2014年06月01日

竹刀三兄妹

140601.jpg

【自分の竹刀が出来上がるのを楽しみにしている次女・三本並んだ竹刀】

今日は息子の剣道の試合で、朝から家族でお出かけでした。
今日の試合は中学校からでは無く、クラブの方からの出場。
久々にクラブの子供達と、試合観戦となりました。

小学生個人・団体、中学生個人・団体での出場です。
まずは小学生・中学生女子の個人戦から。
小学生女子の部には参加していないので、中学生女子から。
しかし、残念ながら1回戦で敗れてしまいました。

続けて小学生・中学生男子。
ここには小学生2名、そして中学生は息子が出ました。
小学生2名は2回戦に進みましたが2回戦で敗れてしまいました。
そして息子は1回戦で敗退(-_-)
しかも相手はどうみても格下。
十分に勝てる試合内容だったと思うのですが、どうも本人に「勝つ」という気力が見えない。

お昼ご飯を挟んで団体戦。
小学生の部も中学生の部も、明らかに強豪との対戦。
どちらも当たって砕けろの精神でぶつかるしな無い。
そしてどちらも当たって砕けて敗れました。
でも、精一杯頑張ったと思います。

試合が終わって帰る途中で、防具屋さんに寄る事にしました。
長女の竹刀がボロボロになったので、新しい竹刀を買う事にしました。
すると息子が「俺も買いたい」と言い出しました。
息子も部活で毎日使っているので、竹刀は消耗品です。

息子と長女が竹刀を選んでいるのを見て、次女が「自分も欲しい〜」と言い出しました。
さすがに次女の身体に合うサイズの竹刀はありません。
基本的に一番小さなサイズでも、小学生低学年からのサイズです。
「もう少し大きくなったら買ってあげるからね」と言いますが、次女は自分だけ買えない事に大泣き。

すると防具屋さんが「小さく加工できますよ」と、一番小さなサイズを次女のサイズに合わせて、カットして小さな竹刀を作ってくれました。
自分の竹刀が出来る事に大喜びの次女。
防具屋さんが竹刀を作っているところを、嬉しそうに眺めていました。

そしてついに自分の竹刀を受け取ると、勢い良く振ります。
いつも剣道の稽古を見ているだけあって、ちゃんと竹刀の振りになっています(笑)
次女に「剣道するの?」と聞くと、「うん、や〜め〜んする」とやる気満々。
まぁおそらく一過性のものだと思いますが、本人がやりたい様にやらせてみたいと思います。

いつもの稽古には次女と同じくらいの子も、数人来ています。
お兄ちゃん・お姉ちゃんが稽古する傍ら、父兄と見学しています。
いずれはお兄ちゃん、お姉ちゃんの剣道を真似て、そこから少年少女剣士が誕生してくれる事を期待しています。
次女も長女が剣道をやっている姿を見て、自分も真似ている。
そしてその長女も、お兄ちゃんがずっとやっている姿を見て真似始めたのです。
こうやって皆真似て始めるのでしょうね。

家でも竹刀を振って喜んでいました。
早速、北海道のおじいちゃん・おばあちゃんに見せたくて、skypeでビデオ通話。
おじいちゃん・おばあちゃんに竹刀を振って見せていました(笑)

さてさて、果たしていつまでこのマイ竹刀ブームが続くのか?
きっと1〜2回、稽古で竹刀を振ったら飽きると思いますが(笑)
でも、こうやって遊び感覚で剣道に馴染んでいってくれたらと思います。

三本並んだ竹刀を見て、兄妹揃って剣道に携わっているのが嬉しく思えました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記