2014年09月09日

悔しいけど素晴らしい準優勝

140909.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

錦織選手、準優勝おめでとうございます。
でも、正直悔しい。
優勝できると思っていたし、何より本人が一番悔しいでしょう。
それでも、勝利したチリッチ選手を讃え、スタッフや観客に感謝し、楽しい2週間だったと答え、また来年も戻って来たいと答えた錦織選手。
本当に素晴らしい。

世界王者のジョコビッチを破った事で、一気に優勝への期待が高まり、そのプレッシャーに押された事は確かだと思う。
本人も「自分のテニスが出来なかった」と認めているだけに、やはりかなりの重圧だった事でしょう。
その中で頑張っただけでも素晴らしいと思うし、何よりも私達日本人に大きな夢と希望を与えてくれました。

そしてテニスをしている日本中の子供達に、大きな目標をもたらしてくれた。
「錦織選手みたいになりたい」
そう思った子供達は沢山いると思います。
これまで、テニス界には目標に出来る選手が少なかった。
いない訳では無いが、やはりここまで登り詰めた選手がいない。

子供はやはりトップスターに憧れる。
誰だってそうでしょう。
活躍するスター選手を見て、自分もそうなりたいと夢を見る。
今回の錦織選手の活躍は、テニスをする子供達、またこれからやりたいと思う子供達に、大きな夢をプレゼントしてくれました。

子供だけではない。大人達にも大きな希望を与えた。
日本人の頑張りは、やはり大きなパワーになる。
「自分も頑張ろう」という気持ちにさせてくれる。

そして故郷の島根にも大きなパワーを与えた事でしょう。
地元の人にしてみれば、自分の事のように嬉しいと思います。
県民にとっての誇りですね。

今回は惜しくも準優勝でしたが、これから常にトップ争いに加わる事でしょう。
そしてその錦織選手を夢見て、第二の錦織が生まれて来ると思う。
錦織選手はその大きな扉を開いてくれたのだと思います。

これからのテニス界、ますます楽しみです。
そして他のスポーツも、ますます日本人が活躍する事でしょう。
私もお遊び感覚から、テニス再開しよう(^^;)
まずは素振りからだな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:24 | Comment(0) | 日記