2014年06月13日

ワールドカップが始まりました

140613.jpg

いよいよワールドカップが始まりましたね。
開催国のブラジルが、初戦でオウンゴールで先制点をゆるす波乱の幕開けとなりましたが、そこは王者ブラジル。
しっかしと点を返し、逆転勝ちしました。
さすがですね。

日本代表チームも、万全の状態で日曜日のコートジボワール戦に挑みます。
対戦相手は全て格上のチームですが、日本もレベルを上げてきています。
決勝トーナメント進出へ期待したいですね。

日本代表選手より一足先に、ワールドカップで活躍した日本人がいました。
ブラジルvsクロアチア戦の審判団です。
開幕戦の大事な試合を、日本人審判が行うのは、史上初だそうです。

クロアチアの選手がイエローカードを与えられて、PKになりブラジルに1点が入りました。
その判定に対して、クロアチアの方からは猛抗議があった。
しかし、毅然としてその態度を変えず、主審の任務を果たしました。

問題のシーンは、とても微妙です。
誤審と言う人も入れば、まともな判定だと言う人もいます。
確かにクロアチアの選手が、肩を掴んでいるようにも見えますが、ブラジルの選手がうまく転んだようにも見える。
これは判断が難しいです。
しかし、例えブラジルの選手がうまく転んだとしても、その要因となりうる動作をクロアチアの選手がした時点で負けですね。

主審と言えども人間ですから、全ての事が見えている訳では無い。
クロアチアは運が悪かったと言うしかないでしょう。
そして運も実力の内。ブラジルは運に味方されたのです、

ワールドカップの試合では、時々誤審や、どう考えてもおかしなジャッジがあります。
中には「審判が賄賂を受け取っているんじゃないか」と思える試合もあった。
2002年の日韓合同ワールドカップの、イタリアvs韓国の試合もそうです。
どう見たってジャッジがおかしかった。
韓国に有利なジャッジばかり。

この事からネットでは「韓国が審判団を賄賂で買った」という話が広がっています。
そして、つい最近、韓国の当時のサッカー協会の人間が、「買収できるのも実力のある証拠」みたいな話をして批判をあびています。
つまりは「成績を金で買っていた」と認めた事になります。

これまでも韓国のスポーツ関係では、首をひねりたくなるような判定が多い。
フィギアスケートのキムヨナ選手の得点も、あり得ない程の高さだと言われています。
基礎点が低いのに、芸術点がてんこもりになって、それで高得点をたたき出している。
今回のソチオリンピックでは、キムヨナが金メダルを取れなかった事を不服として、意義を申し立てている。

ロンドンオリンピックの時にも、柔道でおかしな判定が出たり、フェンシングで判定に納得がいかないとして、その場で泣き寝入りする選手。
とにかく韓国の試合では納得のいかない場面が多い。
そして勝った時には、相手を侮辱するような行動をとる。
WBC(ワールド・ベースボールクラシック)で、マウンドに韓国の国旗を立てたり、オリンピックのサッカーの試合で、日本に勝った後に、「独島(竹島)は我が領土」というプラカードを持って選手が走ったり。
そして観客も観客で、日本を侮辱するような横断幕や垂れ幕を用意する。

とても韓国のスポーツには、スポーツマンシップが感じられない。
「正々堂々」という言葉は、韓国には通じないのかも知れません。
お金をばらまこうが何をしようが、勝てばそれで良い。という考えなのでしょう。
目先の勝利しか見えていないのだと思います。

話が日本の主審から韓国批判になってしまいました(^^;)
きっと韓国の選手の中には、正々堂々とやっている人もいると思います。
しかし、なぜかあの国は、国家レベルになると、おかしな事ばかりしています。

ワールドカップが始まり、一足先に日本人審判が活躍しました。
続けて日本代表も、初戦を勝利で飾りたいですね。
スポーツマンシップにのっとって、正々堂々と戦ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記