2014年06月24日

セクハラを利用するな

140624.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

セクハラ野次の発言者が名乗り出ました。
以前から「そうではないか!?」と注目されていた、自民党の鈴木議員。
マスコミの取材に対し「私は言っていない」「言った人間は早く名乗り出た方が良い」と言っていた。
しかし、フタを開けてみたら、やっぱり本人だったと言う、何ともお粗末なお話。

この対応は最悪ですね。
まず野次ったのであれば、最初から「こんな意味合いで野次った」って言えば良かったのに。
野次そのものは良く無いと思うが、野次るのであれば、それくらいの気構えで野次ろ!と言いたい。
軽い気持ちで野次ったのであろう。
そしてそれが東京都議会だけでなく、日本の政治全体の中に蔓延しているのだと思う。

政策や方針について、徹底的に討論するのなら解る。
しかし、相手の意見を茶化したり、批判するために野次るのは、いい加減にやめて頂きたい。
本当に日本の未来を見据えて政治をしているのか?と思ってしまいます。
政治家の皆さんには、今回の件を機に、野次そのものを撲滅する事を考えて頂きたい。

今回のこの問題。
政治家の野次を無くす意味では、浮き彫りになって良かったと思う。
しかし、問題の扱い方に問題があると私は思う。

東京都議会の中で起きた問題。
本来ならば、都議会の中で解決する問題です。
野次そのものは許せないし、野次の内容も許せない。
しかし、その問題をわざわざ外に向けて大々的に発信すべき事でしょうか?

野次った鈴木議員が、わざわざ塩村議員の前で頭を下げる記者会見をすべきでしょうか?
さらには海外メディアを集めて、世界に向けて記者会見する必要がどこにあるのでしょうか?
わざわざ問題を大きく大きくして、アピールして見せているようにしか、私の目には映りません。
マスコミを巻き込んで、まるで悪者を退治したヒーロー気取りのように見える。
正直、野次の内容も腹立たしいですが、この鈴木議員をボッコボコに叩くやり方も、とても気分が悪いです。

そしてやはり問題がすり替わっていると思う。
問題とすべきは、議会中の野次であって、女性蔑視では無い。
今回の件、もしこれが違う野次の内容なら、ここまで騒ぎは大きくならない。

どうもこの「セクハラ」という言葉にも曖昧さが漂います。
何をもってセクハラなのか?
言われた本人が不快だと感じた時点でセクハラなら、何でもかんでもセクハラになってしまう。
会社にとても素敵に思える男性と、もう生理的に受け付けない、とても嫌なオッサンが居たとします。
同じ様に「○○さんは結婚しないの?」と聞かれたら。

同じ言葉でも、相手によって聞こえ方は違ってくるのでしょうね。
好意的に思っている男性なら、「私の事気にかけている」とプラスに聞こえる。
ところが嫌なオッサンなら「余計なお世話だ。嫌な思いさせやがってセクハラだ」となるのでしょう。

これは極端な話かも知れませんが、受け取る側の解釈でセクハラになったり、ならなかったりする可能性は高いと思う。
似たような問題は、学校の先生と生徒間でも起きている。
先生が少しでも手を上げたら、すぐに体罰に繋がり、結果的に先生は子供と距離を取り、子供達は先生を見下すようになる。
一時期、体罰問題で、まるで魔女狩りのように、「○○で体罰が・・・」と騒がれました。
今回の件で、今度は「○○でセクハラ発言」という魔女狩りが増える気がします。

セクハラ問題でも、体罰問題でも、本当に被害に遭っている人はいると思います。
本来、そのような人達を守るために、問題提議して解決方法を探るべき。
しかし、このような問題が起きると、その事を利用する人間がいる。
何かあると「体罰だ」「セクハラだ」と騒ぎ立てる。
そうなると、皆、腫れ物を避ける様に、この問題をタブー化してしまう。
だから根本の問題解決にならないのだと思う。

人権問題にしても、差別問題にしても、その問題を利用する人間がいる。
だから根本的な解決が出来なくなる。
本当に被害に遭っている人は、「人権侵害だ」「差別だ」とは叫べません。
だから問題なんです。

今回の塩村議員の対応は、自分が被害者である事を利用して、アピールしているようにしか見えない。
問題の根本はそこじゃ無いハズです。
今回の件を、うまく利用して、自分のアピールの場に使っている様に見えて仕方ない。
野次った鈴木議員も問題だが、それを利用する塩村議員も問題。
あなた方は誰のために政治をしているの?
つくづくそう感じてしまう、今回のセクハラ野次問題です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(6) | 私の思うこと