2015年01月31日

黒猫りっちー君クッション完成

150131-1.jpg

150131-2.jpg

昨年の12月に、「小さな小さな作品展」を開催しました。
その時に、「出来たら作ろう」と思っていた物がありました。
それは「黒猫りっちー君クッション」。
材料も揃えていたのですが、結局時間無くて作れませんでした。

今回、ようやく作る事が出来ました。
今まで作って来た「黒猫りっちー君ストラップ」とは、大きさが桁違いなので、やはり時間がかかる。
何とか仕上げたと思ったら、娘達に見つかって、早速おもちゃにされていました(^^;)
我が家の娘達、りっちー君大好きです。

出来たのは良いが、クッションとしてはやや小さい。
しかし、フェルトの大きさが、店で売っているのはこのサイズが最大。
もっと大きく作るには、顔と胴体を別にして作らなければならない。
クッションと言うよりは、ヌイグルミと言った感じか。

早速facebookページでは「欲しいぃ〜〜〜」とおっしゃって下さる方もいて、ご希望の方がいらっしゃれば受注生産したいと思います。
ただ、ストラップと違ってデカイので、材料費もそこそこかかります。
販売するとなると、5,000円+送料くらいの価格になると思います。

ヌイグルミって高いなぁ〜と思いますが、実際作ってみるとやはりそれくらいの価格になるんですよね。
ましてや手作りだと、どうしても割高です。
本当に欲しい方がいらっしゃれば、こちらでコメント下さるか、facebookの方はメッセージ下さい。
もしくはislandサイトからお問合せ頂ければと思います。
http://www.ds-island.jp/contact.html

このりっちー君クッションを見た嫁さんは、別の材料でも作ってみたいようです。
(作ってみたいのではなくて、私に作らせたいが正しい 笑)
最近流行のモコモコした素材の布など考えているようで、買い物の時に探してみるつもりらしい。
モコモコりっちー君も作れたら可愛いでしょうね。
作るのが大変ですが(^^;)

さて、このりっちー君クッション。
明日から行われる「猫だらけ展」に出展の予定です。
昨年の作品展でお世話になった「いろは さとちゃんち」で猫だらけ展が開催されます。
このクッションも含め、イラストやポストカードなど、搬入したいと思います。

しかし、針仕事も随分と慣れて来た(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | アート

2015年01月30日

クロネコメール便が無くなる

150130.jpg

先日、スマホで見たニュースに思わず「えっ!」となった。
「ヤマト運輸がメール便廃止」のニュース。
これはきっと企業にも衝撃を与えたと思う。
DMやカタログ等、クロネコメール便を活用していた企業は多い。
そして私もクロネコメール便を活用している。

今日もポストカードの発送に、メール便を出した。
集荷に来たドライバーが、早々に「もうご存知かとは思いますが・・・」と言って、メール便廃止の案内を出した。
メール便が廃止になる代わりに、クロネコDM便と言うのが出来て、新サービスとして小さなお荷物を扱う物も出来るようです。
ただ、配送料はクロネコメール便のようにはいかないよう。

メール便の魅力は何と言ってもその価格帯でした。
今後のサービスの金額は決まっていないようですが、どうも200〜300円はかかりそう。
これまで82円で行けていたものが、200〜300円となると、これはやはり痛手です。
さて、今後どうするか?メール便廃止の3月末までに考えないといけませんね。

小額の商品の発送などには、メール便が持ってこいで、私のようなポストカードなどの物は、本当にメール便がありがたかった。
送料を無料にする事も出来たけど、今後は送料を頂かないと難しいですね。
しかし、例えば500円の商品を購入してもらい、送料が300円となると、購入意欲はそがれますよね。
この辺が難しいところです。

今、ネット販売でポストカードやイラストを販売していますが、こちらでもメール便を多用しています。
これまで送料が82円だったのが、300円になるとやはり厳しいです。
それでも購入して頂けるのなら嬉しいのですが。

今後、クロネコメール便の代替サービスの内容を見つつ、他のサービスも検討しないといけません。
便利だった物が無くなるのは、やはり厳しいですね。
でも仕方有りません。

どなたか、メール便と同等の料金で、良いサービスがあれば教えて下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 日記

2015年01月29日

そろそろ年賀状の整理を

150129.jpg

1月も今週末で終りです。
相変わらず月日が早く過ぎ去ります(^_^;)

さて、そろそろ年賀状の整理をしておかないといけませんね。
昨年は確か、年明けからめちゃくちゃ忙しくて、年賀状の整理を出来ないまま、年末を迎えてしまいました。
今年はそうならないように、早めに年賀状の整理をして、住所の確認などもしておきたいと思います。

我が家は毎年300枚近い年賀状を出しています。
つまりは住所録には300以上の住所が載っている事になる。
年賀状で住所変更の連絡をしてきたり、また結婚して苗字が変わったりしている人もいるので、必ずチェックしないと、出した年賀状が戻って来る事になる。

さらに住所録に載っていても、年賀状のやりとりをしていない人もいる。
必ずこちらから出したのか、また年賀状を頂いたのかをチェックしておかないと、もう訳が解らない状態になってしまいます。
年賀状の半分以上は嫁さんのものなんですが、もう住所管理&年賀状は私の仕事になってしまっています(--;)
だから早い内に整理して、住所チェックを済ませておきたいと思います。

ところで皆さん、頂いた年賀状ってどうしてますか?
我が家には過去数年間の年賀状が、束になって残っています。
なかなか捨てられずに、段ボールに入って残っています。
せめて、2〜3年前の物だけ残して、残りは処分したいと思っているのですが、いつもそう思いながら、タイミングを逃している。

ずっと溜め続ける訳にもいかないので、いずれは処分しないといけない。
これも早めにやっておかないと、ついつい忘れて、また年末になる。
これをずっとこの数年繰り返している感じです(^^;)

今年は早めに年賀状整理して、古い年賀状は処分しよう。
できれば1月中に・・・と思っていたのだが、もう1月も終わるので、2月上旬には(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 日記

2015年01月28日

人質事件を利用する人々

150128.jpg

ISIL(イスラム国)の日本人人質事件に大きな動きがあったようです。
後藤氏とヨルダンの刑務所に収監されている、女性死刑囚との交換条件が先日ネット上に上がりました。
これを受けて、日本政府はヨルダンと水面下で話し合いをしていたようです。
そして、本日の夕方になって、後藤氏と女性死刑囚の釈放で合意がなされたとのニュースが飛び込んで来ました。
ただ、どこまで確実に実行されるのか解りませんので、まだ油断は出来ません。

今回の人質事件では、日本政府が身代金を支払わない事で、残念ながら湯川氏は殺害されてしまったようです。
そして後藤氏も今回の合意が出来なければ、殺害される可能性がありました。
ネット上では、後藤氏の救出を願って、「I am Kenji」と書いたプラカードを持って写真を投稿する人が続出しています。
この交換条件が最後まで無事に行われる事を祈るばかりです。

まだ油断出来ませんが、とりあえず最悪の状態からは抜け出そうな感じですね。
ただ、私自身は、今回の人質事件には納得のいかない事が多々有ります。
そもそも、人質になった2人は、自ら危険地帯に飛び込んで行った。
後藤氏に関しては、「自分の責任で行くので、誰も責めないで」と、わざわざ動画を残してISILに入って行った。

しかし自己責任と言っても、何も責任は取れない。
事実、拘束されて人質となった事で、日本政府だけでなくヨルダンにも迷惑をかけ、最終的に死刑囚を釈放するという損失を招いている。
湯川氏を助けに行ったつもりかも知れないが、結果的には湯川氏を死に追いやってしまった。
やはり認識が甘過ぎたと言わざるを得ない。

そして今回の事件で、さまざまな不快な人間が出て来た。
まずは後藤氏の産みの親であるという母親。
ところが記者会見で、原発批判をしたり、正直トンチンカンな会見。
そもそも、産みの親だけど、全く育ててはいないようです。
そんな人間が、なぜ記者会見を開いたのか?
そして、通常親であれば、「お騒がせしてご迷惑をかけて申し訳ありません」と言うのが普通。
記者会見など開くものではない。

これにはISILとパイプがあり交渉が出来ると申し出た、どっかの元教授にも言える。
記者会見を開く意味がどこにあるのだろう?
本当にパイプ役になって交渉したいのなら、マスコミの前には出てこないでしょう。
表に出て来たら、もう交渉は出来なくなります。
売名行為としか見えません。

そして売名行為と言えば、ここぞとばかりに日本政府の対応を批判する輩。
マスコミの中にもうじゃうじゃいるが、国会議員の中にもこれを安倍政権を批判する好材料と見ている者がいる。
日本政府の対応を批判したりしているが、批判する相手が違うでしょ。
ISILこそ批判の対象であって、それをせずに安倍政権を批判する。
共産党の議員もTwitterで政府批判して、その行為に批判が集中して、書き込みを削除しました。

ふざけた政党名の「生活の党と山本太郎と仲間たち」の、小沢一郎氏と山本太郎氏も、記者会見で日本政府を批判しまくっていました。
でもISILの批判はしていません。
きっと批判したらテロの対象になるって思ったのかな。
叩いても何も反撃しない政府を批判して、批判すべきテロ行為については目をつむる。
ばっかじゃないの・・・って思う。

さらに、国会議事堂の前で日本政府を批判するために集まった人達。
あなたがたはテロリストにお金を払えって言っているのですか?
そのお金、だれのお金ですか?
私達日本国民の税金ですよ。

そしてこの人達。
動画で観たのですが、何故かガンガン音楽ならして、踊っています。
人の命がかかっている交渉で、日本中がピリピリしているのに、政府批判で集まってダンスですか。
もう呆れて物が言えません。
ただただ現実から目をそらし、人を批判する事で、自分が正しいと思い込みたいだけの人達です。
哀れですね〜。

今回の事件で、「世界は非情で冷酷である」と解った人は多いと思う。
非情な世界と向き合うためには、日本も軍備をしっかり備えなくてはならないのです。
憲法9条で護れるのなら、今回の事件の元へ、憲法9条を引っさげて行けば良いのです。
国会議事堂の前で踊っていないで、日本政府の批判をする時間があるのなら、現地で誇れる憲法9条で、世界の非情を無くして欲しい物ですね。

後藤氏に関しては、無事に帰国される事を願っています。
しかし、帰国したら、真っ先に日本国民に、そして日本政府に謝罪が必要です。
あなたの取った行為のおかげで、こんなにも日本中が、いや世界が振り回されてしまった。
残念ながら、あなたの命はあなただけのものでは無い。
あなたを救出するために、大勢の関係者が動いた。
その事を深く反省し、今後の人生に生かしてほしいです。

まずは無事に救出される事を祈って。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年01月27日

託児所復帰の次女

150127.jpg
【インフルエンザから復帰して寿司を食らう次女】

約1週間ぶりに託児所に復帰した次女。
朝からお母さんと一緒に病院へ。
受診を済ませ、私が迎えに行って、その足で託児所に送って行きました。
足取りも軽く、ルンルンで託児所に入って行った次女です。

託児所のホワイトボードには、現在流行っている病気と、それにかかっている子供の数が書かれています。
次女のクラスは1人インフルエンザにかかっているようです。
つまり次女も含めると2人だった事になる。

そしてひとつ上のクラスは、なんと5人もインフルエンザにかかっている。
しかし先生曰く、これでも減ったらしい。
一時期は11人もかかっていて、クラスに子供が1人しかいない時もあったそうです。
どうやら次女がインフルエンザにかかった時期に、同じく上のクラスでインフルエンザが猛威を振るっていた。

確かに次女が発熱して迎えに行った時に、「上のクラスで今発熱している子が多発している」と言われた。
次女と同じで、インフルエンザの診断は出ていなかったので、その後インフルエンザの診断が出たのでしょう。
託児所でのインフルエンザ流行の波に、真っ先に乗ってしまったのが次女だったようです(笑)
ホワイトボードには、子供だけでなく、先生も3人発症していると書かれていました。
子供達とずっと接している先生達は、どんなにマスクしたり手洗いをしても、子供達からインフルエンザをもらってしまうのでしょうね。

毎年、この時期はインフルエンザで悩まされます。
今は解熱してから5日間も様子をみないといけないので、インフルエンザにかかったら、1週間は休みと考えないといけない。
これって働く親にしてみたら、本当に大変な話です。
共働きの場合は、どちらかが休みを取って、子供の面倒をみないといけません。
1週間も休みなんて取れませんからね。
私の場合は、家で仕事しているので、子供にビデオ見せながら仕事出来ます。
皆さんいったいどうしているのでしょう?
まだ子供1人なら良いけど、これが兄弟などで、時間差で発症したら、もう気が狂いそうです。

大人なら1人で寝かせていても良いけど、インフルエンザの薬って時々問題になりますよね。
子供がインフルエンザの薬を服用した後に、異常行動を起こす場合が稀にある。
子供は絶対に1人に出来ないので、子供がインフルエンザになったら、親は確実に仕事を休まないといけない。
これは何とかならないかなぁ〜。
働いている親にとっては、本当にキツいんですよね。

感染の拡大を防ぐ事が第一なのは解るけど、これではインフルエンザの時期は、共働きの親はまともに仕事出来ません。
予防の意味でのインフルエンザ予防接種も、今年はハズレのようです。
予防接種していても、かかる可能性が大だとか。
そもそもインフルエンザの予防接種って、本当に効果あるのだろうか?

予防接種も確実じゃない状況では、かかってしまったらどうしようも無い。
どうしようもないけど、せめて解熱後にどこか子供を預かってくれる施設がほしいですね。
一次預かり託児所みたいなところがあれば、親も安心して子供を預けて仕事に行ける。
難しい事とは思うけど、やはり働く親の立場も解って欲しいですね。

さて、我が家もインフルエンザは次女だけで終わらせたいです。
皆さんも十分ご注意下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 日記

2015年01月26日

久々にカーズを観た

150126.png

次女が託児所を休んで、1週間近くになる。
予定では明日、病院に行って受診してから、託児所に向かう。
インフルエンザの診察結果が出てからは、全く元気な次女。
まさしく元気な病人で、家の中で体力を持て余していました。

そんな次女の楽しみは、ビデオを見る事のようです。
平日はみんな家にいないので、誰も遊んでくれない。
そんな事は次女も解っているので、「ビデオみた〜い」と私にせがんでくる。
私もビデオ観て大人しくしてくれるなら・・・と、ついついビデオを観ています。

私の傍でPowerMacでビデオ(DVD)を観る次女。
いろんなビデオを観れば良いのに、なぜか同じ物ばかり続けてみたがります。
「それ昨日観たでしょ」と言うのですが、同じ物を観ている。
なんなんでしょうね。

夕方には、私の方からあえて違うビデオを見せました。
見せたビデオは「カーズ」。
PIXAR(今はディズニー)の言わずと知れた名作です。
久々にカーズに、後半は私も思わず見入ってしまっていました(笑)

PIXARの映画はどれも好きなんですが、カーズはその中でも1、2を争う程好きですね。
トイ・ストーリーやモンスターズインク、そしてニモなども好きですが、カーズは特に好きです。
車でありながら、本当に生き物のように感じる動き、そして愛くるしいキャラクター。
特にメーターは大好きです。
そして何よりもストーリーが良いですね。
大切なものは何なのかを考えさせてくれます。

カーズ2も実は数年前に、映画館で息子と長女と三人で観ました。
でもカーズ2はDVDを買っていません。
やっぱりストーリー的には、最初のカーズが好きです。

PIXARの映画はカーズ以降、レミーのおいしいレストランが最後で、それ以降はDVDを買っていない。
個人的にはウォーリーや、カールじいさんの空飛ぶ家なんかも観たい。
そして一昨年だったかな、公開されたモンスターズインクユニバーシティーも観たいです。
最新作で上映中の「ベイマックス」も観たいんですけどね。

次女のお陰で、今日は久々に映画鑑賞となりました。
でも、新しい映画も観たい〜(先日、じんじんは観たけど)
PIXAR作品をもっと観たいです。
今度DVD借りてこようかな〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(2) | 音楽/映画

2015年01月25日

自治会総会を終えて

150125.jpg

昨日から今朝にかけて、ちょっとドタバタしていました。
本日、自治会の総会があり、その資料作成でこの1週間ほど、ドタバタ続き。
昨日はデータの修正があったりする中で、嫁さんのBirthdayもあり、そして今朝も朝一から携帯が鳴った。
「総会用の資料が足りない」と会長さんから電話。

通常なら会長さんが自らデータ作成するのですが、運悪くこの時期に会長さんのパソコンが故障。
自治会役員の中で、パソコンを使えるのが、私と会長さんだけなので、書類作成などはどうしても作業が集中してしまう。
特に会長さんは、様々な書類作成から、校区の行事まで、本当に超多忙な状態になっています。
私も少しでも分担出来ればと思っていますが、私も仕事をしながらの事なので、なかなか難しいのが現状。

そんな中で迎えた総会。
やはりドタバタの影響があり、書類にミス等が目立ちました。
また受付でもミスがあり、会員の方に不快な思いをさせたかも知れません。
250世帯近くの自治会。
会員数は700名を超えます。

それだけの会員をまとめるのには、やはり今の体制では無理があります。
早急に事務局などを作って、作業の軽減化を図らなければいけません。
また、会計の計算や、名簿の作成なども、ファイルメーカーでデータを一元化しないと、ミスが目立ちます。
ExcelやWordで作ったデータが、あちこちにあり、データの統一性が取れていない。
こんな状態で、しかも殆ど会長さんが1人で管理しているような状況です。
これではミスがあっても致し方ない。

しかし、この現状を会員の皆さんは知りません。
ミスが有った事は有った事で、やはり反省して、今後の改善に活かさないといけないと思います。
私も含め、役員は一生懸命やっていますが、やはり人材不足です。
早急に事務局を立ち上げたいと思います。

そんな状態でも、総会自体は順調に審議が進み、無事に終える事が出来ました。
私は今回で3度目の司会・進行を務めさせて頂き、無事に終えてホッとしました。
しかし、課題は沢山見えて来ました。
来年の総会には、課題をクリア出来る様に、この1年努めたいと思います。

校区の中では新しい町で、この数年でさらに新しい人が入って来て、一気に校区一番の大所帯の自治会になりました。
古くからの人もいますが、良くも悪くもしきたり的な物がありません。
言い換えれば、まだ自治会としてどのようにも作る事が出来ます。
若い世代の人達にも、どんどん自治会に参加してもらえるような取り組みを、私なりに考えて提案をして行きたいと思います。

地域づくり。
とても難しいですが、何事もやってみないと始まりません。
いろいろとやってみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記

2015年01月24日

Happy Barthday

image-469e4.jpg

今日は嫁さんの4☆回目の誕生日でした。
ケーキは2日前に予約していたので、剣道の帰りにシャトレーゼに取りに行きました。
今回は長女と2人で予約したので、ケーキも長女セレクトです。

我が家の記念日のメニューは、手作りピザと決まっているので、午前中の内にホームベーカリーで生地を作りました。
そこから2次発酵のために、2〜3時間寝かせて、夕方剣道に行く前に生地を伸ばして、下準備をして出かけました。

長女は、剣道のお友達の家に、遊びに行かせてもらっていて、剣道にもそのままお友達家族と行きます。
私は剣道が始まる時間帯に、一人で車を走らせました。
次女は元気ですが、インフルエンザなので家でお母さんと留守番です。

剣道に行く前にお花屋さんに寄りました。
嫁さんのプレゼントの花束を頼むためです。
今まで誕生日に、花束を用意した事がなくて、今回初めての花束プレゼントです。

結婚してからは、何かと子供優先で、お互いの誕生日はお祝いしても、プレゼントを用意する事はありません。
何となくお互いの、暗黙の了解みたいになっています。

しかし、昨年の結婚記念日に、息子からまさかのサプライズ花束を貰って、私はもちろん、私以上に嫁さんが喜んでいました。
やはり何か形にして、気持ちを伝える事の大切さを、息子が教えてくれました。

いつもなら、長女と次女を乗せて剣道に向かいますが、今日は一人です。
こんな事は滅多にありません。
花束を用意する事は、誰も知らない。
花屋さんに行くには、絶好の機会です。
安いけどチューリップの花束を用意しました。

長女は車に乗った時に、花束に気づきました。
私が「お母さんには内緒だよ」と言うと目を輝かせながら「自分が花束を渡したい」と、花束贈呈式の大役を志願。

家に帰ると花束を見つからないようにして、誕生会の準備。
そして一人ずつカードにメッセージを書きました。
次女の分は息子が代筆しました。

そしていよいよケーキのローソクに火を灯しHappy Barthday♬
続いて長女が花束を贈呈。
まさかの花束に、嫁さんも驚いていました。
そして家族からのメッセージに、目を細めていました。

ささやかな誕生日パーティーに、ささやかなプレゼントでしたが、喜んでもらえたようで良かったです。
何よりも家族揃ってお祝い出来る事が一番ですね。
嫁さんにとっても、それが一番のプレゼントだったと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | 日記

2015年01月23日

インフルエンザだった

150123.jpg

あぁ〜〜〜やっぱりインフルエンザでした(T_T)

今朝になっても熱の下がらない次女。
今度はお母さんの病院で受診する事にしました。
結果、見事にインフルエンザ。
先日近くの医院で診てもらった時は、時間的に早かったので、出なかったのでしょうね。

朝からぐったりでしたが、少しお茶漬けを食べ、布団で寝ている間に汗をかいたようで、病院に連れていく頃には、だいぶ元気になっていました。
病院で診察して帰る頃には、もうお昼。
お腹が空いたようで、「たこ焼き食べたい」と言うので、たこ焼きを買って帰りました。
午後からはすっかり元気になったようで、ずっと横になりながらビデオを観ていました。

それにしても子供ってのは正直です。
熱が上がれば元気がなくなり、熱が下がればとたんに元気になります。
そして、我が家の次女は強いです。
熱が有っても食欲だけはある。
それでも、さすがに40℃まで上がった時は、プリンもアイスも「食べたくない」と言いましたが(笑)

日頃から好きな物ばかり食べたがる次女。
アイスやプリンなどの甘い物には目が有りません。
熱が出ていても、プリンやアイスは喜んで食べます。
そして熱が下がれば、たこ焼きを食べる(^^;)
夕ご飯は卵かけ御飯を食べました。

それからは、熱も上がらずほぼ平熱まで下がっています。
今回のインフルエンザは、熱がぶり返す事もあるようなので、まだ油断は禁物ですが、ひとまず落ち着いた感があります。
このまま熱が上がらず、順調に行けば、月曜か火曜から託児所に復帰できそうです。

子供が病気になると、親は本当に辛いですね。
何もしてあげる事は出来ないけど、添い寝をしてあげるだけで、落ち着いて寝てくれます。
病気になると大人でも不安ですからね。
小さな子供にとっては、安心して眠れる事が、何よりの薬なのかも知れません。

次女はもう落ち着いたと思います。
問題は長女にインフルエンザがうつらないか?です。
家の中で隔離する事もできないので、うつる可能性高いです。
まぁ覚悟はしておきましょう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(2) | 日記

2015年01月22日

次女の発熱

150122.jpg

昨日の事。
いつも通り元気に託児所に行った次女。
ところがお昼前に38℃の熱があると、託児所から連絡があった。
最初に連絡を受けたのは嫁さん。
そして私にその事を連絡して来た。

嫁さんも最初、信じられなかったそうです。
私も全く信じられませんでした。
全くそんな気配も無く、いつも通り元気に行きましたからね。

連絡を受けて託児所に迎えに行きましたが、次女は比較的元気な様子。
しかし、身体を触るとやはり熱っぽい。
家に帰って来て、お昼ご飯を半分程食べて、その後「ビデオ観たい」と言い出した。
布団に寝かしても寝る訳もないので、仕事をしている私の横で、ビデオを見せる事にした。

しかし、途中からやはり辛くなって来たのか、「お布団で寝る」と言い出しました。
1人では寝ないので、私も一緒に布団に入り、結局お昼以降は殆ど仕事にならず。
昨日は剣道の稽古日で、しかも当番に当たっていたので、嫁さんに早めに帰って来てもらい、バトンタッチして長女を連れて剣道に行った。
その間に、嫁さんは次女を近くの医院に連れて行って受診。

熱の上がり方からして、インフルエンザの可能性を覚悟したが、結果は陰性だった。
剣道から帰って来ると、元気を取り戻した次女が夕飯のうどんを食べていた。
明日の朝には元気になってくれるかな?という期待で私も寝ました。

今朝、起きてみると、次女はまだ38℃近い熱があった。
仕方ないので今日も託児所をお休み。
朝ご飯を食べている時に、熱を計ると37℃まで下がっていた。
本人も元気で、また「ビデオを観たい」と言い出した。

私も仕事をしたいので、次女を連れて仕事部屋へ。
午前中は私の横でビデオを観ていました。
そしてお昼ご飯んの準備をして、次女にお昼ご飯を食べさせていた時に、再び熱を計ると、また熱が上がっている。
しかも今度は39℃まで上がっている。

本人はそれでも元気なようで、まだ「ビデオを観たい」と言うが、さすがにこれは無理。
何とか言い聞かせて、お布団の中へ。
1人では寝れないので、再び私も布団の中で添い寝。

15時過ぎに嫁さんが早退して帰って来たので、バトンタッチして仕事部屋へ。
何度も熱が上がったり下がったりの次女。
夕方からは、再び熱が上がり、さすがに何も食べたがらなくなった。
今まではご飯は食べなくても、プリンやアイスは口にしていました。
しかし、さすがにそれすら食べたがらない。

熱が上がりきって、発汗すれば熱が下がるのでしょうが、なかなか上がりきらない。
何度も上がったり下がったりを繰り返して、本人もグッタリしています。
先ほども熱を計ったら40℃まで上がっていました。
嫁さん曰く、これまでは熱が上がっても、手足が冷たかったので、上がりきっていなかった。
今は手足まで熱くなっているので、熱が上がりきっていると思う。と言っていました。
しっかり発汗して、熱出し切ってほしいですね。

明日、託児所に行けるのか微妙です。
子供なので、回復も早いかも知れませんが、朝の段階で微熱なら、大事を取った方が良いかも知れません。
久々の子供の発熱です。こんな時はただただ傍に寄り添う事しか出来ません。
少しでも離れると、不安がって泣いてしまいます。

どうか明日には元気になりますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 日記

2015年01月21日

テロに屈しない姿勢を

150121.jpg

いつかこんな日が来るのでは・・・と危惧していました。
日本人2人がイスラム国に拘束されて、殺害予告の動画がアップされてしまいました。
拘束された内の1人は、以前から拘束されていた湯川氏。
もう1人はフリージャーナリストの後藤氏。

後藤氏に関しては、湯川氏が拘束された時に、通訳としてイスラム国と接触した人物。
その時の様子などを、日本に帰国した際に、テレビ番組で話していたのを、私も観た記憶があります。
今回、再び湯川氏と接触しようとして、イスラム国に拘束されてしまったようです。

これまでイスラム国は、アメリカやイギリス等の欧米諸国を標的として、人質を拘束し殺害して来ました。
イスラム国への空爆をやめる事を要求して来ました。
しかし、今回何故日本人を見せしめにしたのか?
本当はお金が欲しいのだと思う。

イスラム国は油田施設を奪い、そこで原油を生産して、闇市場で売りさばいていると言われています。
そのため、莫大な資金を持っており、そのお金で人材を集めている。
戦闘員だけでなく、様々なプロフェッショナルを、お金で引き付けて来た。
だからこそ、映画のような宣伝動画が作れたりした。

ところが、昨年末あたりから進んでいる原油安。
これがボディーブローのように効いて来ているのかも知れない。
原油の価格が下がれば、売上げも下がる。
元々、奪った油田で自分たちで生産している原油。
やはり品質は悪いと思われます。
原油の価格が下がれば、当然品質の良い原油の方が売れる。

今回、日本人を人質に取ったのは、やはり本当にお金に困っている可能性が高い。
後藤氏に関して言えば、拘束された直後に、後藤氏の妻に身代金10億円を要求するメールが届いているらしい。
水面下で交渉をしようとしていた訳です。
しかし、うまくいかなかったのでしょう。

今回、堂々と殺害予告動画をアップした事により、世界に知られる事になった。
これでは日本政府は身代金は払えません。
ここで身代金を支払えば、世界から「日本はテロの脅威に屈した」と見られます。
その事はイスラム国も解っていたハズ。
それでも動画を出して来たと言う事は、やはり本当にお金に困っていると思われる。

そして、このタイミングで動画をアップしたのは、イスラム国の戦略だと言える。
安倍総理が中東を訪問し、イスラム国対策への支援金を表明したばかり。
この表明を受けて、日本は十字軍に加担したとイスラム国は批判した。
つまりこのタイミングを待っていた。

安倍政権を批判したいメディアは、ここぞとばかりにイスラム国を刺激したから、こんな事になったと騒いでいます。
しかし、イスラム国はだいぶ前から日本人2人を拘束し、使うタイミングを狙っていた。
今回の安倍総理の表明に刺激されたのなら、湯川氏はともかく後藤氏は拘束されていない。
明らかにイスラム国の戦略に乗せられています。

イスラム国が指定した時間は72時間。
そして金額は2億ドル(240億円)という莫大な金額。
私は絶対に身代金を支払ってはいけないと思う。
その上で、毅然とした態度で、最善の交渉を進めてほしい。
とても難しい事です。
最悪の結果になる事も覚悟しておかなくてはいけません。

世界は新たなテロとの脅威に向き合っています。
そして日本も例外ではなくなりました。
私達は決してこの卑劣な行為を許してはなりません。
テロに屈せず、テロと戦うのではなく、テロと向き合っていく姿勢を持つ事が大事だと思います。
テロと戦ってもテロは無くならない。
どうすればテロが無くなるのか?
根っこから考える事が大事だと思います。

まずは、日本人2人の救出を願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年01月20日

時間は同じハズなんだが

150120.jpg

今年に入って、もう20日が過ぎました。
なんで年齢とともに、どんどん月日が経過するの速く感じるのでしょうね(^^;)
確か「何かを待っていると時間の経過は遅い」と聞いた事があります。
例えば「夏休みに楽しみな旅行がある」となると、夏休みが待ち遠しくなるので、時間の経過を遅く感じるらしい。

逆に言えば、今の私にはそんな楽しみが無いという事か(笑)
やらなければならない事に追われてばかりで、自分がやりたい事が出来ていない証かも知れませんね。
そりゃ〜私だってどっか旅行行ったり、思いっきり遊んだりしたい。
でも、今の状況では全くそんな事は出来ません。

確かに子供の頃って、1週間がとても長く感じました。
それってやっぱり日曜日を楽しみに待っていたからなんでしょうね。
私が子供の頃は、土曜日は半ドンで午前中だけ学校がありました。
今のような完全週休二日なら、金曜の晩が楽しみだったけど。

土曜日の学校が終わって、家に帰るときのワクワク感。
今でも覚えています。
家に帰っても、何も特別な事なんて無くて、日曜日も何かある訳でも無い。
それでも、日曜日が楽しみだった事を覚えている。
そして、日曜日の朝は、寝ているのが勿体なくて、早起きしたものだった(笑)

なんだろうな〜。
何かある訳でもないけど、日曜日ってだけで嬉しくて、その日曜日を待ちこがれていた。
そして夏休みも待ちこがれていました。
夏休みだって、どこに行く事もなく、ただただ休みってだけでした。
それでも夏休みが待ち遠しくて、ずっと待っていた記憶があります。

これは今の状況と似ています。
何か予定がある訳でも無く、どこかに出かける訳でも無い。
ただ、その日曜日や夏休みを、楽しみに待つのか、気づかない内に迎えるのか。その違いのような気がする。
子供の頃は、ずっと待っていた。
だから月日の経過が遅く感じた。
今は、待っていないで、ドタバタ過ごしているうちに、その日を迎えてしまう。
だからあっという間に月日が過ぎてしまうのでしょう。

やはり何か楽しみを作らないといけませんね。
そしてその楽しみを待つようにしたい。
今年も「あっという間に終わってしまった」とならないようにしたいです(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記

2015年01月19日

映画「じんじん」観て来ました

150119.jpg

久々に映画を観た。
映画館じゃないけど、ちゃんとスクリーンで観ました。
観た映画は「じんじん」。
なんじゃそりゃ?って人も多いでしょうね。

この映画、北海道上川郡剣淵町をメイン舞台に、「絵本」と「親子の絆」をテーマにした 映画です。
私がこの映画を知るきっかけになったのはfacebook。
自分の市のオフィシャルfacebookページの情報で知りました。
「なんか心温まりそうな映画だなぁ〜」
最初はその程度の気持ちで、その内DVDが出たら観てみたい。くらいの感じでした。

ところが、昨年末に学童の打ち合わせで、その映画のチケットを入手したのです。
学童の先生がチケットを持っていて、1枚購入しました。
その上映日が今日でした。

市民会館で上映された映画「じんじん」。
絶対に泣くだろうな〜って思っていましたが、やはり最後の方は、涙が込み上げてこらえきれませんでした。
ロケ地が北海道と言う事。
親子の絆(父と娘)と言う事。
そしてキーワードが絵本と言う事。
全てが自分の中で重なり、映画の中に入り込んで観ていました。

俳優の大地康雄さんが、お父さん役。
娘役に小松美咲さん。
お父さんの友人役に佐藤B作さん。
北海道を舞台に心温まる物語が展開されます。

この映画は映画館での上映ではなく、ひとつひとつの県・市・町・村などで実行委員会を立ち上げ、
数年をかけてゆっくりと各地のホールや公共施設で地域上映会を行っていく“スローシネマ”という公開方式です。
私の住む市でも、実行委員会があり、今回の上映になったようです。
あなたの町でも上映会があるかも知れません。

もし無かったとしても、あなたが興味を持てば、上映会に繋がるかも知れません。
本当に心温まる映画でした。
そして随所に笑が溢れていました。
ぜひ、サイトをご覧頂ければと思います。

【じんじん公式サイト】http://www.jinjin-movie.com
【じんじん公式facebook】https://www.facebook.com/jinjinmovie

昨日、そして今日と、とても素晴らしい内容のものを紹介出来るのは嬉しい事ですね。
じんじんと温まった心で、明日からも頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:52 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年01月18日

楽しいお話と素敵な歌と

150118-1.jpg

久しぶりに京都に向かいました。
行き先は京都霊山護国神社。
私が数年前から活動に参加している「平成・美しい日本を護る会」のイベントに参加するため。
今日のイベントは、第三十五回日本の歴史文化研究会「加藤昇元帝国海軍中尉のお話を聞く会」でした。

なかなかベントに参加出来ない私は、実に三年ぶりの参加でした。
三年前の参加も、今日と同じイベント。
三年ぶりの京都霊山護国神社でした。

加藤昇元帝国海軍中尉は、90歳を超えているとは思えない程の元気な方でした。
戦争体験者のお話を直接聞く機会と言うのは、なかなかありません。
どうしても戦争の話となると、暗く重苦しい話題のように感じますが、今日は全くそんな話ではありませんでした。

戦前から戦時中の、その頃の風潮と言う物を、時に笑を誘いながら話して下さいました。
あの大東亜戦争を戦い抜いた方ですが、若かりし頃は今の若者となんら変わらない若者だったんだなぁ〜と感じました。
印象的だった言葉が、軍隊は戦争をするための物ではなく、平和を維持するための「平和軍」とおっしゃっていました。
戦争は絶対にしない方が良い。しかし、いざ有事となれば、日本を護るための軍隊でなくてはならない。
そして戦争はしてはいけないが、万一戦争になったら、どんな手段を持ってでも勝たなければならない。
この言葉は、大東亜戦争を体験し、敗戦を味わい、その後の日本を見て来たからこそ言える言葉なんだと思う。

今日のイベントは二部構成になっており、一部は加藤昇元帝国海軍中尉のお話。
そして二部は、愛国歌手「山口采希さん」のミニライブでした。
初めて耳にしたお名前でしたが、大阪を中心に音楽活動をされている方のようです。
しかし、普通の歌手ではありません。
歌っている歌が、愛国歌手だけあって凄いです(笑)

教育勅語を歌詞にした歌でスタートしました。
歌詞の内容が教育勅語に基づいた物ですが、聴いているととっても素敵な歌でした。
歌詞の内容も今風の言葉で、普通にラジオから流れていても、聴き入ってしまうような歌でした。
教育勅語って、本当に当たり前の事を、当たり前の様に書かれているんですよね。
なんでこれが戦後、教育の場から消されたのかが理解出来ません。

他にも軍歌も数曲歌い、突然「汽車ぽっぽ」の歌が始まりました。
実はこの「汽車ぽっぽ」は、戦場に向かう兵隊さんを歌った歌だったのです。
私もその事は聞いた事がありましたが、実際の歌で聴いたのは初めてでした。

♫きしゃきしゃ しゅっぽしゅっぽ しゅぽしゅぽ しゅぽっぽ
兵隊さんを乗せて〜しゅぽしゅぽしゅぽっぽ♫

元々は「僕ら」が「兵隊さん」だったのですね。
戦後、この歌詞がダメと言う事で変えられてしまったようです。

そして私が一番心に残った曲が「空と海の向こう」でした。
北朝鮮に拉致されてしまった拉致被害者の家族の想いを歌った歌です。
歌詞もメロディーも素晴らしくて、歌を聴いて思わず涙がこぼれてしまいました。
そして山口采希さんのコメントも素晴らしかったです。
「早くこの歌を歌わなくて良い日が来て欲しい」
この歌のCDの売上げは、拉致被害者家族会などに、活動費として寄付されているらしい。
先日も、家族会代表の飯塚繁雄さんに直接寄付金80万円をお渡ししたそうです。

イベントが終わった後で、CDを売っていたので、1枚買って帰りました。
山口采希さんのサインも書いて下さいました。
私のCD代も、僅かですが拉致被害者の皆様の支えになると思うと、とても嬉しく思います。
山口采希さんには、ますます愛国歌手として、今後も活動を頑張ってほしいですね。
私も活動を見守りたいと思います。

150118-3.jpg
150118-4.jpg

山口采希さんの公式サイトとfacebookページです。
公式サイトでは「空と海の向こう」の動画で歌を聴けます。
是非、聴いてみて下さい。
公式サイト http://www.whizmusic.jp/ayaki.html
facebookページ https://www.facebook.com/ayaki.yamaguchi/

久々の京都で、久々のイベント参加で、心がホッコリして帰路に着きました。
帰りの夕陽が美しかった。
心洗われる気持ちになりました。

150118-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記

2015年01月17日

20年を経て

150117.jpg

阪神・淡路大震災から20年が経ちました。
20年前のあの日。
私は一人寝ていました。
そして地響きで目が覚めた。

私の住んでいる町では震度4。
しかし、実際はそれ以上の揺れの様に感じた。
しばらくしてテレビを見て唖然とした。
まるで映画のシーンのような、めちゃくちゃになった神戸の町。

あれから20年が経ちましたが、阪神・淡路大震災で被災された方や、肉親・知人を亡くされた方にとっては、昨日の事のように感じられるのではないでしょうか。
町は復興して、傷跡も消えた様に見えますが、被災した方の心の傷は一生癒えないのだと思います。
私達も忘れるのではなく、しっかりと心に刻んでおかなくてはいけない。

震災が起きる度に、地域の大切さを学んでいる気がします。
日常の中では特に感じない地域の繋がり。
しかし非常時となった時、やはり頼りになるのは地域のコミュニケーションです。
「どこの誰」すらわからない状況では、何も出来ない。

私の住んでいる町は、新しい町で、今も人口が増えている。
次々と新しい住民が増えて、若い世代が急増しています。
私自身もどこに誰が住んでいて、何人家族なのか解りません。

何か起きた時、一番大切なのは、やはり人と人の繋がり。
もし、どこかの家が被災したとしたら、その家の家族は何人なのか?が解れば、安否の確認はやりやすい。
しかし、誰が住んでいるのか?何人家族なのか?解らなければ安否の確認は出来ない。
以前起きた、長野県白馬村の地震で、犠牲者が0であった奇跡も、地域のコミュニケーションが最大限に発揮されたからでした。

日本は地震大国。
いつどこで大きな地震が起きてもおかしくはありません。
やはり早急に町づくりを進めていかないといけませんね。
私も役員の一人として、考えていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年01月16日

組織づくりの難しさ

150116.jpg

息子がまだ小学生の時に、お世話になった学童保育。
息子が学童を退所した後も、しばらく学童保育に関わっていました。
しかし、長女は学童に入れていない事もあり、学童保育との関わりも薄くなっていた。

ところが昨年、以前から私が提案していたホームページ立上げで、また一気に学童との関わりが深くなって来ました。
ホームページ立上げの後、学童の組織への関わりも強まって来ています。
今年は組織作りの方にも加わって行く事になりそうです。

私が学童の会長をしていた頃とは、また環境が変わり、保護者の意識も変わっていると思う。
私自身は学童の立上げに大きく関わって来たので、今の学童の状況を見ると、本当に恵まれていると感じる。
しかし、最初からその環境に入って来る保護者には、それは解らない。
この辺りの課題が、元保護者として、また元会長としての私の立場になりそうな気がします。

とは言え、自治会の役員もしているし、なかなか大変です。
学童保育にしても、自治会にしても、子供達がお世話になっている剣道にしても、常に感じる事があります。
それは組織作りの難しさ。
特に利益目的ではない組織の維持と言うのは、本当に難しい。

人間と言うのは、本来面倒な事はやりたがらない。
誰だって自分の事以外はやりたくない。
私だって好き好んで自治会の役員をやったり、学童の会長をやった訳では無い。
誰だって自分の時間は欲しいし、面倒な事はやりたくありません。

でも、誰かがやらないとこの組織は続かない。
誰も面倒な事はやりたく無い反面、実は人間と言うのは誰かのためになりたいと思っている。
矛盾しているようですが、人は生きている中で、誰かの役に立つ事を求めていると思う。
だからこそ、子供は成長の過程で、親の手伝いをやりたがる時期がある。

面倒な事はやりたく無いという思いがある一方で、自分が出来る事であればお手伝いしたい。という思いを持った人は実は多いと思う。
組織作りの課題は、そんな思いのある人々を、どうやってまとめていけるかだと思います。
今、自治会の中でそれを強く感じています。

そしてもう一つ組織作りの中で感じる事。
それは認識の共有と柔軟性。
これまでも幾つか経験した事ですが、認識にズレがあるとうまく行かない。
時々もの凄く積極的に動いてくれる人がいます。
しかし、積極的な人に限って長続きしない場合が多い。

あまりに結果を早く求めすぎて、周りが対応出来ない事に不満を持ってしまう。
確かにスピーディーに事を進めるのは重要。
しかし、皆仕事を持ち、家庭を持つ中で作られる組織は、どうしてもタイムラグが生じる。
スピードよりもお互いの認識の共有が大事だと思います。

そして思い通りに事が進まない場合も多い。
そんな時は、その時々でやり方を変える柔軟性も必要だと思う。
仕事であれば、時間を使って物事を進められる。
しかし、空いた時間で活動する組織は、そうは行きません。

いろいろと難しく書きましたが、簡単に言うと「仕事じゃ無いんだから出来る範囲でガンバロウ」って事でしょうか。
だって、仕事をしながら家庭を持ちながら、それ以上の事をやろうと思ったって、なかなか出来ません。
大切な事は常に意識を持ちながら、持続して活動を続ける事です。
実はこれが一番大変なんですけどね(^^;)

いや〜組織作りって本当に大変です。
でも、自分に出来る範囲で頑張りたいと思います。
そして、次の世代にバトンタッチできる態勢を作りたいですね。
私はもう充分にやって来たと思っていますので、そろそろ自由にして下さい(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年01月15日

マイペース自由人ワガママ次女

150115.jpg

今日は久々に子供ネタを(笑)

我が家は息子・長女・次女の三人兄妹です。
三人三様で、本当にそれぞれ性格が違います。
基本、男の子と女の子で違いますが、長女と次女も全く性格が違う。

とりわけ次女に関しては、本当に上の二人と違います。
まぁ自由奔放と言うか、ワガママと言うか、それでいても皆から許されてしまうのが次女であり末っ子。
私達親も、ついつい次女には甘くなる。

自由奔放な次女は、産まれる前から自由奔放でした。
出産予定日よりも10日ほど遅れて産まれた次女。
本当にマイペースです。

お腹の中にいるときも、途中で逆子になり、「このまま下を向かなければ帝王切開」と言われていました。
しかし、予定日が近づいて、ようやく下を向いてホッとしました。
ところが予定日の寸前で受診した時に、お医者さんが呆れた顔で言いました。
「今度は横向いている。普通はこの時期になれば下を向いて落ち着くんですが。」

最終的には下を向いて、無事に産まれてきたのですが、お腹の中でも本当に自由奔放な次女でした。
そして産まれて来てからも、マイペース次女。
次女は産まれてから一度も寝返りをしませんでした。
息子も長女も、「寝返り出来た〜」と喜んだものですが、次女は全く寝返りしない。
しようと言う努力すら見せませんでした(笑)

結局寝返りをしないまま、ハイハイを始めた次女。
そしてそのハイハイも自由奔放。
両手両足を使って、動物のように歩くのが普通のハイハイ。
ところが次女は、片足を立ててほふく前進のようなハイハイでした。

最初はどこか身体が悪いのかと心配しましたが、身体は何も異常なし。
本人がこの形が好きだったようで、その後は普通に育って来ています。
長女と比べると、人見知りだった次女ですが、最近は馴れ馴れしくなっている。
かと思えば、突然恥ずかしがったり。
自分の気分でコロコロ変わるのが次女です。

いやはや、本当にマイペースで自由奔放で、ワガママな次女。
それでも許されてしまうのが、次女であり末っ子の特権でしょうか。
きっとこのまま大きくなるんでしょうね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2015年01月14日

ファイルメーカーの出番だ

150114.jpg

毎日寒いですね〜。
誰だぁ〜〜〜この冬は暖冬傾向なんて言っていたのは(笑)
最近の天気予報、特に三ヶ月予報は当たらないですね。
それだけ地球の気象変動が激しくなっているのでしょうね。

毎日寒いけど、原油の価格が下がって、灯油が買いやすくなった分だけでも助かります。
これで寒いは、灯油は高いはでは、本当に厳しい冬になる。
ストーブの温もりは本当に嬉しい。
でも、いずれは憧れの薪ストーブにしたいなぁ〜。

さて、話はコロっと変わって(笑)
私は町内会の役員をしているのですが、やはり何かと大変です。
この時期は総会が近づいて来るので、いろいろと準備が必要になって来ます。

三年前から役員として関わっているのですが、毎年収支報告書と予算報告書の作成を任されています。
お金に関わる事なので、やはりかなり慎重になる。
会計さんが、ちゃんと会計処理はしているので、お金が合わないという事は無い。
そして、会長さんがExcelでデータも入力してくれているので、最終的な数字の処理だけですが、それでもやはり大変です。

今の現状は、パソコンを使えるのが、私と会長さんだけなので、どうしても書類の作成は私か会長さんになる。
とりわけ会長さんの負担はかなり大きい。
世帯数が250世帯近くまで増えて来ているので、会員の把握だけでも大変です。
一昨年に会員把握のために、ファイルメーカーでデータベース化を行いました。
これでだいぶ会員情報の処理は楽になったようです。

しかし、会計のデータ処理と、総会に提出する収支決算報告書のデータ処理は、まだまだ手作業になっている。
私も毎年、この時期になると、書類作成に追われる。
今の状態では、二度手間を踏んでいます。
この総会が終わったら、この会計処理もデータベース化したいと考えています。

会計がお金を使うときは、必ず伺い書を発行します。
この時点からデータ化しておけば、どの科目でお金をどれだけ使ったのか、すぐに計算出来ます。
さらに、それを集計して、収入分から差し引けば、繰越金なども瞬時に計算できる。
今は、Excelのデータに頼っているので、柔軟性が無い。

この3年間で流れが解ったので、データベース化して、作業の軽減に繋げたいと思います。
さて、またファイルメーカーの登場ですね。
時々しか使わないので、忘れている事も多いけど、頑張ってデータベース化したいと思います。
その前に、総会をちゃんと終えないといけませんね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2015年01月13日

表現の自由と責任

150113.jpg

今日はちょっと真面目なつぶやきを(^^;)

フランスのパリで起きたテロ事件。
やはり世界には衝撃を与えました。
新聞社が襲撃され、12名もの犠牲者が出ました。

しかし、今回の事件は、これまでのテロとは少々違う気がします。
テロとは無差別で殺傷行為を行うもの。
今回の事件は、予め狙われていたと言えます。
そして狙われる理由もありました。

今回の事件の引き金は、イスラムの予言者の風刺画と言われています。
イスラムの予言者ムハンマドを風刺画で描いていた事を、イスラム過激派が良しとしなかった。
イスラムの人々にとっては、予言者の顔を出す事すらタブーらしい。
それを風刺画で描かれたら、例え過激派でなくても嫌な気持ちになるだろう。

今回の事件では、この風刺画を描いていた犠牲者への批判は、あまり耳にしない。
出て来る言葉は、表現の自由が脅かされたという言葉。
どうしても一方的な見方が強い気がしています。

気に入らないから銃で殺す。
それはもってのほかだし、決して許される行為ではない。
しかし、その原因を作ったのは、やはりこの風刺画ではないだろうか?

私はこの風刺画って好きになれない。
特に政治家や世界の大物を皮肉った風刺画って好きになれません。
面白いと感じる人もいるのだろうけど、逆の立場から見たら、もの凄く不快に感じると思う。
特定の人物でなくて、世界の情勢などを風刺画で表現するのは、自由だと思う。
でも、特定の人物を皮肉った風刺画と言うのは好きになれません。

表現の自由だからと言って、特定の人物を皮肉ったり、特定の人々を不快にさせる物はどうなんでしょう?
自由には必ず責任が伴います。
自由に表現すると言う事は、それなりの責任が伴う。
好き放題描いておいて、それを良しとしない人が警告をしたら、表現の自由への侵害だとなる。

これは、昨年末に話題にもなった、アメリカ映画にも同様の事が言えます。
北朝鮮の金正恩の映画に、北朝鮮が怒りをあらわにしました。
映画を作るのは自由だと思います。
しかし、その事によってどのような反応があるのかは、映画を制作する段階で覚悟しておかなくてはいけません。

話をフランスに戻しますが、今回の事件で、ますます対立を深めている気がします。
イスラム=過激と言うイメージが進行しています。
本来のイスラム教と言うのは、全く違うものだと思う。
しかし、イスラム国やイスラム過激派の影響で、イスラムという言葉が悪意を帯びた言葉にすり替えられていく気がしています。

表現は自由です。
しかし、それは相手の事を理解し、相手を尊重した上で表現すべきです。
相手を不快にさせたり、皮肉ったりするのは表現だとは思えません。
もちろん、相手が不快に思っても、真実として伝えるために表現すべき内容もあるでしょう。
しかし、それにはやはりリスクが伴う事を、表現者も覚悟をしないといけないのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年01月12日

成人の日とワガママ次女

150112.jpg
【こいつも成人の日を迎える日が来るのだろうか ^^;】

今朝は久々に遅くまで寝ていました。
起きたのは9時。
昨日・一昨日の分まで朝寝坊した感じです(笑)

今日は何も予定が無いので、買い物へと出かけました。
長女は剣道の仲良し女子三人組で、お泊りしているので、長女を除く4人でお出かけ。
三連休の最終日という事もあってか、イオンモールはいつも程ではありませんでしが、やはり混雑していました。
着いた時間が丁度お昼前だったので、先にお昼ご飯を食べる事にしました。

フードコーナーへ行くと、座る場所も無いくらいたくさんの人。
何とか空いている座席を確保して、それぞれに好きな物を注文します。
私と息子はうどんを、嫁さんは焼きそばを食べましたが、次女に「何食べる?」と聞くと「マクドナルド」。
今、ホットな話題のマクドナルドを選ぶとは(^^;)
まぁ子供にとってはニュースなんて意味解りませんからね。

ハッピーセットを注文して、出て来たフライドポテトとハンバーガー。
美味しそうにほおばっていた次女ですが、私達は「異物入っていないか」という方が気がかりでした(笑)
そうそうある事ではないですので、いつもと変わらず、美味しそうに完食した次女でした。

今日は長女がいないので、ワガママが通ると思った次女。
マクドナルドを食べて、いい気になったのか、ゲームコーナーで遊びたいと言い出しました。
ワガママ4歳児は、乗り物に乗ったり、UFOキャッチャーでお兄ちゃんにアイスを取ってもらったりと、楽しんでいました。
こんなマイペースなワガママ4歳児も、いつかは晴れ着を着て成人の日を迎える日が来るのでしょうね。
その頃、私は・・・・・想像しただけで恐ろしいです(^^;)

モール内を歩いていると、晴れ着姿の女性がチラホラ。
そうでした、今日は成人の日でした。
成人式を終えて、イオンモールに来た成人が大勢いたのでしょうね。
成人になられた皆様、おめでとうございます。
私も随分昔に奄美で成人式をやりました。
そう遠い昔に(笑)

私が高校生の頃は、早く大人になりたかったものですが、最近の高校生は「大人になりたくない」という人が大半らしいですね。
何ででしょう?私が高校生の頃は、はやく仕事をして、自分でお金を使いたいと思ったものです。
きっと今の高校生って、お金にも恵まれていて、仕事なんてしたくないって思っているのかな?
そうだとしたら、ちょっと寂しいですよね。

学生時代は楽しいけど、いずれは社会人として大人にならないといけません。
社会人は大変ですが、大変な中にも楽しい事もあります。
そして、自分の仕事で生き甲斐を見つける事が重要です。

新成人の皆さん、ぜひ頑張って立派な社会人になって下さい。
立派でない社会人から言われても説得力ないと思うけど(^^;)
私も出来る事なら、学生に戻って毎日を楽しみたい(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記

2015年01月11日

寒稽古二日目

150111.jpg

寒稽古二日目。
昨日以上になかなか起きない次女。
ようやく叩き起こして寒稽古に参加しました。

今日は寒稽古の後に、いつもの10時からの稽古もあります。
その間、1時間程時間があるので、予めおにぎりを持って行き、朝ご飯を済ませました。
子供達にしてみれば、皆と一緒にご飯を食べて、まるでピクニック感覚。
そしてその後、いつもの稽古が始まりました。

いつもの稽古が終り、そのまま帰ると思っていたのですが、何とその後の一般の稽古にも参加。
仲良し女子三人組で、居残りして頑張っていました。
間に一時間ちょっとの休憩を挟みましたが、朝5時半の集合から、終わって帰る12時半まで約7時間。
みっちり剣道漬けの日となりました。

寒稽古は明日まであるのですが、明日は自由参加ということになりました。
長女に「どうする?」と聞くと、さすがに「休む」と答えました。
まぁこの二日間、充分過ぎるくらいに頑張ったので、明日くらいはお休みにしましょう。
私も明日くらいはゆっくり寝たいです(笑)

長女は稽古の後、仲良し女子三人組で遊ぶ約束をしていました。
お友達の家に集まって、さらにそこでお泊りする事になり、家に帰ったらその準備をして送って行きました。
問題は次女にバレない様にすること。
次女も遊びに行った事があるので、絶対に「自分も行く」と言い出します。
次女がお母さんと話しているスキに、そぉ〜っと出て長女を送って行きました。

その後、さすがに疲れた私は、しばらくの間寝ていました。
起きたのはもう夕方(@_@)
寝たら余計に疲れが出た感がありましたが、その疲れた身体を引きずって、自治会の役員会へと向かいました。
役員会が終わったのが、20時過ぎ、そこから総会に向けての話をしていて、結局帰って来たのは21時過ぎ。

なんだかとっても疲れた日曜日でした。
明日は何も予定がありませんので、家でゆっくりと過ごしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2015年01月10日

寒稽古スタート

150110.jpg

今朝は超早起きでした。
長女が剣道の朝稽古に参加するためです。
毎年恒例の寒稽古があるのですが、今年は三日連続の参加となりました。
今朝はその第一弾。

5時半には集合するため、私は4時半には起床。
なかなか起きない長女を起こして、何とか5時15分には家を出ました。
眠い目をこすりながらも何とか起きて、熱いココアで目を覚ました長女。
寒稽古に参加する事が出来ました。

今日の寒稽古は大学主催の寒稽古。
毎週日曜日は、大学の武道館をお借りして稽古をしています。
そのため、大学から毎年稽古のお誘いが入ります。

今朝も、沢山の大学生とそのOB、先生方、さらには他の道場からも参加者があり、大勢の稽古会となりました。
2時間休憩も無しにみっちりと稽古した長女。
仲良しの女子三人組で一生懸命頑張っていました。

そして土曜日はいつも夕方5時から稽古があります。
今日もいつもと同じ様に稽古がありました。
朝も稽古しましたが、夕方もいつも通り稽古です。
そして明日もまた、早朝から寒稽古です。

今日は頑張ったご褒美として、長女は妖怪ウォッチの映画を観に行きました。
実は嫁さんの職場のスタッフから、以前からお誘いを受けていました。
ようやく実現出来たのですが、たまたま寒稽古の日と重なりました。
朝、頑張って稽古して、日中は映画を観たり、一緒にゲームセンターでUFOキャッチャーをして遊んだようです。
そして、再び夕方の稽古を頑張りました。

明日も早朝寒稽古があります。
さらに明日は、そのまま通常の日曜の稽古があります。
まだ小2の長女には、かなりキツいかも知れませんが、頑張ってやり遂げたら自信に繋がると思います。
この三連休、剣道漬けの連休となりますが、頑張ったら何かご褒美を考えてあげたいと思います。

私も三連休、超早起きしなければなりません(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:16 | Comment(0) | 日記

2015年01月09日

原油安値と景気回復

150109.jpg

毎日寒いですね。
おかしいな〜この冬は暖冬傾向って言っていたハズなのに・・・。
寒波が続いて、少し気温が落ち着いたと思ったら、またすぐ次の寒波。
12月に入ってから、ずっと「寒さが厳しい〜」って言っている気がします。

こんなに寒いと、やはりストーブの温もりがありがたい。
毎年灯油の消費に頭を悩ませているものの、やはりストーブの温かさは必要です。
この冬は、原油の値下がりを受けて、灯油も下がって来ている。
せめてもの救いですね。
ガソリンも下がって来ていて、車を使う身としてはありがたいです。

原油の値下がりは、ガソリンや灯油だけでなく、様々な影響を与える。
原油を基とした製品や、運送費や食品まで、様々な物が原油の価格により影響されます。
それだけ我が国日本は、原油に大きく依存している事が解ります。

私が子供の頃は、「石油はいずれ無くなる」と言われていました。
つい最近までも「あと40年以内に石油は枯渇する」と言われていました。
しかし、実際のところはそうでも無いようです。
確かに現在、石油を掘削しているところは、いずれ枯渇するかも知れません。
でも、地球上には、まだまだ石油が眠っているらしい。

そして、それは日本近海にもある。
中国が必死に尖閣諸島を狙うのも、海底地下資源として、石油が眠っているからです。
さらに、石油だけでなく、メタンハイドレート等の資源も眠っている。
日本は本当に資源大国になる可能性を秘めています。

現在、原油の価格が下がって来ているのも、アメリカのシェールガスなどの、新資源の登場が大きく関わっていると言われています。
シェールガスに対抗するために、これまで高値で売っていた原油を、価格競争で売る様になった。
価格競争になれば、コスト高のシェールガスよりも、石油の方が有利だと言われている。
そして、この価格競争によって、ダメージを受けているのがロシア。
しばらくこの価格競争は続くと見られいるので、これは景気回復にも大きなプラス材料となる。

今年に入って嬉しい事に、景気回復の兆しが見えて来ているらしい。
これまでは景気回復の実感が無かったが、今年は景気回復の実感が私達にも届くかも知れません。
いろんな要素がプラスに向いていて、かなり明るい兆しのようです。
どうか我が家にも景気回復の波が届きます様に(笑)

景気が回復して、好景気に入ったとして、その間に進めて欲しい事がある。
ぜひ、日本近海のメタンハイドレートを実用化してほしい。
何度も同じ事をつぶやいていますが、メタンハイドレートを火力発電の燃料の代わりにすれば、大幅に電気代を下げる事が出来ます。

資源産出国として国際社会で地位を保てる事で、日本経済は強固になる。
そして尖閣諸島などに眠っている石油も使える様にしてほしいですね。
中国の反発は必至ですが、負けてはいけない。
景気回復に拍車をかけ、日本経済を強固にするためにも、是非進めてほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年01月08日

マクドナルドはどこへ行く

150108.jpg

昨年のペヤングあたりから、食品への異物混入問題が続いている。
そして今、あのマクドナルドが岐路に立たされています。
異物混入問題が次から次へと、表立って来て謝罪会見を開きました。
しかし、あれを謝罪会見と言えるのでしょうか?
単なる言い訳会見にしか見えなかったような気がします。

マクドナルドと言えば、昨年、中国での取引会社のずさんな肉の扱いが問題となったばかり。
あの一件で、マクドナルドから足が遠ざかった客も多かったと思う。
そして我が家もその一部かもしれない。
最近、とんとマクドナルドへ行かなくなりました。

今後、ますます行かなくなるような気がします。
あの中国でのずさんな肉の扱い、加えて今回の異物混入問題。
正直、マクドナルド側が真剣に対策しているとは思えない。
会見を見ても、どこか開き直った会見にさえ感じる。
具体的な解決策を探る努力をせずに、この問題がのど元を過ぎるのを待っている気がしてならない。

いずれこの問題が忘れ去られる様になれば、またお客は戻って来ると考えているのではなかろうか?
しかし、仮に客足が戻ったとしても、何も具体的な対策をしていなければ、また今回のような件は起きる可能性が高い。
今回の一連の問題を、どこか他人事として捉えている感が否めない。

以前から、マクドナルドの経営姿勢には意義をとなえる人もいる。
品質よりも価格を優先するがために、中国や韓国から材料を仕入れる。
果たして今の状況で、マクドナルド経営陣は、マクドナルドのハンバーガーを食べたいと思うだろうか?
お客様目線で考えないと、ますます客足は遠のきます。

この異物混入問題。
食品を扱う以上、100%の保証は出来ない。
どうやったって、異物混入する可能性がある。
問題は、異物混入が発覚した後の対応です。
残念ながらマクドナルドは、最悪の対応でした。

子供が大好きなので、出来れば時々は連れて行ってあげたい。
しかし、今の企業体質のままでは、連れて行きたいと思えない。
もっとお客様目線になって、心のこもった対応をしてほしいと思います。
今のままでは、きっとモスバーガーかケンタッキーに行くだろうな。

今後、企業体質を変える事が出来るかが、マクドナルドの運命を変える事になると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと

2015年01月07日

評価を分けたサザンと椎名林檎

150107.jpg

我が家の年末は、いつも紅白歌合戦を見る。
子供の頃からそうだったので、もうこれは習わしと言える。
きっと多くの日本人が、大晦日の晩は紅白歌合戦を見ていると思います。
私が子供の頃に見ていた紅白と、今とでは随分と変わって来ていますが、それでもやはり大晦日の晩は紅白歌合戦というのが落ち着きますね。

さて、その紅白歌合戦で登場したアーティストで、大きく賛否を分けた人がいます。
あくまでもネット上での賛否ですが、逆に言えばネット上と言う事は、かなり本音に近い内容と言える。
まずネットで評価を大きく下げてしまったのが、サザンオールスターズ。
31年ぶりとなるサザンオールスターズの出演は、年越しライブ会場からのものでした。
歌った歌が「ピースとハイライト」。

私はこの時は、別の事をしていて、あまりよく見ていませんでしたが、嫁さんが見終わった後に「なんか凄い皮肉っぽい内容の歌」と言っていたのを覚えています。
歌詞の内容が、今の安倍政権を瑜やするような内容にも受け止められる。
そしてネットで批判的に受け止められているのが、ライブ会場内でバックスクリーンに映し出された映像。
中国での反日活動の映像が流されているのですが、日の丸に×印をつけた映像が映っている。

ネット上では「サザンオールスターズは反日的」等と、批判的な内容も多く、「もうファンをやめる」なんて書き込みもあるようです。
どこまで本気なのかは定かではありませんが、確かに聴いていても、あまり気持ちの良い内容の曲ではない。
現実問題として、中国・韓国の容認出来ない程の反日活動の中で、いくら日本が大人な対応をしても何も変わらない。
しかし「ピースとハイライト」の内容は、お隣同士仲良く出来るハズ。と歌っている。

正直、この数年の中韓の言動には、多くの日本人が怒り呆れ、そして「もう相手にしない方が良い」とすら感じている。
その中で、時の政権を批判し、まるで日本が対応を悪くしているように聞こえる歌は、聴いていて気持ちの良い物ではない。
だからこそネットで批判的に受け止められているのでしょう。

対照的に評価を上げたのが「椎名林檎」。
披露した歌のタイトルは、そのまま「NIPPON」。
歌詞の内容も、日本人の心を奮い立たせるような内容です。
そしてステージ衣装も、赤と白の国旗カラー。

正直、私は椎名林檎って、あまり好きじゃなかった。
好きじゃないと言うよりも、あなり知らないと言った方が正解かも。
そんなに興味無かったのですが、今回のこのNIPPONを見て、他の曲も聴いてみたくなりました。
今度iTunes Storeで視聴して、良かったら購入しよう。
このNIPPONは是非購入したいと思います。

サザンオールスターズに関しては、批判的な意見に対する反論もあるようです。
しかし、椎名林檎の評価に対しては、批判的な意見はほぼ無いでしょう。
日本人なら、誰もが気持ち良く聴ける歌だったと思います。
この歌を批判的に捉える人は、日本人じゃありませんね(笑)
例え日本国籍でも心は日本人じゃないってことでしょう。

アーティストって、本当に影響力が大きい。
大きいが故に、逆に自分の評価を下げてしまう事もある。
今回のサザンオールスターズと椎名林檎は、本当に対照的だったと思います。
これが10年前だったなら、きっと評価は真逆の物だったでしょう。
サザンオールスターズはカッコいいと言われ、椎名林檎は右翼扱いだったと思う。
そう、時代は大きく変わったのです。

そして大きく変えたのは、中韓の反日活動そのものだと思う。
中韓を毛嫌いするのでは無く、そのような国であり、そのような人種であると認識して付き合う事が大事です。
日本は日本らしく、凛として前へ進めば良い。
そう椎名林檎のNIPPONのように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(2) | 音楽/映画

2015年01月06日

ロシアから愛を込めて(笑)

150106.jpg

昨年末からやたらとお誘いのメールが届いています。
何でもお相手はエレナという25歳のロシア女性らしいです(笑)
いや〜参ったなぁ〜(^^;)
何度もメールでお誘いを受けるのですが、さすがにロシアは遠過ぎます(笑)

そもそも送って来るメールアドレスが、仕事で使っているアドレス。
このアドレスは仕事以外では使わないので、ロシアの女性が私のアドレスを知るハズも無い。
きっと何処かでアドレスが漏れて、それが広がってしまったのでしょうね。

以前は別の内容のメールが頻繁に届きました。
同じく英文のメールで、翻訳すると「あなたに仕事を手伝ってもらいたい」という内容の物。
一時期鬱陶しいくらいに届いていたので、アドレスを変えようかと検討していたが、しばらくして止まったのでそのままにしていました。
そして今回はこのラブメールです(笑)

それにしても、こんなメールに引っかかる人がいるのでしょうか?
最近は全く無くなったけど、ちょっと昔は日本語で同様のメールが頻繁に来ていた時期がありましたね。
そりゃ〜もう〜もの凄いラブアタックで、もうモテモテでした(笑)
見ず知らずの女性から、なぜか「会いたいんです」とか「アナタの事が忘れられません」とか、「家の近くまで来ています」とか(^^;)

さすがに最近は無くなりましたが、今度はそれが世界規模になったのでしょうか。
英文で送られて来ると、翻訳しないと内容が解らない。
英文のメールはまずスパムメールとみなしています。
だから殆ど目にしません。

今後、このようなメールが続くようなら、真剣に仕事用のアドレス変更しようかな。
そうなると、仕事先に変更のお知らせを送らないといけないので、本当に面倒です。
また、このアドレスで登録しているサイトなどもあるので、そこもまた変更手続きをしないといけない。
本当に迷惑(-_-)

でも迷惑メールと解っていても、ラブアタックされると悪い気がしないのが、男の悲しい性か(笑)
きっとこれに釣られる男がいるから、こんなメールが無くならないのでしょうね(^^;)
ロシアのエレナさん、ゴメンナサイね。
私は妻子持ちのお金も時間も無いおっちゃんです。
どうか諦めて下さい(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(6) | 日記

2015年01月05日

仕事始めは大掃除(笑)

150105.jpg

今日から嫁さんは仕事、次女も託児所。
そして私も仕事始めとなりました。

しかし、私の仕事始めは、年末に出来なかった大掃除(笑)
さすがに散らかりっぱなしの仕事部屋で、新年の仕事開始はやりたくない。
今日は一日かけて、仕事部屋の片付けと大掃除をやりました。
お陰でだいぶスッキリとしましたが、まだ細かいところは残っています。
細かいところは仕事しながら、ボチボチと片付けます。

これは仕事部屋に限った事ではないのですが、やはり日頃からの整理整頓が大事ですね。
すこし散らかり始めると、あっという間に散らかってしまう。
常に物を片付ける習慣をつけないと、本当に部屋はぐちゃぐちゃになります。

断捨離という言葉が流行っていますが、やはり使わない物は捨てていく事が大事ですね。
私はどうもこの断捨離が苦手で、使っていない物でも、「いつか使うかも知れない」と箱の中にしまってしまう。
しかし、大方そんな物って使わないんですよね。
そして閉まった事を忘れて、いざ使う必要がある時は、買ってしまう。
そんな事がよくあります。

今回も片付けをしていて、「こんな物があったんだ」ってのが、幾つもありました。
一年使わなったら、それはその人にとって必要の無い物だと言います。
「いつか使うかも知れない」と思って残している物が、もう何年も置かれているのが現状。

今回、だいぶ片付けましたが、まだまだ捨てても良い物は、沢山あるような気がします。
特にクローゼットの中は、「いつか使うかも知れない」という物で埋め尽くされている。
今年は「使わない物は捨てる」を心がけて、仕事部屋をスッキリとしたいと思います。
そうしないと、仕事も順調に行かない気がする。

よく玄関が散らかっていると、良い運気が入って来ないと言います。
仕事部屋も同じで、散らからないように、常に注意して不要な物は捨てて行きたいと思います。
運気を良くして行きたいですからね。

さぁ、平成27年(2015年)いよいよスタートです。
公私ともに充実した一年にしたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 仕事

2015年01月04日

エレキギター復活

150104.jpg

年末からお正月にかけて、少しずつやっていた事がある。
それは、エレキギターの手入れ。

以前、久々にエレキギターを出した事をつぶやきましたが、その時は弦を張り替えたところで終わりました。
本来エレキギターの魅力は、やはりアンプを通して音を出す事です。
でも、単にアンプから音を出すのが目的ではない。

一昔前なら、ギターとアンプの間にエフェクターを繋いで、ディストーションのかかった音を楽しんでいました。
しかし、今は違います。
エレキとMacを繋いで、そこで音を出す事が出来る。

前回、弦を張り替えた時点で、それをやろうとしましたが、ノイズが入ってしまい、音が出ませんでした。
考えられる問題点としては、エレキその物が古いので、音にノイズが入っている可能性。
次に考えられるのが、エレキとアンプを繋ぐコードが断線している可能性。

そこで、以前弦を買った楽器屋さんで、接点復活材とコードを年末の大晦日に買った。
お正月の時間のある時に、ちょこちょこと試していたのですが、どうしてもノイズが入る。
最初はエレキからアンプに繋いで、さらにそれを小型ミキサーに通して、Macに繋いでいました。
以前もそのようにして、MacのGarageBandで音を鳴らしていた記憶がある。

しかし、どうしてもノイズが入る。
そこで、小型ミキサーを外して、アンプからMacに繋いでみる。
それでも同様にノイズが入る。
どうやってもノイズが入る。
確か以前はこれで音が入ったハズなんだが・・・。

時々、接触の加減で音が鳴るときもあるので、どこかやはり接触が悪いのかも知れない。
いろいろと考えて、試しにエレキから直接Macに繋いでみた。
アンプを通さなければ、音は鳴らないので、Macに音が入る事は無い・・・・と思っていた。
ところが、音が鳴った(^^;)

結局最もシンプルに繋いだ事で、音が鳴る様になりました(笑)
ようやくエレキ本来の楽しみである、ディストーションのかかった音を楽しむ事が出来ました。
そこで、GarageBandでドラム、ベース、キーボードの音を作り、それに合わせてエレキで演奏して音を入れてみました。

さらにギターを弾いているところをiPhoneで録画。
それをFinalCutProで編集して、GarageBandの録音と合わせて、ムービーを作ってみました。
曲はDeepPurpleのSmoke on the waterです。
若干音がズレている所はご愛嬌って事で、よろしければご覧下さい(笑)

http://www.ds-island.jp/test/e_guitar.m4v

やっぱりエレキも弾くと楽しいです。
指はまだまだ動きが鈍いですが、少しずつ弾き始めていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年01月03日

正月3日目とサビこの帰る日

150103-1.jpg

お正月3日目です。
元日、そして昨日と、お出かけしていたので、今日は家でゆっくりと過ごしました。
朝からのんびりと、そしてまったりと(笑)

長女は昨日お年玉で買ってもらった竹馬に乗りたくて仕方有りません。
外は寒いけど、そんなのおかまい無しに、私に竹馬を組立てる事を求めて来ました。
外は寒いので、玄関で竹馬を組立てました。

学校では竹馬に乗っているようで、練習をしなくてもすんなりと竹馬に乗れた長女。
それを見て、次女も乗りたがりました。
私が竹馬を持って、長女が次女を抱えて、竹馬に乗せますが、やはり怖がって乗れません。
まぁ、次女も小学校に上がる頃には、勝手に乗る様になるでしょうね。

出かける度に、ゲージの中に入れられていた、預かり猫のサビこも、今日は家の中でまったりしています。
子供達もサビこを抱っこしたり、撫でて可愛がったりと、まるで我が家の猫のように接していました。

サビこもすっかり我が家に馴染んだようで、ホットカーペットの真ん中で、気持ち良さそうに寝ています。
それを見て嫁さんが「可愛い〜〜〜〜癒される〜〜〜〜」と、叫んでいました(笑)
子供達だけでなく、嫁さんもすっかりサビこの虜になったようです。

150103-2.jpg

しかし、今日は飼い主さんが帰って来る日。
夕方から晩にはお迎えに来ます。
果たしてすんなりと返せるのか、ちょっと心配でした。
そしてその心配はやはり的中しました(笑)

晩に飼い主さんが迎えに来て、サビこが飼い主さんの腕に抱かれると、次女が泣き出してしまった。
「サビこが良い〜サビこ帰っちゃ嫌だ〜〜〜」と、鼻を真っ赤にして号泣です。
サビこは目をまん丸として「何があったの?」といった表情(笑)
家族みんながバイバイして見送る中、次女1人だけ私にしがみついて泣いていました。

最近、やたらと「犬が飼いたい」と、私達に訴えていた長女と次女。
我が家にはペットがいないので、他所んちのワンちゃんやニャンちゃんを見て、ペットを飼いたがります。
そんな娘達にとって、4日間だけでしたが、猫との生活は嬉しかったのでしょう。
特に次女は、ずっと「サビこ〜」と追っかけ回していました。

私も久々に家に猫がいる感覚を楽しませて頂きました。
奄美でリッチーを飼っていた頃の感覚を思い出しました。
やっぱり猫って可愛いです。

4日間だけの期間限定でしたが、猫と過ごした事は、子供達にとっても良い思い出になった事でしょう。
そして、動物を飼うと言う事は、それだけの責任を伴う事も、少しは解ったと思います。
サビこにとっては、突然の知らない家でのお正月。
戸惑いもあったと思いますが、サビこもサビこなりに、楽しんでいたのではないかと思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記

2015年01月02日

お正月2日目

150102-1.jpg

お正月二日目。
今朝ものんびりの我が家。
昨夜は嫁さんが夜勤だったので、今日は夜勤明けを待って、橿原神宮へ初詣に行きました。

橿原神宮手前まで来ると、突然雪が激しくなり、このまま積もるんじゃ・・・とちょっと心配になった。
しかし、駐車場待ちの間は、激しく降っていましたが、駐車場に着いた時にはすっかり止んでくれました。
お陰で無事に参拝する事が出来ました。

ここ橿原神宮は初代天皇の神武天皇をお祭りしています。
参道には沢山の出店が並び、大勢の参拝客でにぎわっていました。
お正月だなぁ〜と感じる風景ですね。

150102-2.jpg

参拝を終えて参道を歩き出すと、次女が「何か買いたい」と言い出しました。
参拝に行くときから、いろんな物が目に入り、物色していたのかも知れません(笑)
そして、りんご飴を食べたいと言う事になり、飴屋さんの前で飴を選ぶ事に。
絶対に食べきれないのが解っていたので、小さな飴にしました。

橿原神宮で参拝を終えたら、次は一気に北上して、郡山のイオンへ。
お年玉を貰った子供達に、金額を決めて、一つだけ好きな物を買ってあげる約束をしました。
郡山イオンのジョーシンでお買い物をする事にしたのです。
何を買うのかは、ジョーシンについて選ぶ子供達。

ジョーシンに着くと、ものの3分もかからずに、次女はおもちゃを選びました。
選んだのは、シルバニアファミリーの熊さんファミリーセット。
クリスマスプレゼントにシルバニアファミリーの幼稚園セットを、サンタさんから貰ったので、このシリーズが欲しかったのでしょう。
決断力があるのか、それとも後先考えていないのか。きっと後者だと思う(^^;)

息子は特に欲しい物も無いので、今回は使わないと判断したようです。
そりゃ〜中学3年生にもなれば、欲しい物はジョーシンには無いし、欲しい物はもっと高額な物になる。
無理して使う事も無いので、息子の分は、そのまま取っておく事にしました。

そして長女です。
これがまた次女とは違い、なかなか決められない。
店内をぐるぐると回っては、いろいろと物色しますが、なかなか決まらない。
3分で決まった次女とは対照的に、30分経っても決まりません。

無理におもちゃじゃなくても、服とかカバンとかでも良いよ。と言うのですが、本人はおもちゃが欲しいらしい。
ぐるぐると何度も何度も回り、ようやく決めたのが何故か妖怪ウォッチのじばにゃん。
しかもそれはプラモデル。
本当はキックボードが欲しかったみたいですが、金額が予算の倍程。
しかし、だからと言ってプラモデルは・・・。と思って、ふと横を見ると、「スポーツ竹馬」が目に入った。

以前から学校で竹馬を練習していた長女。
私が「竹馬があるよ」と言うと、すかさず食いつきました。
値段もちょうど予算から若干オーバーする程度。
すぐさまプラモデルを戻し、竹馬を手にした長女。
ようやく欲しい物が見つかりました(^^;)

家に帰ると、早速長女と次女はシルバニアファミリーで遊んでいました。
明日天気が良かったら、長女の竹馬も出してあげたいと思います。
家を留守にしている間、預かっている猫のサビこはゲージの中です。
私達が帰って来ると、「早く出して〜」と言わんばかりにニャ〜ニャ〜鳴いていました。
ゲージから出して上げると、しばらく走り回って、その後は、ホットカーペットの上でくつろいでいました。
すっかり我が家のように馴染んでいます(笑)

150102-3.jpg

明日には飼い主さんが帰って来る予定なのでお別れです。
子供達寂しがるかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2015年01月01日

あけましておめでとうございます

150101.jpg

新年あけましておめでとうございます。
平成27年(2015)年の始まりは、お天気は良かったのですが、強風の寒い一日でした。

我が家の元旦は、いつものんびりとしています。
まずは天理教教会本部へ参拝に行き、その足で石上神宮へ初詣に行きました。
昨年は奄美に帰省していたので、二年ぶりの初詣と言う事になります。

強風の中、参拝していたので、手がかじかんで痛い程でした。
石上神宮へ着くと、境内の中で焚き火があります。
毎年ここで温まるのですが、今年は特に寒かったので、火の温もりが嬉しかったです。
冷えきった身体を、焚き火で温めてお参りしました。

そしてこれも恒例のおみくじを引きました。
私と嫁さんが半吉、子供達が中吉でした。
誰も大吉はいませんでしたが、そこそこの良い年になると期待したいと思います。

150101-1.jpg

初詣を終えたら、一旦家に帰って、昼食。
ここで、奄美の三献(さんごん)を済ませました。
そして子供達へお年玉を配ります。
この時だけは、子供達も大人しく行く事を聞く(--;)
それぞれにお年玉を渡したら、誰から幾ら貰ったのか、封筒の裏に書かせます。
そしてそれぞれの合計額を記入して、お母さんが預かります(笑)

年賀状も届いていたので、それぞれに分けていました。
すると次女が「自分の分は?」と言い出しました。
皆に年賀状が来ているのに、自分の分が無いのが寂しかったようです。
しかし、託児所の先生から来ていて、ようやく1枚、そして嫁さんの職場のスタッフからも貰って2枚になりました。

その後は、剣道の元旦稽古。
これも毎年の恒例で、いつも参加しています。
お正月なので全員が参加はしませんが、今年は半数以上が参加しました。
長女も寒い中、一生懸命稽古をしていました。

150101-2.jpg

2時間の内、最初の1時間を小学生メインで、後半は中学生以上をメインで稽古。
1時間の稽古が終わった時点で、小学生は終りでしたが、「稽古をしたい人は残って良い」という先生の言葉に、誰1人帰ろうとせず、そのまま残って稽古をしました。
結局2時間、しっかり稽古をして帰って来ました。

平成27年(2015年)の年明け。
我が家は例年通りの元日となりました。
今年も頑張って参りたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 日記