2014年11月08日

海王丸セイルドリル見学会

141108-1.jpg

141108-2.jpg

141108-3.jpg

今日は朝から家族でお出かけ。
行き先は名古屋港。
なぜ名古屋港なのかと言うと、海王丸という帆船の見学に。

単なる船の見学では無くて、その海王丸で行われる、セイルドリル実習の見学です。
セイルドリルとは、帆船の帆を張る作業の事で、実習生が行うセイルドリルを見学する事が出来るのです。
息子が進学を希望している学校から、そのセイルドリルを船上にて見学出来る招待状が届き、抽選に出したら見学出来る事になりました。

ただし、船上で見学出来るのは息子だけ。
後は学校の練習船からも見学出来るので、こちらも希望を出していた。
ただし、こちらは小学生以上でないと乗船出来ない。

そこで、嫁さんと長女に練習船に乗船してもらい、私と次女は港でセイルドリルの実習を見学しました。
帆船を間近で見るのも初めてでしたので、その大きさと優雅さに、最初から感動ものでした。
そして、実習生のセイルドリルが始まり、合図とともに、沢山の実習生がマストに上がって行きます。
大勢の実習生が帆を結んでいるロープを外す練習作業に取りかかる。
下から見上げるだけでも、高さが解る。
実際に上に登って作業をしている実習生にとっては、とてつもなく高い高さなんでしょうね。

息子はその実習の様子を、船上で間近で見ています。
嫁さんと長女は、練習船からその様子を見ています。
私と次女は港から見ていましたが、さすがに次女が飽きて来た。
セイルドリルって、もの凄い時間かかるんですよね。

ようやく帆が降ろされて来たところで、次女の我慢が限界に達したので、次女を連れて一旦港を後にしました。
実は駐車場から港に来るまでの間に、名古屋港水族館があり、そこの一角に子供遊園地みたいな場所がある。
そこを通って来たので、次女はそこで遊びたくて仕方ない。
次女だけが何もする事が無いので、その場所で遊ばせる事にした。

アンパンマンの乗り物やメリーゴーランドに乗って大満足の次女。
一通り遊ばせたら、再び港に戻りました。
セイルドリルは今度は帆をしまう作業に入っています。
再び実習生達がマストを登り、帆をたたむ作業に入りました。

初めて間近で見た帆船、そしてセイルドリル。
もの凄く感動しましたね。
息子もとても貴重な体験をして、長女も練習船に乗る事が出来て、皆大満足でした。
私もとても感動して大満足でした。

港にはこの海王丸のセイルドリルを見に来た人で溢れていました。
カメラを抱えた人が大勢来ていて、皆、夢中でシャッターを切っていました。
帆船って、本当に綺麗です。
これが海上を走っていたら、そりゃ〜美しいですよね。

その後、近くで「帆船模型展」をやっていたので、そこを見学して、さらに近くに「南極観測船ふじ」があったので、そこも見学しました。
「南極観測船ふじ」は実際の船が港に停泊した状態になっていて、中がそのまま展示場になっています。
実際に使っていた船をそのまま展示場にした状態です。
「南極観測船ふじ」の船内が忠実に再現されていて、まるで自分がその船に乗って南極へと向かっている気分でした。

一日がかりの見学でしたが、とても感動して、良い見学会となりました。
これを刺激に、息子ももっと勉強頑張って欲しいです。
この道に進みたいようですが、もっと勉強を頑張らないと、道は開けません。
息子の進みたい道ならば、私達も全力で応援したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:45 | Comment(0) | 日記