2014年08月11日

怖いもの見たさ

140811.jpg
【番組で取り上げられていた人形島】

今日は珍しく仕事が早く終わった嫁さん。
次女を迎えて参拝して、帰る頃にお迎えコールの電話が鳴った。
これには娘達も大喜び。
嫁さん迎えて家路に着きました。

いつもより若干早めの晩ご飯。
それでも食べ終わったのは20時を過ぎていました。
そして晩ご飯を食べ終わると、待ってましたとばかりに息子がテレビを点けた。
どうも観たい番組があったようで、それは日本テレビの「世界まる見え!テレビ特捜部」。
今日は不可思議現象等の特集だったらしく、これを観たい息子はテレビの前に陣取った。

しかし、ワクワクして観ている横で、娘二人は怯えながら観ている。
嫌なら観なきゃ良いものを、それでも人間心理の恐いもの見たさなのでしょうか(笑)
私の横に二人ともくっついて観ていました。
途中から次女は顔を背けて、私の腕に顔を埋めていました。

でも、そんなに特段怖い内容でもありません。
不可思議な現象を科学的に解明しようとしている番組。
ただ、心霊現象の場面や、人形の映像など、確かに子供には恐怖に感じる場面もありました。

息子や私達からすれば、何とも中途半端なイメージでしたが、娘二人にはとてつもなく恐怖だったようです。
次女は途中から私の腕に顔を埋めていましたので、殆ど観ていません。
しかし、長女は怖いけど怖いもの見たさで、結局「怖い〜」と言いながら観てしまいました。

そんなに怖い内容では無かったのですが、映像で怖さを感じてしまったのでしょうね。
人形の映像は、ただそれだけで不気味なので、子供にとっては恐怖でしかない。
もうこうなると大変です。
歯磨きに行くのにも、1人で行けない。
もちろんトイレにも1人で行けない。

もう寝る時間ですが、「お母さんと寝る〜」と言う事を聞きません。
しかし、お母さんはまだお風呂に入っていなかったので、ひとまず私と寝る事で何とか納得しました。
次女は最初から私と寝る予定なので、すんなりとお布団へ。
そしていつもの様に、iPhoneで音楽をならすと、次女はあっという間に夢の中。

ところが長女は眠れません。
さっき観たテレビの内容が思い出されて、その度に「怖かった〜」を繰り返します。
そしてお母さんがお風呂から上がって来るのを、ずっと待っている様子。
しかしこれでは寝るのが遅くなってしまうので、何とか寝かせようと、いろいろと話を変えました。
とにかく長女の頭の中の「怖い」をぬぐい去ろうと、昔の話をしたり、長女が生まれた頃の話をしたりしました。

その内、眠くなって来たのか、あくびを始めて、徐々にまぶたが閉じて行きました。
長女が寝付いた頃に、お母さんがお風呂から上がって来ました。
私も長女と次女の元を離れました。
ところが、しばらくすると長女が起きて来ました。
お母さんがお風呂から上がって来たのを察知したようです。
完全に寝付いたハズなんですが、よほどお母さんと寝たかったのでしょう。

長女を寝かしつけようと、小一時間頑張った私の苦労はどこへやら(笑)
それでも、長女にとっては、怖さを紛らす事が出来たとは思います。
8歳、小学2年生。
一番過敏に反応する時期なのかも知れません。

しばらくは「1人で行けない」というのが続きそうです(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(4) | 日記