2014年11月03日

お亀の湯と回転寿司

141103.jpg

今日は文化の日でお休み。
しかし、嫁さんは昨夜夜勤だったので、午前中に帰宅した。
北海道のおじいちゃんも来ているし、せっかくの休みなので、出かける事にした。
嫁さんは仮眠しないといけないので、私が出かける準備で、お弁当を作る事にしました。

お昼前にようやく準備が出来て、温泉に入りに曽爾まで出かける事にしました。
曽爾高原の手前にある「お亀の湯」に入るために、車を走らせます。
確か昨年もこの時期にお亀の湯に行きました。

木々も紅葉で色づき始め、すっかり秋の景色の中、そろそろお亀の湯に着こうかとした矢先。
突然渋滞が発生。これまで全く感じませんでしたが、どうやらもの凄い人が来ているようです。
過去に二回程来ていますが、こんなところから渋滞するのは初めて。
「これはもしかするとお風呂に入れないかも知れない」と、思いながらも、渋滞の列に並びます。

しかし心配していたほどではなく、渋滞しながらも車はノロノロと進みました。
そして何とか駐車場に入り、近くの休憩所でお弁当を食べる事が出来ました。
お弁当を食べたら、いよいよお風呂へ。
しかし、やはりかなりの混雑で、女子風呂は整理券で入場制限していました。
久々の温泉でゆったりと身体を休め、心身ともにリラックス出来ました。
ちょっとお湯がぬるめだったのですが、まぁこれだけの人ごみですから、お湯もぬるくなるのでしょう(笑)

温泉に入ってしばらくしたら、もうすっかり夕方。
お亀の湯を出る頃には、すっかり陽も落ちていました。
帰って来た時にはどっぷり陽も暮れていました。

晩ご飯は皆でそろって回転寿司へ。
久々の回転寿司にテンションが上がる子供達。
約1時間待ちだった事もあり、テーブルにつくなり、もの凄い勢いで皿を取っては食べ始めました。
次女も負けじと、マグロを取ってもらっては、次々に口へ。
あまりの凄まじさに、おじいちゃんは圧倒されていました(笑)

お腹いっぱいお寿司を食べて、子供達も大満足。
次女のお腹は、まるで風船でも入っているのか?と思う程に、パンパンになっていました(笑)
連休の最終日。
のんびりと温泉に入り、お寿司を食べて、大満足の休日だったのではないでしょうか。
明日はおじいちゃんは北海道へ帰ります。
しばしの触れ合いでしたが、良き思い出となったと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 日記