2014年05月25日

AKB48握手会での事件

140525.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

ビックリのニュースでした。
AKB48の握手会で刃物を持った男が暴れ、メンバー2人とスタッフ1人が病院に搬送された。
晩のニュースはこの話題で持ち切りでしたね。
メンバー二人は命に別状は無いとの事。
男はすぐに取り押さえられたようです。

「会いに行けるアイドル」としてスタートしたAKB48。
今ではNMBやらSKEやら、海外にまでその姉妹メンバーは広がっている。
日本のオタク文化とアイドル文化が結びついたスタイルは、今では定番となっている。

昔はアイドルって手の届かない存在だった。
それがより身近な存在として、握手会や撮影会などが開かれる。
ファンにしてみれば、憧れのアイドルと握手や撮影が出来るのは、嬉しいのでしょう。
しかし、そこにはリスクもある。

今回のような事は、起こりうるリスクとして予想出来たと思う。
これが今までのアイドルであれば、まだ直前で防げたかも知れない。
昔のアイドルは基本1人。
複数でも3人〜5人まで。

しかし、AKBのようにこれだけの大所帯になると、さすがにスタッフだけでは防げない。
下手すりゃスタッフよりもアイドルの方が多いのでは?
アイドルも質より量の時代になってしまった落とし穴です。

本来、アイドルって、事務所が手塩をかけて育てるものだったと思います。
一人のアイドルを事務所が売り出して一人前のアイドルとして育てて行く。
だから事務所も必死でアイドルを守る。

でも、今ってアイドルの戦国時代みたいです。
事務所は育てるのでは無くて、沢山のアイドル同士がお互いに切磋琢磨して育つのを見ている。
戦い抜いて勝ち残った者がアイドルとして輝く。
そんな時代になっているような気がします。

だから事務所もアイドルを守らない。
いや守れないと言った方が良いか。
そんな状況だから、今回の事件も防げなかったのでしょう。

これからのアイドルは、自分の身は自分で守らないといけない時代なのかも知れません。
今回、命に別状は無いようですが、メンバー二人を含め精神的なショックは大きいでしょうね。
一日も早い回復をお祈りいたします。
それと同時に今後の対策を考えてほしいですね。
また起こらないとも限りません。

犯人の動機が何か解りませんが、セキュリティーが甘かった事は否めません。
今回の事件を教訓にしなければいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(6) | 日記