も影響してくる。

もう少し、子供たちが夢に向かって進める環境がほしいですよね。
ただただ勉強だけを押し込んで、将来何になりたいかを考える事もさせず、とりあえず大学まで進めば、どこかに就職できる。
そんな教育で子供たちを大人にしている気がしてなりません。

小学生の頃に抱く夢って、実は本当の自分に素直に抱く夢だと思います。
私も小学生の頃の夢は「画家になりたい」でした。
少なくとも、今の仕事の方向性とはマッチします。
自分が好きな事、自分が得意な事を、一番解っていて純粋に夢として出て来るのが小学生の中・高学年だと思います。

だから、その夢を叶えるために進めるような、環境づくりが必要だと思います。
中学生までは義務教育ですので、しっかりと基礎勉強をして、高校進学からは具体的な夢に向かって進路を決める。
そしてそれを国や自治体もサポートできる態勢が必要だと思います。

仕事って、本来、自分の好きな事、自分が出来る事、それで報酬を得るのが仕事だと思います。
お金を稼ぐ事が仕事ではありません。
しかし、現代は「儲かるからこの仕事をする」という風潮が強い気がします。
子供の頃から「なりたい自分」があれば、「儲かるから」ではなく「好きだから」と仕事を選ぶ事が出来ると思う。

パイロットだけに限らず、子供たちが夢を実現できる社会であってほしいですね。
そして例え夢が叶わなかったとしても、それまでの努力は、生きる力として次なる道を歩み出す原動力になります。
自分の夢が職業となる人が増えれば、どんどん日本は元気になります。
そしてそんな社会を実現するのは、政治家の仕事であり、その政治家を選ぶのは、私達大人の責任です。

夢のある社会を目指して、私達大人が頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月10日

それぞれの夢

150410.jpg

毎晩、娘達を布団で寝かしつける。
次女は必ず私の横で寝る。
一緒に横になって寝かしつけるのですが、時々そのまま道連れになる(笑)

最近は娘達だけで布団に入る事もあったりして、以前よりは寝かしつけやすくなって来ました。
長女ももう小学3年生ですので、ずいぶんとお姉さんになって来ました。
次女は相変わらずですが、それぞれに成長しているこの頃です。

そんな娘達が、寝る前に枕の下に何か紙を敷いていた。
なにか?と思ってみて見ると、何やら絵が描いてある。
長女が描いた絵と次女が描いた絵。
長女曰く「絵に描いた事が夢になるの」という事らしい。

長女の絵はデパートの中に、お店がある絵。
三つのお店があって、デザート屋と服屋と帽子屋さんらしい。
それぞれにお店の中に人がいて、それぞれに名前が書いてある。
デザート屋は自分の名前、残りの二つは仲の良いお友達の名前。

実はこれ、それぞれの将来の夢だそうです。
長女は以前から「パティシエになる」と言っています。
お友達もそれぞれ「ファッションデザイナー」「帽子屋さん」と夢があるらしい。
そんなお友達と一緒にデパートでお店をやるのが、今の長女の夢のようですね。

次女の夢は・・・と見ると、1人の女の子らしい人物が描いてある。
次女曰くアイドルらしい。
なんと次女の夢は「アイドルになる」という事のようです(笑)

以前からお姉ちゃんに刺激を受けて、「○○屋さんになる」と言っていますが、その時々でコロコロと変わる次女。
一時期は「お花屋さんになる」と言い、またある時は「おもちゃ屋さん」。
そして最近は「ケーキ屋さんになる」と言うので、私が質問をしました。
「ケーキ屋さんで何するの?」
「ケーキを売る人?ケーキを作る人?」
「それともケーキを食べる人?」
次女の答えはもちろん「ケーキを食べる人」でした(大笑)

以前も、「アイドルになる」と言っていた事がありましたが、何せコロコロ変わる次女の夢。
なりたいものが沢山あって、その時々で気分が変わるのでしょうね。
しかし、アイドルって・・・・(^^;)
しかも、絵もちゃんとステージに立っている絵だし(笑)
次女の中では、AKBとか意識しているのでしょうか。

まぁでも、夢を持つのって大事ですね。
そして、その純粋な夢に向かって進んでほしいですね。
息子も小学4年生の時に、授業参観で自分の夢を発表した時の夢が、「漁師になる」でした。
テレビでやっていた大間のマグロ漁を見て、漁師になりたいと思ったらしい。
また、奄美に帰った時に、釣りをしていたのも影響したのでしょう。

「マグロ漁師では食っていけないぞ」と現実的な話しをしていて、方向転換するかと思いましたが、結局海(船)から離れる事無く、今の鳥羽商船高等専門学校へと道を決めました。
純粋に抱いた漁師と言う夢から、現実的な航海士と言う夢へと、自分の夢に向かって進んでいます。
順風満帆には行かないと思いますが、自分の夢に向かって頑張ってほしいです。

私は自分の夢を一時期諦めて、途中から夢を求めて脱サラした人間です。
やはり途中から夢を追うのは厳しい。
だから、子供たちには夢に向かって最初から突き進んでほしいです。

息子の夢は現実的なスタートラインに立つ事が出来ました。
後は、本人の努力次第です。
長女はずっと変わらず「パティシエ」の夢を抱いています。
気持ちが変わらなければ、その道に進める様に後押ししてあげたいです。
次女は・・・・(笑)

夢に向かって、ひたすらに勉強に頑張る時期。
夢を見て心躍らせる時期。
夢という言葉は知らないけど、なりたい自分を楽しむ時期。

そして私も夢を抱きながら頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記

2015年04月09日

国会議員の資質

150409.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

なんだろうな〜この馬鹿げた内容は。

国会って国の予算を決めたり、方針を決めたりする大切な場所のハズ。
その国会での質問があまりにも馬鹿げていて、正直「いい加減にしてよ」って言いたくなる。
野党が政府批判をするのは、当然の事だと思いますが、その内容が政策に対してなら解ります。
揚げ足取りと言うか、言葉尻を追求する言葉狩りになっています。

安倍総理が自衛隊の事を「我が軍」と言った事で、野党が大騒ぎして追求をしています。
そんな大問題ですか?
自衛隊って軍隊以外の何ものですか?
そんなに目くじら立てて追求する問題ですか?
もっと他に質問しなくてはならない事、山ほどあると思うのですが。

そして、菅官房長官が沖縄県知事と会談した時に使った「粛々と」という言葉が、また問題とされています。
何でも「上から目線」なんですと。
え〜っと、何で上から目線になるのでしょう?
そもそも国と沖縄県って対等なんでしょうか?

国が決めた方針を、県知事がひっくり返す事そのものが、逆に上から目線だと思いますけどね。
国が決めた方針に従って、粛々と進める事が、上から目線と言うのは、明らかに国と対等だと思っていると言う事ですよね。
さらに、国会の答弁でも、安倍総理が「粛々と」という言葉を使ったと、またもや野党が騒いでいます。
もうね〜嫌ですね〜。
まるで小学校の学級会並みですよ。

アナタ達は本当に国の事を思っているのですか?
政府の足を引っ張って、政権を倒す事が第一目的になっていませんか?
自分たちが有利に立ちたい。ただただそれだけのために、何でも良いから批判材料を探しているようにしか見えません。
騒ぐ野党も野党なら、それに乗っかって騒ぐマスコミも同等です。
以前の麻生政権の頃を思い出します。

やれカップ麺の値段を知らないだとか、バーで食事をしただとか、漢字を読み間違えただとか。
どうでも良い事を野党と一緒にマスコミが騒ぎ立て、政権交代選挙へと突き進んで行きました。
あの頃にソックリですね。ただ一つ言えるのは、国民がそれに乗らなくなった事です。
政権交代した民主党が結局、ただただ批判だけの野党で、政権を担っても何も出来ない事が解りました。
だから、今同様の批判を見せられても、逆に「そんな事で騒いでいる場合か」と冷めた目で見ていると思います。

本当に大事な事をほったらかして、簡単に批判出来る事から批判する。
それって、自分自身の国会議員としての資質の悪さを、さらけ出しているって事に気づかないのでしょうか?
安倍政権に対して批判する事は沢山あると思います。
しかし、それは政策の上での批判であるべきです。

国会議員としての仕事をしてください。
政治離れが進むのは、こんなくだらない国会議員が増えているからです。
そして私達も、もっと政治家を見る目を鍛えなくてはいけません。
人の批判が得意な人は、自分に自信が無い人だと思います。
しっかり自身の政策や理念を持った人を選びましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月08日

桜は終わり新緑の季節

150408.jpg

今日は寒かった〜。
思わずまたストーブを点けてしまいました。

今年の春はどうもタイミングが悪い。
桜も咲いたと思ったら悪天候続きで、お花見も出来ない。
平日に天気が良くて、週末になると雨が降る。
我が家に至っては、記念日に寒くなる傾向が強かった。

息子の中学校の卒業式。
それまで比較的暖かい日が続いていたが、卒業式は冷え込んだ。
そして最後の参拝から記念撮影の時は吹雪(笑)

その後、暖かい春になり、桜も一気に開花。
ところが、満開の時期になって、悪天候続き。
先日の入学式も、肌寒く風が強かったです。
途中、小雨もぱらついていました。

でも、一日ズレていなくて良かったです。
今日だったら、もっと寒くて天気も悪い。
春の陽気とまでは行かないでも、何とか曇り空で済みました。

寒いって言ったって、真冬の寒さと比べたら、何とかなる寒さです。
一旦、春の陽気で身体が慣れてしまったので、ちょっと冷え込むと堪えます。
例年なら、ぽかぽか陽気が続く季節ですが、今年はちょっと違う感じ。
天気予報でも例年よりも気温は低めと判断しているらしい。
下手するとゴールデンウィーク寸前まで、気温は低めかも知れません。

桜もすっかり散り始め、もう残っているのは僅か。
ほとんどが葉桜となりました。
お花見は出来ませんでしたが、今年の桜はしっかりと目に焼き付けました。
そして記憶に残る桜となった事は、言うまでもありません。

銀杏並木はもう、新芽が息吹いています。
これからは若葉の青々とした季節。
新しい芽が出て来て、気持も新たに頑張れそうです。

遠く離れて頑張っている息子に負けない様に、私達も頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記

2015年04月07日

入学式 旅立ちの季節-とき-

150407-1.jpg

150407-2.jpg

昨夜はなかなか寝付けませんでした。
今日は息子の入学式、そして親元を離れ寮に入る日です。
頭の中を浜田省吾の「夢のつづき」の歌詞が離れませんでした。

ーーー【夢のつづき】(1番のみ)ーーー
君が投げ返してくるボール 日毎 速くなり
今ではオレより背も高くて 何だか眩しい
だけど話し始めると まだ頼りなく子どもで…
oh 明日の朝早く 家を出てく息子(きみ)
oh 遠い街で ひとり暮す君の無事を いつも祈ってる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結婚した翌年に生まれた息子。
難産で産まれるまで30時間以上かかって、ようやく生まれた息子。
小さな小さな身体を、恐る恐る抱っこした日は、今でも昨日のように覚えている。

寝返りをうった!!ハイハイ出来た!!歩いた!!
喜びながらの子育ては、私達夫婦を親へと成長させてくれました。
小学校に入ってからは、妹が生まれて、どう接して良いのか解らなかったかも知れない。
妹の成長とともに、反抗期が強まっていった。

中学校に入ってからは、ほぼ毎日ケンカ。
何一つ自分の事を出来ずに、口だけは一人前。
いったい何を考えているのか?全く理解できない。
でも、そんな中でも息子也に、いろいろ考えていたのだと思います。

志望校に入るために、勉強の日々。
息子は精一杯やっているけど、私達親の目から見るとまだまだ足りない。
そんな事から、何度も何度もぶつかった。
今年に入ってからは、「鳥羽に行けたら良いね」と、半分は「無理でも仕方ない」という思いで接していました。
もし合格したら家を出て寮に入る。
しかし、それが現実になるとは、正直思わなかった。
「そうなれば良いな〜」と希望的な気持ちでいました。

無事合格して、いよいよ入学の日を迎え、これまでのいろんな気持ちと思い出が脳裏を駆け巡ります。
まだ15歳、しかし、自分の夢に向かって、学ぶために寮に入ります。
厳しく辛い事もありかも知れないが、親元を離れ集団生活で様々な事を学ぶのは、息子にとってとてもプラスになると思います。

入学式が行われ、その後、学校との懇談会。
そして担任の先生との懇談会。
それが終われば、入寮式、寮の説明会と続きます。
全ての行事が終わったのは、夕方4時前。

最後に息子の部屋に行き、荷物の整理を嫁さんと息子とやりました。
同室の子もお母さんが手伝いに来ていて、狭い部屋で皆で部屋の整理。
お互いに「よろしくお願いします」と挨拶をして、最後に部屋を出ました。
帰る前に息子と記念撮影。
明日から学校&寮生活がスタートして、ゴールデンウィークまでは帰省出来ません。

旅立つには、まだまだ未熟な年頃かも知れない。
でも、未熟な部分を、先生方や先輩方にフォローしてもらいながら、一歩ずつ成長してくれると信じています。
家族と離れて暮らす道を選んだ息子。
自分で決めた道、精一杯頑張ってほしい。
そして、自分の夢に向かって突き進んでほしい。

ガンバレ息子。お前なら出来る。
「遠い街で ひとり暮す君の無事を いつも祈ってる」
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(2) | 日記

2015年04月06日

準備完了

150406.jpg

あぁ〜疲れた〜(@@)
なんか昨日と同じようなつぶやきかたです(笑)

今日は朝から車を走らせ、鳥羽まで行って来ました。
明日が入学式ですが、その前に寮に荷物を搬入しないといけません。
昨日と今日と二日間で搬入を終えなければならず、昨日は試合のため動けなかったので、今日行って来ました。

朝の9時過ぎに家を出て、名阪国道を東へと山を登ります。
天気が思わしくなかったためか、途中から霧が発生していました。
道路上は問題無く走れましたが、いつもなら奈良盆地が見渡せるのですが、真っ白で何も見えません。

1時間程走って名阪国道を抜け、伊勢自動車道へと入ります。
この頃になると、天気も落ち着きました。
伊勢自動車道は本当に走りやすくて、交通量も少ないので、リラックスして走れます。
さらに思わずサプライズがありました。

松阪の辺りで、突然高速道路の両端が薄ピンクで染まりました。
桜並木が続いていました。
きれいな桜並木を眺めながら、気持ちよく車を走らせる事が出来ました。
全く渋滞も無く、スムーズに走り、ちょうど2時間で到着しました。

寮の事務所で手続きをして、息子と一緒に部屋まで荷物を運びます。
大きな物は布団くらい。
後は着替えや小物が入った段ボールが三箱。
そして教科書等が入ったカバン。
最後に剣道の防具と竹刀(笑)

こちらでも剣道に入る事を決めた息子。
剣道をやりたいために、私立の中学校に進み、文武両道を目指した息子。
中学校では文武両道は???って感じでした(笑)
今度こそは文武両道で頑張ってほしいですね。

20分ほどで搬入を済ませ、提出する書類を学校の方に持って行き、本日の予定が終了しました。
これで寮に入る準備は整いました。
後は明日の入学式と入寮式です。
明日もまた、朝早くから車を走らせなくてはいけません。

ちょうどお昼前だったので、近くのラーメン屋さんで、お昼ご飯を食べて帰りました。
あまり期待しないで入ったのですが、意外に美味しくて、息子は「また食べに来よう」と言っていました。
ちょうど同じ学校の生徒が、数人食べに来ていました。
きっと多くの学生が食べに来るお店なんでしょうね。

帰りもスムーズに走り、1時間程で、名阪国道に入りました。
それまで穏やかだったのに、名阪国道に入って山に近づくと、雨が降り出しました。
そして朝、霧が発生していた付近で、またもや霧です。
しかも朝よりも濃い(^^;)

やはり山の中は天気が変わりやすいのでしょうね。
明日も走らなくてはならないので、明日はなるべく霧は出て欲しくないなぁ〜(-_-)
片道2時間、往復4時間のドライブでした。
明日も走らなくてはいけないので、今日は早めに寝るとしよう。

明日はいよいよ入学式。
息子を送り出す日です。
何となく実感が沸きません。
息子も同じみたいです。

きっと入学式が終わって、帰って来てホッとして、数日経ってから実感するのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 日記

2015年04月05日

悔し涙の試合

150405.jpg

あぁ〜忙しい一日だった(@@)
日曜日でもゆっくり出来る日は少ないですね。
今日も午前中は剣道の稽古、そして午後から試合がありました。

いつもなら試合は選ばれた選手だけが出場します。
しかし、今日は全員参加の試合でした。
もちろん長女も試合に参加。

昨年末に公式試合のデビューをした長女。
その時は泣きながら試合をして、何とか2試合引き分けで終わりました。
前回は団体戦でしたが、今回は個人戦のみです。

今日の試合は、我が道場も含め、4つくらいしか参加していない小さな大会です。
小学生の部は、出場者の半分は我が道場のような状態。
全員参加なので、緊張した様子も無く、リラックスした状態で試合開始となりました。
しかし、自分の番が近づいてくると、やはり緊張した様子になってきました。

今日の長女の相手、名前を見た感じでは女の子だと思っていました。
ところが実際は男の子。
それも4〜5年生くらいでしょうか。

相手が男の子だと解った時点で、長女の顔がこわばっていました。
そこで、「いつも通り稽古の時のように一生懸命やれば良いから」「勝っても負けてもとにかく声を出して行け」と話しました。
試合直前も「声出して行けよ」と声掛けして、小さくうなずいて試合場に入って行きました。

試合開始直後にすぐに面を決められた長女。
やはりかなりの実力差があります。
でも、その後は自分からも攻めて行き、頑張っていました。
しかし、最後は再び面を取られて、2本負けしてしまいました。

試合後、先生から何か言われていた長女。
面を外すと涙でボロボロでした。
今回は試合が怖くて泣いていたのではなく、負けてしまった悔しさで泣いていたみたいです。
そして長女だけで無く、仲良し女子三人組の、残り二人も1回戦で負けてしまい、二人も同様に悔しくて泣いていました。

この仲良し女子三人組。
全員が負けず嫌いです。揃いも揃って悔し涙の試合となりました。
今日のこの悔しさをバネに、また明日から稽古を頑張って、次の試合にいかしてほしいと思います。

長女達は初戦で敗退してしまいましたが、他の大半の選手は勝ち進み、最後は準決勝戦から全て身内の試合となりました。
結果、優勝・準優勝・3位まで、全て我が道場で独占となりました。
みんな良く頑張りました。

試合が終わって、家に帰って来たのは、もう17時近く。
今日の晩は、また自治会の役員会があります。
18時から出かけて行って、帰って来たのは21時半でした(><)
あぁ〜しんどい。

でも、帰って来たら、今度は息子の入学式の準備です。
ずっと嫁さんが準備をしてくれていますが、なかなか終わりません。
明日は息子と二人で、鳥羽まで荷物を積んで走ります。
嫁さんが準備してくれた荷物を、段ボールに詰める作業で、1時間半程かかりました。

明日は朝から荷物を積んで走ります。
疲れたとも言ってられません。
そして明後日はいよいよ入学式です。
とりあえず明後日の入学式が終われば、一段落つくかな。

今日は明日に備えてもう寝ます。
オヤスミナサイ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2015年04月04日

CDを買わなくなった

150404.jpg

昨日、テレビで昭和の名曲みたいな番組をやっていた。
チラッとしか観なかったので、何の番組だったのか覚えていない。
しかし、懐かしい名曲が次々と流れていました。

そして本日のテレビでも「春の大感謝祭」で、ザ・ベストテンの番組の中からクイズを出していました。
懐かしさを感じたのと、「この頃のテレビはパワーがあったし面白かった」と思いました。
番組を作る側の必死さが伝わっていました。
今のテレビ番組には、その必死さが感じられない。

ザ・ベストテンのような番組は、もう出来ないでしょね。
仮に似たような番組を作ろうと思っても、レコード(CD)の売上げが参考になりません。
私も最近は本当にCDを買わなくなりました。
欲しい曲はiTunesでダウンロードしています。
やるとしたら、ダウンロード売上げベストテンみたいになりますね(笑)

息子も中学に入った頃から、音楽を聴く様になり、クリスマスプレゼントに安いラジカセをプレゼントした。
最初は私の持っているCDを借りて、THE BOOMなんかを聴いていました。
中2の誕生日の時に、iPodnanoをプレゼントしてからは、自分が欲しい曲を求めて来る様になりました。
そこで、時々何かを頑張ったご褒美や、また頑張る事を条件として、曲をダウンロードしてあげました。

息子のためにダウンロードした曲を、私も聴いたりしています。
また逆に私がダウンロードした曲も、息子も聴いています。
先日iPhoneを与えてからは、ファミリー共有で購入した全ての曲は、家族で共有して聴ける様になりました。
便利ですよね〜私のiMacでボタン一つでダウンロード購入した曲は、私と嫁さんと息子のiPhoneですぐに聴く事が出来ます。

時々iTunesストアで懐かしい曲などを検索しています。
先日も、「これは欲しい」と思わず食いついたアルバムがありました。
後日、息子のために曲をひとつダウンロードした時に、自分のご褒美としてダウンロードしました。
「ベスト 80'S ヒッツ60曲:テイク・オン・ミーからヴィーナスまで!」というアルバムです。
1980年代の洋楽のベスト盤ですね。

a〜haのテイク・オン・ミー、バナナラマのヴィーナス、ロス・ロボスのラ・バンバなど、名曲が60曲も入っている。
しかも価格はなんとわずか1050円。
1曲あたりわずか17.5円です。
ダウンロードしてから聴きまくっています。懐かしい曲が当時の思い出を蘇らせます。

他にも検索していると、懐かしい曲が次々と出て来るんですよね。
わざわざCDを探しに歩き回らなくても、こうやって曲を探してダウンロードできる。
CDも売れなくなって来る訳ですよね。

まだまだ欲しい曲は沢山ありますが、息子と同様、私も自分で何か頑張ったご褒美として時々ダウンロードしたいと思います。
レコードからCD、そしてダウンロードへ。
ラジカセからパソコンへ、ウォークマンからiPhoneへ。
媒体も聴くスタイルも代わっています。
でも、やっぱり音楽って良いですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年04月03日

美しき沖縄を護れ

150403.jpg

青い海、輝く太陽。
揺れる水面に煌めく珊瑚礁。
誰もが憧れる南の島の風景です。

私の故郷も南の島、奄美大島。
その奄美より、まだ南にあるのが沖縄です。
沖縄と言えば、移住したい候補地を、北海道と二分する程の憧れの地です。

しかし、その沖縄が日本ではなくなるかも知れません。
「まさか、そんなばかな」と思いでしょうが、全くデタラメな話ではないのです。
沖縄では密かに「琉球独立」という運動がわき起こっています。
つまり日本から独立して、琉球国となる運動です。

元々、琉球は日本と中国の間で、貿易を中心に栄えていました。
私の故郷の奄美大島も、琉球王国の一部だったと考えられています。
その琉球を復活させようと企んでいる人々がいるのです。

連日テレビでは、沖縄の米軍基地の辺野古移転問題が取り上げられています。
辺野古移転への許可を、前知事が容認したにも関わらず、反対派の新知事が就任した事で、再び移転に暗雲がかかっています。
テレビのニュースだけを見ると、いかにも沖縄の人が全て反対しているように見えます。
しかし、実際は違う。

基地建設反対を訴えている人間の多くが、本土から沖縄に来て活動をしている事を、ニュースでは伝えない。
さらに、反対運動をしている人達が、フェンスに張り紙をしたり、そこらじゅうを汚していて、それを地元の人達が清掃活動している事も取り上げない。
テレビでは沖縄の民意は、基地建設に反対としか伝えない。

沖縄で独立運動をしている人達は、果たして何が目的か?
多くの沖縄県民が、琉球独立を望んでいるのか?
答えはNoであると思う。
誰もが日本から独立したいなんて思っていない。
日本の中の琉球人という意識が強いだけだ。
これはどこの県民でも同じだと思う。

この琉球独立の裏には何があるのか?
背後にいるのは中国。
元々、琉球は中国の一部だったと、嘘っぱちを並べて、日本から沖縄を切り離したいのです。
沖縄が日本から独立して、琉球王国となったら、すぐに中国がやって来て中国の一部となるのは目に見えています。
それを多くの沖縄県民が望んでいるか?

米軍基地問題と中国の沖縄侵略とは繋がっています。
中国にとって、もっとも邪魔な存在、それは米軍基地。
もし沖縄から米軍基地が無くなれば、中国が出て来て、あっという間に沖縄を取られるでしょう。
そのベース作りとして、沖縄にチャイナマネーと大量の人を送り込んでいる。

多くの沖縄県民は日本人である意識を持っている。
しかし、メディアや政治家など、沖縄を左右する団体や人材には、チャイナマネーが入り込んでいると思われる。
現知事もかなり疑わしい気がしています。

青い海、輝く太陽。
揺れる水面に煌めく珊瑚礁。
南の島の人達はおおらかです。そして、とても純粋です。

純粋だからこそ、デマにも流されるし、誰でも信じてしまう。
テレビのニュースで見ると、まるで沖縄と日本本土がケンカしているように映る。
しかし、実際は中国工作と日本政府が戦っている。
テレビはその真実を伝えない。
残念ながらテレビ界にも中国の影響があると言う事です。

菅官房長官と、沖縄知事の会談が決まったらしい。
テレビではまるで日本政府が沖縄県知事をいじめている様に伝える。
そもそも、国防は国の決定する事であって、県知事がひっくり返す事事態がおかしい。

私達もテレビのニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏に何があるのかをよく見る目を鍛えなくてはいけません。
最近はネットで様々な情報が流れているので、しっかり情報を吟味しましょう。
そして右とか左とか、保守とかリベラルとか、そんな事は問題じゃない。
自分たちの祖国である日本を好きかどうかであると思う。

日本の将来のために、今の沖縄をしっかりと見つめ、正しい判断をして行かなくてはなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年04月02日

犬を可愛がり猫に癒される

150402.jpg

昨日の事。
我が家の玄関に、6匹ものトイプードルが集まった(笑)
実は嫁さんの仕事場のスタッフが、雄と雌のトイプードルを飼っていて、昨年その子供が4匹生まれた。
最初は「もらってくれる人を探す」と言っていたようですが、情が移ったのでしょうね。
結局親子6匹を飼っています。

以前も子供が生まれる前に、我が家の娘達に会わせに連れて来た事がありました。
その時は、近くの公園で一緒に遊んだ。
しかし、昨日はあいにくの雨模様。
そこで我が家の玄関で、6匹のトイプードルが入り乱れたと言う訳です(笑)

私達には皆同じ犬に見えるのですが、飼い主さんはちゃんと見分け出来ているから凄いですね。
それぞれに個性があり、「この子は大人しい」とか「この子は一番小ちゃいけど、一番気が強い」とか、娘達に教えてくれました。
長女は以前も一緒に遊んだ同級生に連絡して、その同級生も我が家に来て、一緒にワンちゃんと戯れました。

次女はワンちゃん達に触りたいけど、ワンちゃんが寄って来ると怖がる。
抱っこしたいけどやっぱり怖い。
それをずっと繰り返していました。
時々、スキを見てワンちゃんの頭をなでなでしていました。

やっぱり犬って可愛いですね〜。
猫も好きだけど、やっぱり犬も好きです。
どっちも大好きだけど、どっちも飼えません(^^;)

動物を飼うってのは、命に責任を持つと言う事。
単純に可愛いからと飼う事はできません。
特に犬の場合は、散歩に連れていかないといけません。
今の我が家にそんな時間も、ワンちゃんを飼うゆとりもありません。

子供たちが巣立って、自分の時間が持てる様になったら、犬を飼ってみたい気もします。
しかし、嫁さんはすっかり猫にやられています。
昨日はワンちゃん達を可愛がっていました。
でも、やっぱり猫の方が癒されるようです。

実は今日はお正月の時に、我が家に来ていた猫の「サビこ」の所へ行って来ました。
久々のサビことの対面に、嫁さんはもちろんの事、子供たちも喜んでいました。
あぁ〜やっぱり猫も可愛いし、癒される(笑)

しかし、犬も猫も今は飼えません(-_-)
子供たちの面倒を見るので、手一杯でございます。
でも時々は、こうやって犬や猫と戯れたい。
ホント動物って不思議がパワーを持っています。
心を癒してくれる。

二日続けて、犬と猫にすっかり癒されました。
さぁ〜明日もガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2015年04月01日

引っかかってしまった(笑)

150401-1.jpg

今日から新年度。そうです4月1日です。
4月1日と言えば、そうですエイプリルフールです。
昔はエイプリルフールと言えば、友人・知人の間で軽くウソをつく・・・と言うのが定番だったと思う。
しかし、最近は企業がこぞってウソをつくようになった。

ウソと言っても、思わず「しまったやられた!」と思ってしまうようなウソ。
そして最初から「エイプリルフールのネタだな」と思ってしまうようなウソ。
企業にとっては、ウソをつくことで注目されるのが、大きな宣伝に繋がるのでしょうね。

以前はそのウソの発信は、ポスターであったりテレビであったりですが、やはり今はネットが主流です。
今日はfacebookの広告にも、様々なウソ広告が踊っていました。
その中で思わず私も引っかかってしまったのが、adobeの広告。

本日発売Adobe Photoshop REAL(アドビ フォトショップリアル)という広告に、思わず食いついてしまいました。
エイプリルフールと言う事をすっかり忘れていて、facebookに出て来たこの広告に、まんまと引っかかってしまいました。
フォトショップと言えば、アドビを代表するアプリ。
アドビの名前は知らなくても、フォトショップというアプリは聞いた事があると言う人も多いと思います。

私はもちろん仕事で使いまくっているので、Photoshopとはもう長い付き合いです。
最近はフォトショップの安価版や、iPadやiPhoneでも使えるPhotoshopシリーズもあり、その一環で新しいPhotoshopが出たのだと思いました。
ワクワクしながら広告をクリック。

そこにはこう書かれていた。

====
Photoshop生誕25周年を記念して作成された「Photoshop REAL」は、カバンに入れて持ち運べる次世代オフラインツールをコンセプトに、誰でもワンタッチで簡単に画像作成、編集、共有することができる、REAL(リアル、現実)を追求した究極のツールセットです。
====

思わず「なんかスゲ〜感じ」と食いついた。
誰でもワンタッチで画像作成や編集、共有が出来るって、どうやってやるのだろう?と次を見る。

====
「Adobe Photoshop REAL」は、カバンに入れて持ち運び可能で、アプリやオンラインでの加工なしにレイヤー補正ができる次世代のオフライン画像編集ツールです。本製品はフィルムカメラのユーザー様にも利用していただける世界初のリアル画像加工ソフトウェアツールセットで、徹底的にリアリティを追求し、直感的な操作を実現した「リアル消しゴムツール」や「リアルなげなわツール」などを同梱します。
====

ますます不思議な感じだ?
いったいどんなアプリなんだ?と写真を見て気づいた(笑)

150401-2.jpg

何これ?
本物の消しゴムや虫眼鏡が入っているの?
ここでエイプリルフールのネタだと気づく(笑)
フォトショップのツールにある消しゴムツールや、虫眼鏡、ねげなわツールや、画像修正のアイコンの絆創膏。
いやいや凝ってますね。
各ツールの機能説明まであり、騙された悔しさよりも、ここまで用意周到に作り上げた事への感動の方が大きかった(笑)

150401-3.jpg

きっとこれを企画・制作した人も、思う存分楽しみながらやったのでしょうね。
かなりクオリティの高いエイプリルフールネタでした。
エイプリルフールのネタと解っていても、思わずこのPhotoshop REAL欲しいなぁ〜って思ってしまった(^^;)
この箱の中身のリアルツールを見ているだけで、ちょっと癒される。

他にもいろんなエイプリルフールネタがありました。
Googleは、ピロピロを使って「もう日本語入力に手を使う必要は無くなった」と、広告を出していたり、auのCMで話題になっている「桃太郎・金太郎・浦島太郎」の三太郎がリメイクされて、ハリウッド映画スターになる。なんて広告もありました。

また、広告じゃないけど、GoogleMapには、突然パックマンのアイコンが登場した。
私は偶然GoogleMapを開いて見つけたのですが、何か解らずに開いてビックリ。
自分が見ていた地図の道路が、パックマンの迷路に早変わり。
そしてそのままパックマンのゲームが出来ちゃいました。

しかし、各企業、本当にエイプリルフールには力入れていますね。
これがひとつの宣伝になっているので、いかにアイデアを出すかが腕の見せ所なんでしょう。
センスの良いジョークで見る人を引き付ける事が出来るかが、大きく宣伝効果を分けますからね。

私も来年は何かネタ考えてみようかな。
楽しみながら何か出来たら良いですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記