2014年08月22日

新作「奄音恋美月(あまねこいみづき)」

145奄音恋美月(あまねこいみづき).jpg

ーーー【奄音恋美月(あまねこいみづき)】ーーー
まだ夏の気配が残る南の島にも、名月が顔を覗かせました。
リュウキュウアカショウビンのカップルが、夜風に吹かれてくちばしを寄せ合います。
自慢の鳴き声で愛を語らっているのでしょうか。恋の歌声は、さらに美しく月を輝かせるのでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1ヶ月ぶりの新作です。
おぉ〜ひと月に1作品のペースで描けてる。
我ながら自分で自分を褒めたい(笑)

もう暦の上ではすっかり秋なので、そろそろ秋のイラストを描きたいと思い、名月シリーズを描く事にしました。
このシリーズは、いくつか描いています。
「ムーンライトシンフォニー」や「古都静月(ことしづき)」・「お月見にゃんこ」など、5点ほどあります。

今回は、ふと故郷の奄美の名月を描いてみたくなりました。
このところ、奄美からのお届け物が続いていたので、ついつい気持ちが奄美へと飛んで行きました。
名月と言えば秋のイメージですが、まだまだ夏の奄美で名月を見たら・・・と想像して描きました。

奄美と言えば、やはり海です。
海に浮かぶ名月と、海に光る月の明かり。
そしてその月を眺めながら、愛を語り合うリュウキュウアカショウビンの設定です。

あまり奄美に居た頃は名月を見た記憶がありません。
お月見そのものが無かったように思います。
なので完全に空想の世界です。

リュウキュウアカショウビンは、それはそれは美しい鳴き声の鳥です。
子供の頃は夏休みになると、このリュウキュウアカショウビンの鳴き声が目覚まし代わりでした。
そんなリュウキュウアカショウビンの鳴き声が、名月に響いたらさぞかし綺麗だろうと思いました。
しかし、実際はリュウキュウアカショウビンは渡り鳥なので、名月が見れる時期に鳴いているかは不明です。
そこは想像の世界と言う事で(笑)

南国らしさと秋の名月。
ちょっとアンバランスのようで、実際にイラストにしてみると、とても良く似合う気がします。
今回は奄美を意識したので、タイトルもとことん考え抜きました。
奄音(あまね)と言うのは、リュウキュウアカショウビンの鳴き声を意味します。
そして恋美月(こいみづき)は、恋する者達にとって、美しい月はさらに美しくなる。
そんな意味合いを込めてこの「奄音恋美月(あまねこいみづき)」としました。

さて、新作も出来たので、壁紙化、ポストカード・イラスト販売の方も進めたいと思います。
新作へのご意見やご感想。またはイラストのリクエストなどございましたら、コメントやメッセージ下さい。
リクエストは可能な限り対応したいと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 新作のお知らせ