2014年12月18日

世界を変えるのは教育

141218.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

うぅ〜〜〜今日もさぶい〜〜〜〜。
昨日と同じく、いや昨日よりも寒かったかも(><)
明日は寒さが緩むらしいが、またすぐに次の寒波がやって来るそうな。
誰だ〜〜〜〜今年は暖冬なんて言ってたのは(^^;)

しかし、この寒波がニュースになるくらいだから、日本って平和なんですよね。
世界を見れば、寒波なんぞと言ってられないニュースが流れています。
やはりショックだったのは、パキスタンの学校をテロ集団が襲撃した事件。
何の罪も無い、子供や教員達が、148名も犠牲になってしまった。

何で学校に通う子供達が、犠牲にならなければならないのか?
本当に理解に苦しむし、犯行に及んだ集団が本当に許せない。
どうもこの学校が軍の経営するもので、生徒も軍関係者の子供が多いらしい。
タリバンはパキスタン軍に抵抗するために、この学校を襲撃したと見られている。

自分たちの子供も、パキスタン軍の攻撃によって被害を被った事への復習らしいが。
やはりこれは負の連鎖ですよね。
憎しみが憎しみを産み、暴力が暴力を呼び、新たな復習と暴力が連鎖する。
出口の見えない深い深いトンネルが続く。

テロを武力で征圧しても、そこからまた憎しみの芽が出てくる。
憎しみの芽は、やがて怒りと暴力の実をつける。
血で血を洗う戦場が繰り返され、その度に悲しみと絶望が人々を覆う。
悲しみは新たな憎しみを産み、再び怒りと暴力の実をつける。

何のために争うのか?
その戦いに意味はあるのか?
立ち止まって考える事も出来ないのでしょう。
考えるための教育を受ける事も無く、ひたすらに戦うしか無いのかも知れません。

今、イスラム国と名乗るテロ組織が勢力を伸ばしています。
それに刺激されたように、様々なテロが起き、また未遂事件も増えている。
何のためにイスラム国に参加するのか?
自分自身に行き詰まった人達が、逃れる様に集まって来ている気がします。

やはり大事なのは教育。
例え学校の成績が悪かったとしても、勉強だけでなく、人としてどう生きるかを教わる事が大事だと思う。
教育とは何も成績が全てではない。
それよりも人として、どう生きるのか。
自分が社会の中で、どのように貢献出来るのかを、学ばせるのが教育だと思う。

世界中の子供達が、教育を受ける事が出来れば、世界は変わる事が出来ると思う。
争いも激減し、テロも姿を消すかも知れない。
憎しみからは怒りと暴力しか産まれない。
しっかりとした教育からは、有能な人材が産み出され、やがて世界を変えていく。

教育こそが最大の武器である。
世界中の子供達に教育を。
二度とこんな事件を起こさせないためにも。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 私の思うこと