2014年06月25日

次なるステージを目指して

140625.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

サッカー日本代表、コロンビアに1-4で敗れてしまいましたね。
結果的に日本は1勝も出来ずに、1次リーグで敗退してしまいました。
日本の持ち味が最後まで出せずに終わったワールドカップだったような気がします。
今回の敗退を徹底的に生かして、4年後のワールドカップに向けてリベンジして欲しいと思います。

最近ではワールドカップに出場するのは、当然のようになっています。
しかし、ワールドカップに出場するのが、目標だった時期がありました。
有名なドーハの悲劇。
あの頃は、ワールドカップに出る事すら難しい時代だった。

それから考えると、ワールドカップに出場するのが当然のようなチームに、日本は成長していると思います。
しかし、そこからさらに一歩、上を目指すには、これからのチームづくりが大切になってくる。
日本人は団結力がありチーム力があるので、可能性は十分にあります。
問題は個々のレベルアップでしょうね。

多くの日本人選手が、ヨーロッパ等で活躍する時代になりました。
しかし、活躍していても、その中でずば抜けた存在の選手はいません。
やはり一流のずば抜けた選手がいる国は、やっぱり強い。
ブラジルのネイマールであったり、アルゼンチンのメッシであったり。

日本の中では、本田圭介がその役割だったのだと思いますが、それでもまだレベル的には違いがあります。
本田を徹底的にマークされると、日本はとたんに弱くなってしまう。
今回のワールドカップがまさにそうだったのではないでしょうか。

例えマークが付いても、それを突破してゴールを決めれるだけの、タフな選手が日本にはまだいません。
チーム力は世界最高レベルのものがあると思いますが、最後のシュートを決める突破力のある選手がほしいですね。
サッカーの難しいところは、チームプレイではあるけれど、個人プレーも大切な要素であるところです。
野球のように、完全なチームプレーではなく、ある程度は、個人プレーが主体。

日本の今後の課題は、個々の選手がタフでスピードのある選手に育つ事でしょうね。
決定的にゴールを決める事が出来る選手が育てば、日本はもっともっと強くなれると思います。
4年後のワールドカップでは、そんな選手が活躍している事を期待したいです。
そして今、代表で活躍している選手も、4年後もまだまだ活躍できる選手達。
どんどん出て来る若手の選手達と切磋琢磨して、日本のサッカーレベルをさらに上げてほしいと思います。

しかし、今回のワールドカップ。
1次リーグで敗退したのは何も日本だけではない。
信じられない事に、イタリアもイングランドも1次敗退してしまった。
さらにはスペインも。

こうやって見ると、これまでの絶対的王者が敗退している。
これは世界レベルが上がって来ていると言う事ではないでしょうか。
どの国のサッカーレベルも上がって来て、これまでの王者も足下をすくわれるようになっている。
つまりは、日本にもチャンスはあると言う事です。

今回のワールドカップは夢に終わってしまいましたが、4年後は決勝トーナメントに進出し、優勝を目指してほしいと思います。
最後になりましたが、最後の最後まで全力を尽くして戦った、代表選手の皆さん。
本当にお疲れ様でした。
多くの批判もあり、多くの反省点もあるかと思いますが、今は疲れを癒して下さい。
そして、また次のステージに向かって頑張って下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | 日記