2014年08月29日

守るべき存在を攻撃する心の弱さ

140829.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

最初このニュースを見た時、正直意味が分からなかった。
「盲導犬が刺される」
何で盲導犬が刺されたのか?
全く意味不明でした。

何らかのトラブルで、盲導犬が人に歯向かって刺されたのかと思ったら、全く違っていた。
悪質なイタズラで、フォークのような物で刺された後が見つかった。
その現場を誰か見た訳では無いので、あくまでも傷跡からの推測らしい。
盲導犬の飼い主は当然目が見えない。
それを良い事に、盲導犬に被害を加えたとなれば、これはイタズラでは済まされない。

それにしても、刺された事を飼い主が気づかないという事は、刺されても吠えなかったという事。
決して吠えないように訓練されている盲導犬。
ちゃんと自分の役割を解っている事に感動する反面、そんな時くらいは吠えても良いのにと思ってしまう。

盲導犬を訓練している方々も、こんな事は想定外なのではないか?
私自身もニュースの意味が解らなかったし、こんな事をする意味が分からない。
一生懸命頑張っている盲導犬を見て、心が癒される事はあっても、危害を加える事の意味が分からない。
これはイタズラと言うよりは、動物虐待ですよね。
しかも、盲導犬を狙うというのは、かなり悪質だと思います。

何だろうな。この陰湿な事件。
本来なら思いやるべき者へ対して、逆に危害を加えてしまう。
いじめにも似た陰湿な事件だと思います。

イジメも一向に無くならない社会。
弱者に対して牙を向けると言うのは、心の弱さの現れだと思います。
弱い者を見下す事で、自分の存在価値を保とうとする。
弱い心が増える事で、陰湿なイジメや事件が増えて来る。

子供への虐待も同じだと思う。
結果的に親の心が弱いから、子供へ危害を加える。
本来ならそこへ手を差し伸べる、肉親や地域があった。
しかし、今は核家族化と地域の希薄化で、親は孤立化する。
私自身も似た環境なので、虐待してしまう親の気持ちも解らないでも無い。
だからと言って虐待は許されない。

人間、誰しも心は弱いのだと思います。
誰も1人では生きて行けない。
だからこそ家族があり、友達があり、仲間が必要となる。
しかし、その中でさえ、弱者を貶める事が起きてしまう。

みんな自分を守る事で必死なのかも知れませんね。
自分を守ろうとするから、相手を攻撃してしまう。
例え自分を守りきったとしても、人は1人では生きて行けません。
誰かを守ろうと思ったとき、人は強くなれるのだと思う。
心が強くなれた時、初めて人は優しくなれる。

人から優しさを貰ったら、不思議とまた誰かに優しさを分けたくなる。
きっと優しさには、心を強くするビタミン剤が入っているのだと思う。
誰かを守りたい。誰かを喜ばせたい。
そんな思いが心を強くして、優しさを生み出す。
その優しさは、他人の心を癒し、また誰かを喜ばせたいと思わせる。

一人一人が自分のためでは無く、誰かのためを意識するだけで、陰湿なイジメや事件は激減すると思う。
簡単な事ではない。とても難しい事だと思います。
でも結果的に、自分を守ったところで、残るものは何も無い。
その事を教育の現場で、家庭教育で、広げて行く努力が必要ですね。

私自身も決して強い心ではない。
ネガティブになる事の方が多いかも知れない。
それこそ周りの優しさで助けられている。
その事を忘れないように、日々感謝して過ごさなければいけませんね。

心優しい盲導犬への悪質な事件。
決して許されるべき行為ではない。
人を思いやる心が、失われてしまった結果だと思います。
強い心で優しさが溢れる社会に、これから少しずつでも戻せたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 私の思うこと