2015年02月11日

祝ー建国記念の日ー

150211.jpg

本日は「建国記念の日」でした。
我が国、日本の建国を祝う日です。
それを祝うかのように、今日は晴天の冬晴れの一日でした。
我が家でも建国を祝って・・・・って、何もしていませんけどね(^^;)
私は仕事、嫁さんは出張のため、夕方には電車に乗って出かけて行きました。

建国記念の日は、もともとは「紀元節(きげんせつ)」と言われていました。
紀元節は、『日本書紀』が伝える神武天皇の即位日として定めた祭日です。
明治6年に祝日と定められましたが、大東亜戦争(太平洋戦争)の敗戦後に、占領軍(GHQ)によって、祝日から削除されました。

しかしその後、紀元節を復活させようという動きがあり、建国記念の日として復活したそうです。
ただ、そのまま紀元節とするには、反対の動きがあるので、建国記念の日となった。
紀元節として復活するのに、反対する人がいたんでしょうね。
何でも戦前の事を否定したいのかも知れません。

私はむしろ一度戦前に戻って考える方が、より日本のためになると思います。
戦争に負けたから、戦前の事を全て悪と単純に考えるのは、あまりにもおかしい。
一度戦前の頃の日本を見て、そこから今の日本に合う国づくりをやるべきだと思います。
憲法の問題もそうですが、教育にしても、全てGHQの押しつけを敗戦後続けて来ました。
だから日本はどんどんおかしくなっているのです。

紀元節も復活させ、なぜ紀元節なのかを、学校教育で学ばせる事が大事です。
神武天皇が即位した日を、紀元節としてそこを日本の建国の日に定めています。
そして我が国は、日本神話からそのまま天皇が続き、現在の今上陛下にまで繋がっているのです。
こんな奇跡的な国は、日本を除いて他にはありません。
世界に誇れる自国の歴史を、学ばせるどころか隠しているように思える現在の教育。
これでは子供たちは自分の国に誇りは持てません。

今の子供たちが、日本を誇れるのは、日本の技術であったり活躍するスポーツ選手であったり。
しかし、その根っこには1300年以上も続いている、我が国の歴史がある。
それを子供たちに教育で教える事で、さらに子供たちは自分の国に誇りを持ち、国を愛し国を護る事を覚えます。
日本人として生まれ、日本人として国のために何が出来るか?
そして国のために出来る事が、しいては世界のためになる。

今日の日を「何のお休み?」と聞いて、答えられる子供がどれくらいいるだろうか?
そして答えたとしても、その理由まで知っている子供は皆無に近いのではないだろうか。
そう、私もその1人でしたから(笑)
今ではネットで、すぐに調べる事も出来ます。
子供たちに「建国記念の日ってなぜ今日なのか知ってる?」とクイズ方式で学ばせるのも良いかも知れませんね。
そして是非、その流れで日本神話にも興味を持ってほしいものです。

敗戦後、私達は戦前の事を思い出してはいけないと、勝手にタブー視して来たのではないでしょうか?
一度、戦前を見直し、そこで良い事は引き継ぎ、悪しき事は排除する。
それこそが、本当の日本と言えるのではないでしょうか。
憲法を含め、今のアメリカ押しつけの価値観から、本来の日本の価値観に戻る必要があります。
建国記念の日にふと思った事でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:11 | Comment(0) | 私の思うこと