2015年01月03日

正月3日目とサビこの帰る日

150103-1.jpg

お正月3日目です。
元日、そして昨日と、お出かけしていたので、今日は家でゆっくりと過ごしました。
朝からのんびりと、そしてまったりと(笑)

長女は昨日お年玉で買ってもらった竹馬に乗りたくて仕方有りません。
外は寒いけど、そんなのおかまい無しに、私に竹馬を組立てる事を求めて来ました。
外は寒いので、玄関で竹馬を組立てました。

学校では竹馬に乗っているようで、練習をしなくてもすんなりと竹馬に乗れた長女。
それを見て、次女も乗りたがりました。
私が竹馬を持って、長女が次女を抱えて、竹馬に乗せますが、やはり怖がって乗れません。
まぁ、次女も小学校に上がる頃には、勝手に乗る様になるでしょうね。

出かける度に、ゲージの中に入れられていた、預かり猫のサビこも、今日は家の中でまったりしています。
子供達もサビこを抱っこしたり、撫でて可愛がったりと、まるで我が家の猫のように接していました。

サビこもすっかり我が家に馴染んだようで、ホットカーペットの真ん中で、気持ち良さそうに寝ています。
それを見て嫁さんが「可愛い〜〜〜〜癒される〜〜〜〜」と、叫んでいました(笑)
子供達だけでなく、嫁さんもすっかりサビこの虜になったようです。

150103-2.jpg

しかし、今日は飼い主さんが帰って来る日。
夕方から晩にはお迎えに来ます。
果たしてすんなりと返せるのか、ちょっと心配でした。
そしてその心配はやはり的中しました(笑)

晩に飼い主さんが迎えに来て、サビこが飼い主さんの腕に抱かれると、次女が泣き出してしまった。
「サビこが良い〜サビこ帰っちゃ嫌だ〜〜〜」と、鼻を真っ赤にして号泣です。
サビこは目をまん丸として「何があったの?」といった表情(笑)
家族みんながバイバイして見送る中、次女1人だけ私にしがみついて泣いていました。

最近、やたらと「犬が飼いたい」と、私達に訴えていた長女と次女。
我が家にはペットがいないので、他所んちのワンちゃんやニャンちゃんを見て、ペットを飼いたがります。
そんな娘達にとって、4日間だけでしたが、猫との生活は嬉しかったのでしょう。
特に次女は、ずっと「サビこ〜」と追っかけ回していました。

私も久々に家に猫がいる感覚を楽しませて頂きました。
奄美でリッチーを飼っていた頃の感覚を思い出しました。
やっぱり猫って可愛いです。

4日間だけの期間限定でしたが、猫と過ごした事は、子供達にとっても良い思い出になった事でしょう。
そして、動物を飼うと言う事は、それだけの責任を伴う事も、少しは解ったと思います。
サビこにとっては、突然の知らない家でのお正月。
戸惑いもあったと思いますが、サビこもサビこなりに、楽しんでいたのではないかと思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記