2014年05月29日

政界が揺れ始めた

140529.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

ついに決別の日が来たようですね。
維新の会が二つに割れました。
と言うよりも、元々無理矢理二つをくっつけた党でしたからね。
なるべくしてなったと言うところでしょう。

引き金になったのは、やはり集団的自衛権の解釈問題。
安倍総理が進める解釈の改正に、賛成したい側の石原氏側と、否定的な維新側。
維新側と言うよりは、連携を強めている結いの党の江田氏と合わないというところ。

維新は元「太陽の党」と別れて、結いの党と手を結ぶ形になりそうですね。
私はあまり江田氏って好きじゃないんですよね。
妙に理論的で、情熱を感じない。
「こんな日本にしたいんだ!!」という熱い想いと言うのが、全然伝わってこない気がしている。
ブレインとしては優秀な存在かも知れないが、リーダーとしては?マークなんです。

そんな結いの党の江田氏と連携を強める維新。
一時期のような勢いも感じられず、橋下氏の吸引力も落ちています。
いずれ維新と結いの党は、一つになるのではないでしょうか。
橋下氏のブレインとして江田氏が動けば、また維新が力を発揮するかも知れません。
しかし、またみんなの党のように、ぶつかる可能性も十分にありますけどね。

野党はなかなかまとまる事が出来ません。
しかし、ここに来て与党も似た状況になって来ました。
公明党が集団的自衛権の解釈に、なかなか首を縦にふりません。
元々、理念の違う自民党と公明党。
これまでは、理念の違いが表立って出る事はなかった。

しかし、今回ばかりは、明らかに理念が違う。
与党になるために、一緒になったような二つの党。
公明党の連立離脱も可能性として出て来ました。
維新の分裂も、必ずしも無関係とは言えないと思います。

自民党は公明党との連立はやめた方が良いと私は思う。
自民党がやりたい事、少なくとも今の安倍政権がやりたい事に関しては、公明党は賛成しない。
安倍総理が描いている日本再生の道に、立ちふさがっているのは、連立している公明党と言っても過言では無い。
自分の理念を曲げてまで連立をするのであれば、それはもはや総理である意味は無くなる。
もし、公明党に遠慮して、自分の掲げている理念を曲げてしまったら、一気に安倍政権は支持率を落とすでしょう。
安倍総理の今後の判断を注視して行きたいと思います。

中国が暴走を始めている今。
有事の際も動けない自衛隊のままで良いと思っている日本国民は少ないと思う。
憲法改正に慎重だったのは、日本を取り巻く状況が安定していたから。
今のこの不安定な状況で、「憲法9条があるから大丈夫」なんて思っている日本国民は何人いるでしょう?
日々繰り返される中国の挑発。
それでも集団的自衛権の解釈は変えてはならないと言うのは、自衛隊員に「殺されてこい」と言っているようなものだと思う。

国を護るために一戦交えて死するなら職務を全うして悔いも残らないでしょう。
しかし、戦わずして、相手にみすみす殺されるだけの存在。
そんな状態で、相手に立ち向かう自衛隊員の身になって考えた事はあるのでしょうか?
そしてそんな緊張の最前線で任務している、自衛隊員の親の気持ちを考えた事があるのでしょうか?
私が親だったら「ふざけるな」って言いたくなります。

「戦争が出来る国づくり」そんなキャッチコピーで、共産党を始め否定的な人々は不安を煽ります。
誰だって戦争は嫌ですよ。戦争がしたくて集団的自衛権の解釈を変えようとしているのではない。
明日にもで明後日にでも、有事が起きるか解らない状況にあるのです。
日本が反撃して来ない事を、中国は試しているのです。
自衛隊が動けない事が解れば、中国はどんどん攻めて来ます。
その対策をしなくてはいけない。

何も中国だけの問題ではない。
北朝鮮とも拉致問題で進展があったが、話し合いだけで解決する問題ではない。
右手で握手をして、左手に武器をちらつかせる。
いつでも相手を殴る覚悟の上で、握手をして友好を確認する。
これが世界の外交であり、世界の常識なのです。

日本のように、丸腰で両手で握手をして来るのは、最初から屈していると見られる。
だから日本の外交は舐められてしまうのです。
もういい加減、こんな外交をやめないといけない。
これまでにどれだけの国益が失われたことか。

中国の暴走により、高まる緊張。
そんな中で、政治も大きく揺れている。
維新の分裂(元太陽の党離脱)は、公明党の連立離脱も視野に入れていると思われる。
政界再編の波が起きている気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 私の思うこと