2015年02月04日

批判の相手が違うでしょ

150204.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

あまりにも残虐だ。
日本人2人を拘束し、結果的に殺害をしたISIL(自称イスラム国←ニュースアンカーで青山繁晴氏がこう呼んでいたので、私もそう呼びたいと思います)は、交渉のカードとして使っていたヨルダンのパイロットも、随分前に殺害をしていた。
そしてその殺害方法があまりにも惨い。
生きたまま檻の中で焼き殺す。

しかもその映像をネットにアップしているらしい。
あまりにも非道であまりにも残虐で、憎しみが沸いて来る。
そしてヨルダンは報復として、収監していた女性死刑囚の死刑を執行した。

自称イスラム国の野蛮な行為は、世界のどの国からも支持はされない。
そして同じイスラム教徒からも非難されている。
本来イスラム教の教えとは全く違う。
自分たちの都合の良い様に解釈して、勝手にイスラム国を名乗っている。

批判されるべきは、自称イスラム国のテロ組織である。
ところが、今、国会では、日本政府の対応に質問が集中している。
この時期に中東に行くべきでは無かったのではないか?等と質問をする野党議員。
そしてそれに便乗するマスコミ。

なんとかして安倍政権の足を引っ張れないか。そればかり考えているような気がします。
今回、二人の日本人を救出出来なかった事は、本当に残念で悔しい思いです。
しかし、日本政府は出来るだけの事はやったと、私は思う。
そしてヨルダン政府も、本当に日本の事を気にかけてくれていたと思う。

非難すべきは、自称イスラム国なのに、何故か自国の政府を批判する人々。
それが、現実的な問題を指摘しているのなら解る。
日本にまともな情報機関が無くて、アメリカなど外国の情報機関の情報を頼りにしている事や、憲法上自衛隊が海外に出て行って、自国民を救出する事が出来ない事など、現状の問題点を質問するのなら、まだ解る。
やれ「中東でのあの発言がイスラム国を刺激した」だの「この情報を得たのはいつの時点だったのか」だの、何とか安倍政権のミスを見つけようと、それだけに必死になっている感が否めない。

今回の人質事件。
とても残念だが、最初に巨額な身代金が提示された段階で、解決は難しかった。
ここで日本がお金を支払っていたら、ますます日本人は狙われる。
「日本人は金になる」相手にそう思わせる事になる。

最初の身代金要求で、失敗し、恐怖心を植え付けるために、湯川氏を殺害。
身代金が無理と解ると、今度は仲間の釈放に標的を変えた。
これにも失敗した事で、見せしめとして後藤氏を殺害。
湯川氏と後藤氏を救出するには、結果的に身代金を支払うしか無かった。

テロに屈してはいけない。
そしてテロと向き合わなければならない。
決して目をそらさずに、テロと向き合う。
その姿勢が大事だと思う。

しかし、安倍政権の批判をしている人は、テロから目をそらし、責任を安倍政権に求めている。
当事者である湯川氏の父や、後藤氏の妻ですら、批判どころか日本政府の対応に感謝を表明している。
今回、出来るだけの事は精一杯やった。
しかし、残念な結果に終わった事、そして何が足りなかったのか?そこを求める事が大事です。
結果が出てから「あそこでこうだったなら」とか「ここでこうだったら」とか、たらればの話をするのは辞めて頂きたい。

大事な事は、犠牲になってしまったお二人の無念を晴らす事。
テロの無い世界に向けて、どうやって日本が進んで行けば良いのかを、国民一人一人が考える事。
何も出来ない人に限って、人の粗探しをやりたがります。
批判すべきは自称イスラム国であり、今やるべき事は、海外での日本人の安全確保と、日本国内でのテロの防止。
批判の矛先が違うんですよ。
もういい加減にして下さいな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと