2014年08月15日

69回目の終戦の日

140815.jpg

今日は8月15日。終戦の日です。
終戦記念日では無く終戦の日です。
負けた日なのに、記念日っておかしいですよね。
最近つくづく感じます。

69回目の終戦の日。
戦争を知らない私達は、「戦争は良く無い事」と教育の中で、嫌と言う程に教わって来ました。
もちろん戦争は良い事ではありません。
だからその事を教わる事は、大事だと思う。

しかし、教育の中でその事を教わっても、子供心にずっとしこりが残っている気がしていた。
平和が大事な事。
平和を守る事。
とても大事な事。
でも、何故か子供心に納得いかなかった。

大人になって、自分也にいろいろと考えて、ようやく子供の頃のしこりが解った。
戦争が良く無い事は解っても、何故日本が戦争をしたのか教わっていない。
「日本は戦争をした悪い国」と思い込まされても、では何故戦争をしたのかが解らない。
解らないから、結果的に良く無い事でも納得がいかない。

私は戦争と言うのは、国同士のケンカだと思っています。
どちらにもそれぞれの正義があります。
お互いに自分が正しいと思っているから、ケンカになってしまう。
では、日本が正しいと思った事は何だったのか?
そこを教わって初めて戦争の意味を知るのだと思う。

日本が戦争をした事は事実。
戦争に負けた事も事実。
では、何のために日本は戦争をしたのか?
何のために戦ったのか?

その事を考える事で、戦争の過ちを繰り返さない事が出来る。
歴史から学ばなければ、同じ過ちを繰り返してしまう。
戦争と言う事実から目を背け、ひたすらに平和を叫ぶだけでは、新たな戦争は避けられない。
あの戦争は何だったのか?をしっかりと考え、学ぶ事で日本は真の平和国家だと言える。

69回目の終戦の日。
ご先祖様が黄泉の国へと戻る送り盆でもある。
戦争によって犠牲になった大勢の方々。
最後まで日本の勝利を信じて戦った英霊の方々。
おそらく大勢の方々が、それぞれの故郷に里帰りしていた事でしょう。
安心して黄泉の国へ戻って頂くためにも、私達は本当の戦争の意味を学ばなければならないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:52 | Comment(2) | 私の思うこと