2014年08月12日

安全な空の旅を

140812.jpg

今日のTVニュース見て「もうそんなになるのか」と感じた。
日航機墜落事故からもう29年になるんですね。
坂本九さんも犠牲者になってしまった、この日航機墜落事故。
未だ明確な事故原因は解っていないようです。

なぜ、御巣鷹山に墜落したのか?
素人の頭で考えても、まだ海の上の方が不時着しやすいと思う。
おそらく操縦不能になってしまったのか?

この事故が起きた時、私はちょうど奄美大島に帰省していました。
確か就職して初めての帰省の時だったと思います。
まだ19歳の若かりし頃。(あぁ〜あの頃に戻りたい)

事故の一報を故郷の奄美大島で見た。
やはりショックだった。
お盆休みで、皆が飛行機を使っている時期。
私も当然飛行機に乗って奄美に帰省していました。

初めての帰省。
奄美を離れて約4ヶ月半。
ホームシックもあって出来れば戻りたく無い。
そこにこの事故。
正直「戻りたくない」という気持ちが強かったのを覚えています。

当時の奄美〜大阪間の飛行機は、今の様にジェット機ではなく、YS11のプロペラ機でした。
実はジェット機よりもプロペラ機の方が、安全性が高いし、YS11は日本製の飛行機で、とても安全性が高い飛行機でした。
しかし、当時はそんな事知らない。
それに、プロペラ機はとにかく揺れる。

ジェット機は高度10000m付近を飛びます。
しかしプロペラ機は約5〜6000m。
ジェット機は気象の変化に左右され難いが、プロペラ機は高度が低いので、もろに影響を受ける。
そのため、本当によく揺れました。

ただでさえ、揺れて怖かったプロペラ機。
そこにこの墜落事故です。
帰りは本当に怖くて怖くて、ひたすら無事に着く事を祈っていました。
できれば戻りたく無かったのが本音です。

あれからもう29年も経つのですね。
その間に、日本の航空会社は安全性を高める努力をして来たと思います。
その結果として、同じような悲惨な事故は起きていない。
日本以外の航空機が日本の空港で事故を起こした事はあるが、日本の航空会社の大事故は無い。

最近は低価格の航空会社が出て来ていますが、やはり安全面だけは絶対に守ってほしいですね。
二度とこんな事故が起こらない様に、しっかり安全は確保して欲しいです。
その上でコストを下げる努力をして欲しいと思います。

さらには、飛行機本体も国産に切り替えて欲しいですね。
いつまでもアメリカのボーイングばかり飛ばしていないで、日本企業の飛行機を飛ばしましょう。
安全面でも燃費面でも、絶対に日本国産機の方が良いと思います。
今は三菱リージョナルジェットが、初の国産ジェット機MRJを完成させていよいよ空に飛び立ちます。
また、ホンダは小型ジェット機の販売を開始しています。

敗戦後、日本の飛行機開発はアメリカによって中止させられ、その多くの技術者は車へと流れた。
今、世界で日本車が大きなシェアを占めるのもうなずけます。
戦時中の零戦の飛行機技術は、世界を驚かせました。
その技術は敗戦後、車は鉄道に流れました。
しかし、今再び日本の技術で、日本製の飛行機が大空を飛ぶ時代がやって来ました。

MRJに続いて、どんどん日本国産機が生まれて欲しいですね。
空の旅を快適で安全なものにするためにも、メイド・イン・ジャパンが必要です。
そしてより安全性を高めるために、29年前の日航機墜落事故の原因の究明も必要です。
もう二度と犠牲者を出してはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(8) | 私の思うこと