2014年10月31日

Happy Halloween

141031.jpg

今日は10月31日。ハロウィーンでしたね。
日本でも随分と定着してきた感のあるハロウィーン。
ただ、欧米のように、子供達が仮装をしてお菓子を貰って歩くと言うのは、日本では馴染みがありません。
日本のハロウィーンは、どちらかと言うと仮装パーティーに近いイメージです。

長女も今日は剣道のお友達のお家に招かれて、以前100均で買った帽子とマントを着けて、ルンルンで出かけていきました。
それ以外にも、同級生とハロウィーンの約束をしたようで、お互いの家のポストにお菓子を入れ合う約束をしたようです。
学校から帰って来て、すぐにお菓子を持って、近くの同級生の家まで行ったようでした。

ハロウィーンって、元々はケルト族の収穫祭だったんですよね。
それが欧米でいろんな形に変わって行って、今の形式になったようです。
ただ、日本ではまた独自のハロウィーンになりつつあるようです。

日本のハロウィーンは、やっぱり仮装大会みたいなノリになっている。
子供達も大人も、仮装を楽しむ日みたいになっています。
まぁそれはそれで良いのかも知れません。
元々日本の文化では無いし、クリスマスも本来の意味合いから外れて楽しんでいるし。

日本人ってやっぱりお祭り好きなのかも知れませんね。
何かにつけて、お祭りで楽しみたい。
日頃仮装なんて出来ないけど、ハロウィーンの日だけは、堂々と仮装が出来る。
そんな感覚でハロウィーンが受け入れられて来たのでしょう。

また、商売としても成り立つんですよね。
これまでこの時期って、クリスマスには早いけど、デパートなどではクリスマス商戦に入っていた。
ところがハロウィーンがある事で、9月からハロウィーン商戦に入ることになる。
ハロウィーンが終わったらクリスマスという流れが出来る。

クリスマスはクリスマスグッズや、飾り付け等が売れる。
しかし、ハロウィーンはまた違うグッズが売れます。
商売をする方にしても、ハロウィーンは絶好のネタなんでしょうね。

長女もしっかりハロウィーンを楽しんだ様子でした。
そして10月も終り。
そろそろ年末の足音が聞こえて来ます。
あっヤバい。年賀状・・・・(^_^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 日記

2014年10月30日

北海道からの来客

141030.jpg

本日、北海道から嫁さんのお父さんが来ました。
教会の用事で、4日間ほど滞在します。
今日は久々に暖かい、いやちょっと暑いくらいの一日でした。
北海道との気温差は明らかです。
北海道の家を出たのは早朝、気温は氷点下3度だったそうです。
さすがに「暑い」と言っていました(笑)

子供達はおじいちゃんが来るのを楽しみに待っていました。
次女の託児所お迎えも一緒に行きました。
次女は最初は恥ずかしがっていましたが、すぐに慣れて手を繋いで歩いていました。
いつもはSkypeで会話しているおじいちゃん。
次女にとっては一年ぶりの再会です。

昨年、夏休み中に息子と長女が、9月に嫁さんと次女がそれぞれ北海道に帰省しています。
一年ぶりの再会に、子供達もおじいちゃんも喜んでいました。

晩ご飯は、以前北海道から送ってもらった「ジンギスカン」。
ジンギスカンと言っても、パックに入ったジンギスカンです。
でも、これが意外と美味しい。
子供達も皆大好きです。

次女も大好きで、ジンギスカンの肉を口一杯にほおばって食べているのを見て、おじいちゃんビックリしていました(笑)
次女の食べっぷりの良さに、絶句したようです(^^;)
好きな物にはホントに目が無い次女です。

明日は教会の用事で、一日出かけるおじいちゃん。
それが終われば、後はフリーです。
週末にかけて、いろいろと用事もありますが、孫達と思い出を作ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2014年10月29日

新作、りっちー君シリーズ3点

昨日の予告通り、新作3点をお届けします。
今回は訳あって、全て「黒猫りっちー君シリーズ」です。
数ある黒猫りっちー君シリーズですが、実は秋のシリーズが少ない。
秋のりっちー君は「秋桜畑のりっちー君」だけでした。

なぜ、秋のりっちー君が必要かと言いますと、りっちー君シリーズでカレンダーを制作したいから。
で、調べてみると、りっちー君シリーズは13作あるけど、秋は1作しかない。
12ヶ月分のうち、秋が1つしか無いとなると、やはり困る。
さらに冬も1作品しかない。
と言う訳で、秋を2作、冬を1作、全てりっちー君で制作する事にしました。

では、早速作品の紹介を。
まずは「ぶどう畑のりっちー君」。
146ぶどう畑のりっちー君.jpg

ーーーーーーーーーーーー
収穫の秋。たわわに実ったぶどう畑にやってきたりっちー君。
水々しいぶどうが、秋の陽射しに輝いています。
丸々の美味しそうなぶどう。眺めるだけなんて出来ないよね。
ーーーーーーーーーーーー

続いて「秋風と黄昏りっちー君」。
147秋風と黄昏りっちー君.jpg
ーーーーーーーーーーーー
秋風に紅葉が舞う季節となりました。里山もすっかり秋色に染まっています。
夕暮れせまる黄昏時、紅葉を眺めて少し寂しい気持ちのりっちー君。
深まる秋、りっちー君の心も秋色に染まっているのでしょう。
ーーーーーーーーーーーー

最後は「雪の宿とりっちー君」。
148雪の宿とりっちー君.jpg
ーーーーーーーーーーーー
しんしんと雪の舞い降りる寒い冬。こんな季節は、雪のお宿であったまるのが一番。
りっちー君も雪の宿で暖まっています。よくみるとアチコチに雪の宿。
寒い季節、雪の宿でぽかぽかに暖まってみませんか。
ーーーーーーーーーーーー

「ぶどう畑のりっちー君」と「秋風と黄昏りっちー君」については、リクエストを頂いていました。
今回、秋のイラストが少なかった事から、イラストに取りかかりました。

一気に3作品、それも全てりっちー君。
今までになかった取り組みでした(^^;)
でも、これでちょっとエンジンかかってきた。
昨夜つぶやいた、産みの苦しみも、ちょっと目処が立って来た。

こちらの新作は、作品展で初お披露目したいと思います。
是非、作品展に足を運んでご覧下さいませ。
作品展が終わったら、こちらでも紹介します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2014年10月28日

イメージ産みの苦しみ

141028.jpg
【深愛樹ーしんあいじゅー このタッチのイラストをイメージ中】

うぅ〜今日は寒かったですね〜。
日中でも寒くて、仕事していたら足がどんどん冷えて来た。
思わず冬場に使う膝掛け引っ張り出して使っていました。
明日はもっと冷え込むらしい(><)
一気に冷え込んで来たので、風邪ひかないように注意しましょう。

寒くても仕事はしないといけませんし、仕事と同時に作品展の準備も進めていかないといけません。
実は今、新作を準備中です。
しかも新作は全て「黒猫りっちー君」です(^^;)
訳あって黒猫りっちー君のイラストが必要となりました。

黒猫りっちー君の新作は、全部で3点。
明日か明後日にはこちらで発表できるかと思います。
新作3点が完成すれば、アニマルシリーズは148点となります。
頑張って作品展までに、あと2点描いて150点にしたいなぁ〜。
まぁ無理はしないようにガンバロウ(^^;)

本当はアニマルシリーズじゃなくて、違うタッチの新作を1点描きたいと思っている。
ずっと思っているのですが、なかなかイメージが決まらない。
作品「深愛樹ーしんあいじゅー」みたいなイメージで考えているのですが、なかなか決まりません。
アニマルシリーズは自分自身が癒されるイメージで描くので、比較的形にしやすい。
しかし「深愛樹ーしんあいじゅー」のようなイラストは、自分の心の奥から導き出す様に描くので、なかなか形に出来ないんですよね。

作品展までに1点は描きたいと思っているんですが。
厳しいかなぁ〜。
まさに今、産みの苦しみ中です(><)

作品展のイメージも少しずつですが、固まって来ました。
いろいろと準備が必要となるので、頑張って準備して行きたいと思います。
案内状も今週末には届く事と思います。
残り一ヶ月ちょっとだもんなぁ〜。
さぁ頑張らなくっちゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | アート

2014年10月27日

小悪魔出動

141027.jpg
【お気に入りのコスチュームでポーズをとる次女】

先週の火曜日。
いつも火曜日は、長女の英会話の教室がある。
その日は、いつも通りの英会話だったが、ハロウィンも兼ねての教室だった。

そのため、予めハロウィンの仮装グッズを買っていた。
仮装グッズと言っても、昨年100均で買ったマントと、今年も100均で買った帽子。
それでも長女は喜んで、その100均グッズで英会話に行った。

100均でハロウィングッズを買ったとき、当然のように次女も自分の分を選んだ。
最初から自分も買う気満々だし、長女だけ買って次女は無しという訳にもいかない。
それに実は次女も英会話のハロウィンが予定されていた。
未就学児童を対象として、英会話の体験授業があるのです。
そこにハロウィンもくっついて来た状態。

英会話教室としては、単に「英会話の体験」と言うよりも「ハロウィン」とした方が、招きやすいし子供も行きたがるのでしょうね。
そして我が家の次女も、まんまとその作戦に引っかかった。
英会話と言うよりも、ハロウィンという意識で、その体験授業に参加する事に。

次女が100均で選んだグッズが、カチューシャでした。
しかも角が生えたカチューシャ。
カチューシャを付けると・・・・・・そのまま小悪魔(^^;)
あぁ〜日頃から小悪魔ですが、これ付けると完璧な小悪魔です(笑)

今日はたまたま嫁さんが休みで、今日の英会話ハロウィン教室は、お母さんと行く事になりました。
お母さんが休みなので、次女も託児所はお休みです。
もう朝から「今日はハロウィン!?」と、何度聞いてきた事でしょう。
待ち遠しくて仕方ないようです。

そしてようやく夕方になり、英会話に行く準備。
お姉ちゃんのマントを借り、角のカチューシャを付けて、小悪魔の完成。
記念撮影でiPhoneを向けると、これまた小悪魔的ポーズ。
はぁ〜このまま大きくなるのだろうか?
自分の娘ながら、将来が・・・・(^^;)

一時間程して帰って来ましたが、満面の笑みを浮かべてご機嫌で帰って来ました。
よほど楽しかったのでしょうね。
こうやって次第に「英語やりたい」という風に導かれるのでしょう(^_^;)
まぁ息子、長女と通っている英会話です。
次女が行く気になったら、考えないといけません。

これからの社会、英語が必須になって来る条件が多いと思う。
私のような英語アレルギーにならないように、子供達には英語に親しんでもらうのは悪く無い。
でも、次女の場合は、まず日本語からだ(笑)
まだひらがなも読み書き出来ていませんからね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2014年10月26日

忙しい日曜日

141026.jpg
【秋が深まりつつある日曜日】

今日は一日スケジュールびっしりでした。
日曜日ですが、今日はいつもの剣道の稽古はお休み。
稽古場である大学の武道場が本日は使えません。

通常なら稽古がお休みであれば、ゆっくりと出来るのですが、今日は月次祭で、しかも秋の大祭。
日曜日と重なったので、多くの人が参拝に来られます。
そして奄美からも会長さんと、私の叔父・叔母も来ています。
昨夜は顔を出して挨拶をして来ました。

今日は月次祭なので、私達も参拝に行く事にしました。
予想通りもの凄い人の数。
参拝を終えて講話を聞いて、早めのお昼ご飯にする事にしました。
お昼からは、奄美から来た団参の人と、いっしょにひのきしん(清掃活動)の予定です。

昼食後、団参と合流して草抜きひのきしん。
私の甥っ子や、大阪の叔父・叔母などとも会って、皆で小一時間程草抜きをしました。
途中で飽きてしまった次女は、「早くお家に帰ろう」を連呼していました(^^;)

お家に帰ったら、休む間もなく車でお出かけ。
お買い物と髪をカットするために、ショッピングモールへ。
カットはめっちゃ混んでいて、一時間待ち。
その間に買い物を済ませ、カットが済んだのは夕方。

急いで家に帰り、再び出かけます。
今度はまた教会本部へ。
でも参拝ではありません。
明日が青年会総会があり、その前夜祭があるのです。

広場にたくさんのテントが立ち並び、沢山の模擬店が出ています。
さながら学園祭のような雰囲気。
そしてステージではAKBの歌を歌って踊っているグループ。
もちろんAKBではありません(笑)

子供達が綿菓子が食べたいと言うので、長蛇の列に並び綿菓子を買いました。
他にも手羽先やタコス等を買って食べました。
ふと看板に目をやると「出雲そば」という看板が目に入って来た。
以前から行きたいと思っている出雲大社。
確か出雲はそばも有名だったハズ。

これは食べなくては。と出雲そばを食べました。
味は・・・・普通のそばでした(笑)
きっと出雲で食べるそばは、違う味でしょう。
出雲大社に行く事が出来たら、そこで本物の出雲そばを食べたいと思います。

そろそろ前夜祭も終りに近づいて来た頃。
ステージでは最後の出し物が。
そこには何と、モノマネ芸人のコージー冨田氏が。
最初はモノマネのモノマネかと思ったら、何と本物だった。

遠くからしか見れなかったけど、松山千春のモノマネや、有名なタモリの笑っていいともなどもやってくれました。
まさか、ここでコージー冨田を見れるとは思っていもいませんでした。
最後の歌を聴きながら、会場を後にして、駐車場へと向かいました。
そして車を出そうとした瞬間。
突然周辺が光り、爆音が聞こえて来た。

ビックリして車を止めた。
何かと思ったら祭りの終りを告げる花火だった。
花火が上がる場所が、駐車場のすぐ近くだったので、間近で花火を見る事が出来ました。
これには子供達も大喜び。

一日いっぱいスケジュールが詰まっていた本日。
子供達も疲れたのか、次女は帰りの車の中で、長女も帰って来てしばらくしたら眠りにつきました。
私も疲れたけど充実した一日でした。
さぁ明日から、またお仕事ガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記

2014年10月25日

家族の食卓が一番の栄養になる

141025.jpg

最近、やたらと娘達が何かを食べたがる。
決してご飯を食べさせていない訳ではないが、買い物に出かけたり、参拝に行った帰りに、屋台の「たこ焼き」の文字に反応する。
次女は決まって「たこ焼き食べたい」と言うが、最近は長女まで「ポテト食べたい」とか「アイス食べたい」など言い出す様になった。
そんなに我が家の娘達は飢えているのか(^^;)

我が家は基本的にお菓子を買わない。
時々は買うが、毎日のおやつにお菓子がある家では無い。
お菓子を買っても、すぐに無くなってしまうし、買えば買うだけ食べるので、なるべく買わないようにしている。
そんな事もあってか、外に出るとやたらと何かを食べたがる娘達です(笑)

でも、これって子供の頃には、みんなやっていますよね。
そして時々買ってもらえるから嬉しい。
これが毎日買ってもらっていたら、きっと飽きて有り難みも無くなるのでしょう。

食べ物って不思議ですよね。
どんなに美味しい物でも、毎日食べていたら飽きる。
それにどんなに美味しい物を1人で食べるよりも、普通の食事を皆で食べる方が美味しい。
同じ物でも、食べる環境によって、腹を満たすための食事にもなり、笑顔と会話の旨みが加わった食事にもなる。

子供の頃、決して裕福ではない、貧しい暮らしの中でも、何故か夕食の食卓だけは、華やかなイメージとして思い出に残っている。
決してメニューが華やかだった訳では無い。
何を食べていたかも覚えていない。
でも、夕食の食卓は華やかだった。

それはきっと、家族でテーブルを囲んで食事をしていたからだろう。
そんなに会話の多い家族ではなかったけれど、それでも家族で食べていた事が華やかに残っているのだと思う。
一方、社会人になってからの寮生活や、一人暮らしを始めた頃の食事は違う。
やはり薄暗いイメージとして残っている。

寮生活の時は、食堂があって、ちゃんと栄養管理されたメニューが用意されていた。
でも、やっぱり1人で食べていた食事は美味しい食事として残っていない。
1人で食べる食事は、とにかくお腹を満たす事が重点となる。
今も平日のお昼は、1人で食べるので、やはりそれに近い感覚になる。
美味しく頂いているのだけれど、やはりお腹を満たすために食べている感がある。

食事ってやっぱり楽しく食べるのが一番なんでしょうね。
決して豪華な食事じゃなくても、家族みんなで食べるから、美味しく感じる。
寮生活や一人暮らしの時も、時々気の合う仲間と食事をした時は、本当に美味しかった記憶がある。
食事って何を食べたか?よりも誰と食べたか?が大事なのかも知れませんね。
特に幼い頃は、家族と食べる事が大事なんだと思います。

我が家の子供達は、お菓子には飢えているけど、食事は美味しく食べていると思います。
ほぼ毎日、私が作る晩ご飯。
それでも子供達は美味しく食べてくれます。
将来、社会人になって家を離れる時が来たら、家族の食卓を思い出してほしいものです。

何を食べたかを思い出せなくても、家族と食べた事を思い出してほしい。
私がそうだったように。
そのためにも、やはりしっかりと晩ご飯を作らないといけませんね。
家族の絆は、晩ご飯の食卓にあるのだと思います。

テーブルを囲んで食べた食事の数だけ、身体には栄養が行き渡り、心には思い出が刻まれて行くのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2014年10月24日

小さなドングリ達の発表会

141024-1.jpg
【緊張しながらも頑張った発表会】

141024-2.jpg
【手作りのドングリ帽子】

今日は次女の託児所の発表会がありました。
歌を歌うのと、鈴を鳴らして演奏すると、次女からは聞いていた。
しかし、次女の言う事だから当てにならないと思っていましたが、実際に鈴を鳴らしていました(^^;)
その前に「ドングリコロコロ」を歌っていたのですが、私の到着が遅くて、着いた時には歌の終りの方でした。

急いでビデオを用意して、ビデオを撮ろうと思ったら、なんとテープ切れ。
電池の方は朝一番で確認して、充電をしていたのだが、まさかテープ切れとは(@o@)
慌ててiPhoneに切り替えてムービー撮影した。

こちらも慌てて録画したので、下を向けたまま録画開始した。
そのためなのか、撮影している時は、横で録画していたのだが、再生してみると90度回転している。
つまり首を横にしてみないと見れないのである(笑)

映像が90度回転しているけど、何とかiPhoneで録画出来たので、まぁ良かったです。
映像が回転しているのは、後からQuickTimeで回転して保存するとしよう。
肝心な時にテープ切れなんて、でも、テープの残もう少しあったように思ったのだが。
そう思ってテープを再度確認したら、ちゃんと残ってた。
私がテープ切れだと思ったのは、スイッチを入れ間違えて、表示された内容だった(T_T)
あぁ〜もう〜なんてミス。
やっぱりドタバタとしてはダメですね。

私はドタバタでミスばかりした発表会でしたが、当事者である次女は、しっかりと出来ていました。
実はちょっと心配だったんですよね。
人前に出るととたんに大人しくなってしまう次女。
半年前の3月の発表会の時は、他の友達はみんな上手にやっている中、ずっと固まっていた。
先生に促されても、恥ずかしがって何も出来なかった。
今回ももしかしたら舞台で固まってしまうのでは・・・。と思っていただけに、ちゃんと出来ていて良かったです。

それにしても、毎回、発表会や行事の度に思うのですが、先生方の手作り品って凄いです。
今回はドングリの帽子でした。
発表会が終わったので、持ち帰って来たのですが、次女は大喜びで車の中でも被っていました。
しばらくドングリ帽子にハマりそうな次女です(笑)

ますますパワーアップしている次女ですが、それでも人前に出るのはやっぱり恥ずかしいようです。
今日も頑張っていましたが、緊張しているのが解りました。
いつもの次女ではありません(笑)
きっと次女の中では、精一杯頑張ったんだと思います。

その影響か、今日は寝付きも早かった。
お陰で私も夢の誘いに負けずに布団から脱出出来ました(笑)
今頃、夢の中で、また演奏会をやっているのかも知れませんね。
日頃はなかなか見れない、次女の緊張した姿。
ちょっと成長した姿を見る事が出来た発表会でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:19 | Comment(0) | 日記

2014年10月23日

作品展に向けて

Guidance2.jpg
【作品展案内状】

そろそろ10月も終りが見え始めて来た。
やらなければならない事が山ほどあるのだが、なかなか進まない(^^;)
その一つが作品展の準備。
残り43日ほどしかないので、そろそろお尻に火が着いて来た。

本日、案内状の印刷を手配しましたが、おそらく手元に届くのは今月末頃。
約一月かけて告知をして行かなくてはなりません。
昔と違い、告知のメインはこのブログとfacebookが中心となりますね。
紙媒体は知人や友人に手配りしたり、どこかに置かせてもらう事になると思う。

さて、今回の作品展。
まだ頭の中でイメージしている程度で、これから本格的に準備を始めなくてはならない。
できるだけ多くの作品を展示したいと思っていますが、絶対に全部は無理なので、まずはピックアップの作業から始めたいと思います。
そしてどこにどのようなレイアウトでやるのかを考えなくては。

今回はコーナー分け出来たら・・・と思っているのですが。
例えば「黒猫りっちー君コーナー」とか「クリスマスコーナー」とか。
そして今回は仕事で描いたイラストや、グラフィックデザインの作品。
さらにはムービーの作品なんかも展示出来ればと考えています。

他にも私が日頃描いているイラストを、実際にadobe Illustratorを使って描いてみる「イラスト体験コーナー」なんかも出来たら良いなぁ〜と考えています。
黒猫りっちー君をあなたの手で描いてみませんか(^o^)
どこまで実現できるか解りませんが、なるべく実現出来る様に頑張りたいと思います。

そしてもう一つやりたいのが「お楽しみ抽選」。
ご来場頂いた方に、お楽しみ抽選に参加して頂ける仕組みを考えています。
その場でくじを引くのではなく、
好きな数字を書いて頂いて、その組み合わせによって抽選が決まる内容になります。
実はこのシステム、10年程前に「カウントゲットプレゼント」の敗者復活戦でやった内容。
当時はホームページにカウンターを付けていて、キリ番等でプレゼントを実施していました。
その時の敗者復活戦で活用した方法です。
詳細は当日会場に来て頂ければ解ります(笑)
お楽しみ抽選をやるからには、その商品も考えなくてはいけません(^^;)

仕事もあるし、年賀状も作らなくてはならない。
その合間をぬって作品展の準備をしなくてはいけません。
さらには新作も用意していかないと・・・。
いや、ホント時間無い。
それなのに、子供寝かしつけながら寝てしまう私(--;)

ちょっと疲れたまっているのかな?
それとも気合いが足りないのか?
きっと後者だな。
いつもお尻に火が着かないと本気でないタイプだから(笑)

さぁ、案内状も印刷に出したし、もう後戻りは出来ません。
作品展に向けて、エンジン全開で突っ走りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | アート

2014年10月22日

国のためになる政治を

141022.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

安倍内閣目玉の女性閣僚W辞任で、久々に民主党が活気づいています。
確かに疑惑が出た時点で、大臣としての資質は問われる。
しかし、民主党って相変わらずですね。
自分たちの事は棚に上げておいて、人の批判ばかりする。
きっと「さぁ次は誰をターゲットにするか」と探しているのでしょう。

政治家がこんな事ばかりしているから、日本の政治はなかなか前を向いて進まないのです。
確かに疑惑をもたれる時点で、大臣としては失格なのかも知れません。
でも、もう少し政策で熱い議論を交わして下さい。
民主党が声を大きくする時って、いつもこんな時ばかりです。

しかし、安倍政権にも十分に落ち度がありますね。
正直、内閣改造なんてしなくても良かった。
あれだけ安定していた内閣。
わざわざ改造したのは、自民党内の「俺を大臣にしてくれ」という内なる声。
民主党も民主党なら、自民党も自民党って事なんですね。

いったい誰のための政治なの?
これだけ世界情勢も不安定な中で、エボラ出血熱のような病気も心配。
日本経済も岐路に立たされている状況で、足の引っ張り合いをしている場合か。
本当に日本の政治は、中央から地方まで腐りきっている気がします。

まさに自分の命と引き換えに、日本を変えた幕末の志士達。
坂本龍馬を尊敬する政治家は多いけど、その志を受け継いでいる人など皆無に近い。
本気で「日本の未来のために」と政治をしている政治家なんて、一握りでしょう。
「命をかけて」とか「国民のために」とか、口にする政治家に限って、最終的には自分を守る。
保身の政治家が多過ぎるから、日本の政治は前を向いて進まない。

これまでも何度も同じ事をつぶやいていますが、やはり全ての根本は敗戦後の教育なんだと思います。
教育でしっかりと「国を護る」「国のためになる」という愛国心を学ばないから、結果、一番大事なのは自分になる。
だから最終的には保身に走る。
逆に言えば、一番大事なのが自分になると、生きる価値を見いだせない。
人は誰かのために生きてこそ、始めて生きる価値を見いだす。

その事を家庭教育の中で、そして学校教育でしっかりと教える事が必要だと思う。
仕事と言うのは、誰かのために必要とされる事。
その対価としてお金がある。

自分が生きている事で、誰かのためになる。
自分の存在が日本という国を支える一粒になる。
その気持ちがあれば、保身に走らなくなると思うのだが。

そう言う私も、敗戦後の教育をどっぷりと受けた来た身。
偉そうな事を言える立場ではありません。
私もいざとなったら保身に走るかも知れない。
何かあった時に、腹をくくれるか?
それは解りません。

でも、政治の状況を見ていると、きっと皆同じ様に思うでしょう。
「揚げ足取りばかりしていないで、ちゃんと審議をしてくれ」と。
政治家になると言うのは、それだけ責任も重いのです。

世界情勢も待った無し。
日本経済も待った無し。
消費増税の判断も待った無し。
北朝鮮の拉致問題。
中韓の外交問題。
ロシアとの北方領土問題。
エボラ出血熱問題。
数えればきりがない。

人の粗探しばかりしていると、いずれ自分の身に戻って来ますよ。
野党の政治家の皆さんは、政策で勝負して下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと

2014年10月21日

お弁当は普通が一番

141021.jpg
【キャラ弁のレシピまであるんですね】

先週の金曜日に長女の遠足があった。
今日は授業参観があり、行ってみると、遠足の写真が出ていたので、注文して来た。
遠足って子供にとっては、本当に楽しみのイベントですよね。

一番の楽しみは、やっぱりおやつ。
200円までと決められている中で、何を買うか子供達はいつも悩みます。
そしてもう一つの楽しみがお弁当でしょうね。

いつも遠足の前には、お母さんが「何食べたい?」と子供に聞いて、お弁当を作っています。
いつもなら「唐揚げ」とかメニューを伝えるのですが、今回は長女が突然「キャラ弁にして」と言いました。
さぁ〜困ったお母さん。
キャラ弁なんて作った事がありません。

何のキャラ弁を作るのか悩んでいると、長女が「ジバニャンにして」と言い出しました。
ジバニャンとは、子供の間で流行っているアニメ、妖怪ウォッチに出て来るキャラクターです。
お母さんの返事は速攻で「そんなの作れる訳ないでしょう」でした(笑)

で、結局作ったのが、私のオリジナルキャラクターの「黒猫りっちー君」でした(^^;)
理由は色が黒色主体で楽そうだから(笑)
作った物を見せてもらったけど・・・・う〜んイマイチ(^^;)
それでも長女は大喜びでお弁当持って行きました。
そして嫁さんも達成感を味わっていました(笑)

キャラ弁って、こだわる人はもの凄くこだわっていますよね。
しかし、今、幼稚園や保育所では、このキャラ弁を禁止している所もあるんだとか。
キャラ弁が崩れた状態になったりしたら、それを見てからかったり、キャラ弁で無い子が仲間はずれになったりするらしい。

もう一つの理由が栄養面。
キャラ弁って、色合いや形重視のために、野菜などの具材が少なくなる。
栄養バランスから考えると、キャラ弁は好ましく無い。

また衛生面から禁止にしている所もあるらしい。
制作時間にもの凄く時間がかかるキャラ弁。
衛生面からしても、あまり好ましく無いのが実情なんでしょうね。

我が家ではキャラ弁は全く無縁の世界。
毎日、次女の託児所のお弁当作っていますが、キャラ弁なんて作った事ありません。
嫁さんが夜勤の時は、私がお弁当作るけど、本当に簡単な物作っています。
それでも、次女はしっかり完食して帰って来ます(笑)

毎日の事ですからね。
お弁当もそうだし、晩ご飯も作るだけで精一杯。
何でもみんなでワイワイしながら、美味しく食べるのが大事。
時々ならキャラ弁も良いだろうけど、お弁当はやっぱり普通のお弁当が良いですよね。

まぁ、我が家ではキャラ弁は作る事はないので(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記

2014年10月20日

柿の季節

141020.jpg

仕事中に携帯が鳴った。
着信音ですぐに奄美の母からだと解った。
(家族の番号にはそれぞれ違う音楽が鳴る様にしている)

孫の声を聞きたい時は、晩に固定電話に電話してくるが、日中私の携帯に電話してくる場合は、何か伝えたい事がある時。
今回もいろいろと伝える事があって電話してきたようだ。
もう話も終わってそろそろ電話を切ろうかと思っていた時、思い出したように母が話し始めた。

なんでも柿を送って欲しいとのこと。
実は母は柿が好きで、ほぼ毎年、この時期になると柿を送っている。
これまではこちらから送っていたのだが、今回は母から催促して来た(笑)
さも最後に思い出したように話していたが、実は電話して来たのは、これが目的だったのでは・・・。
その内、柿は送る事にしよう(笑)

私は柿ってそんなに好きでもないし、嫌いでもない。
出されたら食べるけど、自分で買ってまで食べる事は無い。
フルーツそのものが、そんなに食べる方じゃないので、柿はなおの事食べませんね。
母はなぜそんなに柿が好きなのか解りませんが、奈良県にいるからには、美味しい柿を食べさせてあげたいと思います。

柿と言えば、次女もけっこう柿食べますね。
次女の場合はフルーツ全般好きなので、柿に限った事じゃないけど。
先日も託児所の柿の木に、柿がひとつだけ実っていて、先生に「あの柿食べれるかなぁ〜」とつぶやいていたらしい(^^;)
いつも食べ物の話をしているみたいで、ホント食いしん坊です(笑)

でも考えてみたら、柿って不思議な果物ですよね。
柿そのものを食べると、美味しいですが、柿を使った食べ物ってあまり無い。
フルーツって、スイーツによく合うのですが、柿のスイーツって聞いた事が無い。
栗はケーキになるけど、柿はケーキにならない。
いや柿ケーキってのはあるみたいだけど、あまりメジャーじゃ無い。
柿の甘さって独特だから、食材として使うのは向いていないのかも知れませんね。

柿って純和風なので、日本の秋のイメージです。
洋風のお菓子等には合わないですね。
やっぱり柿は柿として、そのまま食べるのが一番美味しいのかな。
そろそろ柿も美味しくなる季節。
奄美の母にも美味しい柿を送りたいし、私達も少しは秋の実りを食べたいですね。

「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」
法隆寺は遠くて見えないし、鐘の音も聞こえないけど、正岡子規になったつもりで柿を食しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 日記

2014年10月19日

秋の夜長に創造する

141019.jpg

朝晩の冷え込みも一層強くなり、本格的な秋となりました。
田んぼの稲穂もすっかり色づき、もう稲刈りも始まりましたね。
実りの秋、美味しい秋の味覚を沢山食べたい。

秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、そして芸術の秋。
秋にやりたい事は、山ほどありますね。
山ほどあるけど、何一つ出来ないのが今の現状でもある(^^;)
あぁ〜〜〜食欲の秋だけは実践出来ているかな(笑)

秋は音楽をやるにも良い季節ですね。
色づく紅葉を眺めながら、作曲活動なんてやってみたい。
(おまえのどこにそんな時間があるんだ・・・と自分で自分にツッコミを入れる 笑)
でも、作曲はやろうと思えばやれる。(本気を出せば^^;)

昔は曲を作るなんて、とてもとても大変でしたが、今はMacにGarageBandという音楽ソフトがバンドルされている。
私自身はさらにもう一つグレードの高いLogic Proも持っているのだが、今のところ宝の持ち腐れになっている(-_-)
昨日、何気にGarageBandを開いたら、アップグレードの案内があって、一番新しいバージョンにアップグレードした。
もちろん無料である。

新しくなったGaregeBandはループ音源も増えて、より便利になっていました。
思わず一時間程、GaregeBandで遊んでしまった。
ホント、適当にドラムやギター、ピアノの音源を組み合わせるだけで、それなりの音楽が作れてしまうのは驚きです。

GaregeBandを使っていて思う事。
それはGaregeBandはあくまでも素材の組み合わせのためにアプリだと言う事。
誰でも手軽に音楽が作れるけど、それはループ音源を組み合わせただけのもの。
言って見れば、最初から部品が用意されているプラモデルのようなものです。
ただ、使えるパーツが沢山あるので、いろんなものを作る事が出来る。

料理で例えるなら、最初からカットされた具材、予め決められた分量で入っている調味料。
それを組み合わせて料理に仕上げるようなもの。
自分の頭でメニューを考え、味を想像して、具材を切って調味料を加え、イメージした味を舌で確認する作業は無い。
最初から用意された素材を使う事で、そこに創造する作業は必要無い。

これは私が常日頃使っているIllustratorでも同じ事が言える。
Illustratorにも幾つかの素材的な物がある。
そして様々な素材集やイラスト集がある。
それらを組み合わせれば、そこそこの作品を作る事が出来る。
でも、その時も創造する作業は必要とされない。

大切なのは白紙の状態から、自分のイメージするモノを形にすることだと思う。
料理なら食べたいメニューを思い浮かべ、それに必要な具材、調味料を用意する。
絵を描く時も同じで、頭の中にある、もしくは心の奥にある、モヤモヤとしたイメージを形にしていく。
音楽もきっと同じだと思う。
イメージしたメロディーやテンポを、音にして行くのが作曲。

GaregeBandは手軽に音楽が作れるけど、それは素材集の組み合わせでしか無い。
大切なのは自分の頭の中、もしくは心の奥に流れるメロディー、そしてイメージする響きを音にすること。
でもこれって本当に大変な作業なんですよね。
だからいつになっても、GaregeBandがあっても、Logic Proがあっても作曲は出来ない。

絵にしても音楽にしても、創造する事が一番の作業の始まりだと思います。
家族が寝静まった深夜。
1人で創造したくて、Macの前で静かに目を閉じて創造してみます。
昼間の仕事、夕方から晩にかけての家事、ドタバタと過ぎる一日の終りを、瞑想するように瞳を閉じる。
さぁ、自分だけの時間で、自分だけの世界を開こう。

気がついたら・・・・・・・・・・寝てました(笑)
私の脳は世界を開くよりも、休む事を選択してしまいます。
だめだ〜こりゃ(^^;)
創造するのって、実はとってもエネルギーがいる事。
やるなら身体も脳も疲れていない時ですね。
って、そんな時があるのだろうか(笑)

音楽はちょっと厳しいけど、イラストの方は、少し頑張らないといけませんね。
作品展も近づいてくるので、それまでに何点か新作を出したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | アート

2014年10月18日

長女 初試合に向けて

141018.jpg

今日は土曜日。いつものように剣道の稽古の日。
託児所へ次女を迎えに行き、その足で稽古へと向かった。
一時期次女も稽古に参加していたが、今はその熱は覚め、もっぱら遊ぶ方に夢中になっています。
まぁ、そんなもんだろうと思っていたので、また興味が出て来るまで待ちましょう。

今日は稽古の前に、先生が次の試合に出場する選手の名を呼び、要項をそれぞれに渡していました。
来月早々に試合があり、再来月にも試合があります。
一人一人名前を呼ばれ、要項を受け取っていました。

ところが何故か最後に長女が呼ばれ、長女も要項を受け取っていた。
長女も何がなんだか解らない様子で、受け取った要項を私に持って来た。
なんと再来月の試合に、長女も出場する事になっていた(@o@)
えぇ〜なんで、まだ2年生で、まともに試合なんてした事が無い。

しかし、先日の稽古の後に、長女が「先生から試合に出る様に言われた」と話していたのを思い出した。
その時は何かの間違いか、長女の聞き間違いだと思っていました。
試合ではなくて、他の道場の遠征稽古での練習試合だと思っていた。
まさか公式の試合に出る事になるなんて。

再来月の試合は、男女別の団体戦がある。
男の子は数が足りているが、女の子の数が少ない。
女子は三人での団体戦。
小学5年生の女の子が2人居るので、その2人は出場が決まっている。
しかし、残り1人がいない。となると、基本組の中から1人・・・という事になる。

基本組は長女と同じ歳の女の子。
そしてもう1人は一つ上の女の子。
しかし5歳から剣道を始めた長女は、一番経歴が長い。
その事から選ばれたのだろう。

いや〜それにしても心配です。
まともに試合なんて出来るのだろうか?
最近、ようやく試合形式で稽古をやり始めたばかり。
本人は試合に出る事を、あまりよく解っていない感じもあるが、それまでの間、しっかり稽古してほしい。

ただ一つ問題が。
試合のあるのは12月7日の日曜日。
その日は、私が作品展をやる日の二日目なのです。
剣道の試合がある事は、以前から解っていました。
しかし、試合に出る事になるとは思っても無かったので、この日に作品展を行う事にしたのです。

でも後戻りは出来ません。
どのみち作品展の日は、子供達は嫁さんに見てもらう予定でした。
長女の初試合を見れないのは残念ですが、嫁さんに託して、しっかり頑張ってもらいたいと思います。
私は頑張って作品展の方を盛り上げよう。

試合に出るのは、まだまだ先の話。
せいぜい来年になってからの話だと思っていたのですが・・・。
きっと初試合は出るだけで精一杯だと思います。
それでも悔いの残らないように、それまで稽古を頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | 日記

2014年10月17日

日本にカジノは必要か!?

141017.png

ギャンブル好きな人なら「カジノ」と聞くと居ても経ってもいられなくなるのだろうか?
今「日本にもカジノを」という動きがあるようです。
以前から大阪府知事(当時)の橋下知事などが、積極的に話していたのが記憶にあります。
カジノと聞くと、最もイメージするのがラスベガス。
我々庶民には全く無縁の世界のような感じがしていた。

しかし、今日本にカジノをと考えているのは、カジノだけでなくカジノを含めたテーマパークのようなものらしい。
なんでもシンガポールの例を参考にしているんだとか。
カジノが出来れば、海外から多くの外国人が日本にやって来て、日本でお金を落とす。
カジノが出来る事で、雇用も生まれ活性化するというのだが。

一方で治安が悪化するという懸念や、ギャンブル依存症が増えるという懸念もある。
メリットもあればデメリットもあると言う事。
確かに外国人観光客が増えれば、治安悪化の可能性もある。
しかしカジノに来る外国人って、ある程度富裕層ではないだろうか?
またギャンブル依存症って言うけど、カジノには一定の人しか入れないようにすれば良い。

私は今のところ、カジノ誘致は6:4くらいで賛成かな?
ただし、かなりの条件をつけなければいけないと思う。
会員制にして、ある程度のお金を持っている人しか入れないようにした方が良いと思う。
ギャンブル依存症の人って、ギャンブルで儲けようと思うから、ギャンブルにお金をつぎ込んでしまうんですようね。
本当にギャンブルを楽しむ人は、自分の遊ぶお金でギャンブルをする。

私はギャンブルは全くしません。
ギャンブルに使うお金も時間もあれば、もっと違う事に使いたい(^^;)
そもそも私はくじ運も悪いし、ギャンブルで儲けるなんて絶対無理。

ギャンブルって聞くと、競馬や競輪なんかを思い浮かべます。
競馬なんかは「万馬券」と言って、少ない掛け金で大金を手にする事もあるみたいですね。
競馬はやった事は無いけど、見に行った事はあります。
以前、友人に誘われて見に行きました。
全く券を買わずに、ずっと走っている馬を眺めていました(笑)
馬ってホントに走っている姿が美しい。

しかし、本当に依存症が高いのは、競馬でも競輪でも無くて、実はパチンコだと思います。
パチンコはギャンブルという扱いではないようですが、本当はギャンブルですよね。
出玉で景品をもらい、それをパチンコの外にある換金所でお金に換える。
この辺のグレーな扱いが、パチンコの依存症を増やしていると思う。

パチンコも一度だけやった事がありますが、二度とやりたいと思いませんね。
しかし、パチンコはいろんな所にあって、みなどでかい店舗を構えています。
あの店舗を維持しながら利益を上げているのだから、殆どの人がパチンコで損をしているハズです。
それでも、パチンコをする人は、朝から並んででもパチンコするんですよね。
パチンコ依存症=ギャンブル依存症だと、私は思います。

カジノを誘致するのなら、まずはこのパチンコの問題を解決するのが先だと思う。
パチンコをギャンブルでなく娯楽だと言うのなら、換金はさせてはいけない。
パチンコをする人間も、景品欲しさにするハズがない。
お金欲しさにパチンコをしている人が殆どです。

パチンコは百害あって一利無し。
カジノ誘致も良いかも知れないが、もっとやるべき事もあると思う。
不透明なパチンコの状態を野放しにして、カジノをやるのは反対ですね。
まずはパチンコの問題を解決してからだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | 私の思うこと

2014年10月16日

パソコンに未来はあるか?

141016.jpg

ふと目に入ったネットニュース。
「最近の若者のPC離れ」という題名。
どうもパソコンを使わない、使えない若者が増えているらしい。
その要因はスマホの普及。

しかし、これはいずれそうなると思っていました。
私がパソコンを使い始めたのは、26〜27歳の頃。
それまではパソコンどころか、ワープロすら使えない、今では信じられないくらいのアナログ人間でした(笑)
その頃のパソコンって、今と違ってコマンドを入力して動かすと言う、当時の私にはチンプンカンプンの世界でした。

私がパソコンを使う様になったのは、今の仕事を始めて、Macが導入され始めたのがきっかけ。
それまでは相変わらずワープロすら使えない、超アナログ人間だった。
仕事でも、昔は版下と言って、紙に写植の指示を書いて、製版に出していた。
パソコンとはほど遠い世界だった。
正直、Macが導入されていなかったら、今も私は超アナログ人間だったと思います。

私がMacを使い始めた頃、Windows95が世界を圧巻した。
周りを見れば、皆Windowsを使い始めていました。
その頃は、まだパソコンに興味のある人が使っていた感じです。

ところが、インターネットの普及で、パソコンに興味の無い人も使い始める。
この頃、よくパソコンが欲しいと言う人の相談を受けました。
相談を受けると私がよく質問したのが、「パソコンで何をしたいのか?」でした。
仕事でバリバリにパソコンを使える様になりたいのなら、WindowsでWordやExcelが必要。
しかし、ネットとメールくらいなら、MacでもOK。
まぁほとんどの人がWindowsを買いましたけどね(笑)

パソコンを持っていても、使うのがネットの閲覧とメールやSNSくらいなら、パソコンを持つ必要性は無くなって来る。
今やスマホでネット閲覧もメールもSNSも全部出来る。
パソコンを持つ必要性なんて無いのが今の若者の現状なのでしょう。

「パソコンを使うのは年賀状の時くらい」って人も少なくないのではないでしょうか?
その年賀状もテンプレートからデザインを選んで、ネットで注文出来るような時代です。
ますますパソコンの必要性は無くなって来る。

私の仕事のように、白紙から何かを作り出す人間にとっては、必要不可欠な道具。
しかし、普通の人にしてみたら、パソコンが無くても何も困る事は無い。
スマホだけでなく、タブレットが普及してきた今となっては、ますますパソコンの活躍の場は減って行くでしょうね。

つい一昔は、パソコンを使えないおじさんが、パソコンを使える若者に、「これ入力しておいて」とかやっていた時代。
今後は若者がパソコンを使えるおじさんに「これ入力お願いします」なんて時代になるのだろうか?
でも、その頃にはもうパソコンは使わなくても、仕事ができるようになっているのでしょうね。

あと10年後くらいには、「わしらの若い頃はパソコンが使えないと仕事できんかった」と、昔を懐かしんで酒を飲む時代が来るのでしょうか(笑)
でも、きっとその頃になっても、私はMacを使って何かを創り出していると思います。
そう考えると、パソコンは一部の人間の専用機になって行くのかも知れませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 日記

2014年10月15日

無理に仲良くしなくて良い

141015.jpg

なんか一気に寒くなりましたね。
台風が暖かい空気を全部持って行った感じです。
秋らしくなったと言えばそうなんですが、急激に寒くなると、やはり体調が悪くなる。
ちょっと風邪っぽいけだるさです。
気をつけなければ。

2週続けての台風と2週続けてのW行事で、お天気が気がかりな2週間でした。
台風も過ぎ去って、これからは秋晴れの日が続いてくれる事を期待します。
スッキリと晴れた秋の空って気持ちよいですよね〜。
思わず空を見上げて深呼吸したくなります。

秋空の美しい季節ですが、ちょっと外を見渡すと・・・・世界は相変わらずどんよりとしています。
そして日本の近隣も、相変わらずのどんより感。
相変わらずの中国・北朝鮮、そしてますます反日感情を強める韓国。
もうね〜ホントいい加減にしなさいって言いたいですね。
日本が大人の対応をすればする程、向こうはますます子供の対応になって行く。
まるで駄々っ子のように。

私達日本人は「話せば解る」という認識で、これまで中国や朝鮮を見て来たと思います。
私も以前はそう思っていました。
しかし、「話しても無駄」と最近は感じています。
そもそも相手も話をする気は無い。
いかにして日本からお金を引き出すか!?しか頭に無いのです。
そしていかに日本の領土を奪うか。

私達日本人が思う「仲良く」と、中国や朝鮮が思う「仲良く」は異なる。
日本人は仲良くする時は、どちらも対等です。
どっちが上とか下とか、どっちが偉いとか、そんな事は関係ありません。
しかし、中国・朝鮮は違います。
あの国々には対等はあり得ない。

これは歴史上仕方の無い事かも知れません。
我が国日本は、戦国時代が有ったとは言え、それ以外は本当に平穏に暮らして来た。
だからこそ1300年もの永きに渡って、日本という国が成り立って来た。
一方の中国・朝鮮はどうか?
「中国4000年の歴史」と言うが、そもそも中国という国は、今の中国共産党が作った国なので、実質まだ70年も経っていない。

4000年もの間に、いったいどれだけの国が出来て消えて行ったのか?
明・唐・随・清、数えきれない程の国が出来ては消えて行った。
その間にどれだけの権力争いが有ったのか。
その権力闘争の数だけ、残虐があり裏切りがあり憎しみがある。

そんな繰り返される権力闘争の中で、対等な信頼関係など築けるハズが無い。
「やるかやられるか」そんな状況の中で、人を信頼出来ない社会が形成された来たのが、今の中国の姿なんだと思います。
人を騙してでも物を売る。買う側も売り手を信用していない。
そんな状況で同じ中国人でも「仲良く」と言うのは無理な話。

一方の朝鮮はどうなのか?
中国よりももっとやっかいなのが朝鮮かも知れませんね。
中国は権力闘争を繰り返しながらも、自分たちの力で自分たちの国を造って来た。
しかし、朝鮮は常に「権力への擦り寄り」を続けて来た。

中国大陸でチカラを付けて来た勢力に、常に擦り寄り、次第にチカラが衰えて来ると、反対側に寝返る。
これを繰り返して来た。手のひら返しが常識になっている。
実質1000年もの間、中国の属国として生きて来た朝鮮。
自らのチカラで何かをすると言うよりも、チカラある者に擦り寄って、そこから何かを得ようとする。

今の韓国を見ていると、本当にその事を感じます。
自らのチカラで正々堂々と戦うのではなく、勝つための手段を選ばない。
先に韓国で行われたアジア大会でも、数々の疑惑や不可解な判定があり、世界中が韓国に疑問の目を向けている。
それでも全く恥じる事が無い。
私達日本人からすれば、とても恥ずかしい事ですが、彼らにとっては結果が全てなんでしょうね。
どんな形でも勝てば良い。

こんな国々ですから、私達日本人と「仲良く」なんて出来る訳が無いのです。
彼らにとっての「仲良く」は、日本が下になって、自分たちの都合の良い国になる事なんです。
そもそも彼らにとっては、日本人は自分たちよりも劣っていると、本気で信じています。
中華思想が根強くあり、中華(中国)を中心として、そこから離れて行けば、どんどん野蛮な人という発想がある。
朝鮮から見れば、自分たちは中国の次に素晴らしい民族で、日本は野蛮な民族という事になる。

加えて、先の大東亜戦争で日本が敗戦国になった事がますます事態を悪くした。
ますます日本を下に見るようになり、日本も日本で「戦争の反省」を口にして来たから、中国・朝鮮が図に乗った。
これまで、日本は中国や韓国に気を使い、言われっぱなしの外交を続けて来ました。
その反動が今出て来ている。ネット時代になって、日本国民も気づき始めた。

私のように「無理に仲良くする必要は無い」と感じている方も多いと思います。
いくら日本が「仲良く」と思っていても、相手が仲良くするための条件をつけて来る。
親友になるための条件をつけられたら、それはもう親友ではありませんよね。
友達に上下は無いし、条件もありません。

日本には沢山の親友(親日国)がいます。
何も条件つけられてまで、親友になる必要はありません。
世界から孤立しているのは、自分たちの方である事を、解らない以上、中国も朝鮮も変わらないでしょうね。
そして変わらない以上、日本とは親友になれませんし、自滅の道を歩むだけだと思います。

日本は圧力に屈せず、毅然とした態度で、紳士に向き合うだけだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2014年10月14日

誘惑の布団と月の魅了

141014.jpg

ほぼ毎日の日課。
子供達を寝かせ付ける事。
特に次女は何故か、いつも「お父さんと寝る」と言って私と寝る。
今夜は嫁さんの仕事が遅く、子供達が寝る時間になっても帰って来ない。
結局長女も一緒に布団に入った。

最近は寝る時にいつもiPhoneで音楽を流す。
最初の頃は、「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」などを聞かせていた。
ところが「アナと雪の女王」が流行ってからは、「レット・イット・ゴー」を聴き出した。
そして今次女がハマっているのが、何故か井上陽水の「少年時代」。

NHK教育の夕方の番組で、フック・ブック・ローという人形劇の番組がある。
そこでは時々歌を歌うのですが、以前この「少年時代」を歌った。
私が思わず口ずさむと、次女が「お父さんこの歌知っているの?」と興味を示した。
そこに重ねてテレビCMで時々流れるものだから、ますます興味を持ったようです。
私がiPhoneで聴かせると、そこから毎晩聴きながら寝る様になりました。

注意しないといけないのが、私も聞き込んでしまって、そのまま夢の中へ堕ちてしまいそうになる事。
心地よい音楽が、一日の疲れをほぐす様に、夢の中へと誘うのです。
別に眠く無いのに、子供と横になると、何故かまぶたが閉じて行く。
そしていつの間にか夢の中へ(-_-)Zzzz

今宵は何とか誘惑の布団から生還した(笑)
そして仕事をしようと、仕事部屋に上がって机に座ってふと窓の外を見る。
ちょうど東の空から月が顔を覗かせていた。
今宵はハーフムーンのようです。

月って何故にこんなに魅了されるのでしょうね。
いつも見ているのですが、何故か見入ってしまいます。
あまりに美しい半月だったので、思わずカメラと三脚を出して撮影しました。
先日の皆既月食も良かったけど、今宵の半月もまた美しいです。

月って人を引き付ける何かがあるのでしょうね。
だから月見をするようになったのでしょう。
仕事するつもりが、月に魅了されて、撮影会していました(笑)

誘惑の布団からは生還したものの、月に魅了され、結局仕事出来ず(^^;)
まぁ明日また頑張れば良いか。
美しいハーフムーンを見たので、そろそろ誘惑の布団に潜り込みたいと思います。
お月様も随分と空高く上がりました。
ではオヤスミナサイm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2014年10月13日

台風通過中

141013.jpg

現在台風のど真ん中・・・・のハズです。
いつものごとく、台風来ているけど静かです。
もしかして、台風の目(もう目はないと思われるが)に入っているのか?
確か大阪の岸和田に再上陸したらしい。
と言うことは、そのまま進めば、ちょうど台風のど真ん中。
やっぱり目に当たっているのか?

お昼頃から急に風が強くなり、雨も時折強かったりで、台風の影響が出始めた。
夕方になると一層風が強まって来たので、もしかしたら停電などになるかも知れないと、今夜は早めにお風呂に入り、早めに晩ご飯を済ませました。
ところが、夜になって暴風域に入っているにも関わらず、静かになった。

毎度の事ながら、台風が来ても「本当に台風来ているの?」と思う状態です。
まだまだ台風が過ぎ去らないと解りませんが、いつもの台風の状態と似ている。
奈良って本当に台風の被害が少ないところです。
油断してはいけないので、今後も十分に注意は必要ですけど。

奄美の実家に電話して聞いた感じだと、台風が去った直後の吹き返しの風が強かったと言っていました。
先ほども心配して「台風はどう」と電話して来ました。
「今のところ何もないよ」と答えましたが、これから夜中にかけて、もしかすると吹き返しの風が強まるかも知れません。

私が奈良に来て、もうかれこれ30年くらいなるか?
その間に大きな被害が出た台風で記憶しているのは一度だけ。
1998年に来た台風7号。
この台風だけは強烈で、奄美で何度も台風を経験していた私も、台風らしい台風と感じた。

さまざまな所で被害が出たが、この台風が私の結婚式の前日に来た台風だった(笑)
そりゃ〜もう大変でした。
飛行機は予定変更になるわ、新幹線は止まるわ、みんな必死でこっちに向かって来てくれました。
だから今でも私の結婚式は忘れられないと言われます(^^;)

この台風以外は、そんなに被害の出た台風は無い。
奈良って盆地になっているので、台風が来ても影響が弱まるのだろうか?
台風7号の時は、確か太平洋をそのまま上昇して来て、勢力が落ちないまま来たハズ。
だから奈良盆地でも被害が出たんでしょうね。

これから吹き返しの風が強まると思うので、油断は禁物ですが、このまま過ぎ去ってくれると期待したいです。
雨風共に思っていた程ではないので、本当に助かります。
ただ、他の地域ではすでに被害が出ている所もあるようなので、皆さん十分注意して下さいね。

明日朝には、台風が過ぎ去って台風一過の青空を期待したいと思います。
つぶやいている間に、少し雨風が強くなって来ました。
やっぱり吹き返しがありそうです。
今夜は早めに寝るとしよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:25 | Comment(0) | 日記

2014年10月12日

剣道大会と秋祭り

141012-1.jpg

141012-2.jpg

141012-3.jpg

10月は何かと行事が多い。
先週連日の運動会が終わったが、今日も行事が重なった。
ひとつは剣道の試合。
そしてもうひとつが町内会の子供会の秋祭り。

今回の剣道の試合は、我が道場が主催の試合。
いつもの試合なら、当日試合に出かけ、負けた時点で帰って来る。
しかし、今日は主催者側なので、事前の準備から後片付けまで、やらなければならない。

一方の子供会の秋祭りは、町内を子供達が神輿を引いて回る。
数年前までは、神輿を引いて最後に子供達はお菓子を貰って解散だった。
でも、昨年から簡単なゲームを取り入れて、的当てやくじ引きなどをやりました。
それが子供達に大好評で、今年もやる事になったようです。

剣道の試合に出るのは息子だけ。
長女はまだ基本なので、試合には出ません。
そこで、私が剣道の方に行き、嫁さんと長女・次女が秋祭りに行く事になりました。
私は写真係も兼ねているので、やはり剣道の方に行かなければなりません。
本当は秋祭りの写真も撮りたかったけど、重なってしまってはどうしようもありませんね。

剣道の方は、大きなトラブルもなく、何とか無事に終わりました。
試合の方は、小学生団体の部で、AチームとBチームの2チーム出場。
中学生の個人戦で、息子を含め、男子2名、女子1名が出場。

まずは小学生Bチームの試合。
4〜5年生で編成したチーム。
6年生が入っていないので、戦力としてはやや劣る。
しかも相手はなかなかの強豪。
しかし、1本差で敗れるという接戦を見せてくれました。

次は小学生Aチーム。
こちらは6年生が中心のチーム。
十分に期待出来ます。
しかし、いつものチカラが発揮できず、こちらも敗退してしまいました。

中学生個人戦は、女子の部で三回戦敗退。
男子の部は一回戦敗退と、息子の二回戦敗退の結果となりました。
男子は出場人数が多いため、2人ともなかなか試合が始まりません。
37試合目と45試合目なので、結局お昼ご飯の後の試合となりました。

息子はこのところ、学校の運動会の準備などで、全く稽古が出来ていません。
そんな状態で試合に臨みました。
そのためでしょうか。試合を見ていても全くキレがない。
1回戦の相手は、何となく息子と似たタイプの相手。

お互い決め手が無く、3分間の試合の中で決着が着きません。
そして延長線へ。
ところが、延長線に入っても、なかなか勝負がつかない。
正確に計っていないので、感覚での時間ですが、おそらく延長で15分くらいやったと思います。
最後の方でようやく息子本来の動きが出て来ました。
本来の動きが出て来た事で、ようやく小手が決まって息子の勝利。
いや〜本人も疲れただろうけど、見ている私も異常に疲れた(^^;)

続く2回戦の相手は、名前を聞いただけで「あっちゃ〜」と思う相手(笑)
でも、息子と対戦する前の試合を見た限り、全く勝てない事はないと思いました。
そして挑んだ2回戦。1本負けでした(^^;)
全く歯が立たない相手ではなかったと思いますが、息子曰く、途中で左半身がつってしまったとの事。
試合後もしばらく足を引きずっていました。
まぁつらなくても負けていたとは思いますが(笑)

結果的に息子が敗れた相手は、決勝まで駒を進め、見事優勝しました。
優勝相手に負けたのならば、致し方ないかも知れません。
でも、もっと稽古出来ていたらなぁ〜と、ちょっと悔やまれます。

息子はおそらく、今日の試合が最後の試合。
今後、中学生が出場する試合は来年の3月まで無いと思われる。
それに息子は受験になるので、剣道に関わる時間も減って行く。
これからは勉強の方に、しっかりと重心を移して欲しいですね。

剣道大会も無事に終わり、疲れきって家に帰って横になっていると、娘達が帰って来ました。
祭りのハッピを着て、もらったお菓子を持ってご機嫌で帰って来ました。
娘達は娘達で楽しんだ様子。
2週続けてのW行事でしたが、無事終わって良かったです。
明日は台風が近づいて来るので、家でゆっくりと疲れを取りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記

2014年10月11日

作品展開催の決定

141011.jpg
【会場となる一六八-さとちゃんち-】

以前よりつぶやいていますが、近々作品展を開催したいと考えております。
本日、開催場所となる知人のお店にお邪魔して、打ち合わせを行って来ました。
そして開催日時を決定しました。

12月6日(土)・7日(日)の二日間で作品展を開催致します。
時間は両日とも10:00〜18:00。
二日間とも私は展示場に滞在の予定です。

元々は古民家だった知人のお店。
お借りするスペースも和室の一角になります。
小さなスペースですが、隣の部屋も改築する予定らしく、そこもお借りする事になりました。
部屋が二つになるので、テーマ事に分けて展示出来ればと考えています。
他にも廊下なども使って良いとの事で、意外にたくさんのイラストを飾る事が出来そうです。

前回作品展を開催したのが、2005年の6月。
もう9年も作品展をやっていません。
その間に、2度程グループ展に参加していますが、私自身はギャラリーに行っていないので、参加した感覚が薄い。
やはり自分で開催して、自分でその場所に居ないと達成感は味わえないんですよね。

作品展をやるのって、本当にエネルギーが必要です。
準備もあるし、当日の対応もあるし、お金もかかる。
でも、やった後の達成感は、本当に何とも言えないものがあります。

2004年にグループ展をやり、2005年に個展をやり、本当に達成感を感じました。
それから9年間、「今年こそは」と毎年思いながら、結局出来なかった。
今回、知人がお店を開いて、イベントなどに使える様にフリースペースを作った事がきっかけとなりました。
前回、前々回のように、遠方での開催ではなく、自宅から車で5〜10分の距離。
これも作品展をやるには、本当に助かります。

初めてのグループ展は大阪で、次の個展は橿原でやりました。
今は、遠方でやるだけの気力も体力も無い。
近場で知人のお店と言う、アットホームな雰囲気で出来るのが、私にとってもありがたいです。

開催までもう2ヶ月を切っています。
告知用のチラシを作ったり、ポスターを作ったりしなくてはなりません。
できれば新作も用意したいし、展示の方法やレイアウト等も考えなくてはならない。
出来ればお楽しみ抽選的な事も出来れば・・・などと考えています。

久々の作品展で、ワクワク・ドキドキの反面、これから年末にかけて忙しくなる。
今でも仕事が詰まり気味の状態なので、しっかりスケジュール管理して、準備していかないといけません。
一人でも多くの方にお越し頂ける様に、そしてお越し頂いたからには、満足して頂けるような作品展にしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:50 | Comment(0) | アート

2014年10月10日

作品搬入と仕事打ち合わせ

141010.jpg
【ギャラリーの一角に展示させて頂きました】

本日は午後からずっと外出していました。
ひとつは仕事の打ち合わせ。
もう一つは作品を搬入するためでした。

今年は小さいけど作品展をやりたいと思い、先日作品展開催を決めたばかり。
しかし、今日の作品搬入は、作品展のためではありません。
厳密に言えば作品展なのですが、自身で開催する作品展ではないのです。

作品展を開催する予定にしている知人のお店。
その知人から「こんなんやってるよ」と教えて頂いたのが、「すぎた珈琲」さんが開催している「猫だらけ展」。
知人が自分のお店で出す珈琲を仕入れに「すぎた珈琲」さんに伺ってチラシを貰って来たらしい。
そのチラシの画像を、私にメールで送って来てくれました。

10月1日からスタートしている作品展なので、ダメもとですぎた珈琲さんに問い合せてみた。
快く承諾して頂き、本日、作品を搬入する運びとなりました。
車で小一時間程かかる距離。
お天気も良く、ドライブ感覚で車を走らせました。

すぎた珈琲さんに到着したのは、約束の丁度10分前。
最初カフェ屋さんだと思っていたのですが、実は珈琲豆専門店でした。
そして予想以上にギャラリーが広い。
もうすでに始まっている作品展ですので、猫の作品が沢山展示されています。

まだ空いているスペースをお借りして、そこに作品を展示させて頂きました。
A4サイズの額入りイラストが2点。
POSTCARDサイズの額入りイラストが1点。
POSTCARD単品が8点。
そして黒猫りっちー君ストラップが2点。
まさしく「黒猫りっちー君作品展」となりました。

販売も行っているので、1点でも売れると嬉しいですね。
売れなかったとしても、お客さんも目に触れる機会が出来て嬉しいです。
作家紹介として、お持ち帰り用のパンフレットを30部程置いて来たので、それだけでも減ってくれたら嬉しいです。

お近くにお住まいの方、また近くにご用事のある方。
良かったらすぎた珈琲さんに足を運んで頂ければ幸いです。
お店の情報です。
住所:奈良県生駒郡平群町菊美台1-800-1
営業時間:10:00〜18:00
電話番号:0745-45-0886
facebookページ https://www.facebook.com/CAFECOUBOU

お忙しい中、対応して頂いた杉田様、本当にありがとうございました。
今月いっぱいお世話になります。
よろしくお願い致します。

すぎた珈琲さんを出た後、その足で仕事の打ち合わせに行きました。
ちょうど同じタイミングで、打ち合わせが入ったので、本日の打ち合わせにして頂きました。
同じく平群町にあるイタリアンレストランでの打ち合わせでした。

とってもお洒落な雰囲気のお店で、レストラン以外にも、離れの小屋が3つ程ありました。
そこで、雑貨を売っていたり、フラワー教室を開いていたり出来るスペースになっています。
その一つの小屋が、フリースペースになっていて、イベント等に使える小屋のようです。

仕事の打ち合わせが済んだ後、この小屋の話になり、フリースペースの小屋の存在を知りました。
とてもお洒落でいて、借用料金がもの凄くリーズナブル。
ここで作品展を開くのも良いかも知れないと思いました。
知人のお店での作品展はもう決定していますので、来年くらいに、今度はここでやっても良いなぁ〜と思いました。

作品搬入と仕事の打ち合わせに駆け回った半日でしたが、とても実りのある時間となりました。
そして明日は、自身の作品展の打ち合わせに知人のお店に行きます。
詳細を話して、いよいよ作品展の決定を行いたいと思います。
詳細が決まりましたら、また案内をさせて頂きます。

さぁ、仕事も忙しくなって来て、作品展も迫って来る。
これまで以上に気合い入れて頑張らなくては。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | 仕事

2014年10月09日

私達の生活に役立つノーベル賞

141009.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

日本人三人がノーベル賞を受賞して、一日が経ちました。
テレビでは、三人の受賞を祝って、それぞれの生い立ちや研究の成果等を紹介しています。
本当に凄い方々ですが、今回は青色LEDの成果での受賞と言う事で、とても身近に感じるノーベル賞です。

今では普通になった青色LED。
そして当たり前になった液晶テレビや、液晶のパソコン。
そして薄く美しい画面のスマホ。

これらの製品も青色LEDが使える様になったからこそ、出来てきた製品です。
その身近な製品の技術が評価されたノーベル賞だからこそ、身近に感じるのでしょう。
この三人の研究が無ければ、液晶テレビも液晶画面のパソコンも、スマホも生まれて来なかった。
そう考えると本当にもの凄い偉業なんだと思います。

私が今の仕事を始めた頃は、パソコンのモニター画面はブラウン管でした。
もちろんテレビもブラウン管。
今では信じられないくらい、奥行きがあって、20インチの画面のモニターなら、ブラウン管の奥行きは50cmくらいは必要でした。
だから机の上はモニターが占拠している状態でした。

あの当時は、パソコンの画面がこんなに薄く美しくなるとは想像もしなかった。
そしてiPhoneやiPadのような商品が出て来るなんて、夢にも思いませんでした。
でも、iPhoneやiPadも青色LEDが出来たからこそ、出て来る事が出来た商品なんですよね。
世界を変えた青色LED。
しかし受賞された三人の教授は、そんな偉業を成し遂げたという感じではない。

自分がやりたい事をやって来ただけと言うイメージが強いです。
そこがまた、素晴らしい事だと思います。

しかし、受賞者のお一人、中村教授はちょっと異質な感じです。
この方は青色LEDの実用化の道筋を付けた事が評価されました。
中村教授は、日本の企業でこの研究を続けていた。
ところが研究の成果によって、企業が得た利益があるにも関わらず、中村教授への報酬は僅か2万円だったらしい。
何億と言う成果がありながら、たった2万円の報酬では、そりゃ〜怒りも出て来るでしょう。

結局、中村教授は勤めていた企業を相手に裁判を起こします。
当時は「研究成果は企業の物か個人の物か」で話題になったのを覚えています。
私は企業で働いていて、そこで研究の成果を出したのだから、研究成果は企業のものだと思います・
しかし、成果を出したら、やはりそれに見合う労いが必要でしょう。

その意味でも、中村教授の投じた一石は、日本の企業の体質や考え方を変えるきっかけになったと思います。
日本社会の負の部分が、浮き彫りになった感じですね。
ただし、良い面もあるので、そこはしっかりと残して行きたいところです。

今回の受賞で、身近な製品の研究結果が評価を得た。
この事は、子供達にとってもとても刺激になったと思う。
「自分もいろいろ研究したい」と思った子供達も多いでしょう。
若い世代達の活躍の原動力となってくれる事を期待したいです。

そして私達は、普通に使っているパソコンやスマホを、もっと感謝して使わないといけないですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2014年10月08日

皆既月食の夜

今宵は日本中で東の空を見上げていた事でしょう。
そう皆既月食を見る事が出来る日でしたね。
お天気も良いとの予報で、日本中で皆既月食が観測されると言われていました。

しかし、今日は水曜日。
子供の剣道の稽古の日です。
しかも、見頃だと言われる時間帯は、ピッタリ稽古の時間内(^^;)
おまけに今夜は、今度の日曜日に行われる剣道大会の準備。

さらに夕方から東の空にだけ雲がかかり始めました。
剣道の稽古に向かう車中から空を見上げ「これは見れないかも知れない」と半分諦めて稽古に向かいました。
どのみち準備があるので、月は見れません。
「どうちみち雲で隠れて見えないし」と思いながら、準備作業に入りました。

思いのほか準備は早々に終りました。
そして皆一様に外に出て東の空を見ています。
どうやら雲が抜けたようで、赤く染まった何とも言えない月が顔を覗かせていました。
見れないと思っていただけに、皆既月食を見れて嬉しかったです。

iPhoneで撮影してみましたが、やはりスマホでは撮れません。
しかし、念のためにと車にはカメラと三脚を積んでいました。
ちょうど準備した物品を駐車場まで運ばなくてはならなかったので、運び終わった足で自分の車からカメラと三脚を取り出しました。

駐車場で1人黙々と三脚をセットし撮影を開始。
私の持っているレンズではズームに限界があり、月の大きさもこれくらいが限度です。
それでも何とか撮影する事が出来ました。

141008-1.jpg

解りづらいので、Photoshopでトリミングして拡大。
拡大しているので、ボケ気味のお月様。
いや〜赤いですね〜。
何とも言えない色合いのお月様です。

141008-2.jpg

ちゃんと三脚セットして撮ったのに、何故か若干ぶれていました。
う〜んなんでだろう?
ダメですね〜写真はまだまだです(--;)

今回、月を撮影していて、星も一緒に映っています。
今度は星空も撮ってみたいですね〜。
月もまともに撮れない奴が何言ってる・・・って感じですが(^^;)

ほんの少しの時間でしたが、皆既月食を見る事が出来て、また写真におさめる事が出来て良かったです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:54 | Comment(0) | 日記

2014年10月07日

ひまわり8号打ち上げ

141007.jpg
【テレビで補助エンジンが切り離された瞬間】

めっきり秋が深まって来た感のこの頃。
日中はまだTシャツでも行ける日もあるが、それでもかなり涼しくなっている。
そろそろ田んぼの稲も刈り取られ始める頃ですね。

つい先日まで「夏を楽しもう」なんて思っていたのに。
今年の夏は天候も不順で、各地でゲリラ豪雨が起きたりしました。
天気予報では全く雨の予報が無くても、突然集中的に豪雨になったりして、本当に予測がしずらい夏でした。

「最近の天気予報は当てにならんなぁ〜」などと偉そうにテレビに向かって言っていましたが、これは無理も無い話なんですね。
ゲリラ豪雨をもたらす積乱雲は、急速に発達するため、気象衛星の観測が追いつかないらしい。
夏場の積乱雲は30分程で急速に発達して大雨をもたらす。
一方の気象衛星が観測して解析して、データを送って来るのが30分間隔。

これでは急速に発達する積乱雲を捉える事は難しい。
天気予報が当てにならないのではなくて、技術的に今の段階では無理な話だったのですね。
やはり自分の身は自分で守る事を念頭に、天気の変化を見るしか無いのです。
現在のところは。

そう、来年からはこのゲリラ豪雨も予測が出来る可能性が出て来た。
本日、鹿児島県種子島から、気象衛星ひまわり8号が打ち上げられました。
たまたま、今日は午後から仕事の打ち合わせが入っていて、クライアントのところまで車を走らせていた。
初めて行く場所なので、ナビにしながら、音声はテレビの音声にしていました。

丁度、ひまわり8号が打ち上げられる時間帯で、種子島からの中継などが音声で聞こえていた。
そしてクライアントのところへ着いた頃。
まさに打上げの瞬間がやってきた。
ナビの案内も終り、テレビに切り替えた直後、ロケットH2が見事に青空に打ち上げられる瞬間を見る事が出来ました。

秋晴れの空に、白いロケットがぐんぐん上昇して行く。
そして補助エンジンが切り離される瞬間まで、カメラが捉えていて、初めてその瞬間を見る事が出来た。
いや〜感動的ですね。日本の技術力ってやっぱり素晴らしい。
その後、無事起動に乗って、打上げは成功しました。

今回のひまわり8号により、衛星画像がモノクロからカラーに変わる。
これにより、これまでは黄砂と雲の判別が難しかったのが、明確に解るようになります。
そして何より驚きなのが、画像解析の速度。
これまで30分かかっていたのが、2分に短縮されたそうです。

つまりは急速に発達する積乱雲の情報を、瞬時にキャッチしてデータを送ってくる。
これにより、ゲリラ豪雨の可能性を事前にキャッチして、警戒を促す事が出来る様になります。
そして台風の情報なども、より明確になるそうです。

日本に近づいて来る台風は、当然海の上を進んで来ます。
海の上には観測所が無いため、気象衛星のデータに頼るしか無い。
今回のひまわり8号によって、台風の雲の状況なども、より明確に解る様になる。

実用にはまだ時間がかかるようで、来年の夏頃には運用が始まるとの事。
いやいや、日本の技術力素晴らしいし、気象衛星ひまわりも凄い。
テレビに向かって「最近の天気予報は当てにならんなぁ〜」なんて言ってゴメンナサイm(__)m
来年の夏からは、さらに精度の高い天気予報が期待できますね。

それでも、やはり自分の身は自分で守る事を忘れない事が大事です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | 日記

2014年10月06日

カメラが大活躍

141006-1.jpg
【仕事で撮影した写真】

141006-2.jpg
【こちらも仕事で使うかも】

二日間の運動会が無事終わったが、この間、カメラが大活躍でした。
日頃は何かイベントが無いと使わないカメラ。
本当は日常や、ちょっとした風景を撮るのに、もっとカメラを使いたい。
でも、常にカメラを持ち歩くのも無理で、カメラは「写真を撮る」と決めてかからないと、なかなか持ち運べない。
おまけに最近はスマホの画質も良いため、日常の何気ない写真は、ほとんどiPhoneで撮っている。

さすがに運動会はiPhoneで撮るのは無理があるので、ちゃんとカメラを抱えて二日間写真を撮りました。
今使っているカメラはCanonのEOS Kissです。
もう使い始めて8年程経っています。
しかし、未だに使いこなせていない(^^;)

初日は外での運動会だったので、オート機能のスポーツモードを主に使用した。
走っている時はこのスポーツモードがやっぱり便利です。
それでも被写体からズレてピントが合わなくなる事も多い。
そこは私の腕の悪さなんですが(笑)

二日目の次女の運動会は室内。
室内でのスポーツを撮るには、やはりそれなりの工夫が必要となる。
オート機能で撮ってもなかなか撮れない。

そこでマニュアルで撮影する事にした。
これは剣道の時も同じなんですが、オートのスポーツモードで撮ると、光量が少ないためシャッタースピードが遅くなる。
そうなると、被写体の動きについていけず、結果的に写真がぶれる。

そこでマニュアルモードで常にベストな光量を確保しながらの撮影に切り替えた。
ベストな光量を得ようと思えば、シャッタースピードは遅くなる。
それをカバーするために、ISO感度を上げての撮影。
画質はやや粗くなるけど、今のところこれが一番有効な感じです。

本当は室内スポーツに適したレンズを買うのが一番なんですが。
カメラのレンズって高いんですよね。
下手すりゃ本体よりも高い物もあるんですから。
いつか買いたいと思っていますが、なかなか手が出せません(^^;)

初日の運動会が終わった日の夜。
別件でカメラを多用した。
仕事で柳生まで行く必要があり、カメラと三脚を抱えて、柳生まで車を走らせました。
夜の撮影は、これまた難しい。

三脚を使って何枚か撮影して帰って来ました。
撮影した内の一枚が↑の写真。
夜の撮影ってやっぱり幻想的ですね。

さらに今日もカメラと三脚を抱えて写真を撮りました。
いつも参拝に行っていますが、その後に神殿を撮影。
これも仕事で使う可能性があるため、本日写真を撮りました。
ちょうど日が暮れて、夜になる時間帯。
やはり幻想的です。

まだまだカメラを使いこなせていない。
もっともっといろんな写真を撮りたい。
今年は紅葉も撮りに行きたいですね。
下手でも続けていれば、それなりに写真の撮り方も少しずつ上達するでしょう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | アート

2014年10月05日

次女も頑張った運動会

141005.jpg
【踊り終わって恥ずかしそうに顔を隠す次女】

お天気が心配だった次女の託児所の運動会も無事終了しました。
しかし、残念ながら運動場ではなく、体育館での開催となりました。
朝からどんよりとした曇り空。
いつ雨が降り出してもおかしくは無い天気でした。

結果的に雨は降らないまま、体育館での運動会は終り、終了してしばらくしてから雨が降り出しました。
途中で雨が降った場合のリスクを考えて、最初から体育館での開催となったのだと思います。
それでも午前中、雨が降らずに持ちこたえたのは、てるてる坊主の五人衆のお陰か(笑)

結果論で言えば「午前中は雨降らなかった」ですが、いつ降り出すか解らない状況での運動場での開催はリスクが高過ぎます。
途中で大雨になんかなったら、目も当てられませんからね。
体育館での開催は託児所の英断だったと思います。

そして何より、いつもと違う環境でも、子供達が生き生きと運動会を楽しんだ事が、とても嬉しかったです。
できればいつもの運動場で、思い切り運動会やって欲しかったけど、体育館でも楽しい運動会になって、本当に良かったです。
次女も全く動じる事無く、いつもと変わらぬ雰囲気で運動会を楽しんでいました。

競技では小学生のリレー・一般保護者のリレーもあり、小学生&一般の方で、長女と息子が出場しました。
体育館の中で、走りづらそうでしたが、精一杯走っていました。
次女もかけっことクラスの競技で一生懸命頑張っていました。

かけっこはやはりと言うか・・・・遅かったです(^^;)
我が家の子供達は、やはり親と似て、あまり走るのは得意じゃありません。
それでも楽しみながら一生懸命走っていました。

そしてクラスの競技では、桃太郎になって鬼を退治する競技。
まずは段ボールで作られた、平たい桃を子供が持って桃の後ろに隠れています。
名前を呼ばれたら、桃を割って「は〜い」と返事。
桃太郎が生まれた瞬間の演出です。

続いて斜めに掛けられたはしごを登り、登った先の跳び箱からジャンプ。
次に鉄棒にぶら下がります。
この時に鉄棒に逆さにぶら下がって、コウモリの格好をします。
もちろん手はまだ離せませんが。

最後に鬼が描かれた段ボールのイラストを、剣かボールで倒して鬼をやっつけます。
次女は最初はこの鬼が怖くて、なかなか練習が出来なかったらしい(笑)
今日はまったく怖がる事無く、堂々と鬼退治していました。
これまで何度も練習してきた競技。
みんな上手にこなしていました。

最後はお遊戯で締めくくります。
昨年は恥ずかしがって、全く踊れなかった次女。
ただただ呆然と立ちすくんで、最後には泣き出してしまいそうになっていた。
しかし、今年は最初から最後まで、ちゃんと踊っていました。
それでもやっぱり恥ずかしいのか、踊り終わると手に着いたボンボンを顔に当て、恥ずかしそうに顔を隠していましたけどね。

昨年の運動会から、また一つ成長した次女の姿を見る事が出来た運動会でした。
お天気は残念でしたが、あと一日ズレていたら台風の影響を確実に受けていた。
そう考えると、運動会が出来た事が、本当に有り難い事だったと思います。
そして何より、運動会の準備から本番、そして後片付けまで、頑張って下さった先生方に感謝です。
今年もそれぞれに、思い出に残る運動会となり、それぞれの運動会が無事終わりました。

怪我も無く、元気に運動会を終えた事に感謝です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2014年10月04日

W運動会が無事終わった

141004-1.jpg
【長女の運動会】

141004-2.jpg
【息子たちが作った応援旗】

今日は息子と長女のW運動会の日でした。
心配していたお天気も、曇り空でしたが、暑くも寒くも無く、ちょうど良い気候の中、どちらの運動会も無事終わりました。

どちらの運動会も行く事は出来ないので、息子には申し訳ないが長女の小学校の運動会に行く事にしました。
昨年も同様に運動会の日が同じだったので、息子の運動会は2年連続で見れていない。
まぁ中学生なので、小学校の運動会のような、家族で応援という雰囲気でも無い。
1年生の時は見に行ったが、何か淡々としていて「中学校の運動会ってこんなものなのか」と思った印象がある。

でも、本当は見に行ってあげたいのだが、やはりどうしても小学校の方がメインになってしまいます。
息子は中学最後の運動会で、今回は応援旗の制作を数人で手がけたらしい。
そして運動会は見に来れなくても、応援旗だけは見て欲しかった様子。

そこで、長女の運動会は長女が出場する最後の種目まで見て、早めに切り上げました。
そしてその足で息子の運動会へ。
少しでも見れたらと思ったのですが、着いた時にはもう閉会式が始まっていました(^^;)
せめて応援旗だけでも写真に撮ろうと思い、閉会式の間に写真を撮りました。

息子の赤組は、競技の部で優勝したようでした。
その事を確認して、中学校を後にしました。
家に戻ってしばらくすると、運動会を終えた長女が帰って来た。
途中で帰ったので、どちらが勝ったのか解らなかった私達。
長女に聞くと、こちらも長女の赤組が優勝したようです。
優勝と言ったって、紅白2チームしかありませんが(笑)

息子の中学校は5チームの中での優勝でした。
まぁどちらも優勝出来て良かったです。
長女も一生懸命頑張っていたし、息子も頑張ったと思います。
息子の場合は、運動会本番よりも、その準備を頑張ったのでしょう。
応援旗もしっかりと作れていました。

それぞれの運動会、それぞれに頑張りました。
そして明日は、次女の託児所の運動会です。
お天気がちょっと悪そうなんですが、最悪雨でも体育館で運動会は行われます。
でも、出来れば雨は降って欲しく無い。
せめて午前中だけでも持ってくれたら、何とか運動場で出来るかも知れません。
僅かな望みを持ちながら、明日の朝を迎えたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 日記

2014年10月03日

てるてる坊主に願う

141003.jpg

台風が近づいて来ていますね。
週末に運動会が立て続けにあると言うのに。
何とか明日の運動会は天気持ちこたえそうだが、明後日の日曜日は降水確率が80%。
次女の託児所の運動会は天気が危ぶまれる。

一応雨の場合は、体育館を借りて運動会をやる。
我が家の子供達が通っている間は、一度だけ体育館で運動会をした事がある。
長女が3歳の時の運動会。
5年程前になる。

雨でも運動会はあるのだが、やはり運動会は運動場でやってほしい。
秋晴れの運動会が望ましいが、この天気予報では秋晴れの運動会はほぼ無理。
せめて曇り空でも良いから、運動場で運動会が出来る事を願う。
体育館では思い切り走れないんですよね。
やっぱり運動場で思い切り走ってこその運動会。
運動会は午前中で終わるので、せめて午前中だけでも天気もって欲しいです。

次女と運動会に雨が降らないように話をして、てるてる坊主を作る事にしました。
このてるてる坊主、意外と願いを叶えてくれるのです。
夏にプールを楽しみにしていた次女。
ところがプールの予定の日に、天気予報が雨の事が結構あった。

私のiPhoneで天気予報を見るのですが、傘マークがあると大泣きしていました。
そこで、てるてる坊主を作って、何度かお願いした事があります。
すると、予報は雨だったのに、雨が降らずにプールに入れた事が何度かありました。
次女も「てるてる坊主がお願い聞いてくれた」と喜んでいました。

そこで、今回もてるてる坊主に活躍してもらおうと作りました。
最初は1人だけのつもりでしたが、次女が「5つ作って」とリクエストして、結局5人のてるてる坊主に。
ちょうど我が家の家族分のてるてる坊主になりました。
これで少しでも雨が降り出す時間が遅くなってくれる事を願います。

てるてる坊主〜てる坊主♪
明日天気にしておくれ〜♪
そして明後日は雨を先延ばしにしておくれ〜。
お願いしま〜〜〜〜〜す(-人-)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:56 | Comment(0) | 日記

2014年10月02日

今月の壁紙ダウンロード案内

141002-1.jpg

141002-2.jpg

気がつけば10月になっていました(^^;)
あぁ〜結局9月は新作描けませんでした。
今月はガンバロウ。

islandのホームページをリニューアルして、もう3ヶ月近くになろうとしています。
しかし、リニューアルしたものの、やはりまだ充実したホームページでは無い気がしています。
何かが足りない気がする。
それが何なのか解らない。

最近はホームページよりも、facebookページの方が、情報の発信もアクセスの反応も良い。
わざわざホームページを覗きに来る人って、そうそういませんよね。
ホームページは変動の無い情報の場所として、コミュニケーションを図るのは、ブログやfacebookページというスタンスが良いのかも知れません。

とは言え、やはりホームページのアクセスも増やしたいのは事実。
昔はカレンダーのダウンロードなどやっていたら、結構なアクセスがありました。
しかし、最近はアクセスもメッキリ減っています。

それでもやはりダウンロードページは残しておきたいので、今は壁紙ダウンロードとして残しています。
壁紙は別ページの「写真部」で、ダウンロード出来る様に設定しています。
好きなイラストの壁紙を、いつでもダウンロード出来ますので、とても便利です。
でも、ふと思った。
そのサイトまでたどり着く人は何人いるだろう?と。

もし、このブログを読んでいる人で、イラストを気に入って使いたいと思った人がいたとしても、そこから壁紙ダウンロードサービスまで、たどり着ける人は少ない。
そこで、毎月私の方でイラストを1点選んで、ダウンロードページに載せる事にしました。
「今月のおすすめ」みたいなノリですね。

実は先月から始めていたのですが、告知するのを忘れていました(^^;)
気づいている方は、もう解っていると思いますが、ページに最下部に、「今月の壁紙」としてイラストが表示されています。
イラストをクリックして頂けると、islandのダウンロードページへとジャンプし、そこから壁紙ダウンロードが可能です。

きっとこのつぶやきを、スマホで見ている方もおられるでしょう。
スマホでも、ページ最下部に、イラストが表示されています。
イラストをタップすると、スマホのislandページへジャンプします。
スマホの方は待ち受け画面としてご活用頂ければ幸いです。

今月はPC版が「闇夜のコーラス隊」。
ハロウィンをイメージしたイラストです。
そしてスマホ版が、「お家に帰ろう」。
ちょうど今頃の夕暮れ時の街並を描いたイラスト。

私からのオススメとして、毎月、各1点ずつダウンロードを用意したいと思います。
PCの壁紙に飽きた方。
スマホの待ち受けを変えたい方。
是非、islandイラストをご活用下さい。

↓ページの最下部まで下がると、イラストが出て来ます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記

2014年10月01日

自分の身は自分で守る

141001.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

御嶽山の噴火による災害。
もし自分がその場にいたら・・・と想像する。
果たして生き延びる事が出来ただろうか?

誰もが噴火するなんて思っていなかったであろうし、噴火しても最初は煙が出ているだけで、さほど緊張感が感じられなかったようである。
きっと私もその場にいたら、「おっ煙が上がっている」などと、写真を撮っていたと思う。
煙が上がった時点で、「これは危ない」とすぐに判断出来ていたら、きっと犠牲者の数も激減していたと思います。

自分の身に危険が迫った時、果たして自分の命を守れるか?
正直、自分でも解らないし、自信は無い。
ましてや家族の身を守れるか?
本当にその時にならないと解らない。

自然災害と言うのは、いつどこで起きるか解りません。
東日本大震災以降、どうしても地震や津波などに注目が集まりますが、自然豊かな日本ではいつどこで自然災害に出くわすか解りません。
今回のような火山の噴火、集中豪雨による土砂災害や洪水。
突風や竜巻、落雷、台風。
言い出せばキリが無い。

ある程度予測出来る災害もあれば、突然やってくる災害もある。
今回の噴火に関しては、予測が不可能に近かった。
「警戒レベルを上げる事も出来た」という方もおられるが、それは後になってから言える事。
地震の予測と同じで、火山の噴火の予測は、難しくまた設備にお金がかかる。

やはり自分の身は自分で守るという意識が必要なのだと思います。
御嶽山は活火山であるという意識を持って、噴火する危険性と隣り合わせである事を、認識した上で登山をする事が重要だったのだと思います。
おそらく大勢の人が、そんな認識は無く、ピクニック感覚で登山を楽しんでいたと思う。
私がその立場なら、当然楽しいピクニック感覚で登っていたと思う。

紅葉の美しい時期で、カメラを持って楽しんで登っていたであろう。
そこで、噴煙が上がったとしても、それが噴火だと思わなかったでしょう。
呑気に「これはシャッターチャンス」と写真を撮っていたハズ。
そして逃げ後れる。そんな結果になっていたと思われる。

今回、絶好の紅葉シーズンで土曜日の正午という時間帯。
最も人が集まる日時に、最悪の結果で噴火が起きてしまった。
楽しいはずの登山が、一転地獄に変わってしまった。
不運としか言いようがありません。

多くの方が犠牲になってしまった今回の噴火。
本来、登山と言うものは、危険と隣り合わせである事を、再認識させられる災害となってしまいました。
美しい自然は、突如として私達に牙を向けます。
その事を、私達人間は強く意識しなければなりません。

自分の身は自分で守る。
この事を強く意識して、あらゆる自然災害に備えないといけないのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 私の思うこと