2014年07月05日

本当の笑が欲しい

140705.jpg

土曜日の晩。
明日は日曜日という気持ちから、大人もゆったりと過ごせる時間です。
学校は週休2日になりましたので、土曜日は休みですが、私が子供の頃は土曜日は半ドンでした。
だから金曜の晩は、普通の平日の晩と変わらなかった。
その分、土曜の晩と言うのは、とても嬉しかった記憶があります。

私が子供の頃の土曜日の晩と言えば、何と言っても楽しみなのが、「8時だよ!全員集合」です。
これを見たいがために、7時半から8時の間に、晩ご飯を必死で食べました。
ご飯食べながら笑えませんからね。
8時だよ!全員集合を見ながら、テレビの前でゲラゲラ笑い転げていました。

ドリフのコントは、今でも時々テレビで再放送されます。
私達の世代にとっては、慣れ親しんだ笑ですが、今の子供達にもその笑は通用します。
息子等はもうゲラゲラ笑い転げて見ています。

今、ドリフのような洗練された笑というのがありません。
お笑い芸人は沢山いますが、見てても全然面白く無い。
クスッと笑える事もありますが、ドリフのように腹を抱えて笑うという笑は無い。
あの頃は本当に腹を抱えて笑った。
笑い過ぎて腹筋が痛くなり、涙を流していたのを覚えている。
今、あんな笑は無い。

腹の底から笑える。笑わせてくれる。
貧しくて何も無い家だったが、ドリフの笑は本当に私達家族を笑で包んでくれました。
今、振り返ってみても、本当に幸せだったと思います。

心の底から笑う、笑わせる。
今の時代、そんな笑が無い気がしています。
妙にテクニカルに笑を取ろうとしたり、計算された笑いだったり。
ドリフのコントが面白かったのは、テクニックや計算で笑わせていない事。
ドリフのメンバー自身が、楽しんでいたからではないでしょうか。

当然打ち合わせや練習はしていたと思う。
妥協はしないプロ意識も強かったと思う。
でも、コントを楽しむ。来ている子供達と一緒にコントを楽しんでいる。
それが見ている私達を笑に引き込んでくれるのでしょうね。

最近のテレビは面白くありません。
お笑い芸人が沢山出て来るけど、ちっとも笑えません。
むしろ腹立たしくなる物さえあります。
特に誰かを標的にして笑をとろうという内容は、見ていて怒りすら覚えます。
今の笑は自分たちだけが楽しめたら良い。というように見える。

ドリフの笑。
もう二度と生で見る事は出来ません。
でも、第二のドリフが出て来る可能性はあります。
人を笑わせると言う事は何なのか?
真剣に考えて笑を考えている人もいるでしょう。
腹をかかえて心の底から笑える。
そんな笑がほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(2) | 日記