2014年07月27日

子供達の楽しみ

140727-1.jpg
140727-2.jpg
140727-3.jpg

長女は朝からワクワクしていました。
今日は日曜日。
いつものように剣道の稽古がありますが、それが終わると、長女はお泊りに出かけます。
「こどもおぢばがえり」が始まっていて、その行事に参加するために、お泊りするのです。

昨年も参加したので、今年も参加できるのを楽しみにしていました。
北海道からは2つ上の従姉も来るので、今日の日を心待ちにしていました。
さらに、今年は同級生の女の子も誘っていて、一緒に行く事になりました。

剣道の稽古が終わった後、荷物をまとめて同級生の女の子の家に迎えに行きました。
二人とももうルンルンです。
大きな荷物を抱えて、二人で楽しそうに出かけて行きました。
しかし、取り残された次女は大泣き。
次女もずっと「こどもおぢばがえり」を楽しみにしていて、お姉ちゃんが出かけて行くのを大泣きしながら見送りました。

さすがにまだ4歳の次女は参加できません。
親が同伴なら別ですが、子供だけ行かせる訳には行かないのです。
まぁ次女は託児所の方で、こどもおぢばかえりに参加するので、そこで十分楽しめるでしょう。

長女を見送って、その後はいつものお買い物。
そしてお買い物が終わったら、もうすぐ息子の誕生日なので、ケーキを予約して帰りました。
帰ったらすぐに再び車を走らせます。
こどもおぢばがえりのメインイベントとも言える、夜のパレードを見るためです。

夕方から車の中で寝てしまった次女も、「パレード見に行くよ」と言うと、パッと目を覚ましました(笑)
パレード会場に向かい、空いている席を探し、パレードの始まりを告げる花火が上がりました。
先日、お祭りの花火を見て、音にビビってしまった次女も、今回は嬉しそうに花火を見上げていました。

いよいよパレードが始まり、煌びやかなフロートや、鼓笛隊がどんどん目の前を通って行きます。
実は今夜パレードを見に来たのは、長女がパレードに出るかも知れないから。
参加した団体は鼓笛隊があり、今夜のパレードに出る事が決まっていました。
その団体の一員としてパレードに参加すると聞いていたのです。

もちろん楽器など出来ませんから、列の最後尾の方で歩くだけだと思います。
それでもパレードに参加するなんて、そうそう体験出来ませんので、見に来る事にしたのです。
いよいよ長女達がお世話になっている団体の鼓笛隊がやって来ました。
しかし、他の鼓笛隊との合同なので、大人数です。
なかなか長女を見つける事が出来ませんでしたが、最後尾にいました。
小さな旗を持って振りながら、ぎこちない笑顔で歩く長女と同級生のお友達。
恥ずかしそうにしていましたが、きっと良い思い出になるでしょう。

今夜は比較的涼しい夜で、パレードを見ている間も、心地よい風が吹いていました。
次女も息子もパレードを楽しんで、帰路へと着きました。
しかし、次女はお姉ちゃんがいないのが不思議みたいで、「なんでお姉ちゃんいないの?」とずっと聞いていました。
いつもはケンカしながらも、楽しくお姉ちゃんと遊んでいるので、やはり寂しいのでしょうね。
しばらくは一人娘の次女。
ますますワガママになりそうです(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | 日記