2014年07月04日

蚊取りペットボトルのその後

140704.jpg

もう7月に入り、暦の上では夏本番です。
まだ梅雨明けしていないので、本格的な暑さはありませんが、いよいよ夏ですね。
夏大好きな私としては、やはり夏と言うだけでワクワクして来ます。

しかし、今年は比較的涼しいですね。
例年だと梅雨入りした頃から、ムシムシと暑くていつクーラー入れるか悩んでいる。
でみ、今年は窓を開けていると、涼しい風が入って来て、クーラー無しでも過ごせています。
ちょっと暑い時には、サーキュレーター回して凌いでいます。

今年の夏はエルニーニョで冷夏になる可能性があると言われていました。
予報では冷夏では無いようですが、やはり比較的涼しい夏かも知れませんね。
それとも、梅雨明けと同時に、一気に暑くなるのでしょうか?

比較的涼しいですが、構わず蚊は飛んで来ます。
先日「蚊取りペットボトル」なる物を紹介しました。
その後、我が家でも設置して試しています。
約1週間、その結果は・・・。

残念ながら全く効果を発揮しておりません。
設置場所を変えたりして様子を見ていますが、中にはコバエのような小さな虫が数匹入っている程度。
蚊は全く入っていません。

「蚊取りペットボトル効果」で検索してみると、同じ様に試した方がいらっしゃるようで、やはり一様に効果が出ていないようです。
フィリピンではもの凄い威力を発揮しているようですが、一体何が違うのでしょう?
考えられるとしたら、蚊の種類。
そして日本人とフィリピン人の違い。

蚊は発生する二酸化炭素に寄って来るとされていますが、日本の蚊は違うのでしょうか?
フィリピンの蚊と日本の蚊の違いもあれば、フィリピン人と日本人の違いもある。
フィリピンの蚊は、水+ブラウンシュガー+イースト菌から発せられる二酸化炭素に寄って来る。
しかし、日本の蚊はそれでは興味を示さないのかも知れない。

水+ブラウンシュガー+イースト菌がフィリピン人の体臭を再現しているのかも知れません。
日本人の体臭はまた違うだろうか?
設置された蚊取りペットボトルを覗き込んで、蚊が入っていない事を確認している間に、蚊に刺されてしまうという、何ともお粗末な事になっています(^^;)
残念ですが、今回の方法は、全く効果無しでした。

画期的な方法だと大喜びしたのですが、残念ですね。
蚊は一体何に寄って来るのでしょう?
二酸化炭素?
体臭?
汗?

人間の体臭と汗を再現できる物質を作り出せたら、蚊をおびき寄せる事は可能だと思います。
それを蚊取りペットボトルに入れたら、蚊を一網打尽に出来るのではないでしょうか?
キンチョウさんやアースさん、是非開発してもらえないでしょうか?
開発したら蚊取り線香が売れなくなるから、やらないかなぁ〜(^^;)
でも開発されたら、絶対に売れると思います。

個人的にも何か別の方法で出来ないか試してみたい。
もう少し調べてみたいと思います。
蚊取りペットボトルに期待していた方。
残念な結果で申し訳ないですm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記