2014年11月01日

小悪魔全開の次女

141101.jpg

次女の小悪魔ぶりが止まらない。
北海道のおじいちゃんが来てからと言うもの。
おじいちゃんにベッタリの次女。
おじいちゃんも悪い気はしないので、ついつい次女の甘い言葉に乗ってしまう(笑)

次女は明らかに「おじいちゃんは何でも言う事を聞いてくれる」と思い込んでいる。
そして言葉巧みにおじいちゃんに寄り添う。
そのやり方に思わず笑ってしまうのだが、それを許してしまうのが、また次女の強みでもある。

昨夜もおじいちゃんの布団で寝たのですが、昨夜は先に次女が寝てしまったのを、おじいちゃんが布団で一緒に寝た形。
しかし、今日は次女が自ら「おじいちゃんと寝る」と宣言していました。
さらに、私が冗談で「おじいちゃんと北海道に帰るか?」と言うと、本気で「おじいちゃんと北海道に行く」と言い出しました。
そして北海道でお留守番のおばあちゃんに電話して、「おじいちゃんと一緒に北海道に帰る」と宣言していました。

そんな次女なので、おじいちゃんも可愛くてしかたありません。
ついつい次女の甘い言葉に、おじいちゃんも鼻の下が伸びた状態です。
ご飯を食べる時も、おじいちゃんのそばにベッタリ寄り添います。

我が家の子供達にとっては、おじいちゃん・おばあちゃんと言うのは、特別な存在です。
年に一度でも会えれば良い方で、下手すれば2〜3年に一度しか会えない。
どちらも遠く離れて暮すおじいちゃん・おばあちゃんです。
滅多に会えないので、子供也に「甘えても良い」と解っているのでしょうね。
また、おじいちゃん・おばあちゃんも甘えてくる孫が可愛くて仕方ないのだと思います。

そんなおじいちゃんとも、あと2日程でお別れです。
おじいちゃんが帰ったら、次女は大泣きするのではないかと、今からちょっと心配です。
マイペースな次女だから、意外にあっさりとしそうな気もするし、でも、大泣きしそうな気もします。
これだけベッタリ甘えている次女を見るのは初めてなので、居なくなったと時の反応が読めません。

あと2日間。
次女にはタップリ甘えてもらいましょう。
そしておじいちゃんにも、タップリ次女の甘えん坊を味わってもらいましょう。
きっと次女にとっても、良い思い出となる事だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | 日記