2014年11月10日

近隣諸国と向き合うために

141110.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

久しぶりに政治の話を。
長い事実現しなかった「日中首脳会談」がようやく実現しました。
日本側は常にドアをオープンにした状態でしたが、中国側がやたらと会談の条件をつけていたために、実現しなかった日中首脳会談。
今回実現したと言う事は、日本が中国側の条件を呑んだのかと言えば、そうではない。
会談では尖閣諸島の件も靖国参拝の件も、話題には出ていない。
つまりはどちらも口に出さない事で、握手を交わして友好を演出したと言う事に過ぎない。

日中会談を行わなければ困る国はどこか?
日本!?いや日本はさほど困らない。
困るのは中国の方。
APECのホスト国が、隣国の経済大国日本の首相と会談をしないとなれば、それは世界から見て大問題。
日本側は以前から「いつでも会談出来る」としてきたのを、条件をつけて拒んで来たのは中国側だ。

もし今回会談を行わなければ、中国は世界に対してさらに信頼を失う。
元々信頼など無いに等しい国であるが、それでも首脳会談をやらなければ、さらに信頼を失う。
そして、日本との関係改善を模索しなければ、困るのは中国自身である。
失速する経済、とまらぬ国内テロ。
香港デモを始めとした民主化を求めるデモ。

いくら強がって見せても、中国は日本を抜きにしてやってはいけない。
逆に言えば、日本も中国との経済関係を無しにしては、やっていけない部分もある。
私個人的には、中国から撤退して、ベトナムやカンボジアなどにシフトする方が良いと思うが。
いずれにしても、日中は経済では強いパイプで結ばれている状態です。

これ以上、日本との関係を悪化させれば、ますます中国の経済は堕ちて行く。
中国の本音としては、何とか日本と仲良くしたい。
しかし、その姿勢を見せると、国内では反発が起きる。
とことん反日教育をして来て、日本を悪者にしてきた中国です。
少しでも日本に擦り寄る姿勢を見せると、国内には不満が起きる。
反日デモが起きると、その不満はいずれは中国共産党へと牙を向く。

そんな中国の国内事情もあり、今回は中身の無い会談で済ませる事を、双方で合意したのでしょう。
日本側は中国の顔を立てた形になります。
まぁ中国側はそうは思っていないでしょうけど。
この会談をきっかけに、日中関係は改善・・・・されないでしょうね(^^;)
あくまで上辺上の付き合いになると思います。

さて、今回の会談で困ったのは、きっと韓国でしょう。
中国側に思いっきり擦り寄ってきた韓国。
中国と足並みを揃えて、日本を批判して、首脳会談を避けて来た韓国。
しかし、日中は形式上とは言え、会談が実現しました。
パククネ大統領は、いつになったら安倍総理と会談を行うのでしょう。
今更韓国側から「会談して下さい」とは言えないでしょうね。
さぁどう出る韓国。また「日本が悪い」と世界中で言いふらして回りますか?

まぁ無理にやる必要も無いですよね。
ほっときゃ良いんですよ。
日本はいつでもOKと言って来たのを、変な条件ばかり付けて来たのは韓国の方。
自業自得ってやつですよ。
日本は別に韓国と関係改善しなくても、特段困りません。

日本ももういい加減、お人好し外交はやめましょう。
相手が嫌な態度とるのなら、こちらも厳しい態度で示せば良い。
外交とは左手で握手をして、右手に武器をちらつかせるものです。
無礼な態度を見せる国とは、断交しても良いと思う。

これからの日中関係、そして日韓関係。
さらには日朝関係、そして日露関係。
様々な思惑と様々な駆け引きと、揺れ動く東アジア情勢となりそうです。
日本は毅然とした態度で、周辺諸国と向き合わなければなりませんね。

尖閣諸島の死守。そして赤珊瑚の死守。
従軍慰安婦の捏造撲滅、そして竹島の奪還。
拉致被害者の救出、北方領土の奪還。
本当に我が国は周辺諸国によって、多大なる被害を受けて来ました。
これらに打ち勝つためにも、強い日本でなくてはなりません。

会話だけではダメ。
いざとなったら自衛隊が前に出て戦闘態勢に入るくらいの気構えが必要です。
そうなって初めて、日本との会話に乗って来る。
これからの日本の姿。
真剣に考える時期に来ている気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | 私の思うこと