2014年06月03日

Apple WWDC 2014

140603.jpg

今年もAppleのWWDC(Worldwide Developers Conference)が開催されました。
新しいiPhoneである「iPhone6」が発表されるのでは?と噂されていました。
しかし、ハードウェアの発表は無く、iOS8とMacOSXの新しいバージョン「Yosemite」が発表されました。

iOS7から8へ。
そしてMacOSXも10.9のMavericksから10.10のYosemiteへ。
見た目が刷新された訳ではありませんが、細かなところがいろいろと改善されているようです。
私はiOSは最新のバージョンにしていますが、MacOSはまだ10.7Lion止まりです。

10.9のMavericksが無料で使えるので、本当は使いたいのですが、仕事で使うのでやはり躊躇しています。
試しで使えるMacがあれば良いけど、やはりメインのiMacにインストールして、adobeのアプリが使えなくなったら嫌ですしね。
ネットで調べた感じだと、もう安定している感があるので、タイミングを見てインストールしたいと思っていますが。

YosemiteではiPhoneやiPadとの連携が、さらに強化されているようです。
iPhoneの着信をMacで出来るみたいで、Macで話す事が出来るようです。
さほど驚く機能ではありませんが、これ意外と仕事で使えそうです。
よく電話で校正の内容を伝えられる事がある。
その時にiPhone片手にMacの画面見ながら話す。
両手が自由に使えたら、校正もやりやすい。

他にもiMessageの改良や、主要な医療機関と統合し、医師や病院と連携することができるHealthKit。
家族間共有によりダウンロードしたコンテンツを共有したり、様々なデータの管理が可能になったiCloud Driveなど。
便利な機能が増えたようです。
これらの機能、どのiPhoneまで使えるのか解りませんが、やはり最新の機能を生かそうと思えば、新しいiPhoneが良いでしょうね。
その意味でも秋にiPhone6を発表するのです。

2年前にiPhone5発表と同時についにiPhoneにしました。
昨年のiPhone5Sにも魅かれたけど、やっぱり6が欲しいですね。
時期iPhoneは画面が大きくなるとか、大きい画面とこれまでの画面の2種類出るとか、噂が絶えません。
秋まで楽しみに待ちたいと思います。

最後にちょっと驚きの発表があった。
一般ユーザーにはあまりなじみの無い物ですが、アップルが新しいプログラムを発表しました。
Swift言語というものらしい。
iPhoneで使うアプリは、基本App Storeでダウンロードしますよね。
このアプリを作るには、アップルのXcodeを使ってプログラムする。(違う方法もあるらしいが)

そのXcodeは基本Objective-Cというプログラミングを使っています。
しかし今回新しい言語のSwiftを使う事で、より早くより簡単にプログラミングが出来るようになるそうです。
私もこの分野は詳しく無いので解りませんが、Xcodeを使ってアプリを作るのは、以前から興味がありました。
一度チャレンジしてみたいと思っていたところに、このSwiftの発表だったので、かなり興味がありました。
今は開発者向けに発表されていますので、半年程で一般向けに登場し、様々な解説本なども出回る事と思います。
その頃にチャレンジしてみたいです。

そして新しいMacOSも使ってみたい。
でもYosemiteの前にMavericksが先ですね。
出来ればMacProで使いたいけど、MacProを買う事が出来ない(^^;)
誰か100万くらいポンとくれないかな(笑)

バカな事考えていないで真面目に仕事しよ(--;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | Macintosh