2015年01月13日

表現の自由と責任

150113.jpg

今日はちょっと真面目なつぶやきを(^^;)

フランスのパリで起きたテロ事件。
やはり世界には衝撃を与えました。
新聞社が襲撃され、12名もの犠牲者が出ました。

しかし、今回の事件は、これまでのテロとは少々違う気がします。
テロとは無差別で殺傷行為を行うもの。
今回の事件は、予め狙われていたと言えます。
そして狙われる理由もありました。

今回の事件の引き金は、イスラムの予言者の風刺画と言われています。
イスラムの予言者ムハンマドを風刺画で描いていた事を、イスラム過激派が良しとしなかった。
イスラムの人々にとっては、予言者の顔を出す事すらタブーらしい。
それを風刺画で描かれたら、例え過激派でなくても嫌な気持ちになるだろう。

今回の事件では、この風刺画を描いていた犠牲者への批判は、あまり耳にしない。
出て来る言葉は、表現の自由が脅かされたという言葉。
どうしても一方的な見方が強い気がしています。

気に入らないから銃で殺す。
それはもってのほかだし、決して許される行為ではない。
しかし、その原因を作ったのは、やはりこの風刺画ではないだろうか?

私はこの風刺画って好きになれない。
特に政治家や世界の大物を皮肉った風刺画って好きになれません。
面白いと感じる人もいるのだろうけど、逆の立場から見たら、もの凄く不快に感じると思う。
特定の人物でなくて、世界の情勢などを風刺画で表現するのは、自由だと思う。
でも、特定の人物を皮肉った風刺画と言うのは好きになれません。

表現の自由だからと言って、特定の人物を皮肉ったり、特定の人々を不快にさせる物はどうなんでしょう?
自由には必ず責任が伴います。
自由に表現すると言う事は、それなりの責任が伴う。
好き放題描いておいて、それを良しとしない人が警告をしたら、表現の自由への侵害だとなる。

これは、昨年末に話題にもなった、アメリカ映画にも同様の事が言えます。
北朝鮮の金正恩の映画に、北朝鮮が怒りをあらわにしました。
映画を作るのは自由だと思います。
しかし、その事によってどのような反応があるのかは、映画を制作する段階で覚悟しておかなくてはいけません。

話をフランスに戻しますが、今回の事件で、ますます対立を深めている気がします。
イスラム=過激と言うイメージが進行しています。
本来のイスラム教と言うのは、全く違うものだと思う。
しかし、イスラム国やイスラム過激派の影響で、イスラムという言葉が悪意を帯びた言葉にすり替えられていく気がしています。

表現は自由です。
しかし、それは相手の事を理解し、相手を尊重した上で表現すべきです。
相手を不快にさせたり、皮肉ったりするのは表現だとは思えません。
もちろん、相手が不快に思っても、真実として伝えるために表現すべき内容もあるでしょう。
しかし、それにはやはりリスクが伴う事を、表現者も覚悟をしないといけないのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと