2014年09月03日

新たな内閣のスタート

140903.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

最近、このつぶやきで、政治の事をつぶやかなくなりました。
最も政治の事をつぶやいていたのは、やはり民主党政権が誕生する寸前辺りから、民主党政権が終わる頃まででしょうね。
何せ無茶苦茶な政権運営でしたから、つぶやくと言うよりも、吠えまくりたいと言う感じでした。

再び政権交代が起き、第二次安倍内閣になってからは、政治の事はあまりつぶやいていません。
それは、吠えたいような状況に無いと言えるからでしょう。
第二次安倍政権を手放しで喜んでいる訳ではありません。
もちろん不安要素も懸念も沢山あります。
しかし、民主党政権時代のあの無茶苦茶ぶりを思えば、まだ吠えるような事は無い(笑)

そんな第二次安倍政権ですが、今回初の内閣改造を行いました。
私個人的には、改造する必要は無いと思います。
しかし、そこは政治の世界。
ベテラン議員などの「大臣にしてくれ」という圧力が、党内から噴出しているようです。

そりゃ〜政治家になれば、大臣になって、いずれは総理大臣を目指すもの。
でも、大臣になるには、それなりの力量が必要なのであって、長い事政治家だから大臣ってのもおかしな話です。
能力あれば、若くても大臣になれるし、総理大臣だって出来る。
自分の力量が無いのに、「そろそろ大臣にしてくれ」ってのも、情けない話だと思います。

今回の内閣改造は、そんな自民党内の不満を抑えるためと言われていました。
でも、実際フタを開けてみると、留任も多く、さほどベテラン議員を入れたという感じはありません。
なるべくなら改造しない方が良かったけど、改造する中で、最良の改造かも知れませんね。

最も注目されていた幹事長。
石破氏を外して、誰にするのか?
様々な人の名前が挙がっていましたが、ここに前総裁の谷垣氏を持って来ました。
これには意外でしたが、そこにも安倍総理のしたたかな戦術があったようです。

谷垣氏は自民党が下野した時の、苦しい時期をまとめた総裁です。
党をまとめるチカラは、野党時代に培われました。
元総裁と言う事もあり、ベテラン議員も反発しずらい。
そして谷垣氏にとっても、再び総理の座を狙うための、実績作りになる。

この幹事長人事は、まさしくサプライズ人事でした。
そして今回の改造で、留任した人が多いのが、何よりも良かった点です。
改造する必要すら感じなかった内閣でしたから、一人でも留任した方が良い。
特に官房長官は、絶対に代えてはならない人でした。

菅官房長官は、まさに第二次安倍内閣の右腕と言っても良い。
安倍総理も菅官房長官に、随分と支えられていると思う。
他にも麻生財務大臣や、岸田外務大臣など、重要なポストが留任となった事は、本当に良かった。

さて、内閣改造で再スタートを切る第二次安倍内閣。
内閣発足から、好スタートを切ってきた感がある。
しかし、アベノミクスは失速気味。
やはり中小企業には、まだまだ恩恵は無い。
そして地方も景気回復はしていない。

外交問題も様々な問題を抱え、国内の問題も待った無し。
決して第二次安倍新内閣の前途はバラ色ではない。
むしろイバラの道と言えるでしょう。
このイバラの道を果たして、どうやって乗り越えて行くか。

期待する反面、おかしな所がないか、よく見ないといけないと思います。
私達日本国民が、政治を政治家に任せっきりにした結果が、自民党を腐敗させ、民主党政権を誕生させた。
政治の問題は難しいけど、やはり私達日本国民が、自分の事として考えていかなくてはいけません。
明るい日本の未来が見える様に、しっかりと日本の政治をチェックしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 私の思うこと