2015年02月23日

たまには投げ出してみよう

150223.jpg

人間誰だって疲れる時はあるもの。
たまには「や〜めた〜」って言いたくなるものだ。
あまりこのつぶやきで、ネガティブな事はつぶやかないようにしている。
でも、たまには私も「や〜めた〜」って愚痴りたい。

我が家の鉄則は、「出来る人がやる」である。
だから平日の夜は、ほとんど私が晩ご飯を作っている。
それに対して何も不満は無い。
できる人が作らなければ、誰もご飯を食べる事は出来ない。

しかし、いつしかそれが当然のようになっている。
家族の中で、私が晩ご飯を作るのが当然で、子供たちはただご飯が出来るのをテレビを見ながら待っている。
晩ご飯だけではない、お風呂の準備も、食器洗いも、部屋の片付けも、結果的に「お父さんがする事」となっている。

毎日晩ご飯の準備は時間との戦い。
次女を迎えて帰って来るのが、おおよそ18時過ぎ。
そこからお風呂に入って、食器を洗って、晩ご飯を作って・・・・としていると、どんなに早くても晩ご飯を食べるのは20時半頃になる。
下手すれば21時を回る事だってある。
何も無い時ですらそうであり、今日のように、ちょっと用事が入ったりすると、さらに遅れる事になる。

そうなると、私もさらに焦り、ちょっとした事でもイライラする。
そして子供たちの些細な事が、私の怒りの導火線に火を着ける。
今日も大噴火を起こしてしまいました。
解っています。イライラしたって何も解決しない事は。
どんなに怒っても何も変わらない事は。
そして大噴火した後は、自己嫌悪に陥るのです。
大噴火した自分が情けなくなり、嫌になって来る。

しかし、自分の中で抑えていると、さらにマグマが溜まりそうです。
なので、明日から晩ご飯作るのをやめる事にしました。
そう家族の前で「晩ご飯作るのやめます」宣言しました。
イライラしながら晩ご飯作っても、美味しく食べられないし、私も嫌だし。
それならいっその事作らない方が良い。

しばらくお弁当買って来るなりして、晩ご飯作るのを放棄したいと思います。
私だって仕事もあり、自治会の用事もあり、そんな中で晩ご飯の準備もして。
やれるだけの事を精一杯やっていますが、子供たちにはそれが当然の事に映っている。
一度放棄してみるのも良いでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(2) | 日記